ニックネーム:太田たこす
いわゆる一つの同人オタク。現在の活動ジャンルはアニメ・ゲーム・マンガ(「ぱにぽに」など)のパロデマンガと評論・情報系文章本。元コミケスタッフ(館内担当)

»くわしく見る
2010年12月22日(水)
コミケ参加者の「使えないやつ!」発言について
冬コミ(C79)カタログ578ページのDr.モロー先生の穴埋めマンガ。
スタッフがスマートフォンでPixivの画像を見せられて、
「このサークルどこ?」と訊かれ、
答えられないと「チッ 使えない奴!」と悪態をつかれたという話。
私、スタッフ時代に似たような経験が数回あります。
「そんな事もわかんねーのかよ」「なんでわかんないですか!?」など、
バリエーションも様々。
まあ必ず悪態をついて去って行った訳ではありませんが、
(と言うかそっちの方が圧倒的に少数派ですが)
サークル名だけ、
またはペンネームだけで場所を訊かれた経験は数え切れません。
いきなり本を見せられて「この本どこで売ってるの?」という例も(笑)
(以下「続きを読む」内で)


自分の場合、時間のある時は一応判る範囲で答えようと努力はしました。
情報が足りないので、ジャンルが判るか?何のパロディか?作家名は?など、
ヒントになる情報を聞き出して当たりをつけようとしたのです。
が、うまく行く事はほとんどありませんでした。
まず先方が答えられない。
答えが返ってきた場合でも、結局判らない事のほうが多いし、
判ってみたら“前日に参加していたサークル”だった事も。

超有名サークルやたまたま知っているサークル、
自分の受け持ち範囲内のサークルなら答えられる事はありますが、
その辺にいるスタッフを捕まえて
「○○というサークルはどこ?」「○○先生のサークルはどこ」と尋ねても、
まず答えられません。
ましてや、カタログのマンガのように、
サークル名すら分からない状態ではなおさらです。

え〜これを読んでいる「これからコミケに参加しようと思っている人」にお願いです。
自分の行きたいサークル、欲しいアイテムのある場所は、
事前に調べてから行きましょう。
まず基本はカタログを事前購入する。
また目的のサークルや企業のサイトを見るなどすれば、
結構簡単に情報を得る事ができます。
で、その調査結果を会場マップ(カタログに付属またはネットに転がってます)に記載して、
当日持参すればO,K。
無くした時の為予備を用意しておくと尚良し。
当日になって知りたいサークルが出来たのに、
カタログが手元になく貸してくれる友人知人もいないという場合は、
準備会のインフォメーション・販売窓口付近に、
閲覧用の予備のカタログが置いてある場合があるので、
それを見せてもらいましょう。
(これ、最近注意して確認していないので、
 必ずあるのかはちょっとわかりません。場所によっては無い可能性も。
 インフォメーションに限らず準備会の詰め所にはあった記憶もあるのですが、
 今一あやふやです。申し訳ない。)
インフォメーション窓口は東1、2、5、6ホール、
西はアトリウムの西1ホール入り口付近にあります。

スタッフもカタログを携帯している事はまずありませんし、
サークルの検索は時間のかかる作業になる為、本来の業務の妨げになります。
(最近はカタログデータをモバイル機器に入れて携帯している人もいるみたいですが、
 まだまだ少数派でしょう)
どうしようもなくて質問する場合、
答えられなくても悪態をついたり、
冷たい態度をとるのだけはやめてあげてください。
それは本来スタッフの業務内容ではない作業であり、
もし答えようとしてくれたのなら、
それはそのスタッフ個人の厚意から来る行動なのですから
2010年12月22日 22時17分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| コミケ・同人誌関連 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/iwasere/trackback/1206/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク