2007年06月23日(土)
大江健三郎氏を法廷に呼び出そう!
沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会
   
代表 南木隆治
 
大江健三郎氏を法廷に呼び出そう!

 平成17年8月5日、先の大戦において、沖縄の座間味島を守備した陸軍海上挺進隊第一戦隊長 梅沢裕・元少佐(88)ご本人と、渡嘉敷島を守備した同第三戦隊長だった故赤松嘉次・元大尉の弟、赤松秀一氏(72)が、大江健三郎氏と岩波書店に対し、名誉棄損の謝罪広告等を求めて大阪地裁に訴えを起こされました。
私たちはこの訴えをまったく正当な、勇気ある行動と思います。沖縄戦に関しては、「軍命令」によって集団自決が発生したという過った情報が子供たち対象の書物や、映画、教科書にまで書かれ、すでに大量に独り歩きしており、これ以上到底放置できない状況です。
 風聞に基づく報道等により、座間味島の守備隊長だった梅澤少佐と、渡嘉敷島の守備隊長だった赤松大尉は、残虐非道な命令の主であり、村民の犠牲により自らは生き延びた卑劣漢だという全くいわれのない非難を浴びてきました。  
 やがてその風聞は曽野綾子氏の「ある神話の背景」等によって架空の「神話」であることが明らかになりましたが、赤松大尉と梅澤少佐が、犠牲となった多くの沖縄村民の補償を有利にするべく公には沈黙してきたこともあって、風聞は消滅しませんでした。
今回の裁判は梅澤、赤松両氏の名誉を回復するだけでなく、日本の名誉を守り、子供たちを自虐的歴史認識から解放して、事実に基づく健全な国民の常識を取り戻す国民運動です。
 おかげさまで、裁判は我が方の圧倒的優勢の内に進行し、すでに9回の口頭弁論を終え、7月27日(金)、9月10日(月)、11月9日(金)の証人尋問を残すだけとなりました。
 その中で、本年平成19年3月30日、文部科学省が来春から使用される高校教科書の検定結果を発表しました。そこで注目されたのは、沖縄集団自決を軍の命令とする記述に初めて検定意見がつき、出版社が修正したことでした。ようやく軍命令による自決という誤った記述が教科書から削られました。
 この文部科学省の快挙に我々は諸手を挙げて賛同しましたが、雑誌『正論』編集長の大島信三氏は次のように賛同のメッセージを発表してくださいました。
 大島先生。ありがとうございました。
 
大島信三のひとことメモより。
2007年03月31日

「定説」を広めたのは、主に岩波書店だった。そのうちの1冊は、曽野さんの著書が刊行される3年前の昭和45(1970)年に出版された大江健三郎氏の著書『沖縄ノート』(岩波書店)。大江氏らの著書で名誉を傷つけられたとして元守備隊長らが、大阪地裁に提訴。「沖縄集団自決冤罪訴訟」は、平成17(2005)年10月28日、大阪地裁で始まった。原告側の徳永信一弁護士は、『正論』(平成18年9月号)でこう述べている。
<大江氏は、まず、どんな調査のもとに、何を根拠にして、赤松元大尉を「罪の巨塊」などと断定し、アイヒマンのごとく絞首刑にされるべきだと断罪したのかを弁明しなければならない。やがて法廷の証言に立つという大江氏の約束が果たされる日を待ち遠しく思う。そのとき、彼はなにをどう語るのだろうか>
 この裁判で読み上げられた梅澤裕元少佐の意見陳述書が、今回の「軍命令」修正に大きな影響を与えたとされる。昭和20(1945)年3月23日、海上挺進第1戦隊の隊長として梅澤元少佐は、座間味島にいた。米軍上陸目前という緊迫感に包まれていたその夜、島の幹部が本部の壕をおとずれた。自決のための手りゅう弾や実弾をわけてほしいという。梅澤元少佐は、こう諭(さと)したという(『正論』参照)。
<決して自決するでない。軍は陸戦の止むなきに至った。我々は持久戦により持ちこたえる。村民も壕を掘り、食糧を運んであるではないか。壕や勝手知った山林で生き延びて下さい。共に頑張りましょう。弾薬、爆薬は渡せない> 梅澤元少佐の証言には、村民と部隊との良好な関係が端的に表されている。大江氏の『沖縄ノート』には、故意かどうか知らないが、そういう雰囲気はない。いずれにしても、
徳永弁護士が述べたように、こんどは大江氏が発言する番である。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

裁判予定




7月27日(金) 大阪地裁 午前9時50分集合
   10:00−00:00 皆本義博氏 証人尋問
   13:30−16:30 知念朝睦氏 証人尋問、
           宮城晴美氏 証人尋問

9月10日(月)  那覇地裁 
   13:00−15:00 金城重明氏 証人尋問

11月9日(金) 大阪地裁 
        時間未定 梅沢裕氏 証人尋問
             赤松秀一氏 証人尋問
    (大江健三郎氏 証人尋問)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 この訴訟は皆様の募金によってのみ活動が維持されます。
ここまでの裁判を支えてくださった皆様のご協力に深く感謝いたします。
本当に有難うございました。どうか裁判が続く限り、引き続き精神的にも、資金的にもご支援賜りますよう御願い申し上げます。

上記の通り、9月10日に那覇地裁へ出張尋問に行かねばならず、弁護団、及び事務局員の出張費に新たに相当の費用が必要です。
何卒、一人でも多くの方のご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

『沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会』

郵便振替口座
 

00900−6−316826

(振込用紙を準備していますが、お手許に無い場合は番号を右詰めで)                    
代表    南木隆治
(みなきたかはる)
                      
会計責任者 吉田康彦
(よしだやすひこ)


2007年6月23日 10時12分 | 記事へ | トラックバック(2) |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/osjes/trackback/33/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
沖縄ガントレット 2007年07月22日(日) 11:24 by 鈴大スクラップブック
昔、アメリカ映画に「ガントレット」というクリント・イーストウッド氏が製作/監督/主演した映画がありました。そのストーリーは、
ある地方都市に町を支配するワル地元警察幹部がいます。

ところが彼の悪事を裁く裁判が開かれることになり、裁判の唯一の証人であるヒ...
異常としか思えない 2007年07月07日(土) 20:46 by 雑感だらけ
今回の教科書検定では集団自決そのものを否定しているのではない。
軍による強制が疑わしいからその部分が削除されただけに過ぎない。
ところが、沖縄県議会はあきらかな過剰反応を示す。
現場にいた人間から強制に対して疑いの声が出ているのになぜその声を無視するよう...
ニックネーム:会長 南木隆治