ニックネーム:武信 貴行
性別:男
1970年神戸市生まれ。阪大文学部中退。舞台映像家として関西を中心に活動中。舞台映像UST番組「SP水曜劇場」の解説者にしてU.M.I Film makersの船長。古道具や古本のような昔の人間の痕跡が大好物。好きな乗り物は船。軍艦を特に愛する。

»くわしく見る
2012年12月29日(土)
U.M.I Film maklers 第2回作品「くまと羊」製作のお知らせ

2010年に始動した演劇人による映画製作ユニット「U.M.I Film makers」の第2回作品を製作することになりました!
本年のINDEPENDENT12で上演された丹下真寿美一人芝居「くまと羊」を映像化して2013年に公開いたします。

只今、撮影準備中。

普通の女の子が迷い込む、普通の世界のほんの少し向こうの、不可思議な世界の物語。

ご期待ください!




出演

丹下真寿美、上原日呂(月曜劇団


【スタッフ】

監督:武信貴行

脚本:西川さやか(月曜劇団

主題歌:『prior vivid』(ALTERNAIT、唄:新良エツ子

撮影:堀川高志(KUTOWANS STUDIO)、太田智樹

2013年公開予定

2012-12-29 23:15 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 映画 / 映像製作 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/569/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2011年07月19日(火)
一人芝居フェスINDEPENDENT告知 カイワイ!ver


日曜日は「カイワイ!」第3回の撮影でした♪
今回は大阪・日本橋のin-dependent theatre 2nd界隈をグダブラしてきましたよ!
この暑い最中に!!!w

撮影は吃驚するくらい意外な展開で事前に全く予想していなかった流れで完結。
…ノープラン・ノーアポって凄い!
見慣れてると思ってる街にもまだまだ自分たちの知らない空間が沢山あって、面白い人が沢山いるもんなんだと再認識しました。
この企画はもっともっと続けて行かなくちゃなーと思った次第です。
近々皆様にお披露目させていただきますね〜。
ご期待ください♪

そして撮影前に劇場のプロデューサールームで俊郎さんとSUN!!ちゃんが出演する一人芝居フェス「INDEPENDENT」の告知ムービー、カイワイ!verも収録してきました。
「カイワイ!」テイストのゆるーい告知になっておりますので、お気軽にお楽しみ下さいませ〜♪

2011-07-19 05:27 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| カイワイ! / UST / 映像製作 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/396/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2011年06月07日(火)
またグダブラしてきました♪

先週の日曜日は情報探索型バラエテエィ「カイワイ!」の収録で中崎町・コモンカフェ周辺をグダブラして来ましたYO♪

出演者は福山俊朗、宮川サキ、チャーハン・ラモーンのお三方とナレーションのミジンコターボのSUN!!ちゃん。
関西の劇場や芝居小屋周辺のお店や面白スポットを思い付くまま気の向くままにグダブラしながら紹介していこうという映像番組でございます。
まだ配信はされてないんですが、かなり面白い形での公開を予定してますのでご期待ください♪



んで、情報「探索型」バラエティと銘打っているだけあって、この番組、ガチでノー下調べ・ノー根回しで色んな所に突撃しますw
今回も全く予想してなかった某所で軽く重要文化財クラスのとある逸品を見せてもらって大感動!
…大阪の街、侮れん!



もうすぐ第一回分が皆様にお披露目出来る予定です。
追って情報もUPしていきますので是非ご期待くださーい♪

2011-06-07 14:31 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 映像製作 / 徒然草 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/371/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2009年10月28日(水)
色補正
今日は先日のエントリーに書いた通り、ピースピットHYT3「闇の猫」のデータ作成と色補正を進行中。

小劇場の舞台映像は商業演劇に比べて遥かに低予算な収録になりがち。
収録用のカメラも担当者がカメラマンの人数分機種を統一して揃えれれば良いんですが、それが出来る人は少ない・・・というか小劇場では見たことが無いw
カメラマン各々が手持ちのカメラを持ち寄って撮影、ということになるのですが、デジタルビデオってメーカーや機種が違うと画質が全然違うんですよね。
それをそのままにしておくと非常にカットとカットの差異が際立ってしまい、編集が悪目立ちするので、収録カメラの台数が多ければ多いほど「色補正」という作業が必要になってきます。

具体的にはこんな感じ↓

   

余り気にならない・・・という方も居られるかも知れませんが、これをやるのとやらないのとでは、観賞する方の目の疲れや集中力に大きな違いが出てくるのですYO!・・・特に時間が長くなればなったり、照明の変化が激しかったりする程!
・・・そういう訳でピースピットの舞台映像では必須ですwww

まあ、同一機種のカメラを複数用意できれば(最低ライン3台)、こんな問題は表面化しないんですけどねw
何が良いたいかと言うと、要は、ハイビジョンのカメラが3台欲しいけど、今のところ無理めな状況なので、近いうちに今使ってるカメラをもう一台購入して3台揃えたい!!!・・・ということですw
2009-10-28 16:48 | 記事へ | コメント(0) |
| 映像製作 |