2016年09月26日(月)
モモが乳腺の摘出手術を受けました
 昨日、25日、モモは朝、いたみ犬猫病院さんに半日入院して手術でした、
 乳腺癌等の上皮性悪性腫瘍の疑い・・・念の為に乳腺の摘出手術を受けました。
 
 9月12日のエコー定期検査で片岡先生がモモの右脇辺りに腫瘍を発見、
 19日の細胞検診の結果は『乳腺癌等の上皮性悪性腫瘍の疑い』、そして・・・、
 『可能であれば、腫瘍切除による病理検査で確定診断を行うことが望まれます・・・』
 
確定診断用の腫瘍を切除をするだけでも全身麻酔が必要・・・、
もしも、確定診断の結果が悪性の場合はまた全身麻酔で乳腺摘出手術。
実はモモの母親「さくら」も乳腺腫瘍で亡くなりました・・・、高齢犬の全身麻酔は負担・・・、
「さくら」は肝臓の値が悪いこともあり手術回避・・・最期は腫瘍壊死で辛い目をさせてしまいました
 
「モモ」には「さくら」の辛い目はさせたくない・・・選択肢は次の二つです・・・。
  1.『全身麻酔で確定診断用に腫瘍のみを切除、確定診断が悪性の場合は乳房摘出手術』、
  2.『どうせ全身麻酔をするなら、悪性の場合の予防的な措置の意味を含めて乳房摘出手術をする』
 
主治医の片岡先生に相談しました。
 私達夫婦 : 『もしも、モモが片岡先生の愛犬ならどちらにされます?』
 片岡先生 : 『15歳・・・全身麻酔も限界に近い歳・・思い切った方が良いかもしれませんね。』
 
で、『予防的な措置の意味を含めて乳房摘出手術』をお願い、
16時、手術は予定通り終了の18時過ぎにお迎え・・・、無事退院しました。
 
やはり全身麻酔の影響か、帰宅しても餌は食べれず、ウロウロ・・・、
深夜3時前に胃液を嘔吐・・・とても辛そう・・・ドッグフードに見向きもしません。
朝,9時前ぐらいから少しずつ回復・・・漸くドッグフードも食べれるようになってきました。
 
モモは2年前に下から二番目の左右の乳腺に小さな腫瘍・・・
去勢手術と共に下から三番目までの左右の乳腺の摘出手術を受けました。
残る乳腺は一つ・・・、そしてグラグラだった右上奥歯もこの機会に抜歯し・・・長生きして欲しいです。
2016年9月26日 | 記事へ | コメント(2) |
| ビーグル & ロシアンブルー |
2016年09月23日(金)
アルトサックス レッスン第185回  発表会の反省会
 先週15日は185回目のレッスン・・・発表会の轟沈で気が重い・・・、
 反省会・・・自分の尻を蹴飛ばし、気持ちを持ち直して行ってきました。
 私も来年は古希・・・サックスも先を見据えたチャレンジにしなければ・・・。
 この機会にこれからのサックスの練習の目標についても師匠に相談しました。

 1.発表会の反省
   ★ 以下は師匠からの言葉の要旨の纏めです
     ● 本番では奏法や指などは考えない  ● 練習し過ぎは逆効果の場合がある
     ● 本番で緊張しない練習をする      ● 仲間との演奏会などの機会を増やす
 
   ★ 私の感想、反省は次の通りです
    ● 本番直前に猛練習が必要なレベルでの参加自体が無謀でした
      実は今回の本番前の練習での成功率は70%ぐらい・・・、
      恥ずかしながら失敗しなければラッキーと言うレベルでした。
    ● 練習では200%以上の完成度で、漸く本番で失敗しない、と云う事でしょう。


 2.これからのサックスの練習について
  ★ 師匠に次ぎの点について相談、了解を頂きました
    ● 来年は古希・・・だんだん指も動かなくなるでしょう・・・
    ● 発表会より、自分なりの完成度を上げた演奏を録音したい
    ● これを私の葬式のBGM・・・家族に無理矢理に聴かせる・・・。
      取敢えず緑川さんの「Amaging Grace」を練習したいと思います。


 3.「Amaging Grace」
   ★ 早速、第1回のレッスンをして頂きました
    ● 四分音符以上の音符は四分音符に分解して練習する
    ● ストラップが長過ぎる、もっと短くしれ楽器を身体に近付けるようにする
2016年9月23日 | 記事へ | コメント(2) |
| アルトサックス |
次へ

ニックネーム:おじさんのサックス
性別:おじさん
年齢:団塊世代トップランナー

»くわしく見る