ニックネーム:太田たこす
いわゆる一つの同人オタク。現在の活動ジャンルはアニメ・ゲーム・マンガ(「ぱにぽに」など)のパロデマンガと評論・情報系文章本。元コミケスタッフ(館内担当)

»くわしく見る
2011年11月13日(日)
一部コミケスタッフにみられる驕りについて
一部のコミケスタッフに見られるおごりについて
先日twitter上でコミケスタッフの一部に見られる、おごった態度が話題に。

コミケスタッフと思われる方々が「ネゴもせずに列立て!」「我々の世界なら飛び蹴り」「まあ好きにやらせてあげれば(笑)」と大変に剣呑な様相。オープンな場所で話す内容じゃない

挙句の果てに「今日が二拡って知ってるならもっと開場早くしろよな」とかまで言ってたなー。こういうタイプが一定数コミケスタッフにいるので、無条件に尊敬できなくなってきている。
上記二つは【@kokkuri】様

コミケスタッフのごく一部に「ミケスタ偉い」みたいなおごりがあって、それだけならそこまで問題ないんだけど、「ミケとやり方が違うイベントはダメ」とか「ミケスタの俺様がおかしいと思うからこのやり方は正しくない」ってdisる方々がいるのであれなんとかして欲しい。
【@koumyonakakureg】様

でまあ残念ながら、
実際こういった態度を取ってしまうコミケスタッフは私も見た事があるので、
(コミケスタッフ時代に同じスタッフがやってる所を……)
こういう人は実在すると言う前提で話を進めます。
あ、先に言っておきますが、「いる」とは言っても極少数ですが。
ただ増えられると困るので予防線を張る意味でも取り上げておく次第。

※14日追記:上二つのツイートについて、
現場にいた方(私も直接お会いした事のある方)から、
「同じコミケスタッフに対する指導的なものだった」
「実際に発言したのはコミケスタッフではなかった」
旨の反論が寄せられている事をお断りしておきます。
詳しくはコメント欄をご参照ください。


(以下「続きを読む」内で)


最初のツイートで語られたようなケースについて。
自分から見てつたないやり方を見かけると色々言いたくなる気持ちは判るし、
その批判が当たっている場合もあるかもしれないが、
だからと言って言うべき時と場所は選ばないと。
周囲の反感を招いたり余計なトラブルを招く原因になります。
批判すべき相手、この場合そのイベントのスタッフなり主催に対して、
後から「ここはこうすべきだった」と忠告したり、
同じ失敗を繰り返させないようにブログ等で周知するのならばともかく、
ただ一般やサークルの耳にも入る場所で悪し様に言い放つだけなのは、
客観的に見れば「ただ悪口を言っている」のと大して変わりません。
(反省会のような場所でなら「言い方」さえ気をつければ問題ないと思われるが)
聞こえた人に「なに上から目線で語ってるんだよ」と反感を買うことになる。
それも自分だけじゃなく「コミケスタッフ全体への反感」になってしまう。
実際はそんな事言っているのは極少数だとしても。

二つ目についてはもっと悪い。
そもそも他のイベントがコミケの都合に合わせる義務などありはしません。
(仮に主催が合わせようとしても諸事情で無理と言う場合も多いでしょう。
イベントの日程調整は会場の都合などもあり非常に難しくなっているのですから。)
仮に仲間内の冗談で言っているにしても、
他の人の耳に入る場所で言うべき事じゃないし、
本気で言っているのなら傲慢に過ぎる。
「何様だよ」って思われても仕方がないレベル。
元コミケスタッフの私が聞いてもあきれるレベルですからね、これ。

三つ目について。
コミケは確かに最大の同人誌即売会だし、
そのスタッフの一員として、そこで培われた運営技術・ノウハウに自信を持ち、
誇りに思うこと自体は悪い事ではないと思います。
しかし、自信も行き過ぎればただの傲慢になってしまう。
そして傲慢な態度は周りから見たら批判の対象です。
またコミケで通用するやり方が全てのイベントで通用する訳でもありません。
これは当たり前すぎる話なので言われなくても判っている人も多いとは思うのだけど、
たまに判っていない人がいたり、判ってる人でもうっかり口を滑らせる事がしばしば。
コミケスタッフの皆さんにはくれぐれも注意していただきたいところ。
スタッフへの不信感を育てても良い事はないんですから。


◆オマケ
上記内容に関わりの深いまとめがあったのでご紹介

コミケスタッフは万能じゃない、けど、使いよう

以前私もこのブログで取り上げた、
「コミケスタッフだからってコミケ以外の場所でどんな混雑でもさばけるわけじゃない」
旨の発言も入ってますね。
はたから見てるだけだと判りづらいですが、
判ってる人は実感として判ってるんですよね、これ。
いや、もちろん混雑対応の未経験者よりは良い働きが出来るとは思いますが、
ええ。
2011年11月13日 21時12分 | 記事へ | コメント(9) | トラックバック(0) |
| コミケ・同人誌関連 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/iwasere/trackback/1542/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
いつも勉強させていただいております。
あの場にいた側の人間として一言。

おそらくコミケスタッフサイド寄りな発言をしたと思しき
人のそばで立ってましたが

あの列形成をした人もコミケスタッフの若手で
・経験のためにオンリースタッフをさせてみよう
・ある程度広い場所でそれなりの大手サークルの対応させてみよう
・ミスってもリカバリが効く範囲にそれなりのスキル持ったスタッフが待機
・事が終わった後何処に問題があったのか当人に確認
・そして、今後の反省とそれに必要なことの指導
と言うフェイズを踏んで行われたことです。

当日に僕もつぶやきましたが
https://twitter.com/#!/masanosama/status/131981282673561600
https://twitter.com/#!/masanosama/status/132124803082620928

アレをやらせてみたのは
コミケではホール長 みみけでは混雑対応責任者

やったのは今回4回目くらいの新人
今回C81が初ブロック長 C80が初副ブロック長
サンクリではエリアリーダー的な立場を受け持つようになった
と言う会社で言うと「そろそろ1人前として扱われる」クラスの子です。

確かに新人の彼を批判したと思われる発言を公の場でしてしまったと言うのは問題ですし
批判の内容もけして良いとは思えませんが
指導の一環としてであれば
問題ないのではないのかなぁ と言うレベルの内容でした。
文字数制限に引っかかったので続きです。

「スタッフの剣呑な発言」が一言一句違わずにTweetされてるとも思えないし
書いた事とその時実際に発言していた事とでは
口調などから受け止められる内容も違うし
3番目に至っては「その場にいない人がTweetの内容だけで判断して」書いた事ですので
その内容が「コミケスタッフの驕り」とは思えなかったのが
こうやって拡散しているのを見ると
つい、反論したくなりまして、お邪魔させて頂きました。

なお、言われた当人には2拡大の後の懇親会にて直接
「今回の件はいろいろ言われたかもしれないけど
 なにが自分の反省点か判ればそれで良いから」
と言い、当の本人からも
「ここが問題点でした。 次回からはこうやって
 あのような失敗はしないようにします」
と、きちんと返答貰ってますので
そういう意味では「経験としての本来の目標」は達成できたと思っています。
大事なことを確認するの忘れてました。

「剣呑なことを言った」人は確かにいましたし
僕もその傍に立っていたのでそれは事実ですが
もし、それが僕と一緒にいた人だとすると
それを言っていた2名 コミケスタッフではないです。
サークル側混雑対応担当としてコミケ会場内で混雑対応はしていますが
それはあくまで「サークル側」。

オンリースタッフなどはやっていますし
混雑対応の経験はありますが。
厳密な意味では「コミックマーケット準備会のスタッフ」ではないはず。

だから「サークル側にネゴが無かった」とかポイントは突いていますが
それが「コミケスタッフとしての驕り」と言うより
「サークル側混雑対応担当としてのあって欲しいもの」
なのかもしれません。
2011年11月14日(月) 00:50 by 太田たこす
☆まさのゆたかさん
貴重なご意見ありがとうございます。

「今回の上二つのツイートで上がった件については」
確かにおっしゃるとおりあまり問題のないケースだったのでしょう。
そこは理解いたしました。

ただし、上のエントリはあくまで「そういった行動全般」についてであって、
「ツイートで上がっていた件のみ」の話ではありません。
つまり、三番目のつぶやきの方もそうだと思われますが、「一般論」なのです。
上の二つのツイートがきっかけになって、
「こういう人もいるよね」「ああいるね」
と話が広がったと思ってください。
ですから、「その場にいない人云々」は的外れな反論です。
そもそも「ツイートの内容だけ」だったらこんなエントリは書きません。
似たような事例を以前から認識し、問題視していたからこその行動です。
また上にも書いたように、
「第三者が聞けば悪口と誤解される行動」も問題視しています。

上二つのツイートについての名誉回復の追記はさせていただきますが、
総論は変更せずこのまま残させていただきます。
3番目ツイートのものです。確かに1〜2番目のツイートを見てつぶやいておりますが、そのツイートの状況とは無関係のつぶやきです。
まさのゆたかさまがあの直後否定のつぶやきをしておりましたが、私の件に関しては状況が違うことを申し沿えておきます。

で、3番目の件が何を指しているかというのは……。
3〜4年前の話というあたりでこの場では濁させて頂きます。
あまりネット上に詳細を晒していいものではないものですから。
「コミケは偉い」のはそれなりの部分で事実でしょうが(同人市場を作った功績は否定できない!)、だからといってコミケのやり方が全てと思われては困りますし、コミケとやり方が違うイベントはダメということはないはずです。

ある主催経験者から「○○という即売会ではコスプレイヤーの長モノ持ち込みを認めている。信じられない!無能だ!」って発言が飛び出したのを聴いたことがあります。
あんた地方都市行ってこい……というかその人自身地方で主催してた人なんだよなぁ……いったいあなたは地元で何を見てたんですか?
2011年11月15日(火) 00:27 by 太田たこす
☆koumyoさん
コメントありがとうございます。
そちらのコメントの意図はやはり私の解釈で間違ってなかったのですね、
安心しました。

☆あかみさん
そうですね、「このやり方は駄目」と言う場合、
理由が「コミケと違うから」だけだと困りますね。
「これこれこうだからマズイ」と具体的な理由を説明できないと。
もちろんその事をしっかり理解している人の方が多いとは思うのですが、
たまにそうでない人がなんかやらかしちゃうので、
たまに釘をさしておく必要があるかなあと。

判ってる人からすると「大きなお世話」と思われてしまう感もあったりしますが……。
難しいなあこの辺の機微は……。
まさのです。
本エントリの趣旨 了解致しました。
確かに「コミケ基準でしかモノを推し量れないスタッフ」と言うのは
ある一定数は実在していて

私も対応した事ある中では
「コスチュームカフェは一般参加者を『お客様』と呼んでいるが
 これはコミケの『参加者は全て平等』と言う意図に反する」
とか
去年の水戸SPで
「コスプレしたまま外に出るのを止めないんですか!」と言った
「自称更衣室スタッフ」とか

そう云うのに対する対応をした事もありますし。
それを何とかしたい と言うのであれば
私も全面的に賛成です。
いろいろとご解説ありがとうございました。
2011年11月15日(火) 18:03 by 太田たこす
☆まさのゆたかさん
ご理解いただけてほっとしました。

そうそう、「全員参加者の原則」を過剰に適用してしまう人もいますね。
これはこれで前から気になっていて、
そのうち個別に取り上げようかと思っています。
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク