2010年11月11日(木)
引っ越しです
新ブログ始めました。

http://ameblo.jp/yamamecoubou/

コピペして見に来て下さい。
2010-11-11 22:18 | 記事へ | コメント(0) |
| その他 |
2010年10月04日(月)
9R改造開始


屋外用の9Rの軽量化改造を開始。
まずは主翼の下面を削って軽くします。
この作業で約5gの軽量化となりました。

突然ですがこのブログの制限容量いっぱいとなりました。
今年から2倍の200MBになったので残容量気にしないでばんばん写真を載せていたら突然の「もういっぱいです」のアラートが出ました。
あららです。

ということでこのブログはしばらくお休みにします。
新しいブログがいつ再開に成るか・・・
体の調子が悪いとか家族の状況が悪いとかじゃ有りませんのでご心配なく。
またお会いしましょう。
2010-10-04 17:38 | 記事へ | コメント(0) |
| 飛行機 |
2010年10月03日(日)
2010早朝練習


今朝は松伏公園に一番乗り。日の出と共に練習です。
北西の風0.5m/s、晴れ、15℃
広場の西のはずれから飛ばしてぎりぎり場内に降りる風です。

まずはカテ4の4F。
可児練習で大破した機体で修復して初のテストです。
少し上昇パターンが変わって左に回り込む感じが強くなりました。
体を開き気味にして右翼端を少し下げた状態で巻き込まずに投げるとうまく上昇していきます。
旋回が少し大きいのでもう少しラダーを切っても良いのかも知れません。
ほぼ静気流の今朝の空気ですが最初は左に流れて高度が取れず59秒。2回目は巻き込まずに投げて頂点失速で高度30mから滑空で96秒。3回目は上昇ばっちりで35mの106秒。
良い感じにタイムが出ています。修復成功です。


カテ4から屋外用にコンバートされた8Fは今朝も絶好調です。
6投して最高が102秒。次が96秒。頂点1回ピッチングでも80秒代が出ています。
カテ4で使いたいぐらいのポテンシャルが有りますがこのまま微風用の屋外機として使います。

松茸大会で使った9Nは展開スパン90cmで75gの比較的小型の機体です。
今朝のタイムは75秒程度です。1回だけ97秒が有りますがこれは今朝最初の弱いサーマルに入った為。
7時を回って風も少し出てきて弱いサーマルも始まってタイム測定は終了です。
良い練習が出来ました。


8時半からは宮代杯。
Bサイズの翼端投げでにぎやかに参戦でした。
高度は出るも調整が甘くうまく滑空するようになったのが残り2回の段階。
何とか3マックス取れて5位と平凡な結果でした。
それでもうまく調整出来てかなり良い感触です。朱鷺カップ、大中大会もこの調子で行けたらかなり期待が持てそうです。
2010-10-03 15:00 | 記事へ | コメント(0) |
| 飛行機 |
2010年10月02日(土)
改造決定



2週間振りに松伏にて早朝練習。

風が有るのでカテ4の4F大破修理後のテストは延期して屋外用のテストです。

先日の鈴鹿の飛びを見て3m/sぐらいのそよ風程度でもスパイラルぎみになるのが気になったので右翼だけ上反角を強くする改造をしました。
改造したのは8F、9M、9Rの3機です。

8Fはインドアカテ4からバージョン落ちした機体で元々16%の少ない上反角率でした。ロングスパンで高度、滑空ともカテ4ゆずりの性能を持っています。無風の時なら90秒近い性能が有ります。
今回右翼の上反を増やして18%に増量しました。良い感じに上昇し別人のように素直な返りを見せてくれました。
今朝の飛びからはスパイラル傾向は見られないので日中でも3m/sまでなら使えそうな印象です。

先月新作した9Mと9Rは上反を強くしたせいで投げで左に入るパターンになりました。
これはヨー時の右翼上反による左ロールが強くなったのが原因です。対策としては垂直を大きくするのが常道ですが今以上に滑空時の動きが緩慢になって性能悪化は目に見えています。
根本的な改造が必要と判断しました。
過剰強度の主翼を削って軽量化、尾翼を軽い比重のバルサで作り直し、機首とテールを50mmずつ短くしてヨー回りの慣性モーメントを低減する大改造を施す事にします。
翼面荷重12→10g/dm2、垂直尾翼容積も小さく出来るのでまったく別物の飛びに成るはずです。
朱鷺カップまで2週間ですが来週前半に改造して来週末にテスト、次週で更なる微修正を掛けて朱鷺カップ当日早朝に再度テストでぎりぎり毎に合うでしょう。
綱渡りの工程ですがこのまま使っても思い通りの飛びには成らないので予備機として持っていても仕方が有りませんので。

一応まともに競技に使えそうな9N(松茸2位)と今朝復活した8Fの2機有るので取りあえず競技には成るでしょう。
だめなら昨年の様にカテ4の本番機を動員する奥の手も考えておきます。強風はNGですが微風で上下動の少ない落ち着いた気流なら無敵のはず。


今朝は公園サイズも4機調整テスト。
配布用の2機もばっちり調整が済み明日発送します。
今回のユーザーはハンドランチ超ベテランの方ですので競技に使えるスペックで製作しています。
Bサイズ野球投げはいつもより垂直尾翼を小さくして返りを良くしています。ベテランの正確な投げが前提のセッティングです。
460mmスパンの翼端投げは豪快に高度を取る機体です。強度と浮きのバランスが難しい小型機ですが大型機と張り合える性能が有ります。今朝も高度35mぐらいまで上がってびっくりするほどの飛びを見せてくれました。良い機体です。

自分用のBサイズ(スパン360mm)の2機は調整に手こずりましたが本気投げ出来るレベルまでは調整が付きました。
明日の宮代杯の競技で調整しながら飛ばして朱鷺カップに備えます。
天気予報通りの微風になるのを期待しましょう。
2010-10-02 18:03 | 記事へ | コメント(0) |
| 飛行機 |
2010年10月01日(金)
この時期は毎年大忙し


毎年の事ですが10月はめちゃくちゃ忙しい。
仕事も遊びもぎっしり詰まって体が変に成りそうです。
今日も朝から旋盤回しっぱなしで目も指も腫れ上がってます。
そう言えば昨年はこの時期に気管支をやられてダウンでした。
体調を見ながら少しセーブして行かないとダメですね。

日曜は宮代杯の予定ですが天気が微妙ですね。
明日は良い天気のようなので溜まった機体の調整・テストを済ませてしまいましょう。

来週はフジカップと木村杯で久しぶりに紙飛行機飛ばし。製作も練習もまったくしてないのでぶっつけ本番です。
手持ちの機体はハニカム機が2機と貰い物が3機だけ。
風が吹いたりサーマルが強かったりしたら数が不足しそうです。
どなたか余ってる機体を分けてくれると嬉しいです。

その次の週は朱鷺カップです。
松茸、大中、朱鷺、きしめんの4大メジャー大会と位置付けてこれだけは頑張ってきたつもりですが中々思い通りには行きません。
フライオフまでは行くのですがその後が続かない事が多いです。
大型HLGだけは譲りたくないので本気モードで頑張ります。
昨年の朱鷺カップは病み上がりで看護婦同伴の遠征でした。(笑い)
2010-10-01 17:44 | 記事へ | コメント(0) |
| 飛行機 |
次へ
ニックネーム:やまめ工房