ニックネーム:きゅうる村

»くわしく見る
2012年06月04日(月)
CVASM16.EXE

あっさりと、ノーエラーでアセンブル。
デヴァイス名を、16f84aに変更しただけ。
Win7(64bit)のXP仮想モード上で。

今までの苦労は、、、
途中の基板を完成させなくっちゃ。
週末に書き込んで試してみよう。

アセンブル、そんなに甘くはなかったようだ、、
エラーは出ないのに、ちゃんとしたhexファイルはできていない。リストをとっても、ノーエラーと書いてあるだけで、空だ。

どうも、EEPROM関連が異なるようだ(eedata疑似命令はpa.exe独自)。
いや、あった。
EEDATA Loads data EEPROM with given values. This provides a means of automatically
storing values in the data EEPROM when the PIC is programmed. This is handy for
storing configuration or start-up information. EEDATA is only available for PICs that have
EEPROM memory.




2012-06-04 21:34 | 記事へ | コメント(0) |
| 電子工作またはDIY |
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク