本会議 採決日No2
2015年03月18日(水)
本会議採決「1回目」が行われるはずが?
1回目と書かせてもらったのは、何回も採決があるからです。1号議案「一般会計予算」の修正動議が出され、それに対する討論が行われました。我が会派は、中村政調会長が討論を行い「特別区設置協定書について承認を求める件」で、先の議会で出され否決された協定書の再提出には反対。「府立高校の再編整備」選ばれた2校(咲洲高校・池田北高校)抜き打ち的選択で生徒や保護者のことを全く無視した、恣意的な選別であると反対しました。「私立幼稚園振興助成金」預かり保育助成で、知事答弁で「修正しない〜修正するとコロコロ変わり」スピード感にこだわり拙速な対応に終始した。あと、産業技術研究所共同設置の件、トラック協会補助金、などを討論で態度表明しました。

2015年3月18日 | 記事へ | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/yasuzo/trackback/512/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2月定例本会議 採決日
2015年03月17日(火)
3月17日 2月定例議会 本会議採決日が行われています。午後1時から本会議場で、議案の訂正が提案され関係常任委員会へ付託されましたので、本会議を暫時休憩し、教育・総務各委員会が行われます。私の所属委員会ではないので、会派控室で委員会終了を待っています。
@「近現代史を学ぶ施設構想関係事業負担金」大阪市議会が関係予算全額を減額修正を議決したので、大阪府負担金を減額修正する。(元々必要でない予算と反対していた予算)A「預かり保育助成事業費」認定こども園に移行しない幼稚園の補助を打ち切る議案でしたが、補助を一部復活する増額修正。全額を復活するよう求めていく。
2015年3月17日 | 記事へ | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/yasuzo/trackback/511/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
都市住宅常任委員会 採決
2015年03月13日(金)
本日は、都市住宅常任委員会が開かれ、知事に対する質問の後委員会採決が行われました。採決に先立ち意見の開陳があり、会派を代表して委員会に付託されている議案に対しての意見と態度を申し上げました。「府営住宅ストック地域資源化プロジェクトについて」9月の委員会での質問に対して、具体的事業として動き出していること。「公共交通政策」財政的に厳しい府内の市町村に対して府として主導的役割を果たすためにも根拠となる条例制定。「難波宮跡地公園整備事業予算の減額修正案」知事と市長で交わした「覚書」は極めて簡素で、市域外に及ぼす効果や受益を勘案とあるだけで、何故大阪市と「2分の1」の負担なのか不明で、減額修正に賛成。最後に、広域行政というものは、府内基礎自治体の支援がその役割。一部の都市に偏った都市魅力だけを高めることではないはず。しかし、今の大阪府の施策は、一方に偏っているように感じられ、このままでは府内市町村からの信頼を得られない。改善を強く求める。
2015年3月13日 | 記事へ | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/yasuzo/trackback/510/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
都市住宅常任委員会
2015年03月09日(月)
3月9日、2月定例議会、都市住宅常任委員会が開催され、質問を行いました。「タウン管理財団の監査指摘事項」「府営住宅ストック地域資源化プロジェクト」「クールジャパンフロントのまちづくり」「燃焼遮断帯整備促進事業(密集市街地)」「地震防災アクションプログラム(鉄道施設の耐震化)」「地域公共交通の支援方策」特に、府営住宅ストック地域資源化プロジェクトでは、私が9月の委員会で府営住宅において支援を必要とする人々に対して安定的・継続的にに支援を続けるため民間事業者も含め積極的に空き室を利用して地域課題の解決を図るよう求めていました。今回のプロジェクトで、一歩進めたのではと思っています。
2015年3月9日 | 記事へ | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/yasuzo/trackback/509/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
中原教育長に対する辞職勧告決議
2015年03月04日(水)
中原教育長に対する辞職勧告決議を3月2日に議長へ提出し、本日(3月4日)議会運営委員会へ提案されました。中原教育長によるパワーハラスメントの行為が第三者委員会報告書で「教育委員や事務局職員に対して自らの優位な地位を利用して威圧的言動が恒常的に行われ精神的苦痛を与えていた」指摘されている。知事を先頭に維新の会などが、中原擁護を強めていますが、これを許すと「大阪府はパワーハラスメントを容認する」と間違ったメッセージを全国に発信することになり、大阪の人権感覚が問われる事態に陥ります。私たちは、自ら責任ととらない・責任を取らせない勢力に対して断固とした態度を示していきます。
2015年3月4日 | 記事へ | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/yasuzo/trackback/508/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
次へ