ニックネーム:ÖYSTER
漫画家です。主に四コマ漫画を。

»くわしく見る
11月28日はいいニッパーの日
2016年11月28日(月)
だそうですが、
そうとは知らずにこんな絵を描いてました。なんたる偶然。
ノーナさん、本物のニッパーを使った
グシオンカッティングは危険です。

2016年11月28日 | 記事へ | コメント(3) |<連載>超可動ガール1/6 |
ウムルとタウィル更新39
2016年11月12日(土)
WIXOSS4コマ更新です。こちらからどうぞ!

「ルリグがキミの元にやってくる!?」キャンペーン
開催中です。
ですが、今日を入れて締め切りまであと三日です。お急ぎを!

アンケートに答えるにはタカラトミーモールに
会員登録する必要があります。
今回の4コマの最下段にキャンペーンの詳しい事の
リンクがありますよ。

ルリグの0カードは、ゲームを始める瞬間だけ提示して、
始まると直後レベル1にアップしてしまうので、
基本的に機能しないカードですが、
この待機状態な雰囲気を「寝ているルリグ」が
醸してくれるわけですね。

2016年11月12日 | 記事へ | コメント(0) |<連載>ウムルとタウィル |
まんがタウン12月号2016
2016年11月10日(木)
発売中です。「新婚のいろはさん」よろしくどうぞ。
作中の「軒並ライジのビガビガドッグ」ですが、


発売されておりません。
この3巻のカバー下、本体表紙の絵を特別に公開しますが、

そもそもそんな本は発売されておりません。
ですが、軒並ライジ作品は今後も「いろはさん」に
登場するかもしれません。
よろしくお願いします。

2016年11月10日 | 記事へ | コメント(2) |<連載>新婚のいろはさん |
ウムルとタウィル更新35~38
2016年11月06日(日)
丸々1ヶ月、こちらに更新お知らせしてませんでしたね!
週一ですから、4回分です!

35回。クッキングです。タウィルの三角巾は鉄血のアトラちゃんを
参考にしました。ウムルはツノが邪魔でかぶれませんでした。

36回。TCGの新システム、さらに放映中のアニメにも
重要な要素として登場した「コイン」です!

37回。さらにコイン!余談ですがこういう漫画中のカードは
ちゃんと描いてますよ!

39回。怒涛のコイン!昔伊集院光のラジオのステッカーで
(番組とCMの間に流れるやつ)
「コイン落としに体当たり」というのがありましたね。

WIXOSSのアニメ「Lostorage incited WIXOSS」は
金曜深夜25時05分からTOKYO MX
その他の放送局でも絶賛放映中です。
ハードな内容ですが絵はメチャクチャ綺麗です。
そしてコインでまくりですよ!

2016年11月6日 | 記事へ | コメント(0) |<連載>ウムルとタウィル |
まんがタウン11月号2016
2016年10月10日(月)
発売中です。「新婚のいろはさん」よろしくどうぞ。

前回に引き続き、新居に必要な物の買い物です。
台所周りのグッズも事前に調査しましたが、
特定の目的に特化した商品が多いですね。
ゆで卵をカットする器具とか、
ゆで卵を粗挽きでつぶす器具とか、
ゆで卵をなめらかにペースト状にする器具とか。

2016年10月10日 | 記事へ | コメント(3) |<連載>新婚のいろはさん |
ウムルとタウィル更新34
2016年10月08日(土)
WIXOSS4コマ更新です。
あ、33回目の時のブログ更新してないですね。
まとめて見れます。
こちらからどうぞ!

ウムルって絶対ビレバンとか好きそう。

2016年10月8日 | 記事へ | コメント(0) |<連載>ウムルとタウィル |
君の名は。考察(ネタバレ有り)
2016年10月07日(金)
「君の名は。」良かったですね。
三葉ちゃん可愛かったですね。
あれは控えめに言って恋してしまいますね。
カップルが多く見にいっているそうですが、
これが原因で破局なんてしてないといいですね。

以下、ネタバレ含みで、
映画を見た人と共有する形の文章で
お送りいたします。

「感想」はいろんな人がいろんな切り口で
述べられておりますので、ここはひとつ、
見た人の大体が気になっているであろう
「入れ替わりの謎」について、
ちょっと自分なりに考察をしてみたので、
おヒマだったらお付き合いを。
映画は一回見ただけですから、
いろいろ間違い、記憶違いはあると思います。
その辺はご容赦を。

●糸守町には湖がある
「町に湖がある」というより、
大きな湖に隣接して町がある、といった方がしっくりくる、
それくらい巨大な湖があります。
この湖はほぼ円形で、周囲を切り立った地形に囲まれています。
いわゆる「カルデラ」…激しい火山噴火で山の形が崩れ、
火山口が広がり平地になってしまった地形のように見えます。
そこに水が溜まればいわゆる「カルデラ湖」です。
それだと思ってました。

また、少し離れた場所に御神体を祀った「隠り世の地」があります。
ここもまた、円形の平地を隆起した地形が囲む
「カルデラ」のような見た目になっています。

映画を見てる時は特に気にしていなかったけど、
なぜ、糸守町周辺に同じような特殊な地形が集中してるのか。
今になって落ち着いて考えてみると、
ふと荒唐無稽な仮説が頭をよぎる。
あれじゃないか、ストーリーの中心にあった恐ろしい現象、
あれが原因なのではなかろうか。

●「隕石の落下」
あの地形はカルデラなどではなく、
過去に、同じように糸守町付近に落下した隕石の衝突の跡、
「クレーター」なのではあるまいか。
何かの影響、土地柄、因果か、それはわからないが、
天からの厄災を定期的に引き寄せてしまう場所なのか。

つまり、糸守に住む人々の祖先は、あの未曾有の大災害を
すでに2度、あるいはそれ以上の回数、経験しているのではないか。

●三葉ちゃんの家に伝わる神秘の業
少し未来の、町の外の者との入れ替わりの奇跡、
口噛み酒の霊験、それらは全て
糸守の祖先が、子孫達を破滅から免れさせるために編み出した予防策、
糸守の血を存続させるための執念が生んだ秘術なのではなかろうか。

宮水の巫女は代々伝わる、血筋に備わった秘術により、
数年先の「彗星に興味を持った」人間と意識を交換する。
入れ替わりには、万難を排し、糸守に危機を伝える事ができる
知恵と行動力に優れた人物が選ばれる。

●やっぱりちょっとむちゃくちゃすぎるかな
まあ、普通に考えたら、そんな危ない場所、
さっさと引っ越せばいいだけだもんね。

そこでまた、重ねて仮説を二通りばかり。

●その1 アース的な
糸守町付近にたまたま隕石が落下するのではなく、
何らかの霊験により、日本の辺りに落下する隕石を
全て引き寄せているのではないか。
つまり、他の場所に落ちたかもしれない厄災を、
糸守は肩代わりしているのではないか。

大昔に隕石が多く降り注いだ時期があり、
実害もあり、凶兆でもあると感じた時の権力者が、
糸守を引き寄せの場所と定め、
それを可能とする霊力、法力を持った
修験者や僧を住まわせた。
それが糸守町のルーツなのではあるまいか。

●その2 エジプト的な
エジブトという国は、遠い祖先がピラミッドや
スフィンクスを作っておいてくれたおかげで、
「観光」でかなりいい具合にやっていける。
それと似たような感じで、

隕石が落ちたにもかかわらず、
人々が全員無事、という奇跡が起こる糸守は、
大昔なら加護の厚い尊い場所と崇められ、
現代なら不思議スポットと話題になって注目の的だ。
現代はどうかしらんが、大昔の糸守の人達は、
そんな自分達の命をかけた町おこしを…
いやこりゃいくらなんでもな。

とまあ以上です。長々と失礼いたしました。
もしかしたら小説なんかでちゃんとした
回答が示されてるかもしれないけど、
それだったらそれで。ほんの筆遊びでありました。

そうそう、わたくし、
日本中に五億人はいるであろう、
「「君の名は。」があんまり良かったので
「秒速五センチメートル」も見た」者なんですが、
合わせてそっちの感想もそのうち。

2016年10月7日 | 記事へ | コメント(2) |雑記 |