ニックネーム:Mr.Pitiful
タイトルの "R 'n' S & B" は "ROCK 'n' SOUL & BLUES"。 "+ c" は, 最近聴き始めた Country Music 。
2016年01月30日(土)
#私を構成する9枚
久しぶりに,Twitter 連動企画・・・(^_^;)

● Rolling Stones "NOW!" -1964
 すべては,ここから始まった・・・。

● Bryan Ferry "Another Time, Another Place" -1974
 ソロ第1作も好きだが,これにはサム・クックのカバーが含まれている。

● Roxy Music "Avalon" -1982
 これを,浅川マキが気に入っていたのを知ったときには驚いた。

● 浅川マキ "浅川マキ II" -1971
 ぼくが『少年』を歌った8ミリビデオが屋根裏の段ボール箱に入っているはず。

● 岡林 信康 『見るまえに跳べ:岡林信康アルバム第二集』 -1970
 『愛する人へ』のコードは今でも指が覚えていると思う。

● Sam Cooke with The Soul Stirrers "The Two Sides Of Sam Cooke" -1970
 サム・クックにはまるきっかけが,このアルバムだった。

● Various Artists "Gospel Stars In Concert" -1973
 これを聞いていたので,「ハーレム・スクエア」にはさほど驚かなかった。

● Otis Redding "The Great Otis Redding Sings Soul Ballads" -1965
 Call me Mr.Pitiful. まさか,ミックもこの曲をカバーするとは・・・(^_^;)

● O.V. Wright "A Nickel And A Nail - and - Ace Of Spades" -1970
 学生時代,このアルバムを初めてぼくに聞かせてくれた後輩が,昨年,亡くなった・・・(T_T)
2016年1月30日 22時06分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1591/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2015年12月12日(土)
Otis Redding "Soul Manifesto"
Otis Redding "Soul Manifesto: 1964-1970 (12 CDs)" [Atco/Rhino 081227951979]

Otis Redding が1970年までにリリースした12枚の LP を紙ジャケ CD 化したセット。ボーナストラックは追加されておらず,ライナーノートも付属していない。

E.U.の Rhino によるリリースで,すでに5枚組で2種類リリースされていたセットに2枚の CD を追加したもの。
 ● "Original Album Series (5 CDs)" [Atlantic/Rhino 8122 79827 4] -2010
 ● "Original Album Series Vol.2 (5 CDs)" [Rhino 8122796490] -2013
 ● -- & Carla Thomas "King & Queen" [Atlantic 7 82256 2]
 ● "The Immortal Otis Redding" [Atco WPCR-27559]

CD の内容そのものは5枚組セットと同じで,リマスターなどが施された形跡はない。
紙ジャケのつくりは多少マシではあるものの,Volt のロゴ は消されてしまっている。

1972年までに Stax/Volt からリリースされたシングルもまとめて CD 化されているので,当時,Otis Redding 名義でリリースされた楽曲は,上記12枚の CD と ↓ でほとんどを聴くことができる。
 ● "Complete Stax/Volt Singles (3 CDs)" [Shout Factory ] -2013

その後,1992年になって Stax の倉庫から発掘された音源を集めた CD がリリースされ,話題になった。
 ● "It's Not Just Sentimental" [Stax/ace CDSXD 041]
 ● "Remember Me" [Stax/Fantasy SCD24 8572-2]
 ● "Remember Me" [Stax/Victor VICP-5159]


1993年には "In Person at the Whisky A Go Go" の Vol.2 も発掘リリースされたが,このときのライブは,2010年になって ↓ としてまとめられている。
 ● "Live on the Sunset Strip (2 CDs)" [Stax STX-32046]

2008年には,"Otis Blue" のモノラルとステレオの両方のバージョンを収録した Collector's Edition や "Live in Europe" の拡大版 CD もリリースされた。
 ◎ "Otis Blue: Otis Redding Sings Soul [Collector's Edition] (2 CDs)" [ATCO/Rhino WPCR-12887〜8]
 ● "Live In London & Paris" [Stax UCCO-4051]


ベスト編集盤として2〜4枚組 CD で発売されているセットは,昨年リリースされた ↓ などいろいろあるが,
 ● "King Of Soul (4 CDs)" [Atlantic/Rhino 8122796068]

決定版としてオススメできるのは,↓ 。
 ● "Otis!: The Definitive Otis Redding (4 CDs)" [Atlantic/Rhino R2 71439] -1993

↑ の編集盤やシングル集にも一部が収録され,LP では Jimi Hendrix とのカップリングでリリースされたことのある,1967年の Monterey International Pop Festival 出演時のパフォーマンスも,今では廉価版のセットで楽しむことができる。
 ● V.A. "Monterey International Pop Festival (4 CDs)" [Salvo SALVOSBX102]
2015年12月12日 00時49分 | 記事へ | コメント(6) | トラックバック(0) |
| Recent MUSIC |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1590/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月28日(日)
Complete Stax/Volt Soul Singles Vol. 2
Various Artists  "The Complete Stax/Volt Soul Singles Volume 2: 1968-1971 (9 CDs)" [Stax/Universal 9SCD-44112]

おそらく,これが今年最後の「お買い物」。
最近よくある,過去のボックスのパッケージを簡素化した廉価盤セット。
150ページ余りあるブックレットはそのままだが,CD は紙のケースに入っているので,全体的にスリムになっている。
まだ,iTunes に取り込んだだけで,全ての曲を聞いていないのはいつもの通り・・・(^_^;)

◎ V.A. "The Complete Stax/Volt Singles: 1959-1968 (9 CDs)" [Atlantic 7 82218-2]
 この第1集 ↑ は,LP サイズのボックスに入っているものを中古ショップでかなり以前に発掘済みだった。
しかし,Otis Redding (1941-1967) が亡くなった後の Stax についてはさほど興味を持つことができず,一部のシンガーについてはアルバム単位で持っていることもあって第2集・第3集の購入にはなかなか踏み切れずにいたけれども,昨今の円安でもまあまあ手に届く値段でリイシューされたので,入手。
来年2月に発売される予定の第3集も予約済み。
○ V.A. "The Complete Stax/Volt Soul Singles Volume 3: 1972-1975 (10 CDs)" [Stax/Universal ]

以前リリースされた ↓ も,この時代の Stax が気になり始めたきっかけの一つ。
● V.A. "Nobody Wins - Stax Southern Soul 1968-1975" [Kent CDKEND 370] -2012
 最近出回っているものは印刷ミスはないはず・・・(^_^;)

● V.A. "Bring It On Home: Black America Sings Sam Cooke" [ace CDCHD 1420]
 ↑ のアルバム・タイトルになっている 'Bring It On Home' Eddie Floyd が歌っているのは,この時代(1968) のこと。

The MG's が分裂してしまったために,Johnnie Taylor The Staple Singers などが Muslce Shoals で録音するようになったのも,この時代だった。
2014年12月28日 11時08分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1582/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月25日(木)
2014年に入手した2014年リリースの CD
2014年に入手した2014年リリースの CD(リイシュー,編集盤も含む) の内,このブログで取り上げたもの。
My BEST 10 CDs in 2014 は,コチラ


● Barbara Lynn "The Complete Atlantic Recordings" [Real Gone Music/Rhino RGM-0297]
● Bawdies, The "Going Back Home (+DVD)" [Victor Entertainment VIZL-645]
● Bettye Swann "The Complete Atlantic Recordings" [Real Gone Music/Rhino RGM-0213 OPCD-8817]
● Bobby Womack "B.W. Goes C.W." [Liberty TYCP-60103]
● Falcons, The "The Definitive Falcons Collection - The Complete Recordings (4 CDs)" [History Of Soul SOUL20]
● Freddie Waters "The Complete ref-O-ree Recordings" [KTI KTIC-1002]
● Irma Thomas "Full Time Woman - The Lost Cotillion Album" [Real Gone Music RGM-0224]
● Joe Henry "Invisible Hour" [WorkSong WSD0022CD]
● L.C. Cooke "The Complete SAR Records Recordings" [abkco 5050-2]
● Lorraine Ellison "Heart & Soul - introducing Miss Lorraine Ellison" [Warner Bros. WPCR-27717]
● Lorraine Ellison "Stay With Me" [Warner Bros. WPCR-27732]
● Otis Redding "King Of Soul (4 CDs)" [Atlantic/Rhino 8122796068]
● Paul Kelly "Don't Burn Me" [Warner Bros. WPCR-27705]
● Paul Rodgers "Royal Sessions (+3, +DVD)" [Columbia COZY-834/5]
● Ronnie Milsap "Summer Number Seventeen" [Legacy/Sony 88843017432]
● Sweet Inspirations, The "The Complete Atlantic Singles Plus (2 CDs)" [Real Gone Music / Rhino RGM-0263]
● Wilson Pickett "Live In Japan - Recorded Live At Nakano Sun Plazza (2 CDs)" [Floating World FLOATM6214]


● V.A. "Bring It On Home: Black America Sings Sam Cooke" [ace CDCHD 1420]
● V.A. "Cold Cold Heart: Where Country Meets Soul vol.3" [Kent CDKEND 422]
● V.A. "Looking Into You - A Tribute to Jackson Browne (2 CDs)" [Music Road MRR CD 018]
● V.A. "Lou Adler: A Musical History" [ace CDCHD 1384]
● V.A. "Soul City Los Angeles - West Coast Gems from The Dawn of Soul Music (2 CDs)" [Fantastic Voyage FVDD192]
● V.A. "The Jack Nitzsche Story Vol.3: Night Walker" [ace CDCHD ]
● V.A. "The Complete FAME Singles Volume 1: 1964-67 (2 CDs)" [ace CDCH2 1391]


2014年に入手した2014年リリースの CD(リイシュー,編集盤も含む) の内,このブログでまだ取り上げていないものもかなりある。↓


2014年12月25日 11時39分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1581/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月22日(月)
Freddie Waters "ref-O-ree Recordings"
Freddie Waters "The Complete ref-O-ree Recordings" [KTI KTIC-1002]

1. Singing A New Song [Ref-O-Ree 716] -1969
2. Don't Let It Get You Down [Ref-O-Ree 712] -1969
3. I Can't Love Nobody But You [Ref-O-Ree 725] -1969
4. Nobody Knows [Ref-O-Ree Unreleased]
5. It's A Little Bit Late [Ref-O-Ree 701] -1968
6. These Are My People [Ref-O-Ree 725] -1969
7. I've Got A Good Love [Ref-O-Ree 735] -1973
8. I Love You, I Love You, I Love You [Ref-O-Ree 716] -1969
9. I Wish For A Miracle [Ref-O-Ree 701] -1968
10. It's Almost Sundown [Ref-O-Ree Unreleased]
11. Love Is A Strange Thing [Ref-O-Ree 734] -1973
12. Nobody Can Love Me The Way You Do [Ref-O-Ree 734] -1973
13. This Is The Life [Ref-O-Ree 728] -1970
14. The Winning Horse [Ref-O-Ree 712/728] -1969
15. Love Is A Two Way Thing [Ref-O-Ree 735] -1973
16. Reality [T-Jaye 784] -1983
17. You Promised Me [T-Jaye 784] -1983

Freddie Waters(1943?-2000) の Ref-O-Ree 時代のコンプリート集ということなのだが・・・。
CD 化されて手元にある Freddie Waters の楽曲リスト → FreddieWaters.xls

以前リリースされていた ↓ の CD は廃盤になってプレミアが付いていたので,彼のこの時代の楽曲が手軽に楽しめるようになったことは素直に喜びたい。
◎ Freddie Waters "Singing A New Song: Nashville R&B vol.1" [Black Magic BM 9201]

Ref-O-Ree というレーベルについては,いくつか編集盤がリリースされていて,↑ に収録されていない3曲も既に CD 化済みだった。
● V.A. "The Ref-O-Ree Records Story" [SPV 95882 CD]
 2. It's Almost Sundown
◎ V.A. "Downtown Soul From The Nashville Indies" [SPV 309032 CD]
 9. Reality
◎ V.A. "Uptown Soul & Funk From The Nashville Indies" [SuperBirds SBIRD 0017 CD]
 12. You Promised Me

特に,"Uptown Soul & Funk From The Nashville Indies" には,しばしば参考にさせていただいている Soulful Kinda Music のサイトで Ref-O-Ree Unreleased とされていて表題の CD には含まれていない曲が3曲も収録されている。
 10. The Um Um Song 11. You Can Make It If You Try 13. It Has To Be Love
いずれも,後に Kari というレーベルなどでシングルとしてリリースされているが・・・。
10. は,Major Lance の 'Um, Um, Um, Um, Um, Um'[1964, Hot 100: 5] のカバー。ベースがチョッパーで,この曲だけサウンドがちょっと違って聞こえるけれども,ベースだけ後にオーバーダブされた可能性も・・・?
11. は,Gene Allison のヒット曲[1958, R&B Singles: 3, Hot 100: 36] のカバー。スローなバラードにアレンジされている。
You Can Make It If You Try - Freddie Waters @Youtube
http://youtu.be/Qh8uFgmOLLg

13. は,11. とのカップリングで1980年になって Kari からシングルとしてリリースされているが,サウンド的に '60年代末に録音されていたとしても不思議ではない・・・?
Freddie Waters "It has to be love" KARI SOUL @Youtube
http://youtu.be/1JrOlhAlB5c



Southern Soul というサブタイトルのある "The Ref-O-Ree Records Story" のライナーノート(Fred James) によると,
Ted (Jarrett) and Bob (Holmes) recorded more material than they could possibly release, and many sessions stayed in the can.
実際,Ref-O-Ree の編集盤 CD には,シングルとしてはリリースされていない未発表曲がかなり含まれている。
表題の CD に収録されている 'It's Almost Sundown' もその一つ。

元々は Gene Allison のシングル曲[1969, Ref-O-Ree 703](カップリングは 'Having A Party' のカバー)。
Gene Allison - Almost Sundown 1969 @Youtube
http://youtu.be/1WzTaD5lWYk

 ↑ のオルガン抜きの別テイクもあり,↓ にはどちらのテイクも収録されていた。さらに,同じバックトラックで Roscoe Shelton が歌っているバージョンも・・・(^^♪
● Gene Allison & Roscoe Shelton "You Can Make It If You Try: Nashville R&B vol.4" [Black Magic BM 9204]

2014年12月22日 16時15分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1580/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月16日(火)
The Complete SAR Recordings
「待てば海路の日和あり」 あるいは 「果報は寝て待て」 ということわざがふさわしい気分・・・(^_^)v

● L.C. Cooke "The Complete SAR Records Recordings" [ace CDCHM 1412]
 ↑ のときは,"Complete SAR" というタイトルで未発表曲が含まれていても,他レーベルの曲も収録されたいい加減な編集で,L.C. の歌ではそれほど・・・だったのだけれども,今度は,本当の "The Complete SAR Recordings" というタイトルにふさわしい・・・と,思いたい・・・が,何しろ相手が abkco なので,実際に手にとるまでは疑心暗鬼・・・(^_^;)

やはり,英 ace 経由でのリリースらしい。現時点では ace のサイトでは未発表だが,abkco がニュースをアップしている。
http://www.abkco.com/index.php/news/all/0/Complete-SAR-Recordings-By-The-Soul-Stirrers-And-The-Valentinos-To-Be-Released-January-27
 ↑ には,トラックリストも掲載されているのだが・・・。
英アマで公開されている内容と,The Soul Stirrers のアルバムは一致しているが,The Valentinos の曲順が微妙に異なっている・・・(?_?)
abkco よりは amazon のほうが信用できそうなので,そちらのリストをもとにシングル・ナンバーなどを整理してみた。

英アマの曲順とは異なっていたので,修正した。

○ The Soul Stirrers "Joy In My Soul: The Complete SAR Recordings (2 CDs)" [abkco 8259-2]
Disc I:
1. I'm A Pilgrim [1960, SAR 108]
2. Listen To The Angels [1961, SAR 110]
3. Jesus Be A Fence Around Me [1960, SAR 108]
4. Toiling On [1961, SAR 110]
5. He's Been A Shelter For Me [1959, SAR 101]
6. Stand By Me Father [1959, SAR 101]
7. Must Jesus Bear The Cross Alone [1962, SAR 124]
8. Don't Leave Me Alone [1961, SAR LPM-501]
9. I'm Thankful [1961, SAR 116]
10. I Love The Lord [1961, SAR 116]
11. He Cares [1960, SAR 103]
12. Wade In The Water [1960, SAR 103]
13. Lead Me Jesus [1961, SAR 120]
14. Heaven Is My Home [1961, SAR 120]
15. God Is Standing By [1962, SAR 124]
16. Oh How I Love Him [Previously unreleased]
17. Since Jesus Came Into My Heart [Previously unreleased]
Disc II:
1. His Love [1963, SAR 145]
2. No Need To Worry [1963, SAR 140]
3. Since I Met The Savior [1962, SAR LPM-504]
4. Praying Ground [1963, SAR 140]
5. Amazing Grace [1962, SAR LPM-504]
6. Free At Last [1963, SAR 145]
7. Something Here Inside [1962, SAR LPM-504]
8. Time Brings About A Change [1962, SAR LPM-504]
9. Joy In My Soul [1962, SAR LPM-504]
10. Where Jesus Is [1962, SAR LPM-504]
11. Looking Back [1964, SAR 150]
12. Oh Mary, Don't You Weep [1964, SAR 150]
13. Mother Don't Worry About Me [1964, SAR 154]
14. Lead Me To Calvary [1964, SAR 154]
15. All Over This World [Previously unreleased]
16. When The Gates Swing Open [Previously unreleased]

未発表は4曲だけだが,The Soul Stirrers の SAR の LP は,状態の良いものは「高嶺の花」そのものでしたからね。

○ The Valentinos "Lookin' For A Love: The Complete SAR Recordings" [abkco 8257-2]
1. Somebody's Wrong - The Womack Brothers [1961, SAR 118]
2. Couldn't Hear Nobody Pray - The Womack Brothers [1962, SAR 123]
3. Looking For A Love [1962, SAR 132]
4. Darling Come Back Home [1963, SAR 137]
5. I'll Make It Alright [1963, SAR 137]
6. I've Got A Girl [1964, "Sam Cooke's SAR Records Story"]
7. Tired Of Living In The Country [1964, SAR 152]
8. Don't Go Away [1964, Previously unreleased]
9. She's So Good To Me [1963, SAR 144]
10. Baby, Lots Of Luck [1963, SAR 144]
11. It's All Over Now [1964, SAR 152]
12. I've Got Love For You [1962, "Sam Cooke's SAR Records Story"]
13. Rock In The Cradle Of Love [1964, Previously unreleased]
14. Somewhere There s A Girl [1962, SAR 132]
15. Sugar Dumpling [1964, Previously unreleased]
16. Bitter Dreams [1964, SAR 155]
17. Everybody Wants To Fall In Love [1964, SAR 155]
18. Put Me Down Easy [1964, Previously unreleased]
19. To Show My Love [1964, Previously unreleased]
20. Shakin' This Way And That (Lassie) [1964, Previously unreleased]
21. Tired Of Living In The Country [1962, Previously unreleased]
22. Yield Not To Temptation - The Womack Brothers [1961, SAR 118]
23. Somewhere There's A God - The Womack Brothers [1962, SAR 123]

未発表が7曲も・・・,しかも 'Sugar Dumpling' や L.C. の 'Put Me Down Easy' も歌っている (^^♪
'Tired Of Living In The Country' の未発表バージョンというのも気になる。

もちろん,SAR にはまだまだ貴重な音源がいっぱい残っているので,さらなる発掘を期待したい。
abkco を儲けさせるのは,少々癪だが・・・(^_^;)
2014年12月16日 01時59分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1579/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月15日(月)
Ronnie Milsap "Summer Number Seventeen"
Ronnie Milsap "Summer Number Seventeen" [Legacy/Sony 88843017432]

1. Summer Number Seventeen (Joe Hunter, Sam Hunter)
2. It's All in the Game (Gen.Charles G.Dawes, Carl Sigman)
3. Personality (Harold Logan, Lloyd Price)
4. Tears on My Pillow (Sylvester Bradford, Al Lewis)
5. What Becomes of the Broken Hearted (William Weatherspoon, James Dean, Paul Riser)
6. You Make Me Feel Brand New (Thom Bell, Linda Creed)
7. Mack the Knife (Mark Scheibe)
8. Mustang Sally (Bonny Rice)
9. Georgia on my Mind (Hoagy Carmichael)
10. I Can't Help It (If I'm Still in Love with You) (Hank Williams)
11. Make Up (Chuck Jones, Nikki Williams)
12. Lost in the Fifties Tonight (Fred Paris, Troy Seals, Mike Reid)

Ronnie Milsap の新作。6. と 11. は Mandy Barnett という女性シンガーとのデュエット。
ただし,アルバム最後の 'Lost in the Fifties Tonight' は,自身でヒット[1985, Country Singles: 1] させた曲がそのまま収録されている。録音し直すつもりだったのかもしれないが,過去のバージョンが完璧すぎたにちがいない。
Ronnie Milsap-Lost In The Fifties Tonight @Youtube
http://youtu.be/MJ_bkuAZD8A

 むせび泣いているサックスは Jim Horn。 曲中で歌われている 'In The Still Of The Night' は,Doo Wop の名曲中の名曲[1956, R&B Singles: 3, Hot 100: 24]。
The Five Satins - In The Still Of The Night - 1956 @Youtube
http://youtu.be/_DlMHoOZ4Qg


1. と 11. は,このアルバムのために書かれた新曲のようだが,2.〜 10. は Ronnie Milsap(1944-) が若い頃のヒット・ソング。スタンダード化して,いろいろなシンガーがカバーしている曲もあるが,彼がジャケ写のようなラジオで聞いていたと思われるのは ↓
2. The Four Tops [1970, R&B Singles: 6, Hot 100: 24]
3. Lloyd Price [1959, R&B Singles: 1, Hot 100: 3]
4. Little Anthony and the Imperials [1958, R&B Singles: 2, Hot 100: 4]
5. Jimmy Ruffin [1966, R&B Singles: 6, Hot 100: 7]
6. The Stylistics [1974, R&B Singles: 5, Hot 100: 2]
7. Bobby Darin [1959, R&B Singles: 6, Hot 100: 1]
8. Wilson Pickett [1967, R&B Singles: 6, Hot 100: 23]
9. Ray Charles: [1960, R&B Singles: 3, Hot 100: 1]
10. Linda Ronstadt [1975, Country Singles: 2]

Ronnie Milsap と言えば,Country のチャートで数多くのヒット曲を持つシンガーとして知られているが,このアルバムで歌われているのは R&B チャートでもヒットした曲がほとんど。

米アマの Customer Reviews で,このアルバムに ☆ 1つしか与えていないのはおそらくカントリーのファン。そういう人にとっては ’Mustang Sally’ などを荒々しくシャウトする Ronnie Milsap は論外なのだろう。
もっとも彼は,Huey P.Meaux のレーベルからデビューした頃(1963) は,本人も周囲も an R&B singer のつもりだったし・・・
● "The Crazy Cajun Recordings" [Edsel NESTCD 909] -1998

カントリーの聖地とも言える Grand Ole Opry でストーンズの 'Honky Tonk Women' を歌ったりもしているのだが・・・(^_^;)
13 Honky Tonk Women Milsap Live 1976 Grand Ole Opry @Youtube

収録曲の内 My Favorite は 'What Becomes of the Broken Hearted'。マイナーなソングライターのためか,あまり Motown 臭がしないので,お気に入り。
Ronnie Milsap What Becomes of the Broken Hearted with lyrics @Youtube
http://youtu.be/uZ_31HkubdQ

 3分前後から高音の伸びを活かして盛り上げていくあたりは,Ronnie Milsap ならでは・・・(^^♪

その曲と 'You Make Me Feel Brand New' は,Rod Stewart "Soulbook" と共通していた。世代が似ている(Rod 1945-, Ronnie 1944-) ので同じような曲になじんでいたのだろう。


今年は,RCA 時代のアルバムのコンプリート集も発売された (^_^)v
◎ "The RCA Albums Collection (21 CDs)" [RCA/Legacy 88875008042] -2014
 円安のために,ぼくが購入した発売当初より2割以上も値上がりしている・・・(^_^;)
こんな風に,Sam Cooke のこの時代のコンプリート集がリリースされるのは,いったい,いつ・・・(T_T)


2014年12月15日 17時32分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1578/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月12日(金)
My BEST 10 CDs in 2014
ちょっと気が早いけれども,今年の My BEST 10。
CD としては未入手のアルバムが1セットあるが,それは BEST 10 入りが確定している。

2014年に入手した2014年リリースの CD(リイシュー,編集盤も含む) の内,My BEST 10 CDs in 2014 は,以下の通り。

◎ Otis Clay "LIVE! (2 CDs)" [Victor VICP-65281]
 現時点では未入手で CD としては聴いていないけれども,LP では愛聴していた。初来日(1978)時の Otis Clay は,大阪で見ている。
過去に一部が CD 化されたことはあったが,今回のセットはオリジナルの LP そのまま。
今年は,彼の Hi 時代のシングル集も日本盤としては初めて CD 化された。
 ● "The Complete Otis Clay On Hi Records (2 CDs)" [Hi/Cream HEXD 49]
 ◎ "The Hi Records Single Collection" [Hi/Solid CDSOL-5079]

● L.C. Cooke "The Complete SAR Records Recordings" [abkco 5050-2]
 abkco には,抱え込んでいる SAR/Derby 関連の音源の完全なリイシューを,来年こそ実現していただきたい・・・m(_ _)m
・・・早速,↓ が来年早々にリリースされるというニュースが \(^o^)/
 ○ The Valentinos "Lookin' For A Love: The Complete SAR Recordings" [abkco ]
 ○ The Soul Stirrers "Joy In My Soul: The Complete SAR Recordings" [abkco ]


● Falcons, The "The Definitive Falcons Collection - The Complete Recordings (4 CDs)" [History Of Soul SOUL20]
● V.A. "Bring It On Home: Black America Sings Sam Cooke" [ace CDCHD 1420]
● V.A. "Soul City Los Angeles - West Coast Gems from The Dawn of Soul Music (2 CDs)" [Fantastic Voyage FVDD192]
 英 ace/Kent や History Of Soul,Fantastic Vaoyage のほか,米 Real Gone Music のようなリイシュー専門のレーベルには,来年も貴重な音源の発掘を期待しております・・・m(_ _)m


◎ Bryan Ferry "Avonmore" [BMG 859381012153]
 Bryan Ferry の新作。
1曲目のイントロで,音の断片をコラージュのようにまとめ上げて Bryan の歌になだれ込んでいくあたりで,もう昇天してしまう・・・(^^♪
Bryan Ferry - Loop De Li @Youtube
http://youtu.be/6a0_ko3Vr68


◎ Lucinda Williams "Down Where The Spirit Meets The Bone (2 CDs)" [Highway 20 H2 001]
 Lucinda Williams の新作。
亡くなってしまった Ian McLagan が一部の曲に参加しているが,プロデューサとしてもクレジットされた Greg Leisz が大活躍するギター・アルバム。

● Ronnie Milsap "Summer Number Seventeen" [Legacy/Sony 88843017432]
 Ronnie Milsap の新作。
最後に '85 年のバージョンがそのまま収録された 'Lost In The Fifties Tonight' のコンセプトをそのままアルバムとして拡大したもの。
Ronnie Milsap にとっての「ナツメロ」のカバー集。

● Joe Henry "Invisible Hour" [WorkSong WSD0022CD]

● V.A. "Looking Into You - A Tribute to Jackson Browne (2 CDs)" [Music Road MRR CD 018]
2014年12月12日 20時18分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1577/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月11日(木)
Warren Haynes Live At the Moody Theater
Warren Haynes Band "Live At The Moody Theater (2 CDs + DVD)" [Stax STX-33389-00]

Ian McLagan が亡くなったという知らせを聞いて,彼が参加しているセッションを探していて見つけたアルバム。

Warrenn Haynes(1960-) は,1989年に Allman Brothers Band が再結成したときにメンバーに加わったギタリストなのだそうだ。
表題のアルバムは,Warren Haynes Band 名義では初めての作品(2012) で,その収録曲の内3曲に Ian McLagan が参加していた。
残念ながら,↓ の演奏には加わっていなかったが・・・。
Warren Haynes Band - A Change Is Gonna Come @Youtube
http://youtu.be/SeGEhkAv7_Q

 Youtube には,これ以外にも彼が 'A Change Is Gonna Come' を歌っている動画が複数アップされている。

Stax からリリースされているだけあってアルバム全体の印象は,かなりソウル色が強い。コーラスの部分などにはゴスペルからの影響もうかがえる。
このライブでは William Bell の ↓ も歌っていて,こちらには Ian McLagan が参加している。
Warren Haynes Band - Everyday Will Be Like A Holiday @Youtube
http://youtu.be/RezBz0Biws8


過去のアルバムでは,Otis Redding の ↓ も歌っていた。
WARREN HAYNES-I'VE GOT DREAMS TO REMEMBER-BONNAROO 6/15/2003 @Youtube
http://youtu.be/HQx7HzeHmO0



Ian McLagan は,最近愛聴している Lucinda Williams の新作にも参加していて,元気でがんばっているのだな・・・と思っていたのに・・・(T_T)
これでもうほんとうに Faces の再結成が実現不可能になってしまった・・・(ToT)


2014年12月11日 13時08分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1576/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月10日(水)
"Buffalo Springfield Box Set"
Buffalo Springfield "Buffalo Springfield Box Set (4 CDs)" [ATCO/Rhino 8122797321]

2001年に発売されたボックス・セットのパッケージを簡素にして,2013年にリリースされた廉価盤セット。

今年もこういう安価なボックスセットを購入することが多かった。「いったいいつ聞くんや?」と自問自答してしまうほどに・・・(T_T)
Fire HD 6 のために無料本も大量に購入した。「いったいいつ読むんや?」と自問自答してしまうほど・・・(ToT)
にもかかわらず,相変わらずぐうたらでだらしない生活を送って時間を無駄にしている自分が情けなくなってくる・・・(TOT)

□ 『アトランティック・レコードを創った男 アーメット・アーティガン伝』(ロバート・グリーンフィールド 著,野田恵子 訳,スペースシャワーブックス 発行)
 ↑ によると,「1967年1月9日,ブロードウェイ1841番地のアトランティックのスタジオで,バッファロー・スプリングフィールドはニール・ヤングの『ミスター・ソウル』を録音した。」

当時,彼らのマネージメントをしていたブライアン・ストーンの証言によると,「そのセッションにはオーティス・レディングも同席していた。『すげえじゃねえか,その曲,好きだぜ。俺が録音したい。俺がその曲やるよ』と言っていたよ」。
Otis はそれから1年も経たないうちになくなっていて実際に録音した記録は残っていないが,単なる社交辞令だった可能性も・・・?

'Mr. Soul' の収録されたアルバム "Buffalo Springfield Again" のアルバムの裏ジャケには彼らが influence and inspiration を受けた人物がリストアップされていて,その中には Otis Redding の名前もあった。

Buffalo Springfield - For What It's Worth / Mr Soul @Youtube
http://youtu.be/BWTqj5lvkFs



今日は,Otis Redding (1941-1967) の命日。このブログを始めて彼の命日を迎えるのは,もう10回目。

今年発売されたボックス・セット "King Of Soul (4 CDs)" に新たな発見でもあればともかく,命日の記事 ↓ 以外にもいろいろと書いているので,もう,こんな「小ネタ」しか残っていない・・・(^_^;)
2013 ● Otis Redding "The Immortal Otis Redding" [Atco WPCR-27559]
2012 ● Otis Redding "The Soul Album"
2011 ● Otis Redding "Complete & Unbelievable: The Otis Redding Dictionary of Soul"
2010 ● Otis Redding "Original Album Series"
2009 ● V.A. "Guitar Workshop - Tribute to Otis Redding"
2008 ● Otis sings Sam. [Revised]
2007 ● Otis sings Sam.
2006 ● Otis Redding & Carla Thomas "King & Queen"
2005 ● Otis Redding "Live in Europe"
2014年12月10日 18時25分 | 記事へ | コメント(4) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1575/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月09日(火)
Muscle Shoals Sound Studio
"Muscle Shoals Sound Studio - How The Swampers Changed American Music" Carla Jean Whitley [History Press ]

紙の本で購入済だったのだけれども,読んでいて Pete Carr の名前があるのに索引には出ておらず,Kindle 本だと索引が無くても「検索機能」が使えることは Little Willie John の伝記本 で体験済みだったので,もったいないと思いつつ,Kindle 本でも購入した。
Pete Carr で検索しても,本文中に登場するのは1箇所だけだったが,巻末の Bibliography 中の Websites and Blogs で紹介されている彼のホームページ( http://www.playthatguitar.com/ ) に,紙の本と違ってリンクをクリックするだけでアクセスできる・・・(^_^)v

米アマの Customer Reviews で指摘されている 'Buffalo Springsteen' という単純なスペルミスは Kindle 本では修正されていた。(著者は女性で,おそらく Bruce Springsteen のファン?)
もう一つ指摘されている Skyman はミスではなく,Wilson Pickett が Duane Allman のことを Sky Man と呼んだのは事実で,元々のニックネーム 'Dog' と 'Sky Man' をミックスして ’Skydog' と呼ばれるようになったのだそうだ。
□ "Skydog: The Duane Allman Story" Randy Poe [Backbeat Books ] 
 ↑ も Kindle 化されているので,円安が落ち着いてそのうち円が高くなったら・・・(^_^;)

「ミス」を指摘している Customer でも ☆ 4つの評価を与えていて,内容はなかなか面白く,しっかりとした取材に基づいて書かれているようだ。
初代 Muscle Shoals Sound Studio の建物についても,かなり具体的な記述がある。
最初に建設されたのは '40 年代の半ばで,その後エアコンなどの設備が追加された以外,基本的な構造はほとんど変化していないそうだ。
細長い平屋のように見えるけれども2階には事務室が2部屋あり,地下には echo chamber が小さいながらも2部屋あったらしい。

紙の本の「索引」には取り上げられていないが,個人的に興味のある Bevis Recording Studio についても,Bevis で検索すると記述のあることが確認できる。
Fred Bevis という人物がスタジオを始めるときにセットアップを手伝ったのは Jimmy Johnson。Roger Hawkins とも友人関係にあり,Fred Bevis が奥さんに音楽業界から手を引くように頼まれたとき,Jimmy と Roger にスタジオの購入を持ちかけたのだそうだ。二人は Barry Beckett と David Hood にも声をかけ,Jerry Wexler に資金を提供してもらった結果が,Muscle Shoals Sound Studio の設立・・・ということらしい。
Bevis Recording Studio では4トラックのデモテープが録音されたことになっているが,↓ の収録曲の内 'I Just Came To Get My Baby (Out Of Jail)' (Arr. by Travis Wammack-Moses Dillard-Papa Don) / 'Baby Come On Home' (Arr. by Travis Wammack) のシングル[1968, Amy 45 11,022] については,そのスタジオで録音されたことがはっきりしている。
◎ Mighty Sam "Papa True Love : The Amy Sessions" [AMY/Sundazed SC 11083] -2000
 もちろん,当時 Mighty Sam は Fame でも録音していたわけだから,Rick Hall も Bevis Recording Studio の存在を知っていたと思われるが・・・?

Recording Studio になる以前の用途について,Peter Guralnick "Sweet Soul Music" では an old casket factory とされていたが,この本では a former Gibson Blind Factory という記述がある。
'40年代の半ばに建てられた建物なら,20数年の間に何度も所有者が変わり用途が変更されていたとしても不思議ではないが・・・。

Muscle Shoals の関連本としては,↓ も面白そうだ。Kindle 化されているので,そのうち・・・。円が高くなれば,すぐにでも購入したいが,なかなか・・・(^_^;)
□ "Muscle Shoals: The Hit Capital's Heyday & Beyond" CV.S. Fuqua [WindPoem Creative ]


2014年12月9日 20時52分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1574/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年12月08日(月)
Muscle Shoals 黄金のメロディ マッスル・ショールズ
『Muscle Shoals 黄金のメロディ マッスル・ショールズ [DVD]』 [PCBE-54344]

「黄金のメロディ」というタイトルについては,どうしても違和感を覚えるのだが・・・。

■ "Muscle Shoals [DVD]" [Magnolia 10634]
 ↑ の日本版。付属のブックレットは,映画上映時のパンフレットのほぼ縮刷版。レイアウトが一部変更されているけれども,内容は同じ。
米版にあった英語字幕や Greg "Freddy" Camalier 監督による Commentary は削除されているが,「オリジナル音声」と,Rick Hall, Jimmy Johnson, David Hood and Spooner Oldham による「コメンタリー音声」については,日本語字幕が追加された。

Special Features 中の「未公開シーン&インタビュー(Deleted Scenes & Interviews)」は,米版では ”Additional Scenes & Interviews” とされていたものと同内容。これにも日本語字幕が追加されているのだが,各シーン(Aretha "Call Me" Session, Candi Staton, Donnie Fritts, Harvey Thompson, Muscle Shoals Montage, Recording in Muscle Shoals, Spooner Oldham, Swampers & Rick Reunion) がチャプターに分割されていないのは,ちょっと不親切。
23分過ぎから始まる "Swampers & Rick Reunion" は,本編の1時間39分あたりで再会した Jimmy Johnson, Roger Hawkins, David Hood と Rick Hall が,その直後に行った対談。本当に久しぶりだったらしく,緊張感が漂っている。お互いがお互いを認め合い,賞賛し合ってはいるものの,Rick Hall 以外の3人の表情は硬く,少々ぎこちないように感じてしまうのは,気のせいか・・・?

米版でも英語字幕のおかげでおおよその内容は理解できていたものの,コメンタリーについてはリスニング能力が貧弱なためもどかしい思いをしていたので,日本語字幕が追加されたのはありがたかった。
コメンタリーの録音は,映画の完成後しばらくしてから行われたらしく,「未公開シーン」にあった対談よりはかなりリラックスした雰囲気で会話が進んでいる(Roger Hawkins の代わりに Spooner Oldham が参加しているのは,Roger の体調が悪かったのだろうか?)。
その内容は非常に興味深いものばかりだったけれども,Rick Hall は,プロデューサとして成功したのはミュージシャンやソングライターなどスタッフの協力があったからこそだ・・・と話し,非常に謙虚な態度をとっている。今,謙虚になればなるだけ,当時どれだけ傲慢だったかがしのばれる・・・(^_^;)

来年には Rick Hall の自伝本が出版されるらしい。
□ "The Man from Muscle Shoals: My Journey from Shame to Fame" Rick Hall [Heritage Builders ]
 現在ハードカバーが,米アマで $24.89 に対して,日アマでは \4,734 。いくら円安でも・・・(T_T)
Kindle 化されれば読んでみたいが,それまでに円高に移行する可能性はあるだろうか・・・?されたので入手済み。
「はしがき」を書いているのは,Peter Guralnick。

Muscle Shoals Sound Studio については,今年 ↓ のような本が出版され,こちらは既に Kindle 化されている。
■ "Muscle Shoals Sound Studio: How the Swampers Changed American Music" Carla Jean Whitley [The History Press ]
2014年12月8日 15時16分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1573/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年11月27日(木)
Little Willie John's Fast Life, ...
"Fever: Little Willie John's Fast Life, Mysterious Death, and the Birth of Soul: The Authorised Biography" Susan Whitall [Titan Books]

Little Willie John の伝記本。
2011年にハードカバーが発行された際にペーパーバックとしても発売される予定があったので予約注文していたがなかなか発売されず,やきもきしていたところ,Fire HD 6 のおかげで Kindle 版が読めるようになった。

FEVER: Little Willie John's Fast Life, Mysterious Death, & The Birth Of Soul @Youtube
http://youtu.be/0BxVOmBGTfo


著者の Susan Whitall は,'Women of Motown: An Oral History (For the Record)' という本も書いていて,その取材中に Mable John( Motown にも Stax にも録音が残っている,Little Willie John の長姉) と親しくなり,彼女の甥である Kevin John とも知り合うようになったことが,本書のきっかけだったそうだ。

Little Willie John - Rock and Roll Hall of Fame @Youtube
http://youtu.be/fw9r6Q_Nt4A

 1996年,Rock and Roll Hall of Fame に Little Willie John が殿堂入りしたとき,授賞者を務めた Stevie Wonder が序文を書いている。

紙の本のような索引は付いていないが,「検索機能」が使える (^_^)v
'Sam Cooke' の検索結果は27件。Sam が殺されたという知らせを聞いた後,Little Willie John は何度もレコードを聴きながら泣いていたそうだ。
息子の Kevin John によると,"Myt father really loved Sam Cooke, as an artist and a friend. It's one of the few times in my life that I can remember my father being sad, actually crying."

James Brown で検索すると,"A lot of what James Brown did, he got from Willie."
JB は Little Willie John の死後,トリビュート・アルバムをリリースしている。
○ James Brown "Thinking About Little Willie John And A Few Nice Things" [Universal Music ]
 ↑ CD 化はされていないが,MP3 で入手可能になっている。ただ,試聴するかぎりでは食指は動かない。Little Willie John の歌の上手さに比べると,JB の歌は・・・。
このアルバムの半分がインスト・ナンバーになっているのは,JB が,自分は Little Willie John のように歌えないことに気が付いたからに違いない・・・というぼくの妄想はあながち的外れではないように思うのだが・・・。
むしろ,インスト曲のほうが「余計なもの」が入っていないだけ楽しめそうだ・・・(^_^;)

B.B. King は好きな歌として,'Talk To Me' 'Let Them Talk' と並んで,'Now You Know' を挙げていた。


Little Willie John が歌った曲のほとんどは CD 化されている。→ LW_John.xls

この本を読みながら,彼が残した楽曲を聴いていると,その「上手さ」に改めて舌を巻く。
スローなバラードからダンサブルなジャンプ・ナンバーまでどんなタイプの歌もそつなくこなすことができ,華麗な節回しと絶妙なタメ・ツッコミを駆使して,溢れんばかりの感情を込めて歌う・・・彼の歌の上手さは,Sam Cooke にも尊敬されていたほど。

2014年11月27日 22時26分 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 / CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1572/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年11月12日(水)
Black America Sings Sam Cooke
Various Artists "Bring It On Home: Black America Sings Sam Cooke" [ace CDCHD 1420]

<11月12日 記>
本日,届きました。
The Falcons 'Pow! You're In Love' も含む,全24曲収録。25日に発売される日本盤は「全23曲収録」・・・(?_?)

4. "Otis Blue" 収録のスタジオ・バージョン(モノラル)。ただし,これまでに CD 化されたものに比べると数秒長い。
5. 手元にある "Birth of SOUL vol. 1" に収録されているものより30秒ほど長いモノラル・バージョン。
9. Specialty 時代の録音で Sam Cooke 在籍時のバージョン。
13. 手元にある CD 収録のバージョンより10秒ほど長い。
14. ライナーノート(Tony Rounce) によると,Mickey Buckins and Sonny Limbo がプロデュースした Muscle Shoals 録音(1976)。
17. 手元にある CD 収録のものより20秒ほど短いモノラル・バージョン。
23. Diana Ross ではなく Florence Ballard が歌っていることは分かっていたがライナーによると,もうこの時点(1965) で Detroit ではなく West Coast で録音されていて,バックのミュージシャンには Sam Cooke のセッションと共通するメンバーが数人含まれていたらしい。手元にある CD 化されたバージョンより10秒以上長い。


<9月17日 記>
以前,"Hard To Handle: Black America Sings Otis Redding" がリリースされたとき,Sam Cooke が後回しにされたような気がして,Sam のカバー曲集を自分なりに ”Black America Sings ...” というくくりで選曲してみたことがある。
☆ V.A. "Black America sings Sam Cooke"

11月初めにリリースが予定されている表題のアルバムは,さすがに 英 ace らしい,ぼくの選曲よりかなりひねりの効いた編集になっている。
収録内容は 英 ace のサイトによると,以下の通り。発売までに変更される可能性は少なくない・・・?

1. Having A Party - The Ovations
 ● The Ovations "Hooked On A Feeling / Having A Party - Featuring Louis Williams" [Kent CDKEND 311]
2. Rome (Wasn't Built In A Day) - Johnnie Taylor
 ● V.A. "Soul City Los Angeles (2 CDs)" [Fantastic Voyage FVDD192]
3. You Send Me - Percy Sledge
 ◎ Percy Sledge "The Atlantic Recordings (4CDs)" [Rhino/Atlantic RHM2 526138]
4. Shake - Otis Redding
 ● Otis Redding "Otis Blue / Otis Redding Sings Soul" [Atlantic WPCR-25207]
5. The Sound Of My Man (Chain Gang) - Theola Kilgore
 ◎ V.A. "Birth of SOUL vol. 1" [Kent CDKEND 123]
6. I'm Gonna Forget About You - Bobby Womack
 ● Bobby Womack "Everything's Gonna Be Alright (2 CDs)" [Charly 655 X]
7. When A Boy Falls In Love - Mel Carter
 ◎ V.A. "Sam Cooke's SAR Records Story (2 CDs)" [SAR/abkco 2231-2]
8. Bring It On Home To Me - Eddie Floyd
 ◎ Eddie Floyd "The Best Of EDDIE FLOYD" [stax CDSX 010]
9. That's Heaven To Me - The Soul Stirrers
 ◎ The Soul Stirrers "Tribute To Sam Cooke" [Chess/MCA 767 429 536-2]
 ● Sam Cooke with The Soul Stirrers "The Complete Specialty Recordings (3 CDs)" [Specialty 3spcd-4437-2]
10. Cupid - R B Greaves
 ● R.B. Greaves "R.B. Greaves" [Atlantic AMCY-2930]
11. Dance What You Wanna - The Miracles
 ○ The Miracles "The Miracles Doin' Mickey's Monkey" [Tamla TS 245] -1963
12. I'll Come Running Back To You - Roy Hamilton
 ◎ Roy Hamilton "Soft 'n' Warm / Mr. Rock And Soul" [Collectables COL-CD-7516]
13. I'm Alright - Little Anthony and the Imperials
 ◎ Little Anthony & the Imperials "The Best of Little Anthony & the Imperials" [Rhino R2 70919]
14. Wonderful World - Johnny Nash
 ● Johnny Nash "Superhits" [Sony 5174762]
15. Love You Most Of All - The Persuasions
 ○ The Persuasions "We Still Ain't Got No Band" [MCA 326] -1973
16. Pow! You're In Love - The Falcons
 ○ The Falcons 'Workin' Man's Song'/'Pow! You're In Love' [United Artists UA 289] -1961
 ● Falcons, The "The Definitive Falcons Collection - The Complete Recordings (4 CDs)" [History Of Soul SOUL20] -2014
17. A Change Is Gonna Come - Brenton Wood
 ● Brenton Wood "Baby You Got It - The 1960's Anthology (2 CDs) [Original Sound OSCD 9356]
18. Nobody Loves Me Like You Do - The Flamingos
 ◎ The Flamingos "The Best Of The Flamingos" [Rhino R2 70967]
19. Somebody Have Mercy - Willie Hightower
 ● Willie Hightower "Willie Hightower" [Honest Jons 07243 863429 2 8]
20. Win Your Love For Me - Lou Rawls
 ■ Lou Rawls "Bring It on Home" [Capitol ST-479]
21. The Smile - The Simms Twins
 ● V.A. "Soul City Los Angeles (2 CDs)" [Fantastic Voyage FVDD192]
22. Good Times - Aretha Franklin
 ● Aretha Franklin "I Never Loved a Man the Way I Love You (+Bonus)" [Atlantic/Rhino R2 71934]
23. Ain't That Good News - The Supremes
 ● The Supremes "We Remember Sam Cooke" [Motown MOTD-5495]
24. Soothe Me - Sam And Dave
 ◎ Sam & Dave "Double Dynamite" [Atlantic 7 80305-2]

Otis Redding 'Shake' のように,同じアーティストでもスタジオとライブなど複数のバージョンがあるものもある。
11. は,過去に CD 化されたことがあったが廃盤になり,プレミアが付いているけれども MP3 で購入可能のようだ。
15. 16. 20. は,初 CD 化のはず。

20. は,Fame Gang がミュージシャンとしてはっきりとクレジットされている数少ないアルバムの一つなので,アルバム単位での完全なリイシューを期待したい・・・m(_ _)m
2014年11月12日 20時20分 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK / COVERs of Sam Cooke / Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1551/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年11月02日(日)
Rita Cooledge "Out of the Blues"
Rita Cooledge "Out of the Blues" [Kaigan KGCW-2]

1. Mean to Me (Fred E. Ahlert, Roy Turk)
2. Am I Blue (Grant Clark, Harry Akst)
3. Hallelujah, I Love Him So (Ray Charles)
4. Stormy Monday (Aaron "T-Bone" Walker)
5. For the Good Times (Kris Kristofferson)
6. Black Coffee (Sonny Burke, Paul Francis Webster)
7. Bring It on Home to Me (Sam Cooke)
8. Nobody Wins (Kris Kristofferson)
9. The Man I Love (George Gershwin, Ira Gershwin)
10. When the Night Rolls In (Brenda Russel, Rick Wayland, Sally Dworksky)
11. Out of the Blues (Rita Coolidge, Tim Veazey)

ジャズ,ソウル,ブルースのスタンダード曲のカバーを中心に構成された Rita Coolidge のアルバム。

1996年にリリースされているが,録音されたのは一部(10. 11.) を除いて1975年のこと。
当時,Kris Kristofferson とのデュエットでカントリーのチャートではかなり人気があったものの,それらのサウンドとあまりにもかけ離れていたために,レコード会社にお蔵入りにされてしまったのだそうだ。
ただし,1. 2. のみ "It's Only Love"(1975) に収録され,その他の曲も日本だけでレコード ”The Good Old Days”(1984) がリリースされたらしい。

姉の Priscilla と Booker T. Jones 夫妻に,せっかく録音したアルバムの発表を見送ったレコード会社に対する不満をこぼしていると,その場に居合わせた Willie Nelson が,このアルバムのコンセプトを気に入って借用し,同じようにスタンダード・ナンバーのカバーを集め,Booker T. Jones にプロデュースをまかせて録音したのが,↓ だった。
◎ Willie Nelson "Stardust (+2)" [Columbia COL 495245 2]


Barbara Carrol という Jazz のピアニストと出会ったことが,このアルバムのきっかけになったそうで,ブルースやソウルの名曲も Jazzy なアレンジで歌われている。
Bring it om Home to Me.- Rita Coolidge @Youtube
http://youtu.be/eGBGI5VbgkA



2014年11月2日 00時46分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 / COVERs of Sam Cooke |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1568/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年10月29日(水)
Ben Waters "Boogie 4 Stu"
Ben Waters "Boogie 4 Stu: A Tribute To Ian Stewart (+2)" [Ward VQCD 10270] -2011

1. Boogie Woogie Stomp (Albert Ammons)
2. Rooming House Boogie (Amos Milburn)
3. Worried Life Blues (Maceo Merriweather)
4. Boogie For Stu (Ben Waters, Jools Holland)
5. Make Me A Pallett On Your Floor (Trad. Jimmy Yancy)
6. Midnight Blues (Trad.)
7. Lonely Avenue (Doc Pomus)
8. Watchin The River Flow (Bob Dylan)
9. Roll 'Em Pete (Joe Turner, Pete Johnson)
10. Suitcase Blues (Albert Ammons)
11. Bring It On Home To Me (Sam Cooke)
12. Kidney Stew (Eddie Vincent)
13. Chicago Calling (Cyril Davies)

ストーンズ・ファンには the sixth stone として 「スチュ(Stu)」 の愛称で親しまれている Ian Stewart(1938-1985) に捧げられた トリビュート・アルバム
2011年のリリース。12. 13. は日本盤のみのボーナス・トラック。

Ben Waters - Boogie 4 Stu Teaser @Youtube
http://youtu.be/C1F0FBxultI


「息子が死んだのを別にすりゃ,スチュの死は俺にとって最大の打撃だった。」 (キース・リチャード自伝 『ライフ』 棚橋志行 訳,楓書店 発行)
「今でも時折,誰かが訊ねる,『スチュはこれをどう思うかな?』。キースにとっては,いつだってそれが判断基準なのだ。」 (ロン・ウッド自伝 『俺と仲間』 五十嵐正 訳,シンコーミュージック 発行)
「そこ[葬式] でチャーリーがキースに向かって 『これから誰が俺達を怒鳴りつけてくれるってんだ?』 と言った瞬間を私は今でも鮮明に覚えている。」(チャック・リーヴェル 『ロック・アンド・ホーム・プレイス』 南陽一郎 訳,レインボウブリッジ 発行)

当然,ストーンズのメンバーもゲスト参加しており,チャーリー(3.〜 6. 8. 9. 12.),キース(3. 8. 9.),ロニー(3. 8. 9.),ミック(8.) に,ビル(2. 8. 9.) まで加わっていて,ディランの 'Watching The River Flow' では,久しぶりに5人そろって演奏していた。
Ben Waters - Watching The River Flow (Boogie 4 Stu) ~ Audio @Youtube
http://youtu.be/GhXfVln6Wws


Ben Waters(1974-) は,9歳のときにスチュの演奏を聴いてピアニストとしての道を歩み始めたのだそうだ。
日本盤には Ben Waters 自身による英文ライナーの邦訳のほかに,インタビューや日本語解説(山崎智之),歌詞対訳も掲載されている。

スチュが得意としていた Boogie Woogie や Blues の定番曲が並ぶ中で,意外だったのが 'Bring It On Home To Me' のカバー。
その曲は,Montreux Jazz Festival (1984) でのライブで,Ian Stewart のグループ Rocket 88 によってブギにアレンジされていた。
Bring it on Home to Me @Youtube
http://youtu.be/dfXngQxX8Gc


このアルバムの発売を記念したプロモート・コンサートも行われていて,そこではオリジナルに近いアレンジで演奏されている。
'BOOGIE FOR STU" - "BRING IT ON HOME TO ME" ,"LITTLE QUEENIE"-9 MARCH 2011- @Youtube
http://youtu.be/jsmoSIq68JM

 ↑ ギターは Mick Taylor と Ron Wood。ボーカルの Mick Hucknall は Faces の再結成にも参加したらしいが,やはりロッドに比べると・・・。

2014年10月29日 19時21分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 / COVERs of Sam Cooke |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1563/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年10月23日(木)
The Definitive Falcons Collection
The Falcons "The Definitive Falcons Collection - The Complete Recordings (4 CDs)" [History Of Soul 020]

<10月23日 追記>
CD4枚組で全114曲。
未発表だった曲やデモ曲に加えて,The Falcons がコーラスに参加した曲や彼らの曲を他のシンガーがカバーしたバージョンも含まれた,The Complete Recordings というタイトルにふさわしい内容。

iTunes に取り込んでプレイリストを作り,それをエクスポートした txt を編集した xls のファイル → Falcons.xls
 ↑ には iTunes のデータと付属のブックレットの内容で異なっている部分があり,出来るだけ手直ししておいたが・・・m(_ _)m

30数ページにも及ぶブックレットの内容も素晴らしいの一言!
詳細なセッションデータも掲載されている。

Wilson Pickett のファンには必聴必携だろうし,最近 ↓ で The Contours のメンバーだった頃の楽曲が CD 化された Joe Stubbs のファンにもオススメ。
◎ The Contours and Dennis Edwards "Just A Little Misunderstanding - Rare and unissued Motown 1965-68" [Kent CDTOP 419]


<10月8日 記>
The Falcons の楽曲について,CD 化されていないものがある と書いたばかりだけれども,以前紹介したことのある History Of Soul というレーベルから,CD 4枚組のコンプリート集が10月末にリリースされるというニュースが・・・(^_^)v
http://www.historyofsoul.net/5Royales.html
 ↑ のページで,The "5" Royales の CD 2枚組3セットの下に,そのアルバムのトラック・リストが掲載されている。( "5" Royales のセットは入手済みで,その内容も貴重かつ素晴らしく,記事を書きかけてはいるのだけれども,なかなか・・・(^_^;))

The Falcons については,Relic というレーベルから3枚のアルバムがリリース(内2枚だけ CD 化) されていたものの,その後はまとまってリイシューされることが無く,2年ほど前に Jasmine から発売された CD も中途半端な内容で手が出なかったため,今回の CD 4枚組セットとしてのリリースは大歓迎・・・(^^♪
◎ The Falcons "You're So Fine" [Relic 7003]
● The Falcons "I Found A Love" [Relic 7012]

The Falcons は,今回のアルバムのジャケ写にある 'The World's First Soul Group' という形容がふさわしいボーカル・グループ。
'50 年代半ばに Detoroit で結成され,'You're So Fine'[1959, R&B Singles: 2, Hot 100: 17],'I Found A Love' [1962, R&B Singles: 6, Hot 100: 75] などのヒット曲もある。

所属していたメンバーで最もポピュラーなのは Wilson Pickett だが,創立メンバーには Eddie Floyd がいて,'Mustang Sally’ などのライターとして知られている Sir Mack Rice や,Four Tops のリード・シンガーだった Levi Stubbs の弟 Joe Stubbs も在籍していたことがある。

2014年10月23日 23時50分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK / Past MUSIC in 2014 / COVERs of Sam Cooke |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1559/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年10月21日(火)
Fire HD 6
最近ブログの更新が滞っている原因の一つになっているのが,Windows 8 搭載のモバイル・ノート(HP Pavilion Touchsmart 10) や Amazon のタブレット(Fire HD 6) の設定がなかなか上手くいかず四苦八苦していること・・・(^_^;)

3年ほど前に買ったノート・パソコン の DVD/CD ドライブが壊れてしまったものの本体はまだ十分使えるので,外付けのドライブだけ購入しようとしたら,Office 付きで5万以下という安価なモバイルノートが目に付き,ついつい手を出してしまったのが,運の尽き・・・(T_T)
タッチパネルやタッチパッドの使い方になかなか慣れることができない上に,メールは使えないし,PDF を開こうとすると突然全画面表示になるし,遅いし・・・ということで,マトモに使えるようになるまで悪戦苦闘したにも関わらず,日頃ガラケーを馬鹿にされていることもあって,日アマで発売された格安のタブレットにも手を出してしまった・・・(ToT)

モバイル・ノートでタッチパネルの操作にはまあまあ慣れてきてはいるものの,画面が小さいと太短い指では上手く入力できず,やっとアカウントが作成できたと思ったらなぜか Amazon.com に登録されてしまった・・・・(?_?)
米アマと日アマで同じ ID とパスワードを使っていると,米アマのほうが優先されてしまう・・・というユーザは,ぼく以外にもかなりいるみたい・・・(^_^;)

メールの設定とかアプリや本のダウンロードが,最初は上手くいかなくても複数回チャレンジしているうちに成功する・・・というのは,アクセスが余程集中しているのか,それとも,システムの不具合か・・・(?_?)

6インチという大きさはぼくの太短い指にもフィットするが,290g は予想していた以上に重く感じたため,ケースは使わず保護フィルムのみですませるつもり。重い分かなり頑丈な筐体になっているので少々乱暴に扱っても大丈夫そうだ。

5万弱のモバイルノートと比べても処理速度等に不満は感じられず,今のところ気になるのは「重さ」と,画面の「自動回転」の反応が良過ぎることくらい。
今後,日アマで「デジタルミュージック」を購入する機会が増えてしまいそうだ・・・(^_^;)

2014年10月21日 00時10分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| CHEAP TALK |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1561/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年10月02日(木)
Barbara Lynn "The Atlantic Recordings"
Barbara Lynn "The Complete Atlantic Recordings" [Real Gone Music RGM-0297]

1. This Is The Thanks I Get (B.L. Ozen) [Atlantic 2450] -1967
2. Ring Telephone Ring (K. Boudreaux / B. Babineaux) [Atlantic 2450] -1967
3. You'll Lose A Good Thing (B.L. Ozen) -1968
4. Take Your Love And Run (Thomas / McRee / Thomas) [Atlantic 2812] -1971
5. Maybe We Can Slip Away (Thomas / McRee / Thomas) -1968
6. Sure Is Worth It (Thomas / McRee / Thomas) -1968
7. Only You Know How To Love Me (Thomas / McRee / Thomas) -1968
8. Until Then, I'll Suffer (B.L. Ozen) [Atlantic 2812] -1968
9. You're Losing Me (B.L. Ozen) [Atlantic 2513] -1968
10. Suffern' City (Thomas / McRee / Thomas) -1968
11. Multiplying Pain (Thomas / McRee / Thomas) -1968
12. Why Can't You Love Me (Thomas / McRee / Thomas) [Atlantic 2513] -1968
13. Mix It Up Baby (B.L. Ozen) -1968
14. He Ain't Gonna Do Right (Penn / Oldham) [Atlantic 2585] -1968
15. Love Ain't Never Hurt Nobody (David Bevis) [Atlantic 2553] -1968
16. People Like Me (D. Fritts) [Atlantic 2585] -1968
17. Unloved, Unwanted Me (Unknown) [previously unreleased]
18. You're Gonna See A Lot More (Of My Leaving) (Moman / Greene / Greene) [Atlantic 2553] -1968
19. Soul Deep (Wayne Carson Thompson) [previously unreleased]
20. You Better Quit It (Thomas / McRee / Thomas) [Atlantic 2880] -1971
21. Nice And Easy (B.L. Ozen) [Atlantic 2853] -1971
22. I'm A One Man Woman (Blanche & Linda Cate) [Atlantic 2853] -1968
23. (Daddy Hot Stuff) You're Too Hot To Hold (B.L. Ozen) [Atlantic 2880] -1972
24. You Make Me So Hot (Ray & Nedra Durden) [Atlantic 2931] -1968
25. It Ain't Good To Be Too Good (B.L. Ozen) [Atlantic 2931] -1968

Barbara Lynn の Atlantic 時代のコンプリート集。
最近,この時代の LP が安価で CD 化され手軽に楽しめるようになったものの,シングルについては過去の CD が廃盤になったままだったので,コンプリート集を待ち望んでいた人はかなりいるはず。
1. 3.〜 13. の12曲が LP ↓ の収録曲。くわしい曲目リストは,→ B Lynn.xls
● "Here Is Barbara Lynn" [Atlantic/Water water239]

● "The Best of Barbara Lynn: The Atlantic Years" [Ichiban/Soul Classics SCL 2509-2] -1995
 今回のアルバムには ↑ にも収録されていなかった 'People Like Me' に加えて,当時の未発表曲が2曲も・・・(^_^)v
未発表曲の一つは The Box Tops のヒット曲[1969, Hot 100: 18]。Clarence Carter のバージョンは,Box Tops でヒットする前に録音されていて,アレンジが全く異なっている。
BOX TOPS- " SOUL DEEP" (W / LYRICS) @Youtube
http://youtu.be/FWDVeGeKuTw

Clarence Carter - Soul Deep HD @Youtube
http://youtu.be/zNmSc-mTRuM


未発表だった Barbara Lynn の 'Soul Deep' は,今回のブックレットに掲載されているデータによると,Box Tops や Clarence Carter より1年ほど前(July 1 or 9, 1968) に録音されたことになっている・・・・(?_?)
その未発表曲も含めて6曲(14.〜 19.) をプロデュースしているのは,Spooner Oldham。
以前,Ichiban で CD 化された際の録音データでは location unknown とクレジットされていたのだが,今回のデータでは Recorded at unknown location, possibly Muscle Shoals or Memphis となっている。
ライナーノート(David Nathan) 中には,likely in Memphis which had become his[=Spooner Oldham's] home base とあるけれども,当時 Spooner Oldham が Fame のセッションに参加していたという記録も残っているので,Muscle Shoals の可能性はゼロではない・・・?

● V.A. "Saturday Night At The Uptown" [Atlantic WPCR-27600]
 今回のアルバムで残念なのは,↑ に収録されていたライブ録音が含まれていないこと。
その点では,「完全」な 'Complete' ではない・・・(^_^;)
もう当時のコンサートの内容の全てを録音したテープは残っていないのだろうか・・・?
2014年10月2日 15時22分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1557/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2014年09月27日(土)
The Persuaisons sings Sam Cooke
○ V.A. "Bring It On Home: Black America Sings Sam Cooke" [ace CDCHD 1420]
 ↑ に収録される予定の The Persuasions ’Love You Most Of All’ は未 CD 化で,日アマのデジタルミュージックや iTunes Store にも登録されておらず Youtube にも見当たらなかったが,彼らは,その曲以外にもいくつか Sam Cooke の曲をカバーしている。

10曲中4曲が Sam Cooke のカバーというアルバムは,紹介済み。
● "Good News" [Rounder CD 3053]
 1. Ain't That Good News
 2. Cupid
 3. Soothe Me
 5. I'll Come Running Back To You

他にも,1曲ずつだが Sam のカバーが収録されているアルバムがある。
◎ "Chirpin'" [Elektra 1099-2]
 8. Win Your Love (For Me)

◎ "We Came To Play" [CEMA/Collectables COL-CD-5234]
 1. Chain Gang

◎ "Right Around The Corner" [BULLSEYE/Rounder BB 9556]
 4. That's Heaven To Me
 ↑ は,1970年にリリースされた彼らのデビュー・アルバム。
メンバーの入れ替わりはあるもののまだ現役で活動しており,Youtube にはかなりの動画がアップされていて,'Chain Gang' は2種類のバージョンを楽しめる。
Chain Gang- Persuasions @Youtube
http://youtu.be/71yQQRSFeC8


120324 Persuasions-ChainGang.MOV @Youtube
http://youtu.be/qcK2g_WEeAU


デビューのきっかけを作ったという Frank Zappa のカバーアルバムの他にも Bob Dylan や Beatles,Grateful Dead などのカバー曲集もリリースしているが,そんな中でソウル・ファンにオススメなのが,'Let Them Talk' を歌っている ↓。
◎ "Comin' At Ya" [Flying Fish FF70093] -1979
 5. Let Them Talk
Let Them Talk The Persuasions @Youtube
http://youtu.be/EpQRK79GF1E
2014年9月27日 22時46分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Past MUSIC in 2014 / COVERs of Sam Cooke |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/trackback/1554/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
次へ