ニックネーム:太田たこす
いわゆる一つの同人オタク。現在の活動ジャンルはアニメ・ゲーム・マンガ(「ぱにぽに」など)のパロデマンガと評論・情報系文章本。元コミケスタッフ(館内担当)

»くわしく見る
2011年12月27日(火)
コミケの風紀厨
ネットやカタログのマンレポなどに上がっている、
カートや日傘、大手の列などについての意見をみると、
概ねそれらへの攻撃が多いようです。
でもコミケって、
「多少の迷惑は受け流す寛容な心」が必要な場所だと思うのですよ。
確かに上に挙げた物は迷惑になりやすいし、
やっている側が十分注意する必要はある。
またそれらマナーに対する周知・啓蒙も必要ではあります。
(私も周知はやっていますし)
しかし、それも行き過ぎるとギスギスして雰囲気が悪くなる。
さほど実害のない状態の時にまで目くじらを立てたり、
また些細な事で「悪党を成敗する」「断罪する」かのような、
キツイ言い方で相手を責めるのは行き過ぎ。
さすがにそこまで行っちゃうと「風紀厨」って言うんじゃないか?と。
ちょっとぶつかっただけで痛くもないのに相手に食って掛かるとか、
ちょっと隣の列がはみ出してきただけでケンカするとか、
皆がそんな事やっていたらイベントが破綻しますから。
「些細なミスを見逃し続けた事が大きなミスに繋がる」という、
「ハインリッヒの法則」と言う物があってこれも気をつけないといけませんが、
それにしても限度という物があるでしょう。

コミケは「参加者が多い」というのがデフォルトなので、
「人が多い事に起因するトラブル」にはある程度寛容でいたいなと。
以上「迷惑を注意する事」が必ずしも善であるとは限らないというお話でした。

なおこれに関連して、
「風紀厨による独自ルールの押し付けの問題」なんてのがあって、
こっちの害も結構大きかったりするのですが、それは後ほど別のエントリにて。


2011年12月27日 19時34分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| コミケ・同人誌関連 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/iwasere/trackback/1587/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク