ニックネーム:太田たこす
いわゆる一つの同人オタク。現在の活動ジャンルはアニメ・ゲーム・マンガ(「ぱにぽに」など)のパロデマンガと評論・情報系文章本。元コミケスタッフ(館内担当)

»くわしく見る
2010年09月02日(木)
コミケスタッフやっててサークル参加者に怒鳴った話
え〜私はコミケスタッフ時代、基本的にめったに声を荒げない、
温和なタイプだったと思います。
また先日の夏コミのカタログにも、
スタッフは大声を出さない方向に行っている旨のことが、
欄外のスタッフ一言コーナーに書いてありました。
が、時には“大声を出すべき状況”もあると思うのです。
今日はそんな状況の実例を一つご紹介。
(以下「続きを読む」内で)


ある時、私は開会時間前にトラックヤードの混雑対応に当たっていました。
(サークルが特定されるといけないので詳細は伏せます)
いわゆるフライング列の形成というやつです。
(公式にはこれは列ではないという事になっていたりはしますが(汗))
あるシャッター前サークルの列を形成し、
そこで列の先頭付近に以下のような注意をしました。

「シャッターが開き始めても、指示があるまで動かないでください。
ましてや絶対に開ききるまで下を通ろうとしないでください。
これ、見れば判ると思いますが、とんでもなく重いです。
故障して落下し下敷きになったら、ほぼ確実にあの世行きです 云々〜」

実際のところはわからないのですが、
あのシャッターは2〜3トンはあると言われていました。
例えそこまで重くなくとも、
人の命を奪うのに十分な重さと硬さがあることは見れば判るでしょう。
ですからシャッター開閉時、
周辺50センチ以内に人を入れないようにするのが大原則だったのです。
まして首を出したり、通り抜けようとするなどは言語道断。
それらの危険行為をさせない事は、
その周辺を担当するスタッフの重要な仕事の一つでした。

そしてシャッター開放の時間が来て、ゆっくり開き始めたのですが、
50センチ〜1メートルほど開いたその時、
そのシャッターに配置されたサークルの一人が、
下から覗き込むようにひょっこり首を出して、あたりを見回し始めたのです。
咄嗟に私は「危ない!!首引っ込めて!!!」
と怒鳴りつけてしまいました。
しかしその人、私の言葉を気にすることなくあたりをキョロキョロ。
今度はその人に近づいてから、
「危ないからシャッターから首を出さないでください!」
と大きな声ではっきりと注意。
ほぼ同時にサークルの仲間の人も「お前危ないって!」と注意してくれて、
それでようやく引っ込んでくれました。

私はその時、
そのサークルへ事前に打ち合わせ(ネゴ)をする担当ではなかったので、
そのサークルに注意事項を伝える役目を負っていた訳ではありませんが、
危険行為を無視する訳にはいきませんでした。
また本当に危ない事であるため、緊迫の度合いを伝える為にも、
怒鳴り声に聞こえるレベルの大声も出しました。
当時からすでに
「参加者には命令するのではなくお願いする立場なのだから、怒鳴るのはNG」
と言う事が準備会内で言われており、
スタッフが怒鳴ったり大声を出す事を非難する風潮はあったのですが、
こういう緊急時の危険回避の指示にまでそれを適用するのは、
いくらなんでも行き過ぎだと思っていたのです。
「緊急時に丁寧語では危険度が増す」と言う認識でしたので、
「怒鳴ったら後で怒られるかも?」何てことは一切考慮に入れず行動していました。

4年ほど前にもメインサイトで書いた事がありますが、
悪い事・危険な事をしている人に対しきつい口調を使ったり、
緊急時の群集に危険防止の指示を出す際に大声や怒鳴り声を出す事は、
非難すべきではないと思うのですよ。
(怒鳴りすぎて何言ってるか聞き取れないと無意味なので要注意だけど)
また普段から大きな声を出していないと、
いざと言う時に咄嗟に大声は出ない場合もあります。
ですから、
スタッフが大声を出す事に関してある程度寛容な風潮を作っておく方が、
危険防止のためには良いんじゃないかなと。

もちろん、
無意味に怒鳴り散らしたり威張り散らしてるスタッフがもしいたら、
それは非難されてしかるべきですが。


余談:あとで聞いた話ですが、その首を出した人はサークル代表ではなく、
スタッフが注意事項を伝達していた場にはいなかったそうです。
また私がこの件で叱られることもありませんでした。

もう一つ余談、昔コミケカタログのスタッフの一言コーナーで、
私はこのシャッターの危険性について書いた事があります。
昔のカタログをもっている方は、暇つぶしがしたい時にでも探してみてください。
2010年9月2日 00時09分 | 記事へ | コメント(4) | トラックバック(0) |
| コミケ・同人誌関連 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/iwasere/trackback/1091/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
まあ緊急時には悠長なこと言ってられないですよね。
普段あまり気にしてないけど、あらためて意識するとシャッター怖いですね。

それにしても、そもそもシャッターというものが上に開くという時点で落下の不安があるわけで、横か下に開くようにすれば良いと思う。
まあ空間的に大変とは思いますが。
2010年09月03日(金) 18:16 by 太田たこす
☆MKさん
あんまり浸透していないのですが、
扱いにはかなり注意が必要な代物なんですよ、あのシャッター。
なにせ横幅が10mくらいある巨大シャッターですから、
その分危険度も大きいんですよ。
同じメーカーではなかったかも知れませんが、
同じ方式で巻上げを行うシャッターが、
巻き上げ途中で落下する事故はおきていたそうですし。
下に人が居なかったのでけが人は出なかったようですが。
2010年09月08日(水) 00:14 by もろもろ
人の命も預かってる身としては当然の行動かと思います。

誰もが気にせず楽しめる環境をつくっているのは
会場スタッフと会場に来ている人たちだから
声を掛け合い、助けていって協力して
成り立つのもかと思います。

とあるニュースサイトからやってきました。

乱文で失礼しますTT
☆もろもろさん
大声や怒鳴り声を全く出さずに皆が指示に従ってくれるなら、
もちろん出す必要はないのですが、
必ずしもそうではないと言う現状があるのが悲しいところです。

あと、危ない行為を見たら反射的に大きなが声出ちゃう事もあるかと。
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク