2009年09月30日(水)
だし殿
 

 織田信長の残虐さを表わすのに、比叡山焼き討ちなどが引き合いに出されますが、六条河原で処刑された彼女の死が、一番、同時代から同情をさそったのでしょう、色々な記録に記されています。
 「だし」という呼び名でしか記録に残っていないこの女性は反逆者荒木村重の妻です。刑死した時の年齢は21才。
 信長に叛逆した荒木村重は、家臣や子供、女性などを有岡城に残して脱出しますが、城が落ちたあと、みせしめのために殺された一族の筆頭は、吹田村氏ですが、そのあとに、村重の娘や幼い子供たち、若い妻のだしが処刑されます。
 処刑の折には、映画やテレビであるように白装束ではなくて、彼女達は白い経帷子の上にあでやかな小袖を着て、身分のある女性として着飾っていたと「信長公記」には記されています。
 特にだしは、美貌の誉れが高く、注目が集まっていたので、凛としてとり乱すことなく、髪を高々と結い上げて帯を締めなおして刃を受けたということです。
 髪を結い上げる・・というのは、身分の高い女性は、普通下げ髪でしたので、首を打たせるためにわざわざ結い上げたものかと思われます。
 「だし」という名前がクリスチャンネームであったとする説もありますが、荒木村重の有岡城にはルイス・フロイスも訪れているし、高山右近とも親しかったので、ありうることでもありますが、彼女の産んだ子供が、本願寺に匿われて育った岩佐又兵衛だとすれば、ちがうかもしれませんが・・。
 遠藤周作の小説「反逆」では、だしは、信長の義理の娘(母が信長の愛人になった)という設定で、政略によって親子ほど年の違う荒木村重にあてがわれた・・ということになっていて、信長の冷酷さをより強調する形になっています。 

2009-09-30 21:40 | 記事へ | コメント(4) | トラックバック(0) |
| |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/randokku/trackback/1460/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
乱読おばさんさま、

こんばんは。
「だし」さんだったんですね。私はすっかり「たし」さんだと思っていました。
当時の豪奢な衣装にうなじを見せた姿は想像するとぞくぞくしてしまいますね。こんなに若かったとは知りませんでした。

私は誰の小説で読んだのか覚えていないのです。
永井路子だったか三浦綾子だったか。
戦国時代ってやっぱりドラマですね。
cucciolaさま
こんばんわ〜♪
たし・・でもありだと思います。濁点は省略される場合があるのですが、お城の「出し丸」に住んでいたとか、Daxiという洗礼名だとか、イマイチよくわかりません。女性の名前は残らないのが多いので、悲劇の女性ということで、記録に残ったのでしょうね。 彼女の運命については作家の方々は思いいれが多いようです。村重の反乱だと必ず出ますよね。
こんばんわ〜  隠密行動中のタツでございます。

独自調査の結果、だし殿は、乾物屋の娘らしいと行き当たりました。

昆布とカツオの合わせダシ!

殿方がしゃぶりつきたくなるほど、いい女ですね

タツさま
こんばんわ〜♪ 
わ〜ん・・、山田花子を思い出しましたよ〜♪
との〜なんて迫ってるとこ、で、殿は逃げ出した?
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

ニックネーム:おばさんたち
都道府県:大阪・兵庫
本宅「座乱読ーザ・ランドック」に登場又は登場予定のお友達。絵は(F)の独断ですが、ジャンル別索引や検索などで好みの人物を探して下さい。リンクも見てね♪

»くわしく見る