ニックネーム:おつる 鶴姫 (洗礼名ジャンヌダルク)
性別:女 
年齢:いい感じの年 
都道府県:兵庫県
日本シルクロード科学倶楽部副会長 カトリック箕面教会オルガニスト

»くわしく見る
2016年07月22日(金)
7月23日 拉致啓発街宣、署名活動 秋田美輪さんを救う川西市民の会
  7月は通常どおり、第四土曜日開催です。  (雨天の場合は阪急電車からJR川西池田までの アステ川西連絡通路です。) よろしくお願いいたします
2016年 7月23日 土曜日 17時30分〜   川西市 秋田美輪さんを救う川西市民の会 拉致啓発& 北朝鮮 抗議街宣
拉致被害者全員奪還のため、もっと多くの人に 拉致問題を知ってもらい意識を高めることが必要です
我々は、拉致被害者、特定失踪者全員奪還のために 戦いつづけなければならない。
日本人は苦しむ被害者を見捨てることのないよう 目覚めなければならない
北朝鮮はまた、ミサイルを日本海へ発射しました。 また再度の核実験を準備しています 強く抗議します
7月23日 土曜日 今回 17時30分〜 啓発活動します。
「秋田美輪さんを救う川西市民の会」 拉致問題啓発街頭演説、署名 秋田美輪さんを救う川西市民の会 & 秋田美輪さんを救う会 日本海  合同街宣
愛媛の岩城さんが、秋田美輪さん救出のためのポスターを 作成して下さいました。 岩城様、有難うございます
  日本海、鳥取・香住でご活動されている中川健二さんと 川西&日本海、合同で拉致啓発です。 。
「秋田美輪さんを救う川西市民の会」 拉致啓発街頭演説、署名活動 場所:川西能勢口駅北側、ドコモショップ前 雨天の場合は、川西能勢口駅からアステ川西への二階の連絡通路で 行います。       内容:拉致啓発街頭宣伝、署名活動
特定失踪者 秋田美輪さん
秋田 美輪 失踪年月日 昭和60(1985)年12月4日 ふりがな あきた みわ 生年月日 昭和39(1964)年1月25日 性別 女 当時の年齢 21 身長 155センチ 体重 43キロ 当時の身分 神戸松陰女子大学文学部国文科4回生 特徴 両眼とも眼鏡をかけて1.2 失踪場所 兵庫県神戸市神戸松陰女子大学校門(阪急神戸線六甲)
失踪状況 大学で午前の授業を受けた後、1時過ぎに学食で 友人と食事をとり校門近くで友人と別れた。夜8時過ぎに 「友人宅へ泊まる」との電話が家にある(実際には泊まっていない)。 翌日朝8時15分兵庫県警城之崎署から竹野町弁天浜で 本人のバッグ発見との連絡。当時は自殺とされたが、 何も見つかっていない。バックの置いてあったところから 海岸に10メートル位足跡があった。発見される前に 雨が降ったがバックも近くにあった本人の靴も濡れて いなかったという。地形や潮の流れから入水自殺で あれば遺体が上がるはず。竹野浜、竹野駅、城崎駅で 目撃者がいなかった。平成15年11月13日、兵庫県警に告発状提出。
特定失踪者・秋田美輪さんの姉「両親が元気なうちに会わせたい」 2014年7月 産経 http://www.sankei.com/west/news/140701/wst1407010067-n2.html
 拉致被害者の再調査をめぐる日朝政府間協議が 7月1日から始まる見通しとなった。北朝鮮による拉致被害者や、 拉致の可能性が排除できない県内の特定失踪(しっそう)者の 家族たちは、再調査の行方を見つめている。北朝鮮で元気に 暮らしているのか−。日本に残された家族たちは待ち続けている。
 神戸松蔭女子学院大学(神戸市灘区)4回生だった 秋田美輪さん=失踪当時(21)=の姉、吉見美保さん(54)は 「期待はあるが、何度も裏切られている。きちんとした情報を 知りたい」と訴える。
 美輪さんは昭和60年12月4日、大学の校門前で友人と 会ったの最後に消息を絶った。翌朝、川西市にあった実家に 県警から電話がかかってきた。100キロ以上も離れた竹野町 (現豊岡市)の弁天浜で、秋田さんの靴とかばんが見つかったという。
 父の正一郎さん(82)と母の嶺子さん(80)は現地に 駆けつけた。県警などは入水自殺した恐れがあるとして周辺を 捜索したが、美輪さんは見つからなかった。  当時、結婚して愛知県に住んでいた吉見さんは、初めての 子供を身ごもっていた。そのため、両親は吉見さんに心配させまいと、 妹の行方不明を直ちに伝えなかった。吉見さんが知ったのは翌月だった。
 「本当に自殺なのか…」。美輪さんが自殺する理由に 心当たりがなく、家族は戸惑った。なぜなら、美輪さんの大学の ロッカーには、行方不明翌日に出す予定の卒業論文が置かれて いたからだ。
翌月には、吉見さんが出産のため実家に里帰りする予定で、 「私が帰ってくるのを妹は楽しみにしていたはず」と力説する。 両親は毎年、12月4日前後に弁天浜を訪ねた。自宅では、陰膳 (かげぜん)を据えていたこともあったという。
 平成9年、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されたとの報道 されたことなどから、両親は美輪さんが拉致されたとの疑いを 持つようになった。両親は救う会に相談し、15年に美輪さんは 特定失踪者として公表され、容疑者不詳で国外移送目的略取容疑で 県警に告発。体調を崩した正一郎さんに代わり、最近は吉見さんが 岐阜県内で署名活動をしている。
 正一郎さんは、北朝鮮の全面調査を安倍首相が発表して以来、 たびたび「政府から何か連絡はあったか」と尋ねるという。 吉見さんは「美輪はどういう扱いを受けているのか。ちゃんと した暮らしをしているのだろうか。両親が元気なうちに会わせたい」 と涙ぐんだ。 2/27 秋田美輪さんを救う川西市民の会 拉致啓発 中曽千鶴子 北朝鮮による拉致「このままじゃ救えない特定失踪者」 安倍総理に訴える 秋田正一郎 11/28 秋田美輪さんを救う川西市民の会 拉致啓発 中曽千鶴子
2016-07-22 00:22 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4137/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年07月14日(木)
東京都知事選 小池百合子 かつて社会党の反日売国奴、土井たか子と戦った最強の女 
本日、東京都知事選挙 告示されました。 個人的な知人としては、 NHKから国民を守る党の 立花孝志さん 日教組の悪を暴いてきた、谷山雄二郎さん このお二人を応援しています。 桜井誠は、論外です
しかし、やはり 小池百合子さん かつて、川西市・伊丹市 などの選挙区で 社会党の土井たか子と戦った最強の女性であることを 忘れてはならないと思います 小池百合子氏が、日本を守る、東京、日本を守る国士です
立花孝志さん
私の友人の NHKから国民を守る党から、立候補 立花孝志氏 彼は、当選は難しいでしょう。それは自覚されておられますが 千葉県船橋市で初当選し、市議会議員であるのに NHKの長年の欺瞞を暴くためという信念のもと市議会議員の座を 投げうっての立候補は勇気ある行動であると思います。
谷山雄二郎さん
2010年 私が徳島県教組、日教組との戦いをはじめたときに 動画をプレゼントしていただき応援メッセージを頂いていました。 以前、石原都知事とも都知事選で勇気ある戦いをされた方です
「ジャンヌ、 日教組の詐欺行為を映像にしました。 取材をしてみて、本当に彼らは信じがたい存在だと確信。 ぜひとも一度、みなさんもご覧いただけたら幸いです。Thank you.」
日本の教育界と政界の異常かつ危険な結びつき、その「闇」に迫ります。ついに、ボクも日教組のブラザーたち三十万人を、敵に回してしまいました でもこれも、日本をより強い、素晴らしい国にするためです。 円周率3?ふざけるのもいい加減にして欲しい。異常な教師たち。四時には帰宅。 資源のない日本。唯一の資源といえば、「人間」。 つまり、教育。 その教育を腐らせ、日本を解体しようとしているテロリストたちに、「鳩」の糞を発射しましょう。  ぜひともご覧いただければ、うれしいです。 Thank you. 谷山雄二朗 
そして小池百合子さん
今は、私の住む川西市は、衆議院選挙では兵庫6区 川西・伊丹・宝塚の地域となっていますが かつて1996年までは、旧兵庫二区として 尼崎市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、川辺郡、津名郡、三原郡が選挙地域でした。
そして、その地域は、1970年から1990年までの 20年間、旧社会党の故土井たか子王国でした。
土井たか子は 社会主義、共産主義者、日教組と北朝鮮との闇の関係も深い そして何より 拉致などない!と断言したばかりか、拉致被害者の家族の情報を北朝鮮に流し、拉致事件に対し最も不誠実で冷淡な態度を示し、菅直人と一緒にシンガンス死刑囚助命嘆願書に署名した張本人 赤軍派とも関係し、まさに親北反日極左売国奴であった いまでも 川西・宝塚・伊丹など、この地域で 日教組が強く、そして社民や民主が強く、 現宝塚市長が土井たかこチルドレン 中川ともこであることを見ても いまだに、この土井たかこの影響は強い。 辻元清美、福島みずほなども、土井たかこチルドレンである。
そして、1993年、この土井たかこと 決然と戦ったのが 小池百合子議員であった。
今でも私の支援者である 川西市のご年配の 元政治家、経営者の方々などは 小池百合子議員こそ、「保守政治家」宝であるとおっしゃいます。
小池百合子議員が衆議院選挙で当選した 1990年代初め、以降、旧ソ連の崩壊とともに 土井たか子、社会党は一気に弱体化し、 社会党はその後、消滅、 現在の社民党と 民進党に分かれた。 おおさか維新の登場で大阪の社民党は壊滅状態であるが いまだに、旧兵庫二区、現兵庫六区では 社民党は健在である
そんな、最悪の反日売国奴 土井たか子と  果敢に戦った最強の女性 「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動 する議員連盟(拉致議連)」 安倍晋三、麻生太郎、平沼赳夫、山谷えり子、衛藤晟一、中山恭子、古屋圭司、稲田朋美、佐藤正久 議員らが名を連ねる この拉致議連で、元副会長である
朝鮮学校の高校無償化に、2010年の時点で、反対を明言。 日本解放第二期工作要綱を「昭和47年に明らかになった中国共産党による秘密文書」として紹介している 真の保守、反共産主義の国士である
もともと、日本新党、新進党、自由党所属で、自民党ではないときに 土井たか子と戦ってきた小池百合子氏である   今回、組織やなんらかのしがらみを越えて、 都知事選にまい進していくと決意された小池百合子氏を 私は 応援したい。
小池百合子氏「韓国学校・外国人参政権・移民に反対など」 街頭演説第一声(音声のみになります
2016-07-14 22:24 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4136/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年07月13日(水)
「告発」 ~北朝鮮在住の作家が命がけで書いた金王朝の欺瞞と庶民の悲哀~
朝鮮総連と戦う 萩原遼氏が 翻訳した

北朝鮮に現在も在住する作家が 命がけで体制批判し告発した本です

ほしい方は、中曽千鶴子まで ぜひ ご連絡下さい。
たくさん在庫あります

お送りいたします。

Amazonでも 発売中です。


告発

~北朝鮮在住の作家が命がけで書いた金王朝の欺瞞と庶民の悲哀~


北朝鮮在住の作家が身内に原稿を託して
韓国で発表した体制批判の短編小説集。
命がけで書き上げた7つの短編には北朝鮮という不条理な世界で生きる庶民の悲しみが描かれ、
金体制への激しい怒りが込められている。


○収録作品
脱北記/幽霊の都市/駿馬の一生/目と鼻が万里/伏魔殿/舞台/赤いキノコ

○櫻井よしこさん推薦!
「人間の自由をことごとく押し潰す北朝鮮。それでもパンジ氏は命がけで小説を書いた。
朝鮮半島の北半分に広がる地獄の中でも自由意志を失わなかった人がいる。そのことにただ感動する」

○著者メッセージ
北の地での50年をもの言う機械として
囚われの人間として生き
才能ではなく怒りで インクとペンではなく血の涙と骨で書いた
わたしのこの手記

砂漠のように乾き草原のように荒れはて
病人のようにみすぼらしく石器のように未熟でも
読者よ! どうか読んでください

○訳者メッセージ
「北の人が北の独裁を告発した最初の本」
1950年代から北朝鮮は私のは憧れの国だった。
1972年に「赤旗」の特派員としてかの地に足を踏み入れた時は第二の祖国≠ュらいの思いだった。
それがくずれるのは3か月とかからなかった。
殺されかけてこの国の怖さを知った。
以来、1994年、金正日が父親金日成を亡き者にしてからは、
いつかはこの国にも正義の士が現れるだろうと待ち続けた。
パンジの小説『告発』を読んで、ついに・・・という思いである。
李朝時代(朝鮮の封建制の時代)が今も人々を縛る中で、
それに抗うひとりの人間の想いを受け止めることは、私の大いなる喜びである。(萩原遼)
2016-07-13 09:57 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4134/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
サッカーと愛国  清義明 (著) 「オシムの言葉」の木村元彦氏 絶賛
サッカーと愛国

内容紹介
スタジアムには日本人が知らない世界基準がある!

渋谷スクランブル交差点「自称・日本代表サポーター」、「JAPANESE ONLY」横断幕&バナナ事件、旭日旗問題、「サッカー犯罪防止法」、ネオナチとフーリガン、ウルトラスの革命、ザンクトパウリのゴール裏、欧州クラブ事情……サッカーはレイシズムとどう闘ってきたのか?


木村元彦氏(ジャーナリスト)、激賞!
「がんばれ! ニッポン」層が大きなマーケットとされるサッカー界において、ナショナリズムに抗い民族差別問題に正面から取り組んだライターはほとんどいない。その中で清義明は極めて稀有な存在である。本書は路上でもスタジアムでも全力でレイシストと闘って来た清が必然を以って著した、日本初のサッカー界からの反差別の書である。


サッカーとナショナリズムは強い親和性をもつ。スタジアムは世の中の縮図であり、いいことも悪いことも、スタジアムで起きたことは世界に波及する。本書では、それに翻弄される人々と、それでもそこから見いだされる希望について、フィールドワークの成果を報告する。


第1章 モンスター化した「ぷちナショナリズム」

第2章 ソウルに翻る旭日旗

第3章 「JAPANESE ONLY」の暗闇

[インタビュー] 李鉄泰【イ・チョルテ】(李忠成の父)

[インタビュー] 姜成明【カン・ソンミョン】(映画『TESE』監督)

第4章 バナナを食べるサッカー選手たち

第5章 サポーターは世界で闘う
著者について
清義明(せい・よしあき)
1967年生まれ。横浜市在住。フリーライター。
「サッカー批評」「フットボール批評」などに寄稿し、近年は社会問題などについての論評が多い。
日本初のサッカー専門映画祭「ヨコハマ・フットボール映画祭」「東京国際フットボール映画祭」や、サポーターによるNPO組織「ハマトラ・横浜フットボールネットワーク」、東日本大震災の際にサッカーサポーターの被災地支援プロジェクト「Football saves Japan」を立ち上げるなど、独自の活動でも知られる。
中央大学卒業後、株式会社ナムコにて事業戦略やエンターテインメント施設のプロデュースを担当。その後、ウェブ業界へ。多数のスポーツサイトの企画プロデュースも手がけている。他、サッカー映画の字幕翻訳作は多数。
ブログ
Football is the weapon of the future
http://masterlow.net/



40万部を超えるベストセラー、私の愛読書である『オシムの言葉』
2007年にドーピング事件に巻き込まれた我那覇和樹の潔白を証明した
『争うは本意ならねど』の著者

木村元彦氏から、東京で取材を受けた時に  清義明氏とも
お会いした事があります

清義明氏は、レイシズムと戦い、在特会とも戦った方でもありますが
実際にお話をすると

すべての思想が一致するわけではありませんが
反共産主義であり、拉致問題など、思いが一致する部分があり
ことサッカーにおけるレイシズム問題など共感する部分が多い。

横浜スポーツコミュニケーションズ、ヨココムの
サッカー映画祭 2008年に上映会のあった
チベット仏教の少年僧の「ザ・カップ〜夢のアンテナ」
視覚障害者や知的障害のサッカー日本代表の映画、イベント
ブラインドサッカー プライドインブルーなどの関係で
清義明氏とは、何かとご縁がありました。

今回、出版社からご送付いただいた「サッカーと愛国」

素晴らしい本です。

日韓関係、日韓ワールドカップからはじまった反韓ブームについて
よくわかると思います。

右も左も、愛国者も 反レイシズムの方も 親韓の方も
反韓の方も
サッカー好きな方もそうでない方も 
すべての方に ぜひお読みいただければと思います。

先日、私は神戸で ヴィッセル神戸の観戦に行きましたが

ヴィッセル神戸サポーターのゴール裏では、

巨大な日章旗風の応援旗、韓国の旗、ブラジルの旗 など が仲良くならんで
たなびいていました。 

サッカーに 政治的思想や、排外主義はいらないのです


Amazon で発売中です


2016-07-13 09:26 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4133/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
関西防衛を支える会 第4回カラオケ大会 私も歌います〜
関西防衛を支える会 第4回カラオケ大会 私も歌います〜

日時、平成28年 8月28日 日曜日

場所 心斎橋 

観客 ギャラリー 3000円

出場者 5000円

軍歌戦時歌謡、それ以外の部あります。

しめきり 8月13日

呑み放題、食べ放題です。

参加希望の方は、中曽まで 

関西防衛を支える会の毎年、夏のイベントです。


第4回、今年も出演します。 楽しいイベントです。

自衛隊を支える
関西防衛を支える会のご入会 歓迎です〜
2016-07-13 09:07 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4132/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
★第六十回 「浴衣で日の丸行進」 
★第六十回 「浴衣で日の丸行進」

【日時】 平成28年7月17日(日) 日本唱歌を歌う日の丸行進   (毎月第3日曜日開催) 

  
(★平成23年6月が第一回、おかげさまで6年目に入ります)

【集合場所】 
大阪市西区・新阿波座公園(地下鉄四ツ橋線本町駅の西の端、23番出口を出て左折すぐ)
新阿波座公園(三菱東京 UFJ銀行の裏) 
http://sasp.mapion.co.jp/b/bk_mufg/info/BA592474/ 

【集合・集会】 16:20 (★府警本部の指導により時間変更、暑さ対策で夏期は原則16時)
受付:15:50  行進開始:17:00 終了予定:18:00 

●コース: 南久宝寺町通り〜御堂筋
〜心斎橋〜難波(解散)

【行進の目的】
郷愁をさそう日本唱歌を歌うことで「日の丸」に親近感を感じていただき、自衛官の皆様に感
謝の気持ちを伝えています。 このパレードは沿道の人々に日本人としての目覚め、自虐史観からの目覚めを
願うものです。 日の丸行進での私たちの日本再興への祈りが伝わり、日本はいつか再生を遂げていることで
しょう。 それが私たちの夢であり、目標です。 

【行進の内容】
動物着ぐるみたちが愛嬌を振りまきながら
先頭を歩き、沿道で日の丸小旗を配って非常に好評です。 鯉のぼりや花飾りで華やかにし、最近は着物姿の
女性が数人参加され、ますます日本民族の行進らしくなっています。 沿道へ向かって笑顔で手を振り、その
ためか外人や観光客、日本の若者たちが写真を撮り、手も振ってくれる人が増えてきました。
 
【主張の内容】
「日の丸を掲げましょう」「国歌を歌いましょう」「がんばろう日本」「自衛官、警察官 ありがとう」

【7月の唱歌】
「日の丸の旗」「ふるさと」「たなばたさま」「海」(海は〜)「かもめの水兵さん」「海」(松原〜)

【注意事項】小雨でも決行(レインコートは準備)  
【参加費】 無料

【毎月開催】 
第61回は8月21日、9月は18日(常に第3日曜日)(7,8月は「浴衣で日の丸行進」)
警察から変更依頼がない限り夏期6〜9月のみ16時開催予定)、集合場所は新阿波座公園

主催: 日の丸行進の会  連絡先・会代表: 石黒大圓 090−1146−7351
協賛: 頑張れ日本!全国行動委員会・京都府本部・大阪支部

●【動画】 H24/10/21 第十五回 日本唱歌を歌う日の丸行進(5/6)
http://www.youtube.com/watch?v=Sws_sOPdW1M
●【画像】日本唱歌を歌う日の丸行進
https://www.google.co.jp/search…
●2016 3 20 日本唱歌を歌う日の丸行進in大阪
https://www.youtube.com/watch?v=oewIglVJ1yY
2016-07-13 08:51 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4130/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年07月12日(火)
ざまあみろ、日教組  参院選18歳;19歳の若者は自民党支持、民共不支持
ざまあみろ、日教組

いくら小中学校の義務教育期間に
洗脳したところで
高校生になりいろいろな情報を得て
真実に目覚め、先生に教えられた事は間違いだと気づくんだよw


参院選18歳〜19歳の若者は他年代よりも自民党支持、民共不支持w

http://www.honmotakeshi.com/archives/49051828.html#PqYqE4S.twitter_tweet_count_m

2016-07-12 00:21 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4128/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年06月30日(木)
NHKから国民を守る党の立花孝志 船橋市議会議員が、 東京都知事選挙に立候補
8年前からの友人、同志 NHKから国民を守る党の立花孝志 船橋市議会議員が、 東京都知事選挙に立候補します。 おおさか維新の会の参議院候補、三宅博氏を応援されています。頑張って❤
2016-06-30 01:27 | 記事へ | コメント(3) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4127/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年06月27日(月)
6月25日  川西市において、拉致、特定失踪者 秋田美輪さんを 救う川西市民の会
6月25日 
川西市において、拉致、特定失踪者 秋田美輪さんを
救う川西市民の会 拉致啓発署名活動、街宣を行いました。

拉致被害者のご家族の悲しみ、何十年たっても
取り返すことができない事
拉致問題、特に1000人近い特定失踪者をとりあげない
マスコミ、無関心で他人事でいる人々
拉致被害者が存在するのに「平和」ボケしている人々
北朝鮮の暴挙には一切声をあげないエセ平和主義者
そして、拉致に関わった組織、団体、政治家、極左
朝鮮総連、日教組に 

拉致被害者をかえさず、ミサイルを発射しつつける北朝鮮に
憤りの声をあげ続けました。

雨の降る中、二時間の活動ですが、署名して下さった方
そしてお手伝い下さったスタッフの皆さま、
川西市でいつも支援して声をかけて下さる方、遠方よりいつも
来て下さる弁護士の先生、心より感謝いたします。

来月も啓発を行います。

拉致被害者全員奪還

啓発活動の写真はこちらです
http://ameblo.jp/chiruko12/entry-12174749470.html
2016-06-27 00:46 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 北朝鮮 / 拉致問題 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4126/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年06月23日(木)
ウイグル難民支援について  イリハムさんブログより
ウイグル難民について  イリハムさんブログより
http://ilham.sakura.ne.jp/

タイでのウイグル難民のおかれている状況について
憂慮していましたが、イリハムさんや三浦小太郎さんのご尽力で
無事が確認できたそうです。

しかし、ウイグル難民、ウイグルの問題が改善しているわけではなく
これからも日本国民がこの問題に関心を持つことが必要です





ウイグル難民からの声明文


5月30日夜タイバンコクのイミグレーションに拘束されているウイグル人難民の
皆さんから連絡がありました、内容は以下の通りです。皆さんのことをとっても心配
です。

ウイグル難民声明「自由のために!私たちは抗議のハンストに突入します」

私たちは中共の圧政から逃れてタイで拘束されたウイグル人難民です、我々がタイで拘束されてから3年目

になりました。この3年の間、2015年7月8日には、140人以上のウイグル人難民が中国に強制送還

されました、タイ政府は彼らに自由を与えてくれず、他の自由民主主義を最高の国是としている諸国も、また

国連も私たちを助けてはくれませんでした。

その悲惨な事件の後も、まだ、タイには私たち70名のウイグル難民が収容されたままです。あれから1年

経ってもタイ政府は我々を拘束したまま、釈放してくれません。今私たちは去年の強制送還が起きた時期と同じ、

イスラム教徒のラマダン(断食)月が近づいています。そして、2週間ほど前から拘留所の看守らの態度も酷く

なっています。

タイ政府は我々をトルコ政府に渡そうとしませんし、他の自由、民主化の国々にも渡さず、拘留所で私たち

ウイグル難民はひどい差別を受け、人間以下に対応され、他の難民よりひどい目に遭いました、私たちと私た

ちの家族を切り離されました。

ここタイでは、他の民主化の国々と国連が連携して、私たちウイグル人以外の難民は助け出されていますが、

どの国も、国連難民高等弁務官事務所も、私たちを訪問さえしていません。また国際的な救援諸団体も、他の難

民は助けても私たちを救い出してはくれません。自由な世界で生きているすべての皆さん、これはいったいなぜ

なのでしょう。我々ウイグル人難民は人間ではないのでしょうか?なぜ世の中の全ての国々、国連また人権、人道

を守ることを自分の最高責務として活躍する国際的な人権団体も、中国を恐れて声を挙げないのですが。彼らが、

中国政府のウイグル抹殺政策を取っていることをよく知っているはずです。

我々は、自分の尊厳を守るために、家族と自由に過ごす権利を取り戻すために、また世の中の皆さんと同じく私たち

も自由を手にいるために、世の中の人々らに我々の現状を伝えるために、今日から全ての食事を拒否して、タイ政府

に抗議すると同時に、国連人権委員会の我々の問題を解決するために努力していただくことを訴えます。

もしも我々が中国に強制送還された場合、ひどい目に遭うことだけではなく、無期懲役刑を受けるか命まで落とされる

可能性は十分あります、ですから我々は自由に得る、世の中に我々の現状を知らせる最後の手段としてハンスト抗議を

する道を選びました、どうか我々を助けてください、我々ウイグル人難民も皆さんと同じく自由に生きって行きたいです、

我々を見捨てないでください、我々は自由を手に入るまだこの抗議を続けます、我々を助けてください、よろしくお願いいたします。
タイ入国管理局拘留所で拘束されている70名のウイグル人難民全員より!

2016年5月31日



ウイグル難民からの最新情報(1)


本日(6月2日)午前5時段階の状況です。
一昨日前から開始されたハンスト参加者の6人のうち、4人に朦朧、意識はっきりしない症状があらわれていま

す。また昨日5人が新たに加えてハンストを行った難民は計11人になりました、

5月31日 午後3時から6人、6月1日早朝から一人、6月1日お昼から4人時間はいずれもタイ時間

です。この11人の中で二人は2013年国連高等弁務官事務所から難民申請を受理した

事実がありますが、その後、救援活動されず、関係者が保護のために二人を訪れたこともありませんでした。


ウイグル難民からの最新情報(2)


6月3日早朝ウイグル難民らに関する情報によりますと、昨日午後からハンストを行った

11人のうち状況が酷く悪化し自力で立てる事さえできない二人を看守6人が運んで独房

に入れってしまい、まだお医者さんが訪ねることはなかった。また残りの皆さんを別々の

室へ分散させ、ハンストを行っているもの暴力を受けったということでした、昨日ハンスト

に新たし7人加えて現在計18人がハンストを行っているそうです。

理解できないのはタイの警察がハンストを行って自力で立てさえできない人間に対して暴力

を振られること、長い間難民救助するためにタイで滞在してタイ人の優しさに感動したこと

も記憶に残ったことも結構ありましたが、今朝情報を得たときショックでたまらなかった、

もちろん今までもイミグレーションの中でウイグル難民が差別受けっているいることは自分の

目で見って身で感じて来たが、タイの警察がここまでウイグル難民らに非人道な行動に出ると

思わなかった、残念な気持ちでいっぱいですがそれよりもみんなの命の安否に心配です。


ウイグル難民からの最新情報(3)


先ほど受け取った情報によりますと、金曜日午前10時頃に難民の一人の状況が悪化し、泡を吐いているのを看守が見つけ、イミグレーションの保健室へ運び、栄養剤を点滴で与えた後、およそ2時間後部屋に戻されたそうです。他の皆さんの体力もかなり落ちてしまっている状況です。金曜日からハンストに参加した難民の人数は31人になったとの報告を受けました。

彼らは長い間1日2食の合計15タイバツ(日本円でおよそ50円)の食事で生きており、彼らには栄養を補給することがほとんどできない状況です。その状況でハンストを行うということは、突然命を失うことを覚悟して行っているということです。6月4日(土曜日)午後、前日保健室で点滴を受けた方が、全身激しく震えるようになり、血を吐いたと伝えられました。日曜日現在もハンストは進行しています。31日ハンストを始めた6人は既に六日目になります。彼らはもう耐えられぬ限界が来ており、6人ともに意識を失っているということでした。心配で夜、何度も目覚めてしまいます。

タイ暫定政権首相プラユット・チャンオチャ氏は6月2日木曜日記者会見では、難民の皆さんが過去中国で刑事犯罪起こしてない限り、中国に送還することはない、第3国に渡す用意があると述べています。ここで私が心配するのは、難民の皆さんがハンストに突入した翌日、6月1日にイミグレーションの看守らがみんなのIDカードを取り上げ、未だ返却していません。そこで心配されるのは、彼らの情報を中国に伝え、中国が彼らの犯罪歴を捏造させ、彼らが犯罪者という理由で中国に強制送還される可能性は否定できません。一昨年難民の件でタイの外務省人権委員会の方らとお会いした際、『タイ政府としては難民を中国に送還することは絶対しない』と口約束はありましたが、結局は暫定軍事政権から去年7月9日未明『109人ウイグル人難民を中国から犯罪者であることが証明された』という理由で強制送還されてしまいました。不自然なことに難民の皆さんが捕まった際、彼らの身分を証明するものは何一つなかったので、彼らは自分の本当の名前をタイ政府に伝えておらず、自分たちの国籍を終始トルコと言いました。ですから、イミグレーションでは彼らをトルコ人として管理されています。こんな状況でタイ政府からみんなの写真を提供することがなかったら中国は彼らを調査できることないはずです。今回もまた、去年のことが再び起きないことは保証できません。難民の皆さんは今、非常に危険な状況に陥っています。




タイに拘束されているウイグル難民の最新情報



前回ウイグル難民の情報を皆さんに伝えてから10日間も経ちました、その後難民の状況を皆さんに伝えるのが遅くなりましたことお詫びいたします。

ウイグル難民の皆さんから最後に連絡あったのは5日午前中でした、当時の状況は私が前回皆さんに伝えたようにハンストを5月31日始まった6人はすでに危険な状態に落ちていました。5日夜国連難民機構に難民申請をしたウイグル人難民から連絡が入りました、彼らから難民申請した二人を除いて他の29人の難民はイメグレションーの看守の命令で荷物を片付けて拘留所から連れ出したが、どこに行くのかは教えてなかったことがわかった。

この情報をまずは世界各地活動している各ウイグル団体と共用し、みんなでできる限り29名の難民の行方を調べることを最優先にすることで一致しました、私もタイの友人らに情報を伝えて難民の行方を調べるように頼んだ、同時に日本ウイグル協会の理事である三浦さんに相談しました、すると三浦さんから北朝鮮難民救援基金の副理事長佐伯浩明さんと連絡とって6日午前佐伯さんの事務所で打ち合わせることになりました。

6月6日(月曜日)午前佐伯さんの事務所で三浦さんと私3人で難民救援のことで話しました、その後佐伯さんからヒューマン・ライツ・ウォッチ日本事務所と連絡とりました、午後佐伯さんと二人でヒューマン・ライツ・ウォッチ日本事務所を訪ねんてウイグル難民の状況を説明しました、HRWの吉岡さんが真剣に話を聞いてくりました。HRWの事務所から離れて2時間足らずに吉岡さんから電話いただきました、吉岡さんによろと私たちが帰れた後吉岡さんからヒューマン・ライツ・ウォッチタイ事務所に連絡してウイグル難民のこと伝えたら、HRWタイ事務所がすぐに調べってウイグル難民の皆さんがメコン川側に位置する三つの町に分散して移動させたこととみんなさんが無事であることがわかったという情報をいただけまして、安心しました。

今回は佐伯さんとヒューマン・ライツ・ウォッチの吉岡さんに心から感謝するとともに二人からたくさんのことでお勉強になりました、またヒューマン・ライツ・ウォッチの組織の大きさと力の強うさを実感しました、今後も勉強しながら皆さんの指導のもとでウイグル難民のために頑張りたいと思っております。


2016-06-23 22:58 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| チベット・ウイグル・サウスモンゴル 三民族 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4125/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
朝鮮総連を反社会団体、危険団体と指定し規制対象とした、反社会団体規制法・排除法を
昨年末にはじめた 兵庫県知事への朝鮮学校補助金停止の署名は 1800人を超え、兵庫県知事、兵庫県教育委員会等に届け また文部科学省も、朝鮮学校への補助金について 北朝鮮、朝鮮総連との深い関係を憂慮し、検討するよう 通知を出しています。
しかしながら 兵庫県知事による 今年度の朝鮮学校補助金は減額されることも なく、不透明なまま、1億円近い額のままの予算編成となり 継続となりました。 県民、国民を無視した暴挙であると思い残念です。 引き続き、来年度にむけて要請は継続します。
それと同時に 朝鮮総連を反社会団体、危険団体とした 排除法の制定を求める署名を開始しています たいへん有難いことにすでに300名近いご署名を いただいています。 こちらの方にもどうぞご協力をお願いいたします
朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について(通知) 27文科際第171号 平成28年3月29日 北海道外1都2府24県知事  殿 文部科学大臣 馳  浩 朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について(通知) 朝鮮学校に係る補助金交付については、国においては実施しておりませんが、各地方公共団体においては、法令に基づき、各地方公共団体の判断と責任において、実施されているところです。 朝鮮学校に関しては、我が国政府としては、北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総聯が、その教育を重要視し、教育内容、人事及び財政に影響を及ぼしているものと認識しております。 ついては、各地方公共団体におかれては、朝鮮学校の運営に係る上記のような特性も考慮の上、朝鮮学校に通う子供に与える影響にも十分に配慮しつつ、朝鮮学校に係る補助金の公益性、教育振興上の効果等に関する十分な御検討とともに、補助金の趣旨・目的に沿った適正かつ透明性のある執行の確保及び補助金の趣旨・目的に関する住民への情報提供の適切な実施をお願いしま す。 また、本通知に関しては、域内の市区町村関係部局に対しても、御周知されるよう併せてお願いします。 なお、本通す。知の内容については、総務省とも協議済みであることを申し添えます
兵庫県知事・兵庫県は、毎年一億円、巨額の朝鮮学校への補助金をただちに停止して下さい。 署名が、300人を超えました。 引き続きよろしくお願いいたします。
朝鮮総連を反社会団体、危険団体と指定し規制対象とした、反社会団体規制法・排除法・対策法の制定、排除条例制定を求めます 署名は、https://www.change.org にて検索してください 現在、北朝鮮による北朝鮮の核実験、長距離弾道ミサイル発射強行に対し、国連は、五度目の対北朝鮮制裁決議を採択しました。日本政府もかつてない厳しい独自制裁措置をとっています。 北朝鮮の出先機関である朝鮮総連に対しても暴対法や暴力団排除条例のような反社会的団体規制法が必要です。 警察や自治体などは、青少年を守るためにと、暴力団の実態啓発、暴力団対策啓発を強化してきましたが、暴力団だけを排除、規制するのであれば、暴力主義的団体、反社会的団体である朝鮮総連についても、危険団体と、啓発していくこと、条例を施行しなければ整合性はありません。 朝鮮総連を反社会的団体とはっきりと指定し、規制法、排除法、排除条例の施行を求めるための署名をお願いします。 ●朝鮮総連が反社会的である理由は以下のとおりです。 朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)は、1945年(昭和20年)結成の在日朝鮮人連盟がGHQによって「暴力主義的団体」として解散させられた後、昭和30年に設立されました。 発足当初から社会主義を支持し、その後冷戦期社会主義陣営を支持する団体としての性格を明確にし、2013年以降は朝鮮労働党統一戦線部の傘下の第225部(旧対外連絡部)の指導を受けて活動しています。 北朝鮮に対する朝銀信用組合の不正送金には朝鮮総聯関係者の関与が疑われ、北朝鮮による日本人拉致問題の追及も進む中、拉致事件をはじめとする日本国内における同国の非合法活動(スパイ、不正送金、麻薬・拳銃売買等)にも、数多くの朝鮮総聯関係者が深く関与していたといわれています。 これらの犯罪行為に対する責任追及について朝鮮総聯は「悪質なデマ」と主張し、朝鮮総聯関係の施設に強制捜査が行われるごとに「在日朝鮮人の権利を侵害する」として激しい抗議行動を繰り返してきました。また、批判記事を書いた報道機関に職員が多数抗議に押しかけたり、北朝鮮に批判的な団体の集会を職員らが暴力的に妨害した例があります。また防衛庁(現:防衛省)からのミサイルデータの流出に関与した疑いがあると報じられたこともあります。 1973年(昭和48年)に行方不明になった、埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)の女性の2人の児童が拉致された(在日朝鮮人子弟失踪事件)が、その女性の夫が朝鮮民主主義人民共和国の工作員であり、さらに夫が勤務していた東京の貿易会社・ユニバーストレーディングの元女性社員が、警察当局の事情聴取に対し、「北朝鮮本国による判断を仰いだ」などと供述していたことが判っています。日本政府は朝鮮総連傘下団体等の構成員の関与があったことを明らかにしています。 1978年(昭和53年)6月に発生した田中実さん拉致事件に傘下団体等の構成員の関与があったことを日本政府が明らかにしています。 1980年(昭和55年)6月に発生した辛光洙事件(原敕晁さん拉致事件)に傘下団体等の構成員の関与があったことを日本政府が明らかにしています。 2007年(平成19年)4月25日、警視庁公安部は、上福岡市の事件に関して、国外移送目的拐取容疑で、事件に関与した疑いの強い工作員らが一時期、活動に参加していた「在日本朝鮮留学生同盟中央本部」(留学同)など、朝鮮総聯傘下の団体や関連先など4か所を家宅捜索し、捜索の際に在日朝鮮人の男性が“公務執行妨害”で逮捕され富坂警察署に連行された(この際容疑事実の告知はされなかった)ものの、5月末に不起訴処分・釈放となっています。これに関し、家宅捜索の際に、捜査員が中に入るのを妨害した人間が複数いたのが、TVでも報道されました。 また、公安部は東京都内の貿易会社に、多数の工作員が入社した経緯などを知る立場にあった可能性があるとして、朝鮮総聯の徐萬述議長、許宗萬責任副議長、南昇祐副議長を参考人として事情を聞く方針で、同日に書面で出頭を求めたが聴取要請を拒否する旨を、高徳羽副議長は同年4月26日にマスメディア向け記者会見で述べました。 朝鮮総連中央議長を始めとする数名の幹部は北朝鮮の代議員(国会議員)を兼任しています。過去に複数の元構成員が土台人となって北朝鮮問題に関与し、祖国防衛隊事件や文世光事件を引き起こし、吹田事件を惹起した団体であり、破壊活動防止法上の「過去に暴力主義的破壊活動行い、将来もその恐れのある団体」に指定されています。 また朝鮮総連傘下の朝鮮学校は、朝鮮学校の在日籍の生徒を平壌に長期滞在させ、暴君を褒め称える公演をさせています。滞在中にクーデターや内乱が起きたら「子供の命」が危険にさらされます。この公演を見て愕然としない朝鮮学校支援者は、人でなしだと思います。このような朝鮮総連傘下の朝鮮学校に対しても、文科省が補助金見直しの通達を出したところです。 現在、暴力団に対しては、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律、いわゆる暴対法、暴力団対策法、暴力団新法が施行され、また日本全国の各自治体、地方公共団体により、暴力団排除条例が制定されています。 暴力団排除条例の主な項目  都道府県の公共工事からの暴力団の排除  事業者の暴力団員等への利益供与・暴力団員等の受供与の禁止  暴力団事務所の開設・運営の禁止  事業者の契約時における措置(一部のみ)・不動産の譲渡における措置  青少年の健全な育成を図るための措置  説明・資料の提出・勧告・公表・命令・罰則  また、銀行界や各企業では平成23年6月に改正された暴力団排除条項を適用し、暴力団との関係遮断に向けた取組みが進められています。 朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)に対しても、反社会的団体とはっきりと指定し、規制法、排除法、排除条例の施行を求めるための署名をお願いいたします。
2016-06-23 22:09 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 拉致問題 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/4124/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
次へ