ニックネーム:太田たこす
いわゆる一つの同人オタク。現在の活動ジャンルはアニメ・ゲーム・マンガ(「ぱにぽに」など)のパロデマンガと評論・情報系文章本。元コミケスタッフ(館内担当)

»くわしく見る
2009年08月21日(金)
最初から完成している訳がない
@++さんのこちらの記事でいい事言ってらしたので、それに関連するお話を。
余談以下でちょっと論旨が変わりますけども。

夏コミの東方スペースの対応に当たっていたスタッフの友人が言っていました。
「参加者意識の欠如が最大の問題だった」と。
でもそれってコミケ初心者が多いジャンルなら、
欠如してるのが当たり前なんですよね。
初心者が暗黙の了解やマナーを知らないのは当たり前。
それくらいネットで調べてから来いというのは簡単ですが、
例え下調べをきっちりやったとしても、
「参加者意識」は参加してみない事には芽生えないでしょう。
それもコミケ自体に大なり小なり愛着が湧かないことには。
数回参加する内に持ってもらえたら御の字って物じゃないかな。
(以下「続きを読む」)

初心者の割合が急激に増えれば、
マナーやルールを知らない事によるトラブルが増えます。
すると「最近マナーが悪くなった」「暗黙の了解が通用しなくなった」
と以前からいた者が嘆く。
これコミケでも過去に何度も見られた光景なんですよね。
会場が晴海から幕張に移った直後、
参加者が一挙に倍くらい(12万から23万)に増えた後にもありました。
ビッグサイトに移って一気に10万人以上増えた後にも。
実を言いますと、
私はその幕張で急激に増えた参加者の一人、
嘆かれた側の人間なんですよね。
それがいまやマナーやら何やらを教える側に立っている。
ビッグサイト移転頃初参加した皆さんだって、
今頃は立派なベテラン参加者でしょう。
だからね、マナーやらモラルやら参加者意識やら、
精神的な問題に関してはそう悲観する事はないんじゃないかと思うのですよ。
参加経験を積めば自然にノウハウは蓄積される物ですし、
事故を起こさない為にはスタッフの指示に従う方が得策だと、
自然と判ってきます。
それに、例え参加者意識なんて立派な物を持たずとも、
「空気を読んで」あまり無茶はしなくなる場合も多いでしょうし(ぉ
だから先輩参加者は嘆いてばかりいないで、
後輩の成長の手助けをして行く方が有意義じゃないかなと。

まあ成長する前に事故起こしておじゃんの可能性もありますけどね(台無し)


◆以下余談
精神面の問題は時間が解決してくれるかも知れない…
というか解決にどうしても時間がかかるのでいいとして、
急激に増えた“人数”という物理的問題には早急に対応する必要がありますよね。

どうも物理的問題と精神的問題を混同してしまって、
解決すべき問題の本質を見失っちゃうケースがあるような・・・?
こと混雑対応(危機管理)でそれやってしまうと、すごく危険なんですが(汗)
精神面が成熟すれば事故が起こりづらくなるのは確かだと思いますが、
実際目の前に人があふれてる状態でそんな悠長なこと言ってられないわけで。
2009年8月21日 00時51分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| コミケ・同人誌関連 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/iwasere/trackback/717/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク