ニックネーム:ma23
性別:♂
都道府県:osaka
〜春はギフチョウ・夏はゼフィルス・四季をたのしみ・蝶にあそぶ〜 蝶の写真を撮りながら蝶あそびをつづっています。家族といっしょにあそんだ日記なども載せたり。 連絡は xxxx(ニックネーム4文字)@kawachi.zaq.ne.jp へもどうぞ。ツイッターアカウントは @ma23__t です。

»くわしく見る
2016年01月25日(月)
ブログ終了と引っ越しのご連絡
ついさっき2016年になったと思ったらもう1ヶ月経とうとしているとは。
時間が過ぎるのは早いものです。

さて、2010年1月から始めた「蝶にあそぶろぐ」ですが、残念なことにZAQのブログが来年1月末をもってサービスが終了するって連絡がありました。まあ仕方ないですね。6年間お世話になりました。初めてのブログでしたが楽しく過せました。

ってことで、2016年からはてなブログで新しい蝶にあそぶろぐを始めることにしました。
こちらに移ってますので、ぜひぜひあそびに来てください〜。

またこちらにリンクくださってる方は、
リンクの変更をしていただき、引き続きお相手してもらえると嬉しいです。

では今後ともよろしくお願いいたします。
どうもありがとうございました。
2016-01-25 | 記事へ | コメント(0) |
2016年01月01日(金)
新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。



こちらは年始にふさわしく?今年もギフチョウでご挨拶です。
家族みんなで初の白馬、たくさんの思い出ができました。

さて、昨年の蝶あそびをちょっとだけ振り返ってみれば、
出会いの波が激しく、全体的に撮影の難しい年だったように思います。
とくに夏の信州が厳しかったかな。
なんやかんや深追いしてしまい余計に苦労したのを覚えています。

さあ今年はどうなりますかね。
ブログものんびりやっていきますので、たまにあそびにきてもらえると嬉しいです。

あと数ヶ月でギフチョウが舞うんですね〜待ち遠しいです。
2016-01-01 | 記事へ | コメント(10) |
| 蝶にあそぶ |
2015年12月20日(日)
「いきもにあ」に行ってきました
いきものをテーマにしたグッズや作品が京都に集うことをツイッターで知ったので家族みんなでドライブかねて行ってきました。

場所は平安神宮からすぐのみやこめっせ。
12/12(土)〜13(日)の開催でしたが12日は行けなかったので13日だけです。

昼前に到着。

たくさんの方が来てましたが、1日目はもっと多かったみたい。

受付をすませてさっそく会場へ!
目の前には面白いものがいっぱい〜熱気がすごくて厚着のまま来たのは失敗でした。

東京でやってた時からずっと気になってた昆虫大学のブース

フィールドノートを買ってハンコを押す長男。ハンコの出来が素晴らしかったです。
1冊目でハンコを逆さまに押してしまったのがよっぽど悔しかったもよう、再入学することになりましたが、学長のメレ山メレ子さんにあたたかく見守っていただきました。

この機会を狙ってときめき昆虫学にサインももらいました。
(日付が12日になってました。)

かわいいデザインのポストカードやしおりをゲット。本にも登場してくるものもありました。ほんとはマメコ商会さんのツノゼミバッグがあったら欲しかったんですが、一瞬でなくなったとのことでした。

モニタでしか見ることのなかった作品たちをお迎え。

安斉さんのコオイムシのステッカーなどをゲット。
ちあきさんのシール、大人買いを我慢するのがもう大変...

これが絵だなんて、すごいです。

原画も見せていただきいい思い出になりました。

みのじさんのアイテムは家族みんながお気に入り。

ダンゴムシのトートやシャツ、虫のグッズをたくさんお迎え。
オオムラサキの成虫キーホルダーは自分のものです。

石川県ふれあい昆虫館のブースでは、
おっきなゴキブリを触らせてもらいました。

規模がすごいらしいのでいつかみんなで行ってみよっか〜
春にはギフチョウが舞うらしいよ。

ガラスの昆虫やミジンコ、クマムシなど、ほかにもたくさんのブースがあってひとつひとつをじっくり見て回るには時間がなく。
他にも欲しかったものがあったけど、人気ものは1日目でなくなってしまったようでした。また1日目しか出展のなかったブースもあったりで、、またの機会です。

数時間程度しか居られなかったけど、楽しめました。

2日間で約3400人の方が来場したとのこと。

関西でやってくれたおかげで行くことができて良かったです。
またやってもらえるとありがたいです。

12/13 いきもにあ*京都みやこめっせにて
2015-12-20 | 記事へ | コメント(0) |
2015年12月06日(日)
12月のムラサキ
早いもので12月、
先月から見つけては観察してた越冬集団もだいぶと減ってしまいました。
あたりには小鳥がたくさん。越冬蝶には厳しい冬の始まりです。

暗がりの葉に越冬してるのはムラサキシジミ。

はて、こんなとこに居たっけ?
新しく集まったんではないかと思ってます。

前に掲載した集団はなんとか残ってました。

気温が低いですね、みんなぺっちゃんこになってました。
この集団は今後も観察していきたいです。

次は違う場所の様子もみておきたいところです。


12/6 泉北(大阪府堺市)にて
2015-12-06 | 記事へ | コメント(2) |
| 蝶にあそぶ |
ジャコウアゲハのさなぎ
国道沿いのガードレール、

ジャコウアゲハのさなぎがくっついてました。
今年は生息地がしっかり草刈りされてた感じでしたが、例年と変わらずの光景でした。

どんな風に撮影しようかななんて思いつつ、ごくごく普通に。

そうそう、この日は子供2人を連れて実家に行く途中に寄ったわけなんですが、
撮影後に散歩してたらなんとお巡りさんにお話を〜なんてハプニングに遭遇しちゃいました。いわゆる職質ってやつです。

聞いたら、国道を走行してた車から通報されちゃったみたい。
一人でうろうろしてるんだったらまだしも、2人も子供を連れてるのに、、と思いつつ。

ま、ガードレールの下でしゃがんで撮影ってのは間違いなく怪しいので不審人物なのは否定できないですけどね。
警察官には、ジャコウアゲハの越冬蛹を撮ってたんです〜この時期ガードレールで越冬する蛹がいるんですよ〜春になると黒いアゲハがこの辺を飛ぶので〜って最大限の詳細を伝えたうえ、実物も見せておきました。こんなに小さいんですねって感じでおわり。

お忙しい勤務中、どうもお時間とらせてすみませんでした。
いい?思い出をつくって、実家に向かうのでした。


11/29 大阪府にて
2015-12-06 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年12月03日(木)
ほかぽか陽気と蝶たち
3連休の初日、この日の大阪はすごくぽかぽか陽気でした。
いやぁ、昼なんかは気持ちいいを越えて暑いと思うほど。
おかげでたくさんの蝶が舞う楽しい時間を過ごせました。

まずはムラサキシジミ

住宅の谷間にできた日だまりで多くのブルーが見られました。

ムラサキツバメも飛んできては翅を広げます。

近くの暗がりには越冬集団がありましたが、
そこからの飛び立ちはなかったので、ほかにも集団があるのかも。

ウラギンシジミも珍しく登場。

このあと地面に降りてストローを伸ばしてました。

飛んでたキチョウを目で追ってると、

葉の裏にぴたっと。こんなところで越冬するんですね。
少しでもいい場所を探してるのかな?

新鮮なヒメウラナミジャノメもあちこちで。

いつまで出会えるでしょう。

他に出会えたのはベニシジミやヤマトシジミ。
ホシミスジもそこそこ多かったです。

せっかくの陽気だったので越冬集団の観察は少しだけにし、飛んでる蝶にあそびました。やっぱり動いてる蝶の撮影はいいもんです。


11/21 泉北(大阪府堺市)にて
2015-12-03 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年11月15日(日)
越冬蝶さがしの始まり
今年もあっという間に越冬蝶をさがす時期になってしまいました。
これから冬にかけて泉北の公園を散歩しては越冬蝶を観察することが多くなるでしょう。

先週8日は雨のなか、傘をさしながら簡単に下見だけ。
少しだけどいくつかの集団を見つけておきました。

そして翌週15日、雨が上がったので下見しといた場所へ。
まずはムラサキツバメから。

この樹の葉は落葉するんですが、必ずムラツバ集団が見つかります。
(先週よりも数が増えてました。)

辺りにはマテバシイも多いのに、なぜこの樹が選ばれてるのか・・・
葉が落ちたら集団も散ってしまうのにね。
ほんとよく分かりません。

もちろんマテバシイの葉上にも集団ができてました。

なかなかいい集団で、これからが楽しみです。
晴れたら飛び出して翅を広げてくれるかな。

アラカシの枯葉にはムラサキシジミの集団。

枯葉がどのようにくっついてるのか分からなかったですが、
強い風が吹いたら飛んでってしまいそうです。

葉の裏にはウラギンシジミ。

暗いところで静かに止まってました。

いつもの越冬御三家をしっかり押さえることができた数時間でした。

まだまだ気温が高く、越冬に入ってなさそうな1匹ムラサキツバメもたくさん見つかったので、これから集団に加わっていくのかが楽しみです。

今日は少し明るくなったときにキチョウだけでなくホシミスジやヤマトシジミが飛んでたのを見ました。

来週は晴れてくれるといいな。


11/15 泉北(大阪府堺市)にて
2015-11-15 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年11月08日(日)
南紀のサツマシジミ
今秋の南紀、行ってみたらほんとサツマ多かった〜正直サツマばっかり。
こういうのを当たりの年と言うのでしょう。あちこちで賑わってました。

センダングサまわりではとくにたくさんの姿。
おかげで新鮮な翅を選びながらのぜいたく撮影ができました。

裏面はルリシジミとよく似てますが、より白さが増してるような。

黒の散らばりかたはサツマ独特です。

あたりをぶらぶらしてるとさっそく草むらにブルーがちらっ!

オスのホワイトブルーです。
しかもこんな簡単でいいのでしょうかレベルです。

このサツマ、花に来てる時はまったくと言っていいほど翅を開きませんが、
草にとまると嘘みたいによく広げてくれます。

「葉の上で翅を広げる法則」この法則はほんと間違いないですね。
気温があまり高くならなかったのも、撮影的にいい状況だったとは思います。

吸蜜中はせいぜいこれくらいの開き方しかしてくれません。

このあと飛んできたメスを追いかけてってしまいました。
縁毛もすごく新鮮だったので期待したのに ...

ブルーはあちこちで見られたんですが、

こんどはいい絵になりません。
お腹も上がってるし、翅の位置も低い・・・今度は逆に気温が高くなかったからかな。

帰りは白浜のスーパーに寄ってお寿司を食べる2人。
サツマのホワイトブルー、いい秋の思い出となりました。

この日はヤクルリが少しいたんですが、時期遅しという感じ。
ヤマトシジミは見頃だったんですが、サツマを追いかけてたので全く撮影しませんでした。あとはアサギマダラが空を舞ってたのを見ました。


11/1 南紀(和歌山県)にて
2015-11-08 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年11月04日(水)
南紀でウラナミシジミ
蝶友のブログにアップされてたサツマシジミのブルーが美しかったこと、それとkanabunさんからいただいたサツマ多かったコメントから、今年はサツマの当たり年だと確信。

今年は行かないつもりでいたけど、こうなったら出かけるしかないですね。
長男もサツマ見たいっていうので今回は2人でドライブ。家を5時すぎに出発し、高速を使って一気に南下。阪和道の南紀田辺からは紀勢道へ。すさみ南インターまで開通してたおかげで数時間で目的地へ到着です。

お目当てのサツマシジミは次回にお話するとして、まずはセンダングサの花にたくさん飛んでいたウラナミシジミをどうぞ。あまりの美しさにたくさん撮影してしまいました。

ウラナミという名のとおり、裏の波もようが特徴的です。

じっくり眺めてたくなる美しさでした。

オスの表は全体的に淡い紫。

長い毛はみず色をしています。

こちらはメス。

からだの周りや翅の中央部がみず色に輝きます。

この日は雲がぽこぽこと多く、
日が陰った時にゆっくり撮影できたような気がします。

求愛してるところも目撃。

左のオスが盛んにアタックしてたけど、結局メスに振られました。
交尾の写真が撮れるかと期待したけど、残念でした。


11/1 南紀(和歌山県)にて

次回はサツマシジミです。
2015-11-04 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年10月25日(日)
スジボソヤマキチョウの翅のしみ
前々から妻が家族みんなで鳥取砂丘を歩きたいと言ってたので、但馬行きのタイミングを合わせ技にして出かけてきました。
但馬へ行くのはスジボソヤマキチョウをどうしても見たかったからです。

但馬のスジボソヤマキ、秋なら10月初めに行けば美しい姿に簡単に出会えますが、今回はあえて時期を遅らせる必要がありました。

なぜって??

スジボソヤマキチョウは越冬するのですが、越冬明けの翅は色褪せてしみがいっぱいついてるのです。(よく似たヤマキチョウは越冬明けでもすごく美しい翅をしてるので、なぜこんなに違うんかなぁと思ったり。)


ここでずっと気になってたのは、スジボソヤマキチョウの翅のしみが越冬中にできるのかです。さすがに越冬中の姿を見ることなんて自分ではできないでしょうし・・そこで越冬に入る直前の状態を見ておきたいと思ったのがきっかけです。


スジボソヤマキチョウが飛び出すまではいつものようにツマグロキチョウを探します。カワラケツメイの群落まわりの草原を歩くとすぐに出てきてくれました。

この時期でもすごく新鮮です。

飛んでもすぐに止まるのがふつうのキチョウとは違います。

たまに花にもやってきます。

美しい秋姿です。
キチョウとは違い、脚も触角も見事に全身イエローです。

気温が上がってきたので、場所を変えると、お目当てのスジボソヤマキチョウがやってきました。花に来てる姿を見てびっくり!

翅の外側から茶色っぽく色が変わって、
内側にかけてしみが散らばってました。

越冬前の姿にはしみが無いと思ってたので意外でした。

ちょっと考えてみたのですが、この中途半端な活動をするために日の当たりやすい場所に止まって夜を過ごすから朝晩の霜とかにやられてるんじゃないかと。
一方ヤマキチョウはすでに本格的な場所で越冬してるから翅の傷みがないのかなと。でも信州にもスジボソいるか、、やっぱ越冬場所の違い?

見れば見るほどこの翅のしみが美しく見えて仕方なくなってくるのでした。

今までにない写真が撮れました。

十分に楽しめたし昼前になったので神鍋の道の駅でバイキングを食べて砂丘へ。
神鍋から砂丘まではそんなに遠くなく、砂丘の斜面をみんなで登って砂丘と日本海を楽しんだのでありました。おみやげやさんではたくさん試食しまくっていいおやつにもなりました。

帰りは但馬に戻って湯村温泉につかって帰るのでした。その後さいごに寄ったハチ北の道の駅にはヒメヤママユがいて美しかったです。


10/24 但馬(兵庫県)にて


砂丘あるきのせいで翌日は筋肉痛になりました。
2015-10-25 | 記事へ | コメント(2) |
| 蝶にあそぶ |
2015年10月18日(日)
本日のぶらぶら
土曜は朝から夜遅くまで仕事、まだまだ忙しい日々を過ごしてます。
日曜は昼すぎから買い出しに行きたかったので朝のうちだけ近所の散歩道をぶらぶら。すっかり定着してきたコース歩きです。

朝から晴れてまぶしいくらいの天気、まさに秋晴れですね。
どこでもヤマトシジミがたくさんちらちらしてました。

明るい地面に止まっては翅を広げてました。

やさしいみず色があちこちで見られました。しばらく楽しめそうです。

キバナコスモスにはヒメアカタテハが時たまやってきます。

秋の光景ですね。どうせなら青空を入れたら良かったかな。

アカタテハはすごくきれいなのがいたけど撮れず。
アゲハやアオスジアゲハ、ゴマダラチョウの幼虫を見てまわっての帰宅です。


10/18 大阪府にて
2015-10-18 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年10月12日(月)
緑地公園をぶらぶら
この秋まっただ中、旬のシルビアやサツマが気になりますが、今年はゆっくり出かけられそうにありません。そんな忙しい感じなので今日も近場をぶらぶら。今回は午後の緑地公園です。

ユキヤナギにはホシミスジがひらひら。

まだまだ新鮮でした。

ヤマトシジミがたくさん飛んでたカタバミまわり。

花にはなぜかキチョウが目立ってました。
ヤマトシジミは青いメスが気になって追いかけたけどうまく撮れず。

花壇にはベニシジミ。

お腹がすいてたのか、花から離れません。

絶妙な輝きをするオレンジにうっとり。

明らかに美麗種ですね。上からの撮影。

横からも撮影。

どこから撮っても美しいチョウですね。

たくさんの蝶にあそべてちょっとは気分転換になったかな。

10/12 大阪府にて
2015-10-12 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年09月27日(日)
散歩道で迷蝶ほか
朝のうちはのんびり。昼前に少しぶらぶらしようと思ってたら、
先にカメラもって出かけてた長男が慌ただしく帰宅。

「迷蝶きてる!早くー!」って。
網をもって再び飛び出していった長男の後を追っかけたところ、ランタナの花にそいつは居てました。

まずは証拠写真を。

(2015/09/27 11:14 撮影)

長男いわく、
黒い蝶が飛んでたので見てたら遠くのランタナに止まったとのこと。ルリタテハかスミナガシと思って石を投げたら近くに来たって。
なんやかんやいろいろ頑張ったんや。それにしてもよく戻ってきたなぁ。父想いだなぁ〜うんうん。

ここは大阪の河内なので迷蝶ってことになりますかね??

今回の出会い、、
・はるばる南国からやってきた or その子孫?
・伊丹か橿原、箕面の昆虫館などから飛んできた?
・誰かが飼育したものが何らかの理由で?
こんな可能性が考えられますね。

もし子孫だったらもう少し居たりして?

いやいや、ちょっとばかし興奮した出来事でした。
このあと網で捕まえ標本にしました。

さてこのランタナ、アオスジアゲハがたくさんやってきます。

新鮮な姿が多かったです。

集客力の高いヒャクニチソウにももちろん。

出かけた分をしっかり楽しみました。

美しいアオスジアゲハのそばには・・

新鮮でなくてもここまで生きてる姿を見ると思わず撮らずにはいられません。

ツマグロヒョウモンのメスがまたまた羽化してきてます。

すごい周期で出てくるのを感じます。さすが南の蝶ですね。

今日は迷蝶?も見られて面白かった散歩道でした。
近場でも出かけてみると何があるかわからないものですね。


9/27 大阪府にて

----------

昼すぎからこの蝶の件もあり家族で大阪市立自然史博物館に行ったけど、残念ながら蝶に詳しい学芸員さんは不在でした。
ショップにはかわいらしいものがいっぱいあり、散財して帰るのでありました。
2015-09-27 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年09月21日(月)
散歩道の花と蝶
仕事の勤務先が来月に変わるため、休日は準備したりと忙しく。

そんな間にもすっかり秋めいた散歩道、
咲いてる花には蝶の姿が目立つようになってきました。
ちょっと遊べたので久しぶりの更新です。

キバナコスモスは多くの蝶がやってきます。

ツマグロヒョウモンのメスが美しかったです。
(9/13)

翌週にはモンキチョウも増えてました。

産卵前の栄養補給でしょう。
(9/21)

植え込みのヒャクニチソウに来客。

大きなお腹のアゲハがのんびりと。
(9/21)

キアゲハもやってきて賑やかに。

美しい姿に癒されました。
(9/21)

アオスジアゲハやアカタテハも飛んできたけど撮れず。
もう少し涼しくなったらヒメアカタテハも出てきそうです。


9/13,21 大阪府にて
2015-09-21 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
2015年08月29日(土)
ウラナミジャノメあちこち
お盆明け最初の週末。
仕事の忙しさが復活したため、遠出はせずゆっくりしてました。
しばらくこんな状態が続きそうです。

とはいってもこの時期、旬のウラナミジャノメが出てきますね。
なのでちょっとだけ生息地を覗いてみました。

奈良の飛鳥地方へとりあえず。

少ないながらちゃんと発生しておりました。発生初期です。

時おり雨がぱらつくものの、撮影するには困りません。
むしろいい感じです。

目玉模様はいたって普通なものばかり。

このまま帰るのももったいなかったので、山城方面にも行ってみることに。
国道24号線を北上し、京都に向かいます。
途中、生駒から湧き出た雨雲のせいで強い雨が降ったけど、移動中だったのでセーフ。

木津の交差点、工事終わってきれいになってました。
すぐ近くのサンディにはよく行きます。(←これはどうでもいいですね。)

山城に到着するとさっそく飛んでました。
こっちの方が発生数が多かったです。

おっと、いきなり嬉しい大目玉!(怒られたんじゃないですよ。)

翅に対して目玉の領域が大きいと、豪快が感じがします。

ヒメウラナミジャノメも多かったので見てると、

面白い目玉がありました。出芽タイプです。
いつも思うけど、ヒメウラの方が追っかけてて楽しいかも。

日の丸構図に工夫もなく、毎回おんなじ絵になってしまいます。

一応止まる葉だけは違えてみたつもりです。

山城方面では2ヶ所を覗いたのですが、1ヶ所はまだこれからといった感じでした。

この勢いで帰る道中に生駒(大阪)にも寄ったんですが、見つけられず。
もう少し時間があったらきっと見つかったと思ってるけど、せっかくだったら撮って帰りたかったなぁ。

ってことで、
誰にも会わず静かにウラナミジャノメを楽しんだ1日でありました。

8/22 飛鳥(奈良県)・山城(京都府)にて撮影
   生駒(大阪)←出会えず
2015-08-29 | 記事へ | コメント(0) |
| 蝶にあそぶ |
次へ