ニックネーム:ひろぽん 
HPはhttp://www.geocities.jp/idadefiro/過去ブログへはカレンダーの〈 〉記号やカテゴリーから。

»くわしく見る
2012年08月31日(金)
橋下市長、がれき受け入れ説明会を強制終了
橋下は、「ここにいるあなたたちの何倍もの市民が(がれき受け入れに)賛成している」と決めつけました。

橋下市長、最後はがれき受け入れ説明会を強制終了。住民の質問に答えていません。

http://www.youtube.com/watch?v=PCTKQPRBv2A&feature=youtu.be

http://www.youtube.com/watch?v=wSYrndcxC3Q&feature=related

君が代問題では、宗教とかを持ち出して君が代歌えないと言う人は公務員になれない、やめろと橋下がいいました
http://www.youtube.com/watch?v=m3MDQCJJr1Y&feature=related
こんな理屈を許すのでしょうか。

2012-08-31 16:23 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 |
橋下が切り捨てるもの

橋下・維新が安倍とさらに接近し、自民党と維新が選挙で大勝ちの予想が出ています。
橋下は、今日、がれき受け入れ説明会で大きな反対の声を浴びました。しかし彼は財界が喜ぶように突き進むでしょう。彼を反原発派とみるのはナイーブすぎます。彼が財界側の人であるのは明らかで、問題はどちらかというと彼を支えるのが「旧来の財閥とか日経連主流」とは少しずれている新興勢力だということです。

* ************
売店切り捨て
橋下が切り捨てるひとつが、地下鉄の売店、そこで働いている人たちです。
駅構内売店は、H24.7.31(火)で閉店となっており、それに代わって今後は、コンビニのファミマとポプラが進出です。
橋下が切り捨てるところの労働問題としてのアプローチも大切です。

* **********

刺青問題での処分の詳細

処分の詳細がわかりました。
8月28日に大阪市長橋下徹が、刺青問題で抵抗した職員に、懲戒処分(戒告=一時金で0.15か月カット、次の昇給時に2号給減、結果的に退職金減)を出しました。

当該は今後、入れ墨調査は憲法で保障された表現の自由を侵すもので、それを業務命令としたこと自体が違法なので処分も無効として戦っていきます。
処分の撤回を求めて、大阪市人事委員会へ不服審査請求を申し立てる、その後処分の取り消し不利益回復を求めて民事裁判を提訴するなどの予定だそうです。
彼らの戦いこそまともです。ここは党派とかを超えて、労働側は応援すべきでしょう。戦わないで、橋下のいいなりに従う職員の態度こそ問題です。橋下を応援している人は一番問題です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-31 00:59 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 / 労働 / 生き方 |
2012年08月30日(木)
坂口恭平のドキュメンタリー

『独立国家のつくり方』を書いた坂口耕平さんを撮ったドキュメント映画が上映されます。
見る価値あると思います。

来週末から大阪シネ・ヌーヴォで。
京都は10月6日からみなみ会館で公開。
-----------------------------------------------------------

『モバイルハウスのつくりかた
9月8日(土)から大阪公開!
(2011年/HD/98分/監督:本田孝義)
http://mobilehouse-movie.com/

<内容>
あなたも家が建てられます!
家賃ゼロ、敷金ゼロ、ローンゼロ、ほんの少しの材料と太陽光で現代に暮らす
ひとは0円で生活することができるのだろうか?
「0円ハウス」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」といった著作で現代のライフスタイルに問いを投げかけ、故郷の熊本につくった“ゼロセンター”で新しい生き方を模索する、「建てない」建築家・坂口恭平初のドキュメンタリー。

路上生活者の家と出会ったことをきっかけに、製作費26,000円の“モバイルハウス”の製作にとりかかる。多摩川の河川敷に長年暮らす師匠の叱咤激励を受けてようやく完成、設置場所の吉祥寺に移動という前日、東日本大震災が起こった…。住むとは?暮らすとは?生きるとは?ここには私たちが生きていくためのヒントがいっぱいつまっています。

<上映場所>
シネ・ヌーヴォ http://www.cinenouveau.com/

<上映スケジュール>
9/8(土)―9/14(金)12:30/14:30
9/15(土)―9/21(金)18:50/20:40
※9/16(日)20:40の回休映

9/22(土)?シネ・ヌーヴォXで上映
9/22(土)?9/28(金)11:30
9/29(土)?10/5(金)19:00

<鑑賞料金>
一般1700円、学生1400円、高以下シニア会員1000円
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-30 23:25 | 記事へ |
| 映画 / 生き方 / 貧困/反貧困 |
「死ぬまで、生きろ!」鶴笑、おもろい!
8月29日水曜日夜、AIBO事務所で第3回「22世紀の子どもたちへ」が行われ、
笑福亭鶴笑(かくしょう)さんが、笑福亭竹林さんとトークしました。

テーマは「師弟関係」ということでしたが、それにとどまらず、鶴笑(かくしょう)さんのおもろいダイナミックな半生が語られました。
学者の話よりずっと面白かったです。

「死ぬまで、生きろ!」という、生き方。

カナダでのチャレンジ、シンガポールでの成功、しかしそれを捨ててロンドンに行って苦労したこと。なんの成功のあてもなく、妻子連れてのチャレンジ。

18歳からラ24歳までブラブラ自由自由して、その反動で、命令されるような縛られる厳しい生活に行きたくなった。

寅さん映画でみた師匠に衝撃を受けて、この人に弟子入りしようとして、一大決心。飛び込みで弟子入りを申し出るが拒否され続ける。それでもへこたれない。
外国にいって勝負したい。
笑いでいろんな人が笑えるようにしたい。

ぼくは、鶴笑さんのまっすぐに好きなことに向かって突っ走る感じを好ましく聞いた。こういうふうに、脇目をふらずに進むのは幸せになるコツだと思う。

そうはできない人が多いのもわかるので、皆がこのやり方をするのは無理だろうとおもったが、僕自身が、脇芽をふらず、人目を気にせず、自分の道を進まなくっちゃと思った。

ということで、今回の録画はぜひ見る価値あります。
AIBOのHPから見つけてください。
見逃した方は、AIBO のWEB でみれます。
http://www.aibofund.net

2012年8月29日(水)21:00〜22:00


水曜日 21:00〜22:00
インターネットラジオ
連続対談「22世紀の子どもたちへ」

「趣味は子ども、特技は子育て」という上方落語家・笑福亭竹林が、教育・福祉分野にかかわる人々を招いて、「100年後の子どもたちのために今できることは何か」をテーマに対談を行います。


・主催 やぶへびかい(世話人・横谷和彦) FaceBookページ
2012-08-30 03:36 | 記事へ |
| 生き方 / スピリチュアリティ |
2012年08月28日(火)
大阪市・刺青処分で、当事者が闘争宣言
本日、入れ墨調査拒否者6人にたいする戒告処分が発令されたそうです。これに対し、「入れ墨調査拒否者への懲戒処分発令に対する闘争宣言」が出ています。
http://nakamaunion.jugem.jp/?eid=397

懲戒処分に対する闘争宣言!
入れ墨調査拒否者への懲戒処分発令に対する闘争宣言


2012年8月28日
なかまユニオン
なかまユニオン大阪市職員支部
矢野幸一
森 厚子
津々木勇
 
大阪市は8月28日、入れ墨調査拒否者6名に対して戒告処分を発令した。なかまユニオン、なかまユニオン大阪市職員支部、および拒否者3名は、この処分の撤回を求めて最後まで闘うことを宣言する。
 この入れ墨調査は、「児童福祉施設の男性職員が二の腕の入れ墨を見せて入所児童を脅している」(2月28日産経新聞)とする報道に基づいてなされたものだが、3月8日の大阪市議会文教経済委員会で、こども青少年局長は「入れ墨で恫喝しているようなことは確認できなかった」と答弁している。つまり、そういう事実はなかったというのである。この入れ墨調査は、そもそも事実に基づかない事項を理由として始められたのである。

 入れ墨調査は、「肩から指先まで、首から上、膝から足の指先まで」という容易に人目に分かるところに入れ墨があるかどうかを問うものである。もし、職務上そうした調査がどうしても必要ならば、職場での上司による任意の聞き取り調査で十分事足りうる。
 仮に入れ墨が市民の目に付くことを避けなければ職務に支障をきたすのであれば、入れ墨が目に付く当該職員を個別に指導すれば済むことであって、全職員に職務命令として一律に記名式の解答を義務付ける必要性・合理性はない。
 人が身体に入れ墨やタトゥーを施すことは、憲法第21条に保障された表現の自由であり、人格権の一発露であり、プライバシーの問題である。それを職務命令として一律に調査することは、人権侵害に当たる。

 今回の入れ墨調査票の提出を求めた職務命令は、そもそも憲法違反であり、その必要性・合理性がないことから地方公務員法第32条に規定する「上司の職務上の命令に従う義務」違反には相当しない。したがって、入れ墨調査票の提出を拒否したことに対して出された処分は懲戒権の濫用に当たると言わざるを得ない。
 私たちは、今後この処分の撤回を求めて人事委員会への不服審査の申し立てを行うとともに、処分の取消を求めた民事訴訟を起こすなど、処分が撤回されるまで闘い続ける覚悟である。

*************
2012-08-28 18:32 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 / 人権 / 労働 |
2012年08月27日(月)
AIBOで・・・
夜な夜なカフェ
雨宮さんとラボルテさんの対談、もうじき始まります。
http://www.ustream.tv/channel/aibofund

見逃した方も後で、
AIBO のWEB でみれます。
http://www.aibofund.net

29日には、『ニート・トーク・トゥギャザー』上映会があります。
8/29 13:30〜、19:00〜

現在なかなか就労に結びつかず声をあげにくい状況にある若者層から、政治に対する多様な意見を引き出し、映像作品として発表する。その作品を見た人の反応、その反応に対する若者の反応等も継続してカメラに収め、多重構造を持つ映像作品として12月には1本のドキュメンタリー映画として公開! ここでしか見れない映像作品! 同日夜にはAIBOにて上映会を開催!

発案:人民新聞 山田編集長
撮影:インタビュアー:マキクニヒコ
編集:NPO法人映像記録
主催団体:オシテルヤ

日時:2012年8月29日(水)
   13:00〜 中崎町CINEMA−KAN
   19:00〜 AIBO

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-27 20:39 | 記事へ |
| 生き方 |
大阪働者弁護団が、刺青問題で再び橋下批判

大阪市が実施いた「入れ墨調査」に対し、大阪労働者弁護団が、5月についで、再び批判声明をだしました。今回はこの問題で処分をしたことへの批判です。

こうした批判がまともなのに、今でも橋下維新を支持する人は、人権侵害に加担しています。
それを、古い左翼の運動や組合がダメだから、相対的に、橋下にもいいところがあるなどといってしまうのは、大事なことをひとつ一つ考えずに、感覚で知らぬ間に今のメディアと同じ感覚に陥っているということです。

刺青調査をして処分するだけで、橋下は、政治家失格ではないでしょうか。
君が代条例を作って反対するものを処分する点だけでも、橋下は絶対に認めてはいけないのではないでしょうか。
それは、DV加害者やレイプ犯や、セクハラ加害者が、いくら仕事ができようと、性格にいいところがあろうと、優しい面があろうと、会社に残してはいけないし、犯罪者として処罰しないといけないのと同じです。
橋下批判を批判する人は、では自分は何をして橋下に向かっているのでしょうか。

*****************
2012年8月27日

各 位

大阪労働者弁護団
代表幹事 大川 一夫

(連絡先)〒530-0047 大阪市北区西天満4-5-8-501
電話06-6364-8620
FAX06-6364-8621

大阪市による「入れ墨に関する調査」を拒否した職員に対する
懲戒処分に反対する声明


1 大阪市が5月1日から同月10日までを調査期間として全職員に対し実施した、記名式による「入れ墨に関する調査」に対し、大阪労働者弁護団は、5月8日、「大阪市による全職員に対する『入れ墨に関する調査』に反対する声明」を発表した。 同調査は、人の肩から指先まで、首から上、膝から足の指先までを調査部位と 指定して「1 現在、あなたは入れ墨やタトゥー(右図の斜線部及びアートメイクを除く)をしていますか。」「2 入れ墨やタトゥーをしている部位はどこですか。」「3 入れ墨やタ トゥーの大きさはどのくらいですか。」との設問を置き、全職員に記名式での回答を求めたものである。
大阪労働者弁護団としては、入れ墨の有無等についてはプライバシー権、表現の自由が及び、これらの人権が侵害されてはならないとの観点から調査に反対の立場をとった。

2 上記調査に対し、調査は人に知られたくない情報の強制開示要求でありプライバシーの侵害にあたる、職務命令により回答を強制されるのはおかしい等の理由から、現在もなお回答を拒否しつづけている大阪市職員が数名いる。これは人権を守ろうとする重要かつ勇気ある行動である。

他方、大阪市は、入れ墨調査への回答を拒否している市職員に対し、懲戒処分を予告して回答を強制する職務命令を7月13日付で行い、同命令にもなお回答を拒否し続ける職員に対しては、7月30日付で懲戒処分の警告書が交付された。また、8月22日には、今年5月に成立した大阪市職員基本条例にもとづいて人事監察委員会の職員分限懲戒部会が開催され懲戒処分が決定されたとのことであるが、その内容は非公開とされている。

職員基本条例によれば、調査回答を求める職務命令に従わない場合、減給または戒告の懲戒処分が適用されるおそれが強い。

しかし、大阪労働者弁護団は、5月8日付の上記声明に明記したとおり、職務命令により全職員に入れ墨調査を強制すること自体が人権侵害にあたり違法であると考えることから、入れ墨調査を拒否した職員に対する懲戒処分の発動は、それがいかなる内容の処分であっても違法かつ不当なものと考える。

大阪市には、調査の回答拒否者に対し、いかなる内容の処分であっても懲戒処分をなされることのないよう強く求めるものである。
以上

大阪労働者弁護団 事務局 山口
osaka-rouben@nifty.com
http://homepage2.nifty.com/lala-osaka/
〒530-0047 大阪市北区西天満4-5-8-501
電話 06-6364-8620 FAX 06-6364-8621
IP電話 050-7533-8510
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-27 19:02 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 / 人権 |
2012年08月26日(日)
苦しむこと、出来事が起こること

友人に大変なことがあって、電話で話して、泣けた。
身近な人たちを大切にしなくては、という気持ちになった。

フランクルは、この苦しみの人生に意味はあるのか、という問いに向かった。
そして彼は次のようなところにたどり着いていく。

「まっとうに苦しむことは、それだけでもう精神的になにごとかをなしとげることだ」
「苦悩と、そして死があってこそ、人間という存在は初めて完全なものになるのだ」
(「夜と霧」)
2012-08-26 13:06 | 記事へ |
| スピリチュアリティ / 生き方 |
アリンターネット

ブログで書くべきことはたくさんあるが、忙しいので、ひとつだけ。

台所の砂糖つぼにありが群がっていて、蟻塚のような、アリの巣のような感じになっていた。プラスチックなのでよく見えた。
怖いほどだったので、中身を蟻さんごと庭に捨てた。

最近、少し飲み差しのコップを置いておくと、蟻が集まっている。

すごいなとおもう。
これは蟻の情報網が発達しているということだ。

「おーい、ここに獲物があるぞー」
「よっしゃ、わかった、連絡してくる」

そういって蟻Aが、仲間たちがたくさん控えている本拠地に伝えに行く。あるいは伝言ゲームのように蟻Bに伝え、蟻Bは、蟻Cに伝えていく。砂糖のかけらを手渡しながらかもしれない。
伝わった情報にそって、あるいは蟻Aのあとについていって、獲物のとこにぞろぞろと仲間たちが行く。どんどん、獲物の規模の情報が伝わる。どんどん本拠地に砂糖が運び込まれる。
「すげーぞぉ。こりゃ、もっと人(アリ)を送らないと手におえねーぞー」

こんな伝達網が僕の家中に張り巡らされている。
すこしのクッキーのかけらでも、甘いミルクティが底のほうに少し残っていたコップでも、直ちに見つけて仲間が集まる。

アリンターネットである。

(アリンターネット という命名は、商標登録しました。これで僕は大金持ちになるかも。アリを搾取したり、大量虐殺するひどい人間です。虐殺を少し減らそうとはしますが・・・)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2012-08-26 10:39 | 記事へ |
| その他 |
2012年08月24日(金)
公開質問状が出るが、橋下氏の妄言続く
安倍元首相のスポークスマン化している橋下

橋下市長が、「慰安婦」問題に関して事実を否定する発言をしたことに対して、日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークが、公開質問状を提出しました。まともな主張です。

しかい橋下はまともに答えないでしょう。答えられないからです。あるいは右翼ブレーンに投げて書いてもらうか。自分では書けないでしょう。回答がみものです。

★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
2012年8月24 日
大阪市長 橋下徹 様
                     日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク        共同代表 西村寿美子 奥田和浩 方清子 
連絡先:TEL080-6185-9995 FAX06-6741-6032                                  
         
日本軍「慰安婦」問題についての見解に関する公開質問状

私たちは日本軍「慰安婦」問題の解決を求めて、全国の仲間とともに活動を進めている市民団体です。
橋下徹大阪市長は、8月21日の記者会見で「竹島」問題に関する見解を問われ、関連して「慰安婦」問題に言及しています。それに関して、事実に反するばかりか、女性の人権をないがしろにする看過できない重大な問題を含んでいると私たちは考え、以下質問するとともに、早急な謝罪と発言の撤回を求めるものです。回答は、一週間以内に文書にてお願いいたします。

(質問1) 日本軍「慰安婦」問題についての日本政府の公式立場は、1993年の「河野談話」にもとづく「軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに荷担していたこともあった」さらに「慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった」というものです。

市長は「軍に暴行脅迫を受けて連れてこられたというその証拠がない」と発言されていますが、「河野談話」およびその根拠となった調査結果に異議を申し立てているということでいいのでしょうか。その場合、国の公式立場に異議を申し立てるに至った根拠を、説明してください。

(質問2) 大阪市は2010年10月に、日本軍「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書を採択し、「河野談話に矛盾しないよう、慰安婦問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復とともに、今なお存在する女性への暴力・人権侵害の解決に向け、誠実に対応されるよう強く要望する」と、市議会の意見として政府に伝えたところです。
このたびの発言は大阪市長として矛盾した内容ですが、その点についてどのように考えていますか。市議会へは、どのように説明されますか。

(質問3) 今回、市長は「慰安婦」制度について、「今から考えると非常に倫理的に問題な制度かもわからないけど、当時の時代背景において、どうだったのか」と語られています。「慰安婦」制度は当時においても国際法に違反しており、日本の刑法にも違反する犯罪行為でした。現在、国際社会からも「慰安婦」制度は女性に対する最大の人権侵害であるとして、日本政府に早期解決が求められています。日本を含むアジア各国の多数の被害女性たちが過酷な状況下で日本軍兵士の性のはけ口とされたことを、「戦時下だったから、倫理的に問題がない」と言っておられるのでしょうか。改めて、意見をお聞かせください。

(質問4) 市長は歴史教育の必要性を以前から強く主張されています。このたび、「自国にとって都合の悪いことを教えないという教育では、各国との論争もできない」とも言われています。
しかし、「慰安婦」問題については、中学校の歴史教科書で年々記述が縮小され、昨年の検定によりあらゆる教科書から消されてしまったということを、ご存知でしょうか。これについて、見解をお聞かせください。 以上

* ************************

なお、橋下市長は、またまたムチャを言っています。

安倍政権のときの右翼的策動を根拠に話しています。慰安婦の証言を聴いたり読んだことがあるのでしょうか。嘘を言っているというのでしょうか。
橋下が、安倍的な右翼の立場からモノを見ているということがよくわかります。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201208240051.html
(略)・・・・
橋下氏は24日、記者団に対して、「07年の(安倍政権での)閣議決定は、強制連行の証拠はなかったと結論づけている」と改めて発言。「河野談話は日韓関係がこじれた一番の問題。単に(慰安婦だった人の)証言があればいいというわけではない。その証言に信頼性があるかをあいまいにしたまま出した河野談話は最悪だ」などと主張した。

*******

記者会見での橋下市長の発言内容は、以下のところでわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=0PWMG9DI2eQ&list=PL22929A8440BCDBA0&index=1&feature=plpp_video

この中で、「従軍慰安婦については証拠はないというのが日本の考え方」と言っています。この発言から安倍のような右翼側の情報だけを根拠にした人だとわかります。
安倍から聞いた知識の受け売りという、浅知恵の対応だとわかります。何も本当には勉強していない人です。
右翼のスポークスマンになっているわけで、右翼勢力は大喜びでしょう。これが橋下の位置なのです。

そもそも、「領土問題の前提として従軍慰安婦があったのかどうかが大事だ」という橋下の主張は、論理的ではありません。無理やりこの論点を出しているのです
では誰がそう言えといったのか。安倍(の近辺の人)であるのは間違いありません。

従軍慰安婦問題は大事な問題ですが、この問題で韓国と争うというのは、かなり挑発的な確信犯右翼の戦略です。
ただし、国際的には、この論点では「従軍慰安婦は自主的な商売をしていたのであって、強制的な性奴隷ではない」という日本の右翼の主張は、一蹴されてしまいます。

そこがわかっていないのが、橋下なのです。極右の本しか読んでいないということがわかります。
彼の言い分は、韓国はいろいろ言うが、もう国家間で決着がついているはずだから、日本政府はちゃんと、従軍慰安婦制度について、「そういうものはあったが強制連行はなかったというべき。それが日本の立場である。それをちゃんと言っていないからおかしくなっている」といいます。

これは、河野談話を全面否定している主張であり、妄言であり、右翼の言い分と全く同じです。日本政府の主張が、「強制連行はなかった」などというのは全く歪んだ考えですが、右翼の意見しかきいていないので、それが日本の正式な主張と思い込んでいるようです。

橋下は最後の方で、「今から考えると非常に倫理的に問題な制度かもわからないけど、当時の時代背景において、どうだったのか」といっています。上記の質問書でも問題にされていますが、本当にひどい見解の持ち主です。中曽根が言っていたのと同じですね。軍には性欲処理のために従軍慰安婦・慰安所は必要なのだという発想です。

また、橋下市長は、この会見の中で、「対中国との交渉の上で、石原都知事の行動はプラスになっている」「韓国や中国に負けないように、教育で竹島や尖閣諸島は日本の領土だと教えないといけない」といっています。どこまでも、好戦的に韓国や中国と敵対的に対抗していこうという、ナショナリスト・右翼系の考え方の人です。

なお最後の最後にようやく一人の記者が質問らしい質問をしました(ほかはいつものように全く無批判に垂れ流し)。
それは、領土問題と従軍慰安婦問題はどうリンクしているのかという質問です。
しかし、橋下はちゃんと考えていないので、明らかに動揺し、関係ないこと(右翼的な領土教育がいるという主張)を話しながら時間稼ぎをし、結局答えないまま終わりました。記者も追求しませんでした。情けないメディア人です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-24 20:49 | 記事へ |
| メディア / ナショナリズム政治 / ジェンダー |
性暴力に甘い社会
7月31日、貝塚市の二色の浜海水浴場で専門学校生の少女に酒を飲ませて泥酔させ、性的暴行をしたとして準 強姦 容疑で逮捕された大阪府警布施署地域課の永田昌也巡査長(27)。
この巡査長にたいし、大阪地検は8月22日 処分保留で釈放した。
おかしなことである。

準強姦罪は「心神喪失や抵抗できないことに乗じた」場合に成り立つが、地検は少女の酔いの程度を立証するのは困難と判断したとみられる、と報道されている。
しかし、当事者がレイプされたと訴えているからこそ事件になっているのではないのか。そして客観的に酒を飲まされていた。よっていないならレイプとして起訴すればいいのではないのか。
性暴力に甘い話である。

なお、府警は永田巡査長を懲戒処分にする方針だという。懲戒処分にするから起訴しないでやってくれと裏で手をうったのではないか。

また永田巡査長とともに少女らと飲酒した同課の同僚4人についても処分を検討するというが、どうせ甘い処分に決まっている。しかし警官が少女たちをレイプしたり体を触った、同僚がレイプするのを見ていた、そこに合意はなかったと言うのだから、全員、懲戒解雇は当然ではないのか。
いつもながら????? ひどい社会である。

***********
ソフトバンク堂上選手が 強制わいせつで逮捕されたということですが、ほかにもしているようです。

 プロ野球、ソフトバンクの堂上隼人容疑者が、福岡県内で20歳の女性に暴行したうえ、わいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで警察に逮捕されました。
 逮捕されたのは、プロ野球、ソフトバンクのキャッチャーで、現在2軍の堂上隼人容疑者(30)です。警察の調べによりますと、堂上選手は、今月19日午後10時半ごろ、福岡県内のアパートの通路で、このアパートに住む20歳のアルバイトの女性の髪の毛をつかむなどしたうえ、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いが持たれています。
 警察によりますと、周辺の防犯カメラの画像などから、堂上選手が事件に関わっていた疑いが強まり、23日朝、福岡市の自 宅で事情を聴いたところ、「間違いありません」と容疑を認めたということです。これまでの調べで、女性が帰宅して部屋に入ろうとしたしたところ、いきなり「おれの顔を見るな」と言われて襲われたということです。
 警察は動機などを捜査するとともに、今月に入って周辺の地域で同じような手口の事件が数件相次いでいることから、関連についても調べることにしています。
堂上隼人選手は神奈川県出身で、社会人野球から独立リーグを経てソフトバンクに入り、ことしで4年目のキャッチャーで す。これまでの1軍出場は通算8試合で、今シーズンは1軍での出場はありませんでした。
 堂上選手が逮捕されたことについて、ソフトバンク球団は「詳細が把握できていないので対応を検討中です。これまでトラブルは聞いたことはありません」と話しています。

* **********

教師関係でも、性暴力が相次いでいます。

 仙台市教委は23日、女子高校生らにひわいな電子メールを繰り返し送ったなどとして市立中学校の男性教諭(31)を、懲戒免職処分にした。
 市教委によると、教諭は08年4月ごろから、路上で声をかけるなどして知り合った女子高生や成人女性4人に対し、1日最高33回のひわいなメールを送ったほか、スカートの中の写真を送るように要求した。「100件以上やった。申し訳ない」と話しているという。
 
ほかにも似たようなのがたくさん
関連記事
• <わいせつ>子供に行為 2教諭懲戒免に−−長野県教委
• <わいせつ行為>女子生徒に行為 高校教諭を懲戒免−−県教委 /岩手
• <スカートのぞき>玉野の中学教諭を免職−−県教委 /岡山
• <池田町立小教諭盗撮>容疑の教諭逮捕 プール更衣室、女児の着替え狙う /長野

• <わいせつ>男性教諭を懲戒免 男児の下腹部触り 福岡
• <わいせつ行為>女子生徒に 運動部顧問の教諭を懲戒免職 /秋田
• <わいせつ画像公開>小学校教諭を逮捕「仕事のストレスで」
• <公然わいせつ>高校生に下腹部見せた疑い、中学教諭逮捕
2012-08-24 02:03 | 記事へ |
| ジェンダー / 暴力・DV |
2012年08月23日(木)
橋下が、安倍元首相に、新党党首を要請
安倍元首相は、自民党の中でも特に極右的な人です。
その彼は、また自民党総裁選に出ようとしています。

その彼に対して、橋下・大阪維新代表は、維新が作る新党の党首になってくれないかと要請していました。

橋下の右翼ぶりがまたもや露呈しました。
安倍氏が党首にならないくても、橋下が、右翼的なことにとても親和的であることは明らかです。

安倍が自民党党首になると、次期選挙では民主党は惨敗するので、安倍が首相になる確率が高まります。
そこに維新が連立的に重なれば、右翼的なひどい政権になります。

民主党の野田政権、今はひどい状態ですが、党首をリベラル系に変えて、ましな民主党になる事、そして当面選挙をしないことが、日本社会にとってはましな選択です。

今、選挙をしろというのは、維新や自民党にとって喜ぶべき状態をもたらします。
反原発も,
民主党政権にしておきつつ、野田を引きずり下ろすのが現実的にはいい戦略です。

反原発を望んで維新を支持すれば、自民党とひっついて反原発など維新は、簡単に捨てます。
2012-08-23 23:31 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 / 東北大震災・福島原発 |
2012年08月22日(水)
橋下市長、慰安婦問題証拠ないと、右翼化、あきらかに

橋下市長には思想がない、特に右翼でもないという人がいます。
しかし、彼のこれまでの行動全体を見れば、新自由主義的であり、右翼的な面があるのは明らかです。

国旗国歌の強制で、全国で初めて処分までする条例を多数で押し通したことは、まさに右翼が長年願ってきたことです。
歴史教科書をつくる会系の、近現代史を教えようというのも右翼的です。
松井知事は、この間積極的に安倍元首相という自民党の中でも極右系で有名な人と連携を模索し、合流を持ちかけています。

石原東京都知事ももちろん右翼系で、そことも橋下・維新は仲良しです。
フェミニズムをきらい、ドーンセンターとか、クレオとかを攻撃したのは最初から一貫しています。
今もピース大阪、リバティ大阪という「人権系」を潰そうとしています。
労働組合を目のかたきにするのも右翼の特徴です。

橋下・維新のしてきたことは、全体として右翼の言ってきたこととほとんど重なっています。

そんな中、橋下市長が「従軍慰安婦」と言う、右翼が最も攻撃したいところについて、まさに右翼的な立場で発言しました。
橋本市長は、8月21日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸について「従軍慰安婦という日韓の課題が根っこにある」と指摘した上で、「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠はない」と述べ、強制連行はなかったとの認識を示しました。

こんな妄言を言っているのに、彼が右翼的しそうを持っていないと言えるでしょうか。内面は多様で、思想も単純なモノだけではないですが、表に出ているところで判断するしかないのです。少し矛盾したことを言ったから、右翼でないというのは、では右翼って何?ということになります。
右翼だって、いろいろです。
しかし、従軍慰安婦の強制連行がなかったなどというのは、まさに右翼的な妄言です。
少しでも調べれば、従軍慰安婦問題でのたくさんの本が出ています。日本のWAM 博物館もあるし、韓国にもあるし、生きた証人ハルモニたちがいます。映画もあります。

しかし、多くの人は、自信満々に無茶を言う右翼が出てくると、そこまで言うんならなんとも言えないむつかしい問題で、自分はどちらとも言い切れないと思ってしまい思考停止し、徐々に、ファミ側がいっていることが偏っているかのように思っていきます。

例えば南京大虐殺もなかったという人が出ているとか、ナチスの強制収容所・ガス室はなかったというのと同じです。

 橋下市長はメディア受けするように、「証拠があったというのであれば韓国の皆さんに出してもらいたい」といいますが、では、ダンボール箱にいっぱいになるような資料・証拠を送っても見ること読むこともせずに、反対意見もあるというだけでしょう。
本当に証拠を知りたいという中立的なスタンスなどでは全くないのです。だってたくさんの資料や証拠はすでにあるのですから。

すでに多くの資料があるのに、今の時点で証拠を出せというのは、典型的に政治的な発言です。しかも彼は、「連行の証拠ない」といいきっているのです。決めつけた立場なのです。

 また、彼は、尖閣諸島の問題にも言及し、「領土問題はしっかり国民の認識に落とし込む教育をしないといけない。近現代史教育を充実させる必要がある」とものべました。

これは、東京の靖国神社付属の遊就館(ゆうしゅうかん)のような視点での歴史を教えろという意味で、これはまさに極右的歴史観を教えろと言っているのです。

口元チェックをした橋下の友人の校長がバランスよく両方の歴史を教えろと言っているのと軌を一にしています。

第2次大戦は聖戦であった、侵略ではなく解放だったという戦争肯定の歴史観も教えろ、というスタンスです。そのなかで、領土問題でもナショナリズム的に、思想教育しろと言っているのです。
日本の領土だ、防衛力を高めろ、外国に甘い顔をするな、戦えというスタンスです。

そこには、非暴力とか、スローとかピースな感覚はありません。

こんな市長に対して、メディアはまだ彼を改革者と持ち上げて報道しています。政局の話にしてどことどこがひっつくかという話にして、橋下維新への的確な批判はほとんどありません。

『朝日新聞』的なスタンスは典型で、自分では橋下に少しは対抗しているつもりなのです。で、記者は本当に、自分たちは中立で、少しリベラルとか思っていて、そして橋下にほんろうされています。
しかし実は全く思想的に見抜けておらず、今の主流秩序に加担していること、その中で橋下にも親和的になっていることが自覚できていません。

この集団のなだれ心理(どんな雪崩の中にいるか自覚していない)こそ、気づかなくてはなりませんが、多くの人にはわかっていません。メディア人もインテリも同じですね。

これについては、後日、『朝日新聞』のデスクの文章の批判として少し詳しく書きたいと思っています。(今は多忙・・。)

「橋下市長、慰安婦強制連行「証拠示して」」『日本経済新聞』
   http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2104Z_R20C12A8CC1000/

「<橋下市長>慰安婦連行「軍が暴行・脅迫の証拠ない」」『毎日新聞』
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120821-00000116-mai-soci

「橋下市長「慰安婦の強制連行、確証ない」」『朝日新聞』
   http://digital.asahi.com/articles/OSK201208210123.html

「「慰安婦、強制連行の証拠ない」 橋下大阪市長が言及」『産経新聞』
   http://sankei.jp.msn.com/region/news/120821/osk12082117010007-n1.htm

「橋下大阪市長「慰安婦、強制連行の証拠ない」」『中央日報』
   http://topics.jp.msn.com/world/korea/article.aspx?articleid=1307012

「脅迫、連行の証拠ない=従軍慰安婦問題で―橋下大阪市長」時事通信
   http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-21X191/1.htm

「橋下市長「慰安婦連行証拠ない」」共同通信
   http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2012082101001567/1.htm

「橋下市長、慰安婦強制連行「証拠出して」」『日刊スポーツ』
   
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20120822-1004413.html

【関連記事】
「慰安婦問題、誤解広げたのは宮沢内閣の河野談話」『読売新聞』
   
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20120821-01135/1.
htm

「慰安婦問題の市民団体「政治的」、優遇除外 大阪・吹田」『朝日新聞』
   http://digital.asahi.com/articles/OSK201207300174.html?ref=reca

「橋下市長ら近現代史学ぶ施設検討 つくる会系からも助言」『朝日新聞』
   http://www.asahi.com/national/update/0511/OSK201205100200.html

「大阪歴史学会の「近現代史博物館構想に関する申し入れ」」大阪歴史学会
   http://www.historia-osaka.on.arena.ne.jp/appeal.html

「橋下市長の近現代史施設構想 大阪城近く建設案」『読売新聞』
   http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120822-OYO1T00255.htm?from=top
2012-08-22 17:45 | 記事へ |
| ジェンダー / ナショナリズム政治 / メディア |
2012年08月21日(火)
石井筆子 いと小さき者になしたるは

大学の授業の準備をしていて、昔、書いたものを見つけたので、ここに再掲しておきます。

************
山田火砂子監督『筆子・その愛――天使のピアノ』

(NHK番組『そのとき歴史は動いたNo272:石井筆子 母の灯火(ともしび)で小さき者を照らして』)

筆子は、「私の一生を委ねる仕事が見つかった」と言った。

「いと小さき者になしたるは/ すなわち我になしたるなり/ 小さき者になしたるは 
 神の道に通じる 自分たちの使命なり」

石井亮一は言った。「人は誰かを支えているときは、自分のことばかりを考えているけれど、実は相手からどれだけ恵みをもらっているかは気づかないものだよ」と。
亮一と筆子は、施設運営で苦しいときも、次のように考えた。「子どもとともに学び、ともに食し、もし糧なくば、ともに死せん」と。

自分より先立った3人の子どもの名前を刻んだ石の裏側には、次のように記されている。
「鳩、足とめるところなく 舟に還る」
これを誓いの言葉として、筆子は多くの「小さき者」たちの足を止めることのできる居場所作りに生涯をささげたのである。

そして小さき者たちを尊重するのは、「労働力や兵隊になるかどうかと言う点でしか人を見ない、暴力的な観点」と戦う、非暴力的な姿勢であった。それは、戦争体制と対立するものであった。「頭のおかしな者たち」に配給する必要などないとするのが、戦争体制だからである。
★★★★★★

こうした勇気ある人々の歴史があって、人類は進歩してきた。そこに希望がある。その後も多くの人の意思・努力・戦い・運動がつながって、現在の社会保障の体系、人権擁護のシステムに至っている。北欧社会はその集大成だし、日本はもっと低いレベルだが、それでも明治時代に比べれば、雲泥の差だ。
当時、女性の地位向上を思うようなこともとてもラジカルだった。そうしたことをした人々がいて、今のフェミニズムに至っている。

自分が生まれた時代に、自分のおかれた環境の中で、自分ができる範囲で必死に、まともな生き方をしていくということが、映画を見ていて僕に突き刺さってきた。だから泣けた。自分を省みた。すべきこと。どう生きる?

現代は、昔と比べれば、ずっと運動はやりやすくなっている。なのにあきらめていてどうする、と思う。
いつの時代も、スピリチュアルなもの、ピースなものと、そうでないものとは闘い続けている。
筆子や亮一、津田梅子、その他、無名の多くの人たちが“ちゃんと”生きたということを受けて、私たちはどう生きるのか。

例えば大学で学ぶということもこういうこととつながっている。そうでない学びに何の意味があるだろうか。

絶対見ておく必要のある映画です。
2012-08-21 02:30 | 記事へ |
| スピリチュアリティ |
ミスコン
 

●ミスコンでトランスジェンダーの人が差別されるという事件があったそうです。
以下からの情報を、私なりに短くまとめて紹介しておきます。
http://www.tsunagalien.com/no.115_2.html
http://togetter.com/li/298684

一橋大学最大の学園祭の目玉企画、「ミス一橋コンテスト」で、MtFトランスジェンダーの人、社会学部3年 中尾 杏奈さんが、史上初めてエントリーが認められました。

彼女は、戸籍上の性別はまだ「男性」だそうで、出場までには差別的な紆余曲折があったとのこと。最初、運営委員会側が中尾さんの出場を拒否しました。これ自体は問題です。

それにたいして、有志の人々が公開質問状を運営会側に提出し、Twitterや2ch、一部ネットメディアで問題となりました。過去にもMtFの学生がミス一橋コンテストの出場を拒否されていた前例があったとのことです。大学の学生支援課にも質問状が提出されました。

中尾さんは、2ちゃんねるとネットメディアでの一部の人を傷つけるようなひどい騒がれ方は嫌だったと述べています。ひどい非難が中尾さんにきたようです。特にJ-CASTニュースは運営委員会にも中原さんにも事実関係を確認しないまま憶測で記事を書いていたので、腹が立ったとのこと。

もちろん、ネット上では、中尾さんを応援する声もたくさんありました。中尾さんは、「オカマきもー」「運営委員会はヤツを制裁するべきだ」というような論調になるんだろうなと思っていたそうで、そうじゃなかったことに本当に驚き嬉しかったとのことです。

その結果、運営側と和解し、出場希望が受理されたのです。

中尾さんは言います。「私のことをイロモノと考えていて、馬鹿にしてやりたい。そう考えている人がいたとしたら、むしろ見に来て、直接馬鹿にしてください。憶測でモノを言わないで、実物を見た上で判断してください。わたし、感動してもらえるように頑張りますから。」


この事件で思い出されるのは、ミスインたーナショナルで、トランスジェンダーの人にいったん入賞が決まったのに、MTFとわかるとそれが取り消された事件。世界から批判を受けて、再び認められたということが去年ありました。このブログで紹介しました。

*******************

もうひとつ、ミスコンがらみで。

「ミス理系コンテスト」が今年大学で行われるとのこと。
関東でミスコンがかなり復活していき、2−3年前から関西でもミスコンが復活してきました。
「美のジェンダー秩序を強化する/再生産する、それでいいのか」という観点がなくなって、主流秩序に適合すればいいじゃないかという感覚がはびこったという思想状況の反映です。

主催する学生団体の言い分はこんな感じです。

「学生団体"CURIE"は、「理系のイメージアップ!」「理系を盛り上げていくこと!」を目標に活動をしてます。現在は理系女子による"Miss Rikei Contest"を企画しています!理系は理系、文系は文系に固まることなく、大学生間の交流の場を生み出していきたいと考えています!」
http://curie-science.sakura.ne.jp/index.html

「圧倒的に男性が多く、"暗い" "オタク"といったイメージが強い理系。そのような中で勉学、研究に日々取り組む一方で、女性としての魅力にもあふれ、キラキラと輝く才色兼備な女性がいます。
世間にはあまり表立って出てこない彼女らのすばらしさをアピールするべく、史上初の理系女子によるミスコン "Miss Rikei Contest" を開催します!」

スタッフブログ
http://curie-science.sakura.ne.jp/blog/
**********************

才色兼備の女性や男性がいるとして、どうしてそれを世間に伝える、広める必要があるのかという問いがありません。
美の秩序の強化は、相対的に美しくない人の劣等化をもたらす、という観点がありません。能天気なものです。

フェミ的には、「女性は理系が弱い」というステレオタイプを壊していくということには意義があると思えますが、理系に美人がいる、「女性として魅力的な人がいる」ということは、なんら主流秩序を揺るがしません。

2012-08-21 01:58 | 記事へ |
| ジェンダー |
ネット情報のいい加減さ
知り合いの方から、あんた、こんなこと言われているよと教えてもらいました。


伊田ヒロユキの妻は伊田久美子さんで、ヒロユキは妻を社会に出すために自分の方が身を引いて大学を辞めた、という情報です。

事実は、伊田久美子さんは、女性学会幹事を一緒にやるなどフェミヌスト仲間ですが、私のパートナー(妻)でもなければ兄弟姉妹という血縁関係ある家族でもありません。
  
しかしネットなり口コミ・噂情報では、ヒロユキの言っているシングル単位や主流秩序批判論と矛盾して、実際は結婚しているといわれているとのことです。
昔は隠し子がいるといわれたこともあります。

スピリチュアルの理解でもろくに読みもせずに、伊田はオカルトに走っているというような批判もあります。
私の活動のあれこれを知りもしないで、ネットと噂で、仲間内で批判して喜ぶ様な人たちもいました。
ジェンダーフリーをめぐっても、現場も歴史も、実態も知らずに偉そうに、ジェンダーフリーを使っている人たちをひとくくりに批判している人もいました。

無知だから、若いからと何でも許されるものではありません。
批判の程度の浅はかさは、その人の人格を反映しています。

誤解や噂を信じる人もその「程度」を反映しています。

2012-08-21 01:54 | 記事へ |
| 生き方 |
2012年08月17日(金)
恥ずかしい仕事ぶり 大阪府教育委員会や中原校長
NHKかんさい特集「『君が代条例』の波紋」をみた。

教育委員会の職員は各学校長に電話をかけ、君が代斉唱時に起立しなかった教員がいるかどうかを調査していた。そうした教員がいると、警察にように、その時の状況を詳しく調べて報告させていた。処分のときの証拠とするのだろう。

これが教育委員会の仕事なのか。教育をよくするための仕事なのか。ゲシュタボの仕事と同じだ。アウシュビッツ強制収容所での囚人環視の仕事と同じだ。なさけない。

テレビに顔と名前を出していた大阪府教育委員会参事・向蛙地昭雄氏は、これまで指導してきたからこんな職務命令を出す前に正常な状態(皆が起立すること)になって欲しかったと言っていた。そして職務命令違反がないかせっせと全部調査している。

「正常な状態」という言い方ができるところに、ナチスを支えた官僚機構の頭の構造と同じものを感じた。本当には自分では考えていない。官僚だからこそ命令に従っただけなのだ。実際、ナチスに関わったものの多くはそう言って自己弁護した。

この条例自体が正しいものなのかどうかを考えない
。それは通った。だからそれを遂行するだけというのである。諸無命令を出すということにまで踏み込んだのも、橋下の意向をうけた政治的行為だ。その職務命令が実行されたか詳しく調べるのも、また踏み込んだ政治的行為だ。

本当は、こんな条例が通っても、各段階、各現場の裁量でこんな条例にそって思想調査のように調べて処分し、恐怖政治をするなんてことをしない選択もあるのだ
職務命令にまでしない選択もある。校長も、別にひとり一人を詳しく監視ない選択もある。教育委員会にいちいち報告しない手もある。異論のある先生が処分されないように工夫する余地はいろいろある。

だが、一部校長や教育委員は、積極的に条例を守れと言って、口元をじっと見て歌っているかどうかを調べそれを教育委員会に報告したり、各校長に詳しく調べさせる命令を出しその結果を集めたりする。優秀なゲシュタボである。出世できるように上司に媚びる部下である。

フランクルが言う「態度価値」に照らし合わせると、こうした条例順守のために積極的に調べ処分につなげる仕事ぶりは、「態度価値」とは真逆の、大事な時にどういう態度をとるかで、最も価値のない態度をとって自分の人生を汚してしまっているということだ。

もし彼らが死ぬまでにまともに考える姿勢を持ったなら、死ぬときに彼は悔いるだろう。正しきことをしない人生を送ってしまったことを。

* *****
中原校長は、元弁護士で、橋下市長の友人で、この条例を進めるために、積極的に動いたひどい確信犯的な橋下市長の手先的存在です。しかし彼はテレビの前で堂々と形式論を述べていました。
自分は、教育委員会の条例順守の職務命令に忠実に従っただけだ、と。

つまり、橋下市長は例のTBS記者罵倒会見でも述べていたように、中原校長のやり方が正しくて、そこまでしなかったほかの校長がダメだと考えているのであり、その友人の中原校長も、おなじように、自分は職務命令に従っただけといいます。

しかしこれこそ、橋下や中原校長という弁護士の考えそうな形式論です。裁判では、自分が担当したものが勝つように、無理な理屈でもなんでもつかいます。そのためには形式でも何度でも使えるものは使って立論します。

今回の中原校長の発想はまさにその程度の浅い理屈に過ぎません。条例ができ、教育委員会が命令を出したから従っただけ。

こんな論理で、現実の人間の生き方がうごめく現実世界を単純に切れると思い込んでいる傲慢さ。
人間社会は複雑で、歴史もあれば制度もあり、多様な人間がいます。政治的思想的にも対立もあります。思想信条の自由をどう守るのか、教育とは何か、多様性とは何か、そうしたことには多様な見解があります。

その中で、歴史的に戦争や国家犯罪、教師たちの運動、平和運動とむすびついてきた問題の一つが国旗国歌をめぐる対立です。

それを選挙で多数をとり条例を作り、一挙に処分まで持っていったのは、明らかにひとつの政治的な攻勢です。それは右翼的保守的な勢力の思想であり、かつその手法は、調べ上げて反対するものは処分するというのですから強権的です。

その手先になっている中原校長が、形式論だけ言っている。見る人が見ればすぐに彼の行っていることとやっていることの矛盾、ひどさがわかります。

笑えるほどひどかったのは、中原校長は、多様な歴史感があるから、もし先生方が歴史を教えるなら偏った歴史観だけでなく反対の歴史も教えてくださいと言っていたこと。寛容が大事、民主主義が大事と言っていました。

自分が、反対の考え方を尊重せず、口元まで調査して処分しておきながらなんてことをいえるんでしょう。(口元チェックは条例を守ってもらうためという橋下と同じ理屈)

生徒に国旗国歌には多様な考えがあると教え、座るのも立つのも自由だと教えられないのは何故なのか。式には統一感がいるとか乱してはいけないとかいうのが反論になると思っているのでしょうか。式も含めて人間社会の反映であり、教育の場です。
私たちが多様性と寛容の社会を目指すならば、多様な先生や親たちが多様な思想や生き方を容認しあい尊重し合う姿勢を見せることこそ、素晴らしい教育です。
逆に、形式的に命令に従えと言って、処分を背景にした恐怖政治で無理やり立たし、それでも抵抗する勇気ある先生を血祭りに上げるようなことを生徒に見せるのは、民主主義教育ではなく、全体主義国家的教育です。内心の自由を守らないで良いとすることを見せつける教育をしているのです。

橋下は、この問題は思想・内面の自由の問題ではなく、ルールを守るかどうかの問題といいます。あほらしいほどの反論ですが、考えない人はなんとなくそう自信持って言われると、そうなんだと思います。詭弁です。

橋下や中原校長の詭弁を見抜けない人がいるのは残菜ですが、とくに子供たちの一部が、「なんで立たないのか、変な先生」、とか、「勝手な先生」と思っているのがなさけないです。全体主義国家教育のたまものです。

中原校長は批判に戸惑っているとテレビで言っていました。しらこい演技です。国家主義的な勢力が政治として教育に介入する、その動きが大阪府と大阪市の「君が代条例」です。全国で初めての起立斉唱義務付けと、したがわないときの処分を書いたものです。極右の石原もできなかったことです。
これは橋下・大阪維新の攻勢です。それに加担している政治的な動きとして、教育委員会の職員の仕事ぶりや中原校長の仕事ぶりがあります。
なにが「批判があることにとまどっている」ですか。DV加害者が人を殴っておいて怒られたら「戸惑っている」というのと同じです。

他の校長たちの多くは、口元チェックはやりすぎと答えています。
人にはどんなときにでも、どういう態度をとるかという選択の自由があります。

* ***
中畑校長が参考にしたという、自衛隊の訓練で、漢字の成り立ちで、國という字を見せて、国境を守るには武力がいるという屁理屈を説明していました。困ったものです。

* ***
中原校長が「立っているところ歌っている所をみないのはどうか」と教育委員会に聞くと、教育委員会は、次回も調べろと答えていました。茶番です。教育委員会がそういうから従いますという言い訳です。
* *****

中原校長は4月、教職員を集めて、「式は気持ちよく向かい入れるところだから、入学式では全員起立せよ。ただし、特別授業で、先生方の歴史観を教える授業をしても良い、ただし、反対の思想もバランスよく教えよ。この提案でどうか。」という趣旨のことを提案しました。

ある先生が「国旗国歌へのおもいはいろいろある。多くの先生は命令を出されて従うだろうが、悩んでいる人もいると思う。仕方なくしたがうが、いろんな人がいることをわかってほしい。校長と我々の信頼関係を回復するためにも、チェックはやめていただき、信頼回復に努めて欲しい。そうして和泉高校のイメージを回復させていって欲しい 」というと、

中原校長は「この起立命令・口元チェックで、もともと信頼関係が損なわれているとは思っていない。ルールを守るのは当然のこと。チェックするなというのは教育委員会に言ってください。もっというなら府民にいうべきこと。 」といっていました。

目の前に異なる気持ちを持っている人がいるのに、それを認めず押し切る発想(信頼関係があるといっている!)。
わかっていない、どこまでも厚顔無恥な人です。

なお、中原が「府民に言うべき」というのは、選挙で勝った多数派が決めた君が代条例に反対するのは、府民の民意に反対すること、民意は、橋下・維新にあるという、橋下の論理と全く同じです。

この学校では、入学式ではずべての教職員が起立しました。
******

1999年、広島の校長自殺を利用して、反対を押し切って、国旗国歌法が制定された。強制はしないといいつつ、制定された同法は、その後、東京都での処分を始め、各地での矯正煮るようされてきた。そして今回、大阪での橋下・維新のひどい「きみがよ条例」である。



少数派が勇気をもって抵抗する。そのことに感銘したり、美しいと思ったり、賛同したりするのは歴史が評価します。
それがわからない多数派です。
2012-08-17 12:07 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 / 生き方 / 戦争  |
徴兵制の復活を公言する11人
【堺からのアピール:教育基本条例を撤回せよ】のブログ記事を紹介しておきます。そちらでは写真付きです。

「徴兵制の復活を公言する11人」http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/13650611.html
2012年08月15日05:20
カテゴリ
徴兵制の復活を公言する11人
(ブログ「NAVER まとめ」から転載させていただきました)
http://matome.naver.jp/odai/2133061857505698401

徴兵制の復活を公言する11人

若者よりも、まずあなたたちが、兵役なり奉仕活動なり行って下さい。更新日:2012年03月09日
http://matome.naver.jp/odai/2133061857505698401

“勝つ為には傭兵制なんだけども責任を根付かせる為には絶対僕は徴兵制は必要
出典たかじんのそこまで言って委員会 2005/06/05

弁護士・大阪市長 橋下徹

“鳩山氏は高崎市で開かれた立会演説会で参加者の質問に答える形で、徴兵制について「(有事の際)万一(兵力が)足りないときには、緊急事態法制の中で考えるべきことではないか」と述べ、緊急事態法制の中で徴兵制を検討すべきだとの考えを示した。
出典鳩山氏、徴兵制を検討 民主、地方遊説開始 (共同 1999年9月14日)

元首相 鳩山由紀夫

“宮崎市の知事公舎であった若手建設業者らとの懇談会で「徴兵制があってしかるべきだ。若者は1年か2年くらい自衛隊などに入らなくてはいけないと思っている」と述べた。
出典「徴兵制あってしかるべき」 東国原知事が持論展開/朝日新聞 (2007年11月)

元宮崎県知事 東国原英夫

“「現状を変える早道は徴兵制」というくだりを読んで、ある意味、なるほどと思いました。当然ながら、徴兵という制度を採用することの是非については様々な意見がありますし、ここで軽々しく論じることができない問題です。ただし、人を不自由な環境下に一定期間置くこと、上に立つ人間とその下で従う人間の関係を明確にすることの意義は改めて問い直す価値があるでしょう。
出典渡邉美樹:【38】「草食系男子」が流行語になりましたが、男性はこれでいいのでしょうか。 | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

ザ・ブラック和民 渡邉美樹

「日本は核を持て、徴兵制やれば良い」石原都知事(11/06/20)
作家・東京都知事 石原慎太郎

“韓国の政治状況に関する小論(『文藝春秋』2005年3月号)を書いた際に、ペ・ヨンジュンを引き合いに出して、「あの優しげなヨン様も兵役を果たしていることを忘れてはならない」と述べた上で、韓国の徴兵制度を賛美・礼賛した。
出典櫻井よしこ - Wikipedia

ジャーナリスト・国家基本問題研究所理事長 櫻井よしこ

“国立大学男女新入生(私学も希望者参加)は、まずは国防の大切さを実感するために、自衛隊において、将校でなく一兵卒として諸訓練を受けよ。そして受験勉強で柔(やわ)になった身体や世間知らずの小理屈を敲(たた)き直せ
出典立命館大教授・加地伸行 9月入学前に自衛隊入隊+ - MSN産経ニュース (2012.2.26)

立命館大教授 加地伸行

“国公立大学の入学時期について「世界の大体の学校は9月だ」と語り、9月入学の導入を検討する考えを表明した。そのうえで「(入学まで)4月から9月の間に、ボランティア活動をやってもらうことも考える必要がある」と述べ、奉仕活動を義務づける考えも示した
出典安倍氏がこだわる国立大9月入学&ボランティア+「予備自衛官補」で若者集め

元首相 安倍晋三


toshio tamogami 田母神俊雄
東大の入学が秋になるそうです。高校を卒業後半年間は自衛隊に入れたらいいと思います。
2012.01.18 19:15 twitter
元航空幕僚長 田母神俊雄

“最終的には、満18歳ですべての国民に、1年ないしは2年の奉仕期間を設定し、動員することです。明確にしておきますが、これは兵役ではありません。軍事的行動や技術は全く教えません。これは文字通り、それまで社会、親などから受けて来た恩恵を、いささかでも、社会に還元するという自然な人間的行為です。

作家 曽根綾子

『サンデー時評』 #130  日本が自立するために徴兵制を議論しよう
政治評論家 毎日新聞客員編集委員 岩見隆夫

「日本を守るという気概はどうした?いまこそ徴兵制で鍛えなおしたらいいのではないか?」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「大阪市が全国ワースト1位 企業転出超過」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/13722398.html
「門外不出の情報が… 橋下と松井の責任問題に発展」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/14020001.html
「小出裕章さん『たね蒔きジャーナル』存続呼びかけ」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/14201831.html
「文楽の伝統はこうして受け継がれている(51)」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/13891507.html
2012-08-17 11:35 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 |
2012年08月16日(木)
原発を選ばなかった町
偶然、ちらっと、NHKの「金とく 模索〜原発ができなかった町で〜」をみた。
三重県 大紀町や南伊勢町は昔、原発賛成正反対で町が二分し、人間関係も壊れた。でも結局、原発を誘致せず、10年経って、元推進派のおじさんも言っていた。小さな町で、今、みんなが挨拶もするようになった。こんな町で二つに分かれて対立したらアカンと。それがなくなったんが一番ええことやと。
311より少し前に、最近、また中部電力が芦浜に原発を作る計画を立てたが、その直後に311東北大震災・福島原発事故が起こった。推進を考えていた大紀町町長も、安全神話が崩れたと言って、もう原発は誘致しないという。混乱を招くだけだと。

大紀町町長は言う。どこの町も大変やけどみんな同じ。小さくて貧乏な町やけど、一隅に光を灯すゆうのか、そういうあすに向かって、、、頑張ると。大丈夫、大紀町は、大丈夫。みなよう働くで、と。
それを聞いて泣けた。
まともな方向に行った時、人はましな顔つき、ましな口調になる。〈たましい〉の層で生きる表情になる。それをつかんだいい番組だった。

特権的財源をもたらす原発。その交付金に頼るか。頼らない町がとしとの格差に悩み、貧乏であるという現実。
貧乏だからこそ見えてくるもの。
貧乏だからこそアイデアでやっていくしかない。病院もな街だからこそ、隣町病院への無料バスなど。
「豊かさ」の新しい模索。

半世紀に渡る苦悩。分断をもたらす原発。
どのような豊かさを追い求めるかへの問いかけ。
2012-08-16 02:58 | 記事へ |
| メディア / 東北大震災・福島原発 / スピリチュアリティ |
2012年08月15日(水)
寅さん という はっしこ から

◆『男はつらいよ 葛飾立志篇』(1975年)で、大学の助手をしていて、寅さんの家庭教師になった樫山文枝が、無骨な大学教授に結婚を申し込まれる(悪い奴ではない)が、断るというところは良かった。恋の成就だけが人生ではない、というのはとても良い。

◆ 社会的包摂という概念は、やっぱり偉そうなんだよなぁ。ドロップアウトを容認するとか、排除せずに仕事や教育などを提供して社会に包摂するというのも、その目指すのはわかるが、官僚とか政治家とか、学者とか、社会の中央の視点、上からの視点なんだよなあ。
これは、前から僕の友人が言っていて僕もそう思っている(このブログでも書いている)が、ほとんどの人は気づいていない。

それはどの立場(はしっこ)に立っているかというのと、感性の問題だ。それは例えば,寅さんが包摂されることを望んでいるか、嬉しいかってことを考えれば少しは想像できるんじゃないか。
仕事を与えてあげる、教育訓練を保障してあげる、居場所を与えてあげるというのは、寅さんは嬉しかったりそこに落ち着くか。

ドロップアウトをいうなら、多くの人は自分の生活を、ドロップアウトな生き方から逆に見直すことが必要なんじゃないの。それが尊敬とか、多様性とか、認めるってこと。

それなのに、全く自分の位置(主流秩序のなかに一づいている生き方)を見直さずに、付け足し的に、社会から排除されている弱者」を包摂してあげましょう、というニュアンスを持ってしまっていて、そのことにも気づかないとしたら、それは鈍感ということだ。

寅さんという場所から見えるものは、たいがい、ええでー
2012-08-15 18:51 | 記事へ |
| スピリチュアリティ / 映画 / 関係性 |
2012年08月14日(火)
原発事故
 

保安院も政府も、そしてそれを受けてメディアも、専門家といわれる御用学者たちも、原発事故はたいしたことないと言い続けていました。
チェルノブイリとは違う、放射能の心配はない、直ちに避難しないといけないわけではない、しかし安全を期して屋内にいるようにとか、狭い範囲だけの退避領域を決めました。

そのための多くの人が被爆しました。またSPEEDYなどを公表しなかったため間違ったところに避難し、かえって被爆しました。

そんな中、ニュースで、水素爆発直前、3号機の圧力上昇がわかっていたということが報道されています。
東電は発表しようとしましたが、しかし保安院は公表させませんでした。公表が遅れたことについて、「上司と連絡が取れず、東電にも発表を待ってもらっていた」などと説明しています。

保安院指示で公表遅れ=水素爆発直前、3号機の圧力上昇―「上司と連絡取れなかった」
時事通信 8月13日(月)20時27分配信
http://www.webcitation.org/69syxWjyk

 東京電力福島第1原発3号機が水素爆発を起こす直前の昨年3月14日朝、同機格納容器の圧力を示す数値が急上昇したことを受け、東電が記者発表しようとしたところ、経済産業省原子力安全・保安院から公表を待つよう指示されていたことが、同社のテレビ会議映像などで13日、分かった。

 同映像によると、3号機では14日午前6時ごろ、格納容器の圧力の値が異常に上昇したことを把握。吉田昌郎所長(当時)は水素爆発が起きるかもしれないとして、現場にいる作業員を一時的に退避させたが、この情報を保安院が公表したのは同日午前9時すぎ、同機原子炉建屋が水素爆発を起こす約2時間前だった。

 福島第1原発の東電広報班はこれに先立ち、報道向け広報文を準備したが、本社とのやりとりの中で担当者は「国から止められ、プレス発表を行わずに待っている状況」と発言。本社の社員とみられる人物も「この事象に関しては、保安院の方もプレスへの情報を全て止めていると。事業者からの公表もやめろということです」と話した。

 さらに、本社では「先ほどのプレスに関する情報です。保安院に確認しましたら、絶対に駄目だというのが向こうの見解で、このプレスは行うなという強い要請、指示だそうです」との声も録音されていた。

 保安院は公表が遅れたことについて、「上司と連絡が取れず、東電にも発表を待ってもらっていた」などと説明している。

 国会の事故調査委員会も7月に公表した最終報告で、この問題について「(保安院の発表まで)危機的状況が(少なくとも)2時間以上も国民に知らされなかった」などと指摘していた。 

2012-08-14 11:54 | 記事へ |
| 東北大震災・福島原発 / メディア |
「カジノ=経済活性化」は経済中毒な考え
以下のブログで重要な指摘がなされています。
⇒ http://sakichokomemo.blogspot.jp

以下、そのまま貼り付けます。

カジノ=経済活性化という等式に執着することは、” 経済中毒" 的な考えとイコール (射幸産業統合監督委員会委員長 金 聖二さん)

『カジノ=経済活性化という等式に執着することは、” 経済中毒" 的な考えとイコールではないかと憂慮している』 

※「韓国の射幸産業の現状と日本への提言」 
        射幸産業統合監督委員会委員長 金 聖二さん(消費者法ニュース92号)

(以下、抄録)

日本でカジノ導入議論があるが、経済停滞の中、カジノが金を生むと、国家財政収入に期待する苦肉の策と思われる。

韓国は12年前(これを韓国におけるカジノ産業導入初期とみなす)に自国民が出入り可能なカジノが導入された。現在、カジノ、競輪、競艇、宝くじ、体育振興投票権(スポーツTOTO)、闘牛など7種類でOECD加盟国トップ、射幸産業全体として、1998年の4兆ウォンに比べて4倍に増加。

これらの射幸産業は地域活性化につながると期待されたが様々な問題を引き起こした。

◆射幸産業の副作用〜賭博中毒者問題〜

    自国民が出入り可能な江原ランドが開業し、賭博中毒の問題が表面化した。
    周辺には質屋が増え、質種の所有者不明の高級車が並ぶ。 
    カジノのホテルで仮眠し、何日もカジノに没頭する賭博中毒者。
    賭博による財産放蕩と自殺、家族崩壊などの社会問題を引き起こした。

◆射幸産業の管理に向けて
    2007年射幸産業統合監督委員会法が発足。国家的次元で賭博問題を管理する体制に。
    2008年に実施した韓国の賭博中毒発病率はアメリカやイギリスと比べ3倍高いと判明。

◆射幸産業の副作用最小化と健全発展のための方策
    総量制の導入
    利用者保護のための電子カード制度の実施、
    場外発券場での定員制の実施
    射幸産業広告規制
    賭博中毒予防治療センターの設立
    賭博中毒予防のための講師の教育及び賭博中毒の専門家の育成
    ソウルと地方に地域相談センター4か所を開設

◆射幸産業の管理の成果と難しさ
    賭博の発病率は外国に比べて2倍の水準まで低下
    対GDP比で射幸産業健全化及び賭博中毒率を0.65%⇒0.63%に。

  しかし、賭博中毒予防者の治療事業は社会的要求を充足させるには至っていない。

◆賭博中毒被害を減らすために〜法の制度を強化の必要性〜
  韓国では現在、射幸産業の規制や監督業務についての法律が国会で審議中。
   ・射幸産業統合監督委員会による、射幸産業への監視
   ・射幸産業自身による、中毒予防治療の負担金の拡充(税金を除く純売上高の0.5%水準を確保)

◆日本でカジノを導入する前に検討すべき3つの事項
  @必ずカジノを作らなければならないのかどうか
     カジノは地域開発と経済活性化の唯一の方法ではない

  A必ず作らなければならないとしたら、どこに作るべきかの綿密な検討
     賭博中毒の弊害を最小化し、治療が容易な場所を選ぶこと

  B日本ではパチンコが多いが、それに対する副作用と弊害に対する議論は起こらないのか?
   パチンコの弊害に対する対策は?

  これらの研究を徹底的にせずして、カジノ設置の議論が進むことは理解しがたい。

『カジノ=経済活性化という等式に執着することは、” 経済中毒" 的な考えとイコールではないかと憂慮している』 
2012-08-14 11:11 | 記事へ |
| 貧困/反貧困 |
夜な夜なカフェ 配信動画
昨日、第1回目の夜な夜なカフェが行われました。短い時間ですが、大事なことが少しはなされたと思います。
まだまだ問題点もあるとおもってますが、改善していければと思います。
ユーストでのコメント欄で質問もできます。

第一回目の模様は、AIBOの応援プロジェクトの紹介ページにYoutube動画があるので、見れます。
→ http://bit.ly/PdVkkV第一回目放送は、3千余りの方が聞いてくれたそうです。

なお、 Youtube直リンクは以下です。
http://youtu.be/Rq-nEJZpcis


2012-08-14 11:06 | 記事へ |
| 政治、権力 |
2012年08月11日(土)
せき喘息

病院で検査してもらったら、まあ、アレルギー体質になっているとのことで、その原因は不明。しかし何かのせいで、刺激されて、気道も炎症を起こし、咳が続くのだろうという。花粉症のようなもの。そういえば、2年ほど前から花粉症ぽくなった。そのときにも、 アレルギーがあるといわれた。

治療は、今までのとおり、ステロイドの吸引など。
今後予防も含めて吸引し続けることが必要とのこと。

今日は福岡日帰り。最近、移動中に原稿書きをしている。
この二週間は、講演が続き、和歌山、白浜、青森、神戸、鳥取、横浜、奈良、岸和田、など。神戸代のレポート読みもあり、Tel相談に入り、ユニオン関係の仕事もあり、AIBO関係もあり、集中講義の準備もあり、なかなか忙しい。そういうことも、咳が続く原因の一つかも。

まあ気長に治療していくしかない。
一時期よりは体力が戻って基本的に元気であるので、ご心配なく。
2012-08-11 00:46 | 記事へ |
| その他 |
2012年08月10日(金)
映画 「誰も知らない基地のこと」

 いい映画。基本的に、いかに米軍が世界中を支配しているか、それが米国の若者の雇用対策になっているか、産業になっているかがよくわかる。そしてあちこちで、その地域の人と対立を引き起こしている。

こうした映画はテレビでは流されない。

********


橋下は、日の丸君が代には起立して国歌斉唱しないといけない、それがルールという。
思想信条の自由の問題ではないという。憲法よりも条例を重視し、ルールを守れという単純な意見で無理に押しとうそうというだけ。論理的ではない。しかしメディアもそれをちゃんと追求しない。

しかし、先日、あるメディア関係者は、メディアはよく頑張っていると言っていた。
主流秩序への加担性、権力へのチェック性が見えていないから、自己採点が甘くなっている。
言い換えれば、メディアは基本的に馬鹿にされて権力の一部になっていると言われても仕方ないと認めるのが知性である。(大学がそうであるように)
その上で自分はどんな記事を書いたり、どんな行動をとるか、その質や行動が問われる。

橋下は、国歌斉唱の時に座るのも、「思想の押し付けだ」という詭弁を述べている。皆に座れと押し付けて座らないものを処分すれば「思想の押し付け」だが、国歌斉唱時に起立を拒否するものは、立つ人がいてもいいが座る人がいてもいい、その自由(=多様性、異なる意見への寛容)を確保せよといっている。

その違いが分からず、自分は思想を押し付けているのに、それに反対する意見があれば、それも押し付けだというのは頭が悪い証拠である。
「わかって言っているのだ」というのは反論にならない。橋下の反論が非論理的で、頭が悪い人にしか言えない理屈だという事実が大事である。

2012-08-10 01:30 | 記事へ |
| 映画 / ナショナリズム政治 / 戦争  |
記憶

◆もう昔のことに思うが、金環日食を、朝早く起きてみた。
 そんな朝があったという記憶。



◆大宮エリー 死にたい少女へのメッセージCM 「屋上の少女」
 みていないひとは、みておこう

◆ 景色、記憶

2012-08-10 01:12 | 記事へ |
| スピリチュアリティ / 作品 |
2012年08月09日(木)
「やってやろうじゃないの」となってはダメ
DV体験を描いたマンガ『オレにあやまれ!』(杉野BEAT著、竹書房、2010年)は、加害者の発想、手口がよくわかる。

加害者の一つの支配の仕方は、少しでも被害者が「反論」(口ごたえ)すると、
「そこまで言うならちゃんと完璧にやれるんだな」とか「俺と同じ額を稼ぐようになってからモノを言え」とか「家事や育児を完璧にやってからものを言え」といって、
被害者に「よおし、じゃあ文句言われないように完璧にやってやろうじゃないの!」と言わせる手口である。

そうやって被害者が「加害者の思うよう」に頑張れば、それは加害者の思うつぼである。

また、頑張ったけれど完璧でないと、加害者は「それみたことか」「なーんだ、やっぱり出来なかったんだ」と言って馬鹿にしたり怒ったりして、今後は言うことを聞け、もう偉そうに口ごたえするな、となる。

こうした手法が常套手段である。

だから加害者の口車に乗せられて、頑張ってはダメである。
頑張ると約束させられてはダメである。
「やってやろうじゃないの」といってはダメである。
それは全部、加害者の作戦だから。

加害者のやり方を知って巻き込まれないようになってほしい。
真面目に頑張って見返してやろうと思っても無駄である。
説教されるのがおかしい。
ガミガミ怒ったり、説教のあと、優しくなるのも加害者の常套手段である。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-09 02:18 | 記事へ |
| ジェンダー / 作品 / 暴力・DV |
原発関係
◆ 関電のひどさ
すでに、知っている人も多いと思うが、関電は、大飯原発フル稼働と同時に、火力発電所を8基(合計384万キロワット)も停止している。原発の発電量より多い。つまり電力は余っている。原発がなくても電力は足りている。

しかし、単に経営的に、原発に変えたのだ。
しかも、電力使用率は、火力発電所を8基(合計384万キロワット)をぬいたモノを分母にしている。つまり電力使用率が90%あっといっても、あと10%で電力がなくなるというわけではなく、火力発電を動かせばすむのだ。だから本当は、最大に供給できる了解です。を分母にすべきなのだ。

この情報は、『人民新聞』7月15日号に詳しく載っている。
素直に見て、『人民新聞』は今、読む価値のある新聞と思う。


◆まあ既に多分たくさんの人が言っているだろうが、(私もここで既に書いたと思うが)
2030年に原発をゼロにするかどうかという問題の立て方自体がすでにおかしい。
2030年まではまだ18年もある。長すぎる。
今すぐ廃炉を決めて、直ぐに取り掛かっていくという道(選択肢)もあるはずだ。
このことを繰り返し言うべきではないかと思うが、マスメディアではほとんど見ない。

◆ 東電のビデオ公開で、国会の事故調査委員会が強制的にすべて提出させるべきなのは当然ではないのか。
3月16日までに限定しているのもおかしい。
音声がないのもおかしい。

政府は本気で3月16日以降の分も含めてすべてを提出させるべきだ。また、150時間の公開方法がおかしなことも政府が本気で指導すれば変えられるのに、変えさせないのは、出来レースとしか思えない。
このビデオは、東電だけが持っていると見るのもあやしい。既に官僚、経産省は持っているが、出すとまずいから出させないように裏で話し合っているということではないのか。

2012-08-09 01:45 | 記事へ |
| メディア / 政治、権力 |
『息もできない夏』

『息もできない夏』は、戸籍がない問題を扱った番組だが、このシナリオライター及び演出家の感性は嫌いだ。
人間への深い信頼感がない人が書いているように感じる。
嫌な音楽を流して暗い怖いイメージのおどろおどろしい話にしている。
登場人物の対応がことごとくおかしい。
演出が完全におかしい。

DV加害者の執拗さの問題を扱うとしても、母親の個性をもっと力強く描けるはずだ。
ダメ人間にしている。

試行錯誤を描くとしても、もっと自然なものがあるはずだ。無理やりの演出やストーリーにしらける。

同じ無戸籍の友人男性の描き方も暗くて嫌な感じだ。彼も悪い奴に搾取されているというのも、無理におどろおどろしくえがいている。

公務員役の江口の彼女が、嫉妬深くてこれもおかしな性格にしている。

主人公も、最初はおかしな反応をしていた。おかあさんへの感情的な対応、店での変な態度。妹の反応もおかしかった。
浅田美代子のおばあさん役も、おかしな人間になっている。
すべてがおかしな対応をする人となっている。

つまり、この物語の人間描写がことごとくおかしい。
それはシナリオライターの人間関が歪んでいるからだ。

社会問題を取材して扱っているが、製作者の根本の人間観がおかしな人だから、嫌な感じの物語になっている。

作品には、その作り手の人間観が出る。
自分のつくっているものが、その人を表していること、自分の問題が滲み出ていることをわかっていない。
DVとか、無戸籍問題を扱っているからその啓発効果はあるかと思うが、作品としては、とてもいやな感じのものとなっている。
こころが暗くなる、うざい作品だ。

2012-08-09 01:30 | 記事へ |
| 暴力・DV / 作品 / ジェンダー |
2012年08月08日(水)
DV関係
デートDVの講演のあと、ある方からの感想で、身体的な暴力以外は自分もDVと言われることを、ことごとくされていたと気づいたというものがありました。

自分はそんなことはなかったと思う人がいる一方、かなりの確率で、すべてのことを報告しないといけないとか、携帯をチェックされるとか、お風呂でもトイレでも電話がなればすぐに出ないといけないなどの事例がります。これらはおどろくほど、同じようなものがあります。
その方も「今思えば大変だった」けど、当時はDVと気づかなかったということです。

* ********

DV体験を描いたマンガ『オレにあやまれ!』(杉野BEAT著、竹書房、2010年)を読んでも、ほんとにひどいDV夫なんですが、彼は自分は正しいと思ってよく妻に説教しています。

被害者である妻(この漫画の著者)は、バツイチだし、彼にお前はダメだと言われて自信をなくしているので、自分が悪いんだと思って耐えて耐えて頑張ってしまっています。DVとまでは思えずに、耐えていたのです。きっと彼は変わってくれるだろうと思って。でもそれは希望的な願望に過ぎませんでした。

あとから思えば、最初の頃から、少し遅刻したことをネチネチ怒るとか、DV加害者性がありましたが、まさかそんなにひどい人だとは思わなかったそうで、熱心にプロポーズするのでそれにほだされて、いい人なんだと思って結婚したとのこと。(熱心にプロポーズするのは加害者の特徴)

再婚だし、今度こそ失敗できないと思って我慢し、一度は実家に戻るも、妊娠がわかって彼の元に戻ったのです。

彼は、とにかく、何かをきっかけに怒りのスイッチが入って、ガミガミ怒るのです。その怒り方は基本的に説教です。
そして長時間説教し、ついに彼女が泣き出すと、とたんに怒りが収まって、抱きしめ頭をなでなでして優しくなるのです。そして「君を憎くて叱っているんじゃないよ。君にもっと立派な人間になって欲しい、成長してほしいだけなんだ」というのです。

でもまた何か少し失敗すると、怒り、お前は人間として未熟だとか、本当に反省しているのか、と長時間、怒るのです。その繰り返しです。

許可してやるとか、俺のおかげだとか、とにかく自分に感謝しろという態度があるのも特徴です。自己中で、自分が見たいテレビとか好きな競馬とか、自分のやることは好きなようにし、それを邪魔されると怒ります。
病気になっても優しくしてくれません。自分の食事だけを心配します。家事は女がするものと思っています。
時間を無駄にしたとか、食材を残してしまうといった無駄に対しては必ず怒ります。
お礼の電話をかけ忘れていたとか、銀行に行ってくる用事をしてなかっただけでくどくど説教します。
すこしでも反論すると、100倍返しで怒られます。人格的に問題があるお前が口答えするな、反省が足りないと怒ります。

僕から見れば、DVということを理解して、最初の段階でこの人はDV体質なんだ、と見抜いて、早く別れたらいいのにとおもいますが、彼女は、DVとは何かを知らないし、迷っているうちに、彼に徐々に洗脳されていって、逃げられなくなっていきます。

あまりにひどいことが重なってついに彼女が出ていくというと、やはり彼は、最初は出て行けと言っていたのに、途中から出て行くのはやめてくれと懇願し土下座までするような人で、典型的な加害者体質です。

彼の思想は、効率良く頑張るのがいいことで、ダラダラ生きているのがダメ、時間を効率よく使って、生産量を上げるのがいいこと、自分に厳しく努力し成長し成功しなくてはならないというものです。それを基準に、おまえはダメだと怒り、説教し、しつけるのです。

彼は世間的にはちゃんとした成功者で、仕事はバリバリとこなし自信満々で、体育会系で、大きな実家がある人で、お金にくろうsたこともなく、彼女も最初は尊敬していました。

彼女自身は、バツイチで学歴も低く、ぼんやり系でマンガが大好きで、父子家庭育ちで、彼にはかなわないと思っていたそうです。

この漫画、読みやすいけれど、DVの典型がよくわかります。多くの人が読んでおいて、自分に少しでも近いことがある場合、早めに相談するきっかけになればいいと思います。

* *********

以下、世間のDVへの無理解、ひどい対応の事件の紹介。

DV:被害訴えの女性の情報を夫側に漏らす 福島の警察署
毎日新聞 2012年08月07日 02時30分(最終更新 08月07日 03時00分)
 
福島県の警察署が7月、夫からのDV(配偶者暴力)被害で告訴状の提出に来た女性の情報を、事前に夫側に漏らしていたことが、6日分かった。担当課長は女性に対し「(事件化は)難しい」などとして、告訴状を突き返していたという。女性側は「夫側から報復される危険性が増した」と憤っており、8日に警察庁に対し、DV被害への適切な対応を申し入れる。【鈴木敦子】

 関係者によると、女性は東日本在住の20代。3年前に結婚し、子どもが2人いる。結婚後、夫から手錠をかけられ、首を絞められたり口をふさがれたりするなどの暴行を複数回受けて、過呼吸を発症し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむようになった。現在は実家に戻り、離婚裁判を起こしている。

女性は昨年12月以降、警察署を直接訪れたり電話したりするなどして、身の危険を再三にわたり訴えてきた。今年7月には弁護士が作成した告訴状を持って警察署を訪れた。だが、応対した刑事課長は「内面的(精神的)な傷を裁く法律はない」「夫婦として一緒に生活していたのだから(事件化は)難しい」と、告訴を断念するよう説得。さらに「夫婦だから我慢も必要」などと述べ、告訴状を受理しなかったという。女性の親族は「警察は『受理できない』の一点張りで、どうすれば受理できるのかの助言も一切なかった」と憤る。

 さらに警察側は、女性の動きを夫側に連絡。女性側は7月末、夫側の弁護士から調停委員を通じて「警察が自宅にきた。刑事告訴はやめてほしい。厳重に抗議したい」と言われたという。女性側は「告訴しようとしたことを、なぜ夫側が把握しているのか」と、警察への不信感を募らせている。

01年に施行されたDV防止法は、警察がDVの被害者に対し必要な措置や援助を講ずるよう定めているが、被害者の事前の訴えに対する警察側の対応が鈍く、殺人など重大事件に発展する例もある。昨年12月の長崎ストーカー殺人事件を受け、警察庁は今年3月「安易に捉えず、迅速、的確に対応するように」との通達を各都道府県警に出したが、現場に徹底されていない実情が浮き彫りになった。

 NPO「全国女性シェルターネット」の近藤恵子さんは「現場が法律の趣旨を理解していない。『夫婦の問題』で片付けるのは最悪の対応。これは氷山の一角だと思う」と話している。
 この警察署の副署長は「個別の案件についてはコメントできない」とした上で「告訴にかかわる情報を事前に加害者側に知らせるわけはないが、被害者の話を証明するものの有無を確認するため、加害者に接触することはある。DVは目撃者がいないことも多く、慎重になる部分もある」と話している。

2012-08-08 13:09 | 記事へ |
| ジェンダー / 作品 / 暴力・DV |
2012年08月07日(火)
夜な夜なカフェ @AIBO
AIBO の応援企画で、毎週、月曜日にネットラジオで 多彩なゲストを迎えてのトーク番組があります。月曜は社会問題ですが、今後、水曜に教育問題もやっていく予定です。

進行は基本的に、湯浅誠さん、場所は基本的に大阪・南森町のAIBO事務所です。一度見に来てください。
聴くのは全国(世界)で聞けるので、聞いてみてください。
これから続々と面白そうな人が来ますよー
USY配信ラジオ
http://www.ustream.tv/channel/aibofund
時間 21:00〜22:00(開場20:45)

YONAYONA cafe
多彩なゲストをお迎えし、日本の難題を少しユルめに語り、考えます。
■8月のラインナップ
8月7日(火)  
倉田真由美 × 中村うさぎ 9/24に延期になりました。
8月13日(月)
 辻元清美(国会議員)× 桂睦子(元市会議員)×イダヒロユキ(大学教員)
「日本のリベラルってどうなってるの?」※公開対談

8月20日(月)
 柴山桂太(大学准教授) × 中島岳志(大学准教授)
「日本の保守って、いま何を考えてます?」※公開対談

8月27日(月)
 雨宮処凛(作家) × ラボルテ雅樹(ユニオンぼちぼち)
「右翼と左翼、両方見てみて、どう?」※公開対談

■9月のラインナップ
9月3日(月)
 薬師院仁志(大学教員)× 原発国民投票スタッフ「国民投票ってなんのため?」※公開対談

9月10日(月)
 ※現在交渉中 石坂啓(作家)× 桂あやめ(落語家)「未定」※公開対談

9月17日(月)  
香山リカ(精神科医)× 上田假奈代(ココルーム)
「いろんな“あいだ”を考える」※公開対談

9月24日(月)
 倉田真由美(漫画家)× 中村うさぎ(作家)「大阪の生活支援現場を訪ねて、どうでした?」
(※9月24日は収録放送につき、公開はありません)

※予定は予告なく変更することがあります。
・時間 21:00〜22:00(開場20:45)
・場所 AIBO(30名以上は立ち見になります。ご了承ください)
・配信チャンネル AIBO Channel A
・主催 夜な夜なカフェ隊(進行:湯浅誠)


2012-08-07 03:08 | 記事へ |
| メディア / 政治、権力 |
ニートが語る、政治、いろいろ
AIBO(あいぼう)が動き始めています。

WEB
http://www.aibofund.net
の「応援プロジェクト紹介」のところにのっている情報ですが、以下の企画は僕も少し関わって、面白いなと思っています。

ニートと言われる人も実は人それぞれでいろいろ。彼ら彼女らに、政治とか労働とかについてインタビューし、それを映画にまとめたものを上映します。そしてそれを見ながらまたニートの人もそうでない人も一緒に語り合う、という企画です。

いないのではない。いるのだ、考えているのだ、思っているのだ、感じているのだ。

■8/29 13:30〜、19:00〜
『ニート・トーク・トゥギャザー』上映会


現在なかなか就労に結びつかず声をあげにくい状況にある若者層から、政治に対する多様な意見を引き出し、映像作品として発表する。その作品を見た人の反応、その反応に対する若者の反応等も継続してカメラに収め、多重構造を持つ映像作品として12月には1本のドキュメンタリー映画として公開! ここでしか見れない映像作品! 同日夜にはAIBOにて上映会を開催!

発案:人民新聞 山田編集長
撮影・インタビュアー:マキクニヒコ
編集:NPO法人映像記録
主催団体:オシテルヤ

日時:2012年8月29日(水)
   13:00〜 場所 中崎町CINEMA−KAN
   19:00〜  場所 AIBO
2012-08-07 01:56 | 記事へ |
| 貧困/反貧困 |
2012年08月06日(月)
いじめ問題 弁護士と一緒に警察にいけ

新聞のいじめのコメントなどほとんど役に立たない精神論ばかりだ。しかしめずらしく、実践的実用的な、いいコメントがあった。
内藤朝雄氏が、8月3日の毎日新聞のコメントでいいことを言っていた。
その要旨。

この手のことは日本中で起こっている。学校制度を変えないと根本対策はできないが、
追い詰められている場合の自分の身を守る方法があることを伝えたい。
暴力の場合、親と一緒に弁護士を連れて警察に相談し、学校に伝えること。いじめる人は友達ではない。警察に捕まるような「大損」をしてまで君をいじめ続けようとはしない。すぐにやめる。

無視や悪口は対応がむつかしいが、ネットでの書き込みはデータを保存して警察に通報すれば、発信者を突き止めることができる。

それでもいじめが続くなら、学校に行かなくていい。あなたをいじめる人やクラスに、閉じ込める学校(制度)が悪いという当たり前のことを肝に銘じて欲しい。

内藤朝雄の著作『いじめの講造:なぜひとが怪物になるのか』講談社現代新書)。
2012-08-06 13:36 | 記事へ |
| 人権 / 教育 / メディア |
絵を描いてやれよ:専門家のありかた

寅さん映画『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』(1976年)の最後のほうのシーンを見た。とてもいいシーンがあった。

詳しい説明は省くが、ひどい男に金をだまし取られて泣いている女性(芸者のぼたん=太地喜和子)のために何かしたい、その男をぶちのめしてやると言ってみたものの、寅には何もできない。
その寅さんが、柴又で知り合った老人(後で日本画家の大家、池内青観とわかる=宇野重吉)、その有名な画家先生の家にいって頼んでいる。青観に言う。

寅「ぼたんが悪い男に騙されてなけなしの200万円の貯金を全部取られちまったんだ。でも俺にはどうすることもできない。
それで無理を承知でお願いするんだが、先生、ちょっと絵を描いてやってくれないか。それも前よりだいぶ大きな紙に、こう、色も付けてな。それをぼたんちゃんにやればきっと喜ぶと思うんだ。どうだい先生。頼むよ」

それに対して画家先生は「うーん、それはちょっと難しいなぁ」としか答えない。

寅「何だい、冷たいこと言うなよ。先生ならちょちょっと描いたらいいだけじゃないかよ。かわいそうなやつなんだよ、頼むよ先生、先生がこの間、右から左にちょちょっと描いたら7万円だったり、だったらさあ、もうちょっと大きなのを描いてやったらぼたんも助かると思うんだよなあ」

画家先生「うーん、それはなあ・・・画家が絵をかくというのは仕事なんであって・・・」

寅「なんだよ、そんな冷たいこというなよ ちょちょっと絵を描いて7万円だろ、ぼろい商売だとおもったよ。ちょっと描いてやってくれよ」

画家先生「わしは金のためには描いてない。金がいるならなんとか少しは用立てできるが・・・」

寅「なんだよ、もういいよ、現金を要求してるんじゃねえよ。それじゃゆすりじゃねえか。現金はもらえねえよ。そうじゃなくて、かわいそうな奴のために、俺は何も出来ねえから、せめて先生にお願いして絵を描いてやってほしいって、そういってるんじゃねえか。
何だい、こんなでっかい家に住みやがって、いい生活してんじゃないかよ。俺がこの間柴又でお前さんを助けてやって、飲み代も払ってやったのは、身寄りもない貧乏なおじいさんだと思ったからだよ。なんだったら、1か月でも2か月でも泊まっていけばいいと思ったんだよ。それは同情したからだよ。
お前なんて、有名な先生かもしんないけど、かわいそうな芸者のこと、全然気にかけてねえじゃないか。
なんだよ、ちょっと絵を描いてやればいいじゃねえかよ。それを御託をならべて何もしてやらないなんて、そんな薄情な奴なんて、こっちから願い下げだよ、あばよ」

****

録画していないから正確ではないが、こんな感じのことを寅さんは言っていた。僕は見ていて、いちいち寅の言うことが正論だと思った。

画家先生の言い訳は、世の専門家の言い訳、発想と同じだと思った。専門家とか芸術家とか、権威ある人は、自分の作品(とか活動、時間)を簡単にあげたりしない。自分がつくる作品は、何百万円もする価値あるものだ、それを簡単に無償で人にやるなんてできない、と思っているのだ。それを、深く考えずに、当然のことと思っている。そして、画家が絵を描くというのは命を削っているようなことで、とか御託をならべて正当化している。

言い訳しているが、結局は、行動しないのだ。
寅は、その専門家、権威者の傲慢さをついている。無償で人にためにやってやったらいいじゃないかという。もっともだ。

何も毎日、誰かれなく、年がら年中ボランティアだけしろと言っているんじゃない。たまには、成り行きでそうなったときに、それぐらいすればいいじゃないか。

寅はそんなに金がない。だが、その手持ちの3千円4千円から、見知らぬ人に1000円出してやる。遠くでリリーが病気になっていると聞けば、妹のさくらに交通費を借りてでもリリーに会いに飛んでいく。
そうして見舞いの果物でも2000円でも出して持っていく。

そんな1000円、2千円と、金持ちの1万円、10万円とでは重みが違う。意味が違う。勿体ぶっているが、絵なんて描いてやればいいじゃないか。
描かない理由がわからない。人のために労働したくないとか、高価な自分のものをタダであげたくないとか、そうやって簡単に出すことで自分の作品の値打ちが下がる(市場原理ではそうなる)とか、仕事で忙しいとか、そんな理由しか見当たらない。
どれもこれもクスみたいな理由だ。

というわけで、寅さん映画でのこのシーンには、大事なものが詰まっていると思った。
映画では、ラストで、画家先生が後日、ぼたんに、絵を送っていたということが分かって、ぼたんは大喜びだし、寅さんが東京のほうに向かって手を合わせて感謝し、お礼を言って頭を下げていた。

専門家はこうしていつもちょっとすると感謝され、ありがたがられ、権威が保たれるのである。
寅屋に画家先生が来たときにも、皆は、偉い先生に失礼があったと思てみながぺこぺこしている。頭を下げている。専門家は楽なもんだ。

専門家のほうでなく、頭を下げて素直に感謝できる、寅さんとか寅屋のみんなのほうに、人間としての在るべき姿がある。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-06 12:14 | 記事へ |
| スピリチュアリティ / 生き方 / 映画 |
勝つためには何をしてもいいという橋下

橋下市長は8月3日、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで無気力試合をした計4ペアの失格に関し「勝つことがある意味、全てだ。ルールの範囲内なら戦術、戦略でいろいろやっていい」「五輪は観客や国民のためにやっているわけではない。選手個人が勝つためにやればいい」と述べて、4ペアの行為に理解を示した。

国のために戦っているのでなく自分のために戦えばいいというのは賛成だが、勝つことが全て、というのは、まさに橋下らしい、思想だ。

「ルール内」という理解もおかしいが、僕はむしろルール内であろうと勝てばいいという点に彼の浅はかさを思う。
自分の中の価値、相手への態度として、勝つために、無気力的な試合をするというのは自己肯定できないだろう。恥ずかしい行為なのである。
人は、苦境・苦悩の中で、どういう態度をとるかで、その自分の価値というものを示せる。試合をするという中で、どういう態度をとるかで、ある種の価値を示しているのだ。

法律を守れば何をしてもいいと言って金儲けするのって、ホリエモン時代のなかでよく勝ち組が言っていた。
2012-08-06 06:05 | 記事へ |
| スピリチュアリティ / 生き方 / 政治、権力 |
橋下発言
東本さんの情報から、橋下の発言記録があったので、紹介しておきます。田原の発言もひどいです。

憲法に保証された権利よりも条例違反が問題という、そういう優先順位自体がおかしいし、またその条例がおかしい。橋下の強弁というほかない。
問題は、こんな暴言を吐く人間を許すような、暴力容認の人が多いこと及び、法的暴論を暴論と認識できない、思考能力の弱い人が多いということ。意見の違いの問題ではない。

***********

橋下氏が出演していた1月28日に放送された「朝まで生テレビ」でのやりとり

薬師院教授 「子供を抜きにして思想を語ってほしくない。現実問題として、君が代で現場が混乱することは事実なん です」
橋下市長 「立って歌えば混乱しない」
薬師院教授 「混乱することは事実なんです」
橋下市長 「座るから混乱するんです」
薬師院教授 「違う。たとえ何が原因であれ混乱することは事実なんです。教員が悪かろうが公務員が悪かろうが、混 乱することは事実なんです。そして、その間にうちの子は中学終わっちゃうんです」
田原総一朗 「だから混乱しないように立てと言ってるんだよ」
共産・山下氏 「それは思想信条に対する介入だ。最高裁判決出てるんですよ」
橋下市長 「公立の先生やめて、私立の先生やればいいんです」
共産・山下氏「恫喝だ!」
橋下市長 「公務員なんですもん」
共産・山下氏 「それこそ恫喝ですよ、立って歌わない先生は去れって。最高裁の判決でそれやっちゃダメだって。守 らないんですか?」
橋下市長 「(最高裁の判断は不起立だけで重い処分を課すことに言及しているが)不起立だけで処分はしない。指 導研修やって、憲法と法令と条例に基づいて条例守りますという服務宣誓出させる。その宣誓書を3回も4回も出し てるのに守らない教員を居座り続けさせていいんですか?」
共産・山下氏 「思想信条の自由と今言ったことは…」
橋下市長 「思想良心じゃないんです、これは。『条例違反をしません』という宣誓書なんです」
共産・山下氏、薬師院教授、元大阪市教育委員長が3人一斉に発言。
「違う。日の丸君が代問題は思想信条の自由なんです。」
「現場が混乱してるでしょ、今、今」
「君が代で子供たちがとばっちり受けてるんだ」

(「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」ブログから引用)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4534.html

上記の教育問題に対する橋下氏の発言に関して共産党の山下氏は「恫喝だ」と反論し、元大阪市教育委員長の池田知 隆氏も「どう喝による教育支配は時代錯誤だ」と反論。出演者の他の2氏もほぼ同様の反論をしています。
2012-08-06 04:32 | 記事へ |
| ナショナリズム政治 / 教育 / 人権 |
国際的に広がる性売買被害
知るべき実態の情報です。ポルノ被害とポルノ被害と性暴力を考える会からのお知らせです。
*********

暑中お見舞い申し上げます。
私たちが4年前に始めた「ポルノ被害と女性・子どもの人権」シンポは4回目を迎え、今年は日韓豪の国際シンポです!

韓国からの人は援助交際の女の子の実態と追跡調査をしている新進気鋭の人、オーストラリアの人は、オーストラリアは基本は買売春合法化の国なのですが、それが国内外に及ぼす影響を研究し、日本にも留学していた人で、若いけれども論客です。あ、韓国では援助交際は「エンジョコウサイ」なんですって!

一国だけで自己完結する問題ではなく、国家間で相互に影響し合っている問題で、どう影響し合っているのかを探ります。円高で日本の男性客が韓国に押しかけ、韓国は売春禁止なので韓国の女性たちが鴬谷にきて、デリバリーヘルスで搾取されている、聞けば聞くほど、びっくり、訳のわからない事態が私たちの日常生活のすぐ隣で進行・発展しています。

と言うことで、お知り合いに宣伝してください。もちろん、是非いらして下さい。
チラシは素敵なデザインなのですが、容量が大きすぎて送れません。紙媒体のチラシが沢山ありますから、ご要望であればお送りします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第4回「ポルノ被害と女性・子ども人権」シンポジウム
「国際的に広がる性売買被害
 〜オーストラリア・韓国・日本の現状から〜」


その被害は国境の前では立ち止まりません。
被害をなくすのは国境を越えた人と人とのつながりです

パネリスト
オーストラリア:キャロライン・ノーマ(ロイヤル・メルボルン工科大学講師)
韓国:キム・コ・ヨンジュ(梨花女子大学韓国女性研究院研究教授)
日本:大森佐和(国際基督教大学準教授)

日時:2012.9.30(日) 13:00〜17:30
場所:大妻女子大学千代田キャンパス150講義室
資料代:1000円
事前申し込み必要なし
メール:paps@peps-jp.org
ホームページ:http://paps-jp.org

主催:ポルノ被害と性暴力を考える会
2012-08-06 02:56 | 記事へ |
| ジェンダー / 貧困/反貧困 / 暴力・DV |
2012年08月03日(金)
バラ

今年もバラが咲いた。
昔、母が病気になったときに植えて、引越ししても持ってきて植え替えて、今でも毎年咲いている。
毎年、おばあちゃんの写真に捧げる花。






2012-08-03 11:18 | 記事へ |
| その他 / スピリチュアリティ |
玉ねぎ

もらった大きな玉ねぎを物干しのところにつっている。農家みたい。




2012-08-03 11:14 | 記事へ |
| その他 |
オリンピック放送のあり方についての要望
以下のようなまともな意見が出されたので紹介しておきます。ただし、テレビ、マスメディアとは、そういったものなのです。オリンピックに限ったことではありません。原発問題でも原発事故でも、労働問題でも、主流秩序に沿った役割を演じてきたのです。


2012年8月2日
NHK大阪放送局 局長 崎元 利樹 様
               NHK問題大阪連絡会 代表 河野安士
NHK問題京都連絡会 代表 倉本頼一
NHK問題を考える会(兵庫) 代表 貫名初子

オリンピック放送のあり方についての要望と懇談会開催の申入れ

一、オリンピック放送のあり方について

前略
 オリンピックが7月27日から8月12日まで開催され、NHKは初日の28日午前4時20分から24時間体制のオリンピック放送をしています。
 しかしこの期間は国会開催中で、今後の国民生活にとって重大な問題が審議されている最中です。
これまでのオリンピックとは違う状況にあります。国会では、オリンピック前まで大きな批判がおきていた消費税増税法案や社会保障の削減など、重要法案が国民の目を避けるかのように8月8日ごろ参議院での強行採決が予定されていると伝えられています。
 本来、これほどの大増税の中身と使い方について、NHKが正確に報道したなら、日本列島が騒然とするほどの大きな世論が起きる問題です。NHKはじめマスコミは、増税反対の方が圧倒的に多数なのにそれを反映した番組を作っていません。
 また、危険なオスプレイの配備問題や、原子力規制委員会の発足に伴う重要な国会同意人事案件などもあり、国会の外では、原発再稼働に対して、安保闘争以来と言われるほどの抗議行動が巻き起こり、どれ一つとっても、掘り下げた報道が求められているのに、NHKは、チラとしか報道せず、ほとんど真剣に取り上げていません。NHKの番組編成はまるでオリンピック専門チャンネルのようです。
7月28日からこれまでのところ、国会で何が論議され、何が決まろうとしているか、一部国会中継がなされた以外は、国民には知らされていません。7月29日の「日曜討論」「NHKスペシャル」や「クローズアップ現代」など、通常の良心的な番組が削られています。定時のニュースも「ニュース&五輪」ということで、中身はお天気と全国ニュースがわずかで、圧倒的にオリンピックの繰り返し放送になっています。NHK総合に加え、8月1日はEテレでも並行してゴールデンタイムに1時間半もオリンピックにあてるなど、今回の報道は異常です。
 このようなNHKの放送のあり方は、オリンピックの応援の熱狂をあおり、その陰で政治や社会問題から国民の関心をそらすという役割を果たしていると言わざるを得ません。
 確かに4年に1度のスポーツ祭典は見どころがありますが、特集番組を組めばいいことで、その他の問題を一切、シャットアウトするべきではありません。国民はスポーツ情報だけが関心事ではありません。在宅時間が多い高齢者の中には、関心がなく、繰り返し同じことを見せられるため、ビデオ屋に行ってレンタルビデオを利用している人もいます。受信料を取って国民の公共放送を標榜するNHKが、これでいいのでしょうか。さらに、日本選手がほとんど出番を終えクライマックスが過ぎたオリンピックの後半は8月8日から高校野球の中継が始まります。国民生活の大きな問題が起きているこの時期にNHKはスポーツ番組にだけ力を入れてNHK総合の役割が果たせるのでしょうか。
 
<要望事項>
オリンピックに特化した番組編成をあらため、国民生活にかかわる重要問題を掘り下げた番組提供にしてください。

二、 視聴者団体への対応について

 私たち関西の視聴者3団体は、これまで相当数の視聴者の声を代表して、NHKに大事な問題があるたびにその声を届けてきました。私たちはNHKが必要だと考えており、公正な放送と公共放送の充実を願ってのことでした。
 私たち3団体と大阪放送局との懇談は、2008年7月12日の「経営委員と視聴者が語る会」での事件から始まりました。事件の経過は省きますが、そのやり取りの中で、私たちの真剣な思いが受け止められたと考え、その事件以後、NHK大阪放送局への信頼を基礎に、両者の緊張感を保ちながら、NHKへの激励とあわせ批判的な意見や要望を率直に伝えてきました。
 しかるに、去る5月21日、数土経営委員長辞任後の経営委員会のあり方について、視聴者の意見を伝えようと、懇談を申し入れたところ、その対応はこれまでと全く違う、ぞんざいなものでした。
 30分という時間制限は、緊急な申し入れでもあり、職員の皆様の多忙な職務に迷惑にならないよう遠慮したものでやむを得なかったと考えていますが、それに「乗じ」てか、人数の制限をしたうえで、「皆さんとは特別な関係ではない、他の視聴者と同じ扱いです」、とことさら私たちを忌避するような発言があり、数人しかはいれない入口の待合室で対応されたことは、真に理不尽、失礼千万なことと考えています。
 しかも、申し入れについては、「東京のNHKに伝えます」の一点ばりで、硬直した対応でした。今回、大阪放送局が示されたこれらの態度は、これまで丁寧に懇談を重ねてきた私たちとの貴重な実績を水泡に帰すものと言わなければなりません。 今後もこのように視聴者を警戒する姿勢を続けられるのか、どうか、視聴者とNHKの関係についてどう考えておられるのか、きちんとお伺いしたいと考えています。私たちは、制作者側の局として視聴者の意見を胸襟を開いて友好的に聞くという姿勢を期待しています。それがあってこそ、視聴者に応えるより良い放送ができるのではないでしょうか。
 つきましては、次回懇談会の日程を申し入れますのでご検討を頂きますようお願いいたします。
2012-08-03 10:56 | 記事へ |
| メディア |
2012年08月01日(水)
橋下と戦う職員

なかまユニオン大阪市職員支部の矢野幸一さんは、刺青問題で戦っている人のひとりです。
彼も含めた調査報告提出拒否者に対して、7月13日に「7月27日までに調査票を提出するよう」に求めた職務命令が出されたそうです。拒否を貫く彼に対して、7月30日には「警告書」が公布され、拒否を続けているものは6名となっているそうです。

このなかまユニオンは、「職員政治活動制限条例」について、7月24日に大阪市と公式の面談質疑を1時間余り行い、そこでこの条例の適用範囲について回答を得たということで、ビラを出しています。
その内容を紹介しておきます。
マスメディアも、こうした支店でちゃんと橋下を批判すればいいのですが・・・。


「職員政治活動制限条例」交渉報告ビラ 内容

「大阪市職員政治活動制限条例」可決、だが
「職員・教職員の市政・政策批判は条例違反ではない」(市当局)
橋下市長は、違法なウソで
市民に「処分」を煽動するのはやめるべき!

 27日の大阪市議会で強行可決された(維新・公明・自民が賛成)、市長提案の
「職員政治活動制限条例」について、
私たち「なかまユニオン」は
その前の24日に大阪市と公式の面談質疑を1時間余り行い、
担当部局の人事室は以下のことを公式に口頭回答しました。

大阪市の回答

  職員の政治的行為の制限に関する条例案の適用範囲について
@ 職員の政治的行為を制限するのは、条例案第2条に記載する10項目の行為について政治的目的をもって行われた場合に限る。

この条例で言うところの政治的目的とは、条例案第2条に記載する「特定の政党その他の政治的団体若しくは特定の内閣若しくは地方公共団体の執行機関を支持し、若しくはこれに反対する目的又は公の選挙若しくは投票において特定の人若しくは事件を支持し、若しくはこれに反対する目的」を言う。

A 政治的目的の一般的解釈は、現市長の政権(包含関係にある政府や大阪府も対象となる)を転覆させることだと言える。

現市長の政権を転覆させるという目的をもっていない発言や単なる政策に対する意見は、
制限の対象とはならない。
大阪市の政策に対して職員が意見を言うことに制限を加えるという趣旨ではない。

B この条例案は、政権の転覆を図るという政治的目的をもつ場合、若しくは選挙の中立性を損なう行為について制限するという地公法等の範疇で解釈する。

C 条例案で対象とする地域は大阪市内である。ただし、大阪市外から市内に向かって行われた行為が市内で完結する場合には対象とする。また、勤務時間外の行為も対象とする。

○ つまり、「橋下市長は辞任せよ!」は条例違反だが、
「橋下市長は原発再稼働容認をヤメロ!」
「市政改革プランの生活施策切り捨て反対!」
「学校選択制は導入するな!」という
市政の政策批判は、市職員・教職員の演説もビラもデモも市民としての政治的権利で、
この条例違反ではないという、現行の地方公務員法に基づく当然の回答です。

○ しかしこれは、環境事業局の組合がごみ収集労働を紹介したビラポスティングや、
放課後の子どもの家事業の存続を求めた教員のインタビュー発言に対して、

「処分だ!」と息巻く橋下市長の言動とは大きく違っています。
市長が違法なのです。
 橋下市長は、違法な発言を議会答弁や記者会見でくり返し、テレビ・新聞がそれを大きく報道することを利用して、市民をウソで煽動することは、やめるべきです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2012-08-01 07:50 | 記事へ |
| 労働 / ナショナリズム政治 / 暴力・DV |
有期雇用に関して労働契約法改正
有期雇用に関して、労働契約法が改正されるということで、国会でほとんど議論もなく、内容が全く不十分なものが通る状況です。
それに対する批判談話が出ています。状況がわかるので、紹介しておきます。
ま、原発といい、派遣法といい、沖縄米軍基地問題といい、この有期雇用関係の労働契約法改正といい、日本の「政治」ではだめで、私は、主流秩序と戦うスタイルを各人が実践することがええんっとちゃうかなと、日々思います。

********

労働契約法改正法案の拙速な衆院採決に抗議し、参議院段階での徹底した審議と実効ある見直し修正を強く求める (談話)

 有期法案(労働契約法改正法律案)は本日・26日午後の衆議院本会議で、民主、自民、公明、生活、みんななどの賛成多数で可決され、参議院に送られた。

 同法案は昨日、衆議院厚生労働委員会で審議入りしたが、わずか3時間余の質疑で採決が強行された。しかも、参議院では同時並行で一体改悪・特別委員会が開催されていたため、大臣等が中座するなど不正常ななかでの審議となった。雇用問題の中核に位置する重要法案でありながら公聴会すらおこなわず、拙速に採決が強行されたことは、議会制民主主義のルールにもとる暴挙であり、全労連は強く抗議する。
 政府
・与党は従来、同法案を「雇用問題の本丸」としていたにもかかわらず、このようなぞんざいな扱いをしたのである。現政権与党がいかに働く者、生活者に冷淡かを示すものであって、厳しく批判されねばならない。

 同法案については、有期労働契約を強いられている多くの当事者や労組・法律家など広範な団体から様々な問題点が指摘されてきたが、昨日のわずか半日の審議を通じても、その指摘・懸念の正しさが浮き彫りになった。

すなわち、5年直前での雇止めの大量発生や不更新条項への有効な防止策がないこと、また、無期労働契約に転換の場合も、「現に締結している有期労働契約の内容である労働条件と同一」と規定されたことによる格差の固定化(同一の業務に従事しながら労働条件の劣る新たな“準社員”の発生)などである。
これでは、有期労働に対する実効ある規制とは言えないのであって、無期労働契約への転換がすすむと考えることはできない。

 参議院段階においては十分な審議時間を確保し、当事者からのヒヤリングをはじめとして、問題点の議論、実態論議を深めるべきである。そして、実効ある規制実現のため、大幅な見直しをおこなうよう強く求める。

 野田民主党政権の悪政、公約破りに対して今、労働者・市民の怒りが沸騰し、諸行動への参加と連帯が大きく発展してきている。全労連はそうした広範な人々との共同をいっそう強化し、実効ある有期労働規制の実現、法案修正のため、いっそう奮闘する決意である。

  2012年7月26日
全国労働組合総連合   
事務局長 小田川 義和 
2012-08-01 06:50 | 記事へ |
| 労働 |
今夜、NHK「100分 de 名著」フランクル『夜と霧』
NHK「100分 de 名著」で、今夜から、フランクル『夜と霧』が扱われます。
どの程度深められるかは見てみないとわかりませんが、この名著についてならもちろん見ておこうと思います。

NHKテレビテキストもあるそうです。でももちろん、原作そのものを読むのがまず前提です。
テキスト「100分 de 名著」フランクル『夜と霧』2012年8月
2012年7月25日発売
定価550円(本体524円)

2012-08-01 06:49 | 記事へ |
| スピリチュアリティ / 作品 / 生き方 |
DV・ストーカー関連
脅迫メールを送ったことで、脅迫罪で起訴したということですので、これは、今後対策として、使える事例だと思います。
それにしても、同僚や友人、姉弟ら8人に「周りの人間の住所も実家の住所もすべて知っている 必ず殺す」「お前は必ず殺す、絶対に逃がさない」というような危険性満載のメールを送っているのに、何もしなかった警察は本当に腹立たしいです。

***************
長崎ストーカー殺人:筒井被告を追起訴…脅迫メール送付
毎日新聞 2012年06月02日 12時05分(最終更新 06月02日 12時12分)

 長崎県西海市の2女性殺害事件で、長崎地検は1日、殺害された山下美都子さん(当時56歳)の三女の知人らに脅迫メールを送ったとして三重県桑名市、無職、筒井郷太被告(27)=殺人罪などで起訴=を脅迫の罪で長崎地裁に追起訴した。

 起訴状によると、筒井被告は三女が意思に反して実家に連れ戻されたと思い込み、昨年11月19日から同12月13日、パソコンや携帯電話で三女の職場の同僚や友人、姉弟ら8人に「周りの人間の住所も実家の住所もすべて知っている 必ず殺す」「お前は必ず殺す、絶対に逃がさない」などとする文面のメールを送ったとしている。

 同地検は、昨年12月16日、三女の祖母久江さん(当時77歳)と美都子さんを刺殺したとして筒井被告を4月、殺人罪などで起訴。5月21日には三女に暴力を振るい、けがをさせたとして傷害罪で追起訴した。【梅田啓祐】

****************
愛知2人刺殺:被害者「同僚からストーカー」
毎日新聞 2012年07月31日 14時12分(最終更新 07月31日 14時46分)

 愛知県小牧市小木のアパートで30日、花塚一羊(かずよ)さん(43)と長女の彩乃さん(19)が刃物で刺され死亡した事件で、彩乃さんが知人らに「同僚からストーカーに遭っている」と話していたことが分かった。愛知県警は、事件発生直後にアパート駐車場で血まみれで見つかった男が、彩乃さんにストーカー行為をしていた可能性があるとみて、回復を待って事情を聴く。

 彩乃さんは小牧市内のパチンコ店に勤務。知人によると、彩乃さんは5月ごろから「職場の同僚からつきまとわれるようになった」「家の前でストーカーが待っている」と話していた。またインターネットの会員制交流サイトには「いろんな人に迷惑がかかる前に解決したい」と、トラブルに巻き込まれていることを示唆する内容を書き込んでいたという。

 県警は男が彩乃さんらを殺害後、自殺を図ったとみている。【岡大介、山口知】

 愛知県小牧市小木のアパートで花塚一羊(かずよ)さん(43)と長女の彩乃さん(19)が刺殺された事件で、県警捜査本部は31日、2人を司法解剖し、彩乃さんの刺し傷の一つが心臓に達していたことが分かった。捜査本部は、彩乃さんに強い殺意を抱いた同僚の男(25)が2人を刺したとみており、31日、男の自宅などを家宅捜索した。捜査本部によると、彩乃さんの致命傷は心臓への刺し傷で、一羊さんの致命傷は胸の大動脈の切り傷だった。

2人の胸や首にはほかにも刃物の痕が数カ所ずつあった。彩乃さんは知人らに対し、勤務先のパチンコ店の同僚の男に自宅で待ち伏せされるなど、ストーカー被害に遭っていたと訴えていた。事件当時、アパート駐車場で血まみれの男が倒れており、「腹を自分で刺した」と説明。捜査本部は、この男がストーカー行為をしていた同僚で、彩乃さんらを殺害後に自殺を図ったとみている。【岡大介】

************
ストーカー:職員を懲戒免職、笠岡市が処分 /岡山
毎日新聞 2012年07月13日 地方版

 笠岡市は12日、女性へのストーカー行為などで有罪判決を受けた市環境課の男性職員(36)を懲戒免職処分にした。上司の環境課長と市民生活部長を口頭による注意処分にした。
 職員は女性へのストーカー規制行為違反と脅迫で今年6月29日に岡山地裁倉敷支部で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた。市は、地方公務員法違反(信用失墜行為)として処分を決めた。【小林一彦】
2012-08-01 06:42 | 記事へ |
| ジェンダー / 暴力・DV |
長崎DVストーカー殺人事件についての記事
長崎DVストーカー殺人事件について詳しい記事があるので紹介しておきます。警察の内部事情を取材したものです。
「まだ付き合っている」「マンションには俺の荷物もある」という言い分を加害者がしていたということで、加害者の発送が出ています。

*************
警察不信に…ストーカー殺人「誰が命を守ってくれるのか」
2012/04/02 11:00更新 産経

  対応の不備では済まされないストーカー殺人事件と、職員旅行の“隠蔽(いんぺい)”疑惑。警察の対応はなぜ、こんなにいいかげんなものになってしまったのか。背景を追う。
                   ◇
 「この10年で何も変わらなかった」。父親は、はっきりとした声で冷たく言い放った。無力感とは違う。怒りが伝わってきた。
 平成11年、埼玉県のJR桶川(おけがわ)駅前で大学生だった長女、詩織(しおり)さん=当時(21)=を元交際相手に刺殺された猪野(いの)憲一さん(61)。何度も警察に相談した。それでも何もしてくれなかった。現実を目の当たりにして初めて警察は事態の重さに気づいた。桶川ストーカー殺人事件。翌年、ストーカー規制法が施行されたが被害は絶えない。過ちも繰り返される。それに加えて…。

 ◆両親ですら逮捕懇願
 「息子を早く逮捕してください!」。昨年12月9日、千葉県習志野市のマンション。年配の夫婦が切羽詰まった様子で警察官にそう告げていた。このマンションに住む女性(23)にストーカー行為を繰り返していた男の両親だった。
 男は前日に三重県の実家を飛び出したため、両親が慌てて駆けつけたのだ。
習志野署員が両親を同行しようとしたその時、走り去る男の姿が見えた。母親の携帯を通じて署に出頭するよう促すと、姿を現した。
 「まだ付き合っている」「マンションには俺の荷物もある」。男の抗弁は不自然だった。だが被害女性の聴取が済んでいなかったことから逮捕は見送られた。

 この3日前、女性は長崎県から出向いてきた父親とともに署を訪れていた。被害内容の報告書を持参したが、刑事課は人手が足りないことを理由に、被害届の提出を「1週間待ってほしい」と要請した。後に明らかになるが、女性から相談を受けていた生活安全課や捜査を引き継いだ刑事課を含む12人の署員が北海道に親睦旅行に出かけていた。
 刑事課は男に3度目の警告を出し、両親を諭して実家に連れ戻させた。

 「成人であっても子供の面倒は家族がみること」
 男は結局、長崎県西海(さいかい)市の女性の実家に行き、女性の母親と祖母を殺した。習志野署は、男が過去に別の2人の女性にストーカー行為を繰り返し、逮捕歴があったことを把握していた。両親ですら危険を感じる人物…。それでも「切迫感」を感じとれなかった。
 事件に関わった千葉、長崎、三重の3県警は3月5日、捜査の不備を認める検証結果を公表。「危機意識の不足」「組織的対応や連携の不備」…。あとの祭りだった。

 ◆「桶川」の教訓どこへ
 猪野さんは言う。「確かに法律ができて救われた人もいる。ただ、ストーカーというものは時として命を奪うものだということが忘れ去られている」
 警察庁によると、平成23年に全国で認知されたストーカー事案は1万4618件。摘発に至った991件のうち、殺人未遂が7件、強姦(ごうかん)が6件、暴行・傷害が182件と凶悪化するケースは少なくない。

 だが、習志野署はその一歩先を想像できなかった。
 「何度も告訴状の受け取りを断られた日々を思い出した」。猪野さんの妻、京子さん(61)も苦しかった過去を振り返り、警察への怒りをあらわにした。「青い顔をして必死に訴えているのに…。誰も楽しくて警察に行くわけではない。プロとして、普通の苦情との違いを見極められないのはおかしい」

 千葉県警の対応には身内も手厳しい。警視庁幹部は「危険を予知するセンスが欠けている。常識的に考えて極めて危険なケース」と指摘する。中には被害妄想や痴話げんかもあるだろう。だが、殺人事件に発展してしまってからでは遅い。「短い時間で判断をしながら必要なものを捜査する。『業務に追われて』というのは言い訳でしかない」
 3県警の検証結果の公表から2日後の3月7日、警察庁で全国警察のストーカー事件担当者を集めた緊急会議が開かれた。片桐裕(ゆたか)長官(60)も急遽(きゅうきょ)出席し「わらにもすがる気持ちで警察署を訪れる人々の立場で考えてほしい」と訴えた。

 今回の長崎事件の被害女性の父、山下誠さん(58)は事件後、代理人を通じて文書を公表した。
 「この国で、誰が、危険人物から命を守ってくれるのか、今も分からずにいます。警察が守ってくれないのなら、家族がストーカー加害者を身柄拘束できるように法律を変えてください」
 
 【用語解説】長崎県ストーカー殺人事件
 平成23年12月16日、長崎県西海市の山下誠さん(58)方で妻の美都子さん(56)と母の久江さん(77)が刺殺され、千葉県習志野市に住む山下さんの三女(23)の元交際相手、筒井郷太容疑者(27)が殺人などの容疑で逮捕された。山下さんは三女に対するストーカー行為について、10月末から千葉、長崎、三重の3県警に相談を繰り返していた。3県警は捜査を検証し、対応の不備を認め謝罪。被害届の受理を先延ばししている間に習志野署員が親睦旅行に出かけていたことも発覚した。
 
【用語解説】ストーカー規制法
 桶川ストーカー殺人事件を契機に、平成12年11月、施行された。特定の者に対する恋愛感情や好意の感情に加え、感情が満たされなかったことに対する恨みから、つきまといや待ち伏せ、無言電話、面会要求などを繰り返す行為を規制している。被害者が相手を告訴し、処罰を求めることができるほか、警察がストーカー行為をやめるように警告できる。警告を無視すると、公安委員会が禁止命令を出す。
********

真冬の北海道は朝から青空が広がっていた。昨年12月9日金曜日の函館市。男女12人の一行は市内観光を終え、登別温泉に向かう車中で揺られていた。ずいぶん前に日程を決めていた2泊3日の親睦旅行。年に1度、職場の緊張感から解放されるひとときだった。
 急に雲が広がった夕方、12人の勤務先の千葉県警習志野署では、長崎県西海(さいかい)市のストーカー殺人事件の筒井郷太容疑者(27)の事情聴取が行われていた。結局この日は逮捕は見送られるが、筒井容疑者の犯行を防ぐ最後の機会だったことを知る由もなかった。

 一連の対応の不手際を指摘された千葉県警など3県警は3月5日に公表した検証結果で、最悪の結果を招いた原因に「危機意識の不足」を挙げた。だが検証結果には親睦旅行の事実は一言も盛り込まれなかった。
 旅行に参加したのは、被害女性から相談を受けていた生活安全課長を班長とする当直班のメンバー。刑事課からも4人が参加し、女性に被害届の提出を「1週間待ってほしい」と伝えた課員もいた。
 検証作業に関わった千葉県警の幹部や担当者はその事実を知りながら、漫然と放置していた。旅行に行きたかったから1週間遅らせろと言ったのか。旅行に行った署員が残っていれば…。誰一人として、思いは至らなかった。

◆「話が合わない」
 親睦旅行の事実が明らかになった3月22日夜、筒井容疑者に殺害された山下久江さん(77)の兄、広瀬安夫さん(80)の西海市の自宅の電話が鳴った。相手は千葉県警の安達泉己(いずみ)生活安全総務課長(58)。検証結果を公表した際、謝罪した一人だ。
 「人が足らんから受け付けできないということだったじゃないか。話が合わん」
 「担当者2人は残しておきました」
 「5日の説明にはない。隠そうと思ったんじゃろ」
 「そういうわけではありません。直接事件とは関係ないので…。調べ直します」

 千葉県警の“失態”に、警察庁は検証経緯の調査を指示。県警は、最初の検証に加わった者を除外し、不祥事を調べる監察官室を中心にしたメンバーで再検証に乗り出した。遺族の不信感も最高潮に。3月26日には遺族らが千葉県警に、第三者による再調査を行うよう申し入れた。
 広瀬さんは「1週間待てと言われた理由が分からない。分からないと納得できない。警察が調べ直しても信用できない」と声を荒らげた後、つぶやいた。「こらえきれないよ。過去の教訓は生かされていないよ」

 ◆「危機意識欠如」
 千葉県警による再調査が進むにつれ、旅行の事実が“隠蔽(いんぺい)”された背景がぼんやりと見えてきた。
 関係者によると、生活安全部と刑事部の検証が始まった当初から、地元採用の鵜沢(うざわ)憲一生安部長(59)と刑事部ナンバー2の杉田義弘参事官(57)ら幹部だけでなく、検証に関わった関係者のほぼ全員が知っていたという。

 鵜沢生安部長や杉田参事官が、警察庁キャリアの鎌田聡本部長(55)や森末治刑事部長(43)に報告しなかった理由はまだ判然としていない。

 「署員の旅行は何か影響があったのか」
 「問題はありません」
 こうした報告が下から繰り返され、検証の実務を担当した刑事総務課も同じ意見を杉田参事官ら幹部に伝えたとされる。実際、安達生安総務課長が遺族に弁解したように、千葉県警内では今でも、「直接事件に関係ない」という意見が支配的だ。ことの重大さを認識できなかったとの見方が強まっている。

 警察庁幹部は「旅行の是非、捜査への影響は再検証の結果を待つ」としながら、「客観的に見て、『影響がない』と言われて『はいそうですね』という状況ではない」と言い切る。
 片桐裕(ゆたか)長官(60)は、旅行の事実が明らかになった22日、千葉県警の対応をこう指弾した。
 「危機意識が欠如していたことの表れではないか」
                   ◇
【用語解説】3県警による検証
 長崎県ストーカー殺人事件で逮捕された筒井郷太容疑者(27)が山下誠さん(58)の三女(23)にストーカー行為を繰り返していたことについて、事前に相談を受けていた千葉、三重、長崎の3県警が3月5日、捜査の経緯などをまとめ、公表した。重大事件に発展するという危機意識の不足▽ストーカー規制法による積極的な対応の未検討▽3県警の情報共有や連携、組織的な対応の不備−などの問題点を挙げた。

警察庁幹部のいらだちはあきれに変わっていた。
 千葉県警習志野署員12人が、ストーカー被害者の女性に被害届の提出を待たせていた間に親睦旅行に出かけていたことが明らかになった翌日の3月23日。昨年12月に旅行の事実を把握していた生活安全部の鵜沢(うざわ)憲一部長(59)の発言が一部で報じられた。
 「捜査の主体は途中から刑事部に移り、検証もうちの部は前半部分しか担当しなかった。検証結果に(旅行を)盛り込むべきだと言う立場になかった」

 一緒に検証を行った刑事部の責任だと受け取られても仕方ない内容だった。これを知った警察庁キャリアの岡部正勝警務部長(46)は発言を慎むようにすぐさまクギを刺した。
 「警務部長に怒られたよ」。その夜、鵜沢生安部長の口は重くなったが、それでも持論は崩さなかった。「捜査主体が刑事部に移ったので、(私が)どうこう言えない。ただ、旅行は検証の中にあった『危機意識の欠如』という言葉に内包されていると思う」

 鵜沢部長の階級は警視長。千葉県警の地元採用(ノンキャリア)では総務部長と2人だけで、名実ともにトップになる。

「県警、警察全体のことを考えるべき立場なのに…」。警察庁幹部と千葉県警の中堅幹部が漏らした言葉はまったく同じだった。

 ◆遅れた危機管理
 ストーカー捜査の経緯、旅行の“隠蔽(いんぺい)”、「捜査に影響はなかった」という発覚後の弁解…。千葉県警の稚拙な対応すべてが危機意識の低さを表す。
 危機管理コンサルタントの田中辰巳氏(58)は「警察官に旅行に行くなと言う人はいない。ちゃんと公表すべきだった」と指摘し、辛辣(しんらつ)に批判した。「昨今の企業ではあまりみられなくなった、著しく遅れた危機管理対応だ」

 旅行の事実が警察庁キャリアの鎌田聡本部長(55)や森末治刑事部長(43)に伝わっていれば結果は変わっていた、との見方がある。だが、そのキャリアの危機意識も決して十分とはいえなかった。
 旅行が発覚した3月22日、誰が知っていたのかを報道陣に問われた森末刑事部長は、自らが知ったのは前日で、以前から知っていた幹部として刑事部の杉田義弘参事官(57)を挙げ、ほかは「分からない」と答えた。

 関係者によると、森末部長はこの時点で、鵜沢部長が知っていたことを把握していた。横並びの部長をおもんぱかったのか、理由は不明だが、直後に慌てて鵜沢部長の名前を公表している。
 「都合の悪いこと、分かったことは速やかに公表する。不祥事対応のいろはの『い』。こんなことも分からないのか」。警察庁幹部の失望は深かった。

 ◆「努力が水の泡」
 千葉県警の「不適切な対応」の連鎖は平成11〜12年に全国の警察で不祥事が相次ぎ、警察改革につながった当時を彷彿(ほうふつ)させる。10年以上がたち、警察の“緩み”は全国に広がっている。
 22年に入り、警察改革以降減少していた不祥事が急増。団塊世代の大量退職で、警察改革を知らない警察官が全体の半数近くを占めるようになったことが原因の一つと指摘された。その年の夏、警察庁幹部はある県警で若手の警察官にこう訓示した。「警察改革のころは今の検察庁、いやそれ以上の風当たりだった」

 大阪地検特捜部によるフロッピーディスク改竄(かいざん)・隠蔽事件が発覚し、検察が批判の嵐にさらされている現状を示すことで、危機感を持ってもらいたかったからだ。しかし、その後も不祥事は止まらない。
 未曽有の被害を出した東日本大震災では、延べ92万人以上の警察官が被災3県に派遣され、過酷な任務にあたった。千葉県警からも同約4万8千人が応援に駆けつけた。

 田中氏は今回の千葉県警の対応を踏まえ、指摘した。「非を認めなかったり、否定したりすれば、市民は反省が不十分と思い、不信感を持つ。すべてに疑いの目が向けられ、今までの努力が水の泡と化す」

【用語解説】警察改革
 平成11年秋〜12年初め、神奈川県警の覚醒剤使用もみ消し事件や、女性監禁事件に絡んで新潟県警の幹部らが女性の保護当日、「雪見酒」に興じるなどの不祥事が相次いで発覚。警察批判が高まる中、12年3月、外部委員が警察の在り方を検討する「警察刷新会議」が設置された。7月にまとめられた提言では情報公開の推進や苦情申し出制度の創設、監察の強化、公安委員会の活性化などが盛り込まれた。
■ 連載は楠秀司、森本充、川畑仁志、福田涼太郎が担当しました。
********
     
「復讐してやる」 破局後にストーカー行為 江東区射殺事件
産経新聞 2011/11/10 13:43更新

 東京都江東区のマンション駐輪場で住民の会社員、大宮美雪さん(44)が射殺された事件で、大宮さんを銃撃後に頭を撃って自殺した男が平成19年、大宮さんへのストーカー行為で警視庁城東署から警告を受けていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。同署は殺人などの疑いで、被疑者死亡のまま男を書類送検する方針。
 同署によると、男は墨田区両国の職業不詳、岡克巳容疑者(68)と判明。同署は10日、岡容疑者の自宅を家宅捜索して拳銃の入手経路や詳しい動機を調べる。

 同署によると、岡容疑者と大宮さんはかつて交際し、喫茶店を共同経営していたが、18年12月ごろに別れた。その後、岡容疑者が大宮さん宅の留守番電話に「復讐(ふくしゅう)して道連れにしてやる」などと録音したり、自宅に押しかけたりしたため大宮さんが同署に相談。同署は19年4月、ストーカー規制法に基づき、岡容疑者に警告していた。

 警告を受けた後の21年5〜7月ごろにも、岡容疑者が乗った車が大宮さん宅近くで目撃されるなど、ストーカー行為が続いたため、同署は再度、口頭で岡容疑者を注意していた。
 発砲事件は、9日夜に発生。大宮さんが頭や胸3カ所を銃撃され死亡、岡容疑者も頭1カ所を撃ち抜いて死亡した。近くに岡容疑者が撃ったとみられる回転式拳銃が落ちていた。岡容疑者は事件直前、大宮さん宅を訪れ、「話がある」と屋外に連れだしたという。

2012-08-01 06:07 | 記事へ |
| ジェンダー / 暴力・DV |