ニックネーム:武信 貴行
性別:男
1970年神戸市生まれ。阪大文学部中退。舞台映像家として関西を中心に活動中。舞台映像UST番組「SP水曜劇場」の解説者にしてU.M.I Film makersの船長。古道具や古本のような昔の人間の痕跡が大好物。好きな乗り物は船。軍艦を特に愛する。

»くわしく見る
2013年04月27日(土)
SP水曜劇場第67回上映&放送のお知らせ

舞台映像上映会&Ustream放送番組

SP水曜劇場

毎月第1・3水曜日 午後8時
http://kan-geki.com/sp-theatre/



【第67回上映作品】東京ペンギン「東京ユートリア」

舞台は、現代日本の東京。そのある一角にゆとり世代が集う街があった。
通称「東京ユートリア」。
ある日、日本政府は高らかに宣言する。
「ゆとり世代を殲滅することにした。」
スカイツリーの秘密とは?壁の向こう側には何があるのか?
この現状は誰のせいなんだ?

ゆとり世代代表「東京ペンギン」が最初で最期に「日本人」に立ち向かうレジスタンスエンターテイメント、SP水曜劇場に登場!

【作・演出】
裕本恭

【出演】
中井萌、丸塚香奈、寺尾みなみ 、工藤敬輔、野澤太郎、(以上、劇団東京ペンギン)、伊福覚志(ま夜中散歩)、今氏瑛太、菅山望、なるた青虫(劇団くるめるシアター)、中村夏海、吉田玲子、和田陽子、松野貴則(コントユニットT@kuma)、山田謙太朗(コントユニットT@kuma)、草野峻平(声を出すと気持ちいいの会)、熊野利哉(江古田のガールズ)

【解説】武信貴行 【アシスタント】西川さやか(月曜劇団

【上映概要】

 @場所 大阪市中崎町・天劇キネマトロンにて

 A日時 2013年5月1日(水)20:00〜 (再放送2013年5月2日〜5月8日 22:00〜 土日24:00〜)
      ※ 上演時間 2時間(上映時間100分・前後に各10分程度のトーク・予告あり)
         配信URL→http://kan-geki.com/sp-theatre/

 B入場料金  無料・カンパ制(後払いWEBチケット・WEB投げ銭アリ。ご購入・ご参加はhttp://bit.ly/IVkN1e

2013-04-27 11:58 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / SP / UST |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/599/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年04月26日(金)
SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その58
SP水曜劇場 第66回・劇団ショウダウン「メビウス」上映終了致しました!
会場にお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!
二人芝居というシンプルなスタイル贈る、二人の愛の物語。
研ぎ澄まされたシンプルさと個性的な俳優の魅力の中から浮かび上がるとても美しい物語、
ご堪能頂けましたでしょうか?

今回、機材トラブルで会場からの生中継が出来ませんでした。
USTでの視聴を楽しみにしておられた皆様には大変申し訳ございません。

林遊民さん・ナツメクニオさんをお迎えしての会場の模様は4月26日から5月3日まで再放送(22時〜、土日24時〜、http://kan-geki.com/sp-theatre/)の中でお送りします。
ご覧になれなかった方、もう一度ご覧になりたい方は是非ご覧くださいませ。

そして恒例の会場の天劇キネマトロンの入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.57、劇団ショウダウン「メビウス」です。
恒例のnookworksさんが劇中に登場する「花」をメインにしてイラスト化してくださいました。
クライマックスの名シーン、そして物語全体を象徴的に表した見事なデザインで感動。
番組終了直後に小屋入り中の現場から駆けつけてくれた成瀬さんも加わってパチリ♪



こちらのチョークアートを使ったスチルを後払いWEBチケット・WEB投げ銭のおまけとして画像チケットとセットでダウンロードして頂けます。
後払いWEBチケットは一律500円、WEB投げ銭は100円からお好きな売上は金額でお投げ頂けますので、作品がお気に召しましたら是非ともご参加ください。
20%の東日本大震災義援金を差し引いた収益を全て作品提供劇団に寄附致します。
詳しい説明とご参加はコチラから!→http://bit.ly/IVkN1e

またキネマトロンにご来場の皆様には来場特典としてどなた様にもDLして頂けます。
コチラのアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。

どなた様も作品がお気に召しましたら是非ともご参加くださいませ!

2013-04-26 12:09 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / SP / ウェルカムボード |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/598/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年04月19日(金)
SP水曜劇場第66回上映&放送のお知らせ

舞台映像上映会&Ustream放送番組

SP水曜劇場

毎月第1・3水曜日 午後8時
http://kan-geki.com/sp-theatre/



【第66回上映作品】劇団ショウダウン「メビウス」

機能を停止する間際の二体のアンドロイド。

無人の惑星に廃棄された彼等は
遠く頭上に青く輝く地球を眺めながらゆるやかに終わりを迎える。

最期の時、一体のロボットは突然語り出す。

「どこかで会ったことありませんか?」

二人を繋ぐ一本の花、
いつから二人の間に咲いていたのかもわからない一本の花、
二人の手が重なった時、記憶を探る旅は、時空を超える。

劇団ショウダウンが贈るノスタルジックサイエンス・フィクション、SP水曜劇場に登場!

【作・演出】
ナツメクニオ

【出演】
林遊眠、成瀬トモヒロ

【解説】武信貴行 【アシスタント】西川さやか(月曜劇団
【ゲスト】ナツメクニオ(劇団ショウダウン)

【上映概要】

 @場所 大阪市中崎町・天劇キネマトロンにて

 A日時 2013年4月25日(木)20:00〜 (再放送2013年4月26日〜5月2日 22:00〜 土日24:00〜)
      ※ 上演時間 2時間(上映時間100分・前後に各10分程度のトーク・予告あり)
         配信URL→http://kan-geki.com/sp-theatre/

 B入場料金  無料・カンパ制(後払いWEBチケット・WEB投げ銭アリ。ご購入・ご参加はhttp://bit.ly/IVkN1e

2013-04-19 13:03 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / UST / SP |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/597/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年04月18日(木)
SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その57
SP水曜劇場 第65回・匿名劇壇「終末の予定」上映&放送終了致しました!
御覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
第2回公演とは思えない完成度と力の抜け具合。
彼らと同年代の若い演劇ファンには勿論、往年のSFファンやコメディファンにも是非観て頂きたい作品でした。

放送中に皆様から頂いたツイッタブルツイートをコチラにまとめてありますので宜しければ是非ご覧くださいませ→SP水曜劇場・匿名劇壇「終末の予定」

また、本作品は4月18日から24日まで再放送(22時〜、土日24時〜、http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りしますのでまだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方は是非!

そして恒例の会場の天劇キネマトロンの入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.56、匿名劇壇「終末の予定」です。
恒例のnookworksさんがシンプルなイメージのフライヤーをポップでカラフルにアレンジして描いてくださいました。
ファミコンとかインベーダーゲームっぽいイメージが内容のクールさともリンクしていて素敵!



こちらのチョークアートを使ったスチルを後払いWEBチケット・WEB投げ銭のおまけとして画像チケットとセットでダウンロードして頂けます。
後払いWEBチケットは一律500円、WEB投げ銭は100円からお好きな売上は金額でお投げ頂けますので、作品がお気に召しましたら是非ともご参加ください。
20%の東日本大震災義援金を差し引いた収益を全て作品提供劇団に寄附致します。
詳しい説明とご参加はコチラから!→http://bit.ly/IVkN1e

またキネマトロンにご来場の皆様には来場特典としてどなた様にもDLして頂けます。
コチラのアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。

どなた様も作品がお気に召しましたら是非ともご参加くださいませ!

2013-04-18 12:20 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / SP / ウェルカムボード |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/596/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年04月10日(水)
SP水曜劇場第65回上映&放送のお知らせ

舞台映像上映会&Ustream放送番組

SP水曜劇場

毎月第1・3水曜日 午後8時
http://kan-geki.com/sp-theatre/



【第65回上映作品】匿名劇壇「終末の予定」

この演劇は、地球、宇宙、あるいは世界の終わりの、その一時間前を描くものである。
しかしこれはいわゆるパニックものではない。
何故なら終末は22年前から予測されており、ここにいるのは、それを既に受け入れきった者たちだからだ。
皆、やることがないと呟く。時間は刻々と進んでいく。

【作・演出】福谷圭祐

【 出演 】
福谷圭祐 佐々木誠 芝原里佳 東千紗都 松原由希子
藤本茂寿 吉本藍子(DRY BONES)

【解説】武信貴行 【アシスタント】西川さやか(月曜劇団
【ゲスト】福谷圭佑(匿名劇壇)

【上映概要】

 @場所 大阪市中崎町・天劇キネマトロンにて

 A日時 2013年4月17日(水)20:00〜 (再放送2013年4月18日〜4月24日 22:00〜 土日24:00〜)
      ※ 上演時間 1時間40分(上映時間80分・前後に各10分程度のトーク・予告あり)
         配信URL→http://kan-geki.com/sp-theatre/

 B入場料金  無料・カンパ制(後払いWEBチケット・WEB投げ銭アリ。ご購入・ご参加はhttp://bit.ly/IVkN1e

2013-04-10 17:48 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / SP / UST |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/595/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年04月04日(木)
SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その56
SP水曜劇場 第64回・U.M.I Film makers「生活と嘘」上映&放送終了致しました!
御覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
スタイリッシュな脱力感と不条理さ、お楽しみ頂けましたら幸いです。

放送中に皆様から頂いたツイッタブルツイートをコチラにまとめてありますので宜しければ是非ご覧くださいませ→SP水曜劇場・U.M.I Film makers「生活と嘘」ツイート集

また、本作品は4月4日から10日まで再放送(22時〜、土日24時〜、http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りしますのでまだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方は是非!

そして恒例の会場の天劇キネマトロンの入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.55、U.M.I Film makers「生活と嘘」です。
お馴染みの小田真理さんが劇中に登場する様々な登場人物のスチルを写実的にチョークアートにして下さいました。
昔の映画館の手描き看板みたいで無茶苦茶格好良い!
自分の作品のウェルカムボード初めてだったので感激して、記念写真では思わず遺影に使える様に真面目な顔で写ってしまいましたw



こちらのチョークアートを使ったスチルを後払いWEBチケット・WEB投げ銭のおまけとして画像チケットとセットでダウンロードして頂けます。
後払いWEBチケットは一律500円、WEB投げ銭は100円からお好きな売上は金額でお投げ頂けますので、作品がお気に召しましたら是非ともご参加ください。
20%の東日本大震災義援金を差し引いた収益を全て作品提供劇団に寄附致します。
詳しい説明とご参加はコチラから!→http://bit.ly/IVkN1e

またキネマトロンにご来場の皆様には来場特典としてどなた様にもDLして頂けます。
コチラのアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。

どなた様も作品がお気に召しましたら是非ともご参加くださいませ!

2013-04-04 10:45 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / SP / ウェルカムボード |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/594/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年04月02日(火)
オープンファクトリー「演劇人映画祭」のお知らせ
演劇ファンの皆様にはお馴染みの大阪・日本橋のインディペンデントシアターが、
4/12〜4/15の期間、劇場を劇団に無料開放する「オープンファクトリー」という面白いイベントがあります。

その中の一企画としてSP水曜劇場も『演劇人映画祭』というイベントを開催します!



普段は舞台映像を自主映画上映スペースで上映&UST放送しているSP水曜劇場が、芝居小屋で演劇人の作った映像を上映&UST放送しようというクロスオーバーにも程がある、この日限りのゆる〜い映画祭!
オリジナルムービー、劇中映像、告知動画、踊ってみた動画、シークレット動画…などなど幅広い分野の映像を一挙上映!
INDEPENDENTシアターに新設されるUSTスタジオのスクリーンで、 普段は中々纏めて観れない演劇人映像を是非ご堪能下さい!

【日時】4月14日(日)15:30〜17:30

【会場】INDEPENDENTシアター1st4Fスタジオ

【上映作品提供】AIフィルム劇団壱劇屋SOEZIMAX、U.M.I Film makers、激団しろっとそんFUKAIPRODUCE羽衣 ほか

【出演】武信貴行、西川さやか(月曜劇団)、近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾)、立花裕介、丹下真寿美 

【観覧方法】途中参加OK・予約必要なし・定員なし・無料(カンパ制)

【配信URL】http://kan-geki.com/sp-theatre/

【問合せ先】武信貴行 take-noble@wombat.zaq.ne.jp

2013-04-02 15:52 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 演劇 / 上映会 / SP |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/take-noble_zakki/trackback/593/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません