ニックネーム: 居酒屋ガレージ店主
★毎夜毎夜「酒」を求めて青少年指導員とそのOBや防災リーダ仲間が我が家のガレージにやってきます。撃墜した日本酒のラベルとともにその記録を紹介します。(JH3DBO 下間憲行)
2016年05月25日(水)
やっぱPWR(!?)
中尾 政之著「続々失敗百選」
サブタイトルが
 「違和感」を拾えば重大事故は防げる 原発事故と
 "まさか"の失敗学



当然「福島原発事故」の話もあるんですが、
東電のBWR:沸騰水型炉と関電のPWR:加圧水型炉
を比較して、事故が起こった時の経過を推測して
います。

このページから、著者の言葉を拾ってみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もし,福島第一原発がPWRであったならば,事故は
軽減されただろうか.
 :
条件 としては,事故時と同様に,外部電源・非常
用ディーゼル発電機・配電盤は喪失し続 けるが,
地震によって機器や配管が損傷しなかった. と
仮定する. すなわち,電源喪 失(SBO, Station
Black Out)は生じたが,冷却材喪失(LOCA, Loss
Of Coolant Accident) は生じなかった,と仮定する.
 :
※以下、かいつまんで

・BWRでは放射能を含んだ蒸気のベントで大騒ぎした
 が,PWRは放射能を含まない蒸気(2次系)だから
 自由にベントできる.

・1次冷却水は循環ポンプが停止しても,そのポンプ
 のブレードの隙間から自然循環を続けて蒸気発生
 器で抜熱される.途中にバルブがないから,福島
 第一原発の1号機のように,バッテリの喪失でバ
 ルブが閉まり,流路が塞がることもない.

・PWRでは,蒸気発生器の2次冷却水には,もともと
 圧力がかからないから,最初から減圧作業が不要
 である.

・仮に燃料棒が溶けて水素が漏洩しても,PWRの格
 納容器は大きく,水素が全量漏れても,爆発下限
 界濃度に達しないので爆発が起きない.

・格納容器はBWRのように窒素充損されていないから
 作業者が中に入って,逃がし安全弁(SRV, Safety
 Relief Valve)もハンドルを使って手動で開くこ
 とができる.

・すなわち,福島第一原発がPWRであれば,レベル7
 まで悪化することはなかったと筆者は思う.

・以前,ある委員会で筆者が,PWR だったらレベル3
 で済んだはず.と言ったら,BWRのプロに「スリー
 マイル島の事故のように,PWR は1次冷却水を制御
 しにくい炉であり,軽々しく妄想を言うな」と怒
 鳴られた.
 しかし,スリーマイル島の事故は,1次冷却水の加
 圧器の先のSRVが開いたまま固着して,1次冷却水が
 流出するLOCAが生じて,結果的に燃料棒露出事故
 となった.
 SBOが起きたが,LOCAは起きないという仮説の下で,
 筆者はPWRのほうが安全,と言ったのに怒鳴られて
 しまった.

・「PWR はより安全である」ことに賛成すると,PWR
 とBWRを全国にバランスよく配するという,国の長
 年の原発推進政策の失敗を非難することになる.
 原子力ムラでは禁句であるらしい.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

PWRとBWRの比較なわけですが、格納容器がデカいPWRの
ほうが、安全度が高い(だろ)という結論です。
こればかりは、実際に比較になるような事故が起こっ
てみないとわかりません。

まぁ素人的には、BWRは制御棒をお釜(圧力容器)の下
から出し入れする(お釜の上から蒸気を出すんで)か
ら、お釜の下にたくさん「穴」が開いています。
でも、PWRの制御棒は上にあるんで、お釜の下に穴は
ありません。
ここらだけでも、イザの時の余裕度を感じるんです。

福島の事故後に書かれたPWRメーカー:三菱重工のレビュー。
https://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/501/501008.pdf

「PWRの安全設備と福島事象への対応」という座談会の報告書
http://www.engy-sqr.com/lecture/document/zadankai111117.pdf


※検索
pwrのほうが安全か

2016年5月25日 13時06分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・サイエンス / ・本 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4449/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月23日(月)
DB-20L電池を放電するために
リコーのデジカメ用リチウムイオン充電池「DB-20L」。
これの放電特性を調べるために、こんな端子を使ってみました。
なにせ専用電池です。
適合する電池ホルダーはありません。
そこで、カードエッジコネクタから取り出した端子。
これが電池電極の溝にはまったんで、うまく接触させて
電気を取り出せるようにしてみました。

内部抵抗を測るだけなら、「4端子プローブ」が当てられ
ます。





一瞬だけの操作ならこれでいいんですが、連続させるとなる
なんらかの方法で電極を固定しなくちゃなりません。
そこで、これ。



手持ちのカードエッジコネクタ(いつのだろ?)から
端子を抜き出します。
それを電池側面の電極にうまく当たるようにして、基板にハンダ。
輪ゴムで電極部を電池に押さえつけるという仕掛けです。



残念ながら、4端子接続ではありません。
2016年5月23日 16時18分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・電池 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4448/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月21日(土)
「石橋を叩いて渡る」
「石橋を叩いて渡る」 …行動するときは慎重に
という例え話:ことわざなわけですが、
故事ことわざ辞典には、
  ・慎重すぎる人や臆病すぎる人に対しての皮肉
  ・「石橋を叩いて渡れ」 …命令ね
  ・「石橋を叩いても渡らない」…言うだけ
  ・「石橋を叩いて壊す」 …やりすぎ
なんか、ありそな話です。
で、
有川浩:ヒア・カムズ・ザ・サンを図書館で借りてきましたら、
こんな言い方が載ってました。



登場人物の会話で、
  『さすが石橋の非破壊検査人、穿つわね』

非破壊検査、超音波やX線で対象をたたくわけですが…。

石橋を叩いて渡る - アンサイクロペディアに、似たような
話が出ておりました。


2016年5月21日 09時07分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・本 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4447/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
メモ:積層セラミックコンデンサ、DC印加で容量低下
メモとして、前にも載せたかな。

セラミックコンデンサ dcバイアス 容量低下

TI : 直流バイアス特性によるセラミック・コンデンサの実容量の問題
MAXIM : セラミックコンデンサの温度および電圧変動
ムラタ : セラミックコンデンサに直流電圧を印加すると静電容量が変わるのですか?

2016年5月21日 08時46分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・電子回路工作 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4446/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月19日(木)
燃費じゃないけど
自動車の燃費疑惑がニュースをにぎわしてます。
で、似たようなもんかと思うんですが、このブログで
問題にしているのがニッケル水素充電池の充放電回数。
メーカーが言う充放電回数を達成できません。
「容量」はOKなんですが、充放電回数、つまり
充電池の寿命が問題。
JIS C8708で示された条件でもってテストするわけですが、
あれこれ実験しても、どうもうさんくさい。
こちらでの実験は温度管理はしてないわけで、
この点はJISの試験条件からは離れています。
これが気になり、充電電流を減らして発熱を
少なくしてもダメでした。
さらに、JISのゆっくり充放電ではなく、メーカー製
急速充電器を使うと、充放電回数はさらに悪化します。

電池の「推定容量」を少なくし、もっと充放電電流を
小さくして実験かなぁ。

2016年5月19日 09時16分 | 記事へ | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ・電池 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4445/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月17日(火)
エナジャイザーリチウム乾電池 ふたたび
2014年07月09日、ガレージにやってきたエナジャイザーリチウム乾電池
これの特性を、エナジャイザーリチウム乾電池 放電とは違う方法で
放電させてみました。

今回はその「内部抵抗」に注目。
交流定電流法で内部抵抗を測りながら放電を行いました。

普通の単3形アルカリ電池と比べています。
こんな結果となりました。
    (クリックで拡大↓)


エナジャイザー、ニッ水に比べるともともと内部抵抗は
大きいのですが、その電圧の安定性がイイんです。

この電池を持ってきてくれたBEIさんが言ってたのですが、
 「ニッ水電池の充電状態を気にしてストロボ
  (ニコン使いなんでスピードライトね)を使
  うより、高価でもこの電池を使うほうが安心
  できる」
まさに、そのとおりかな。

アルカリもエナジャイザーも、交流定電流方式で測った
内部抵抗は、放電開始から中盤にかけては、むちゃ大き
な変動になっていません。
しかし、アルカリでは無負荷時と負荷時の電圧差が
徐々に大きくなってきます。
放電が進むほど電流を流した時の起電圧が落ちてくる
わけです。
「パワーが無くなる」、そんな感じです。

エナジャイザ−は、ニッカドやニッ水のように、終了間
際にストンと落ちる特性が出ています。


2016年5月17日 09時51分 | 記事へ | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ・電池 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4444/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月16日(月)
20年以上前に作った回路
今日の修理は、私の設計物。
土木関連工事の車に搭載されています。
   (作動させるときは車から降ろして)
プリント基板の製作年が1993年。
これが修理で帰ってきまして、原因は調整用ボリュームの
接触不良。
そして、もうひとつの作業が制御プログラムのバージョンアップ。
といっても、1993年バージョンを1997年バージョンにという
具合です。
使っているマイコンはH8/520。 HD6475208P
SDIP64ピンのワンタイムROM。
   ※今ふうのフラッシュROM内蔵マイコンのように
    消せないのです。
    一度書いたらそれっきり。

もう手に入りませんし、こちらでの在庫もわずかですので、
プログラムの書き込みは失敗できません。

使うのは自作のROMライタ。
EEPROM「27256」のモードで書きます。
環境は「PC-9801」のMS-DOS。
紫外線消去の27256はまだ手持ちがあるので、これで
ROMライタがちゃんと動くかどうか、ちゃんと書けるか
をチェックしてからワンタイムROMの書き込み本番です。

DIP28pin→SDIP64pinの変換ソケットアダプタに載せて…



無事に書き込みできました。

「ルネサス」じゃなくって「日立」ね。




2016年5月16日 13時53分 | 記事へ | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ・修理 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4443/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月12日(木)
ペコ、「ドッグフードなんて…もっと美味しいのを」モードに
ペコ、ちょいとわがままモードになっております。
ゴールデンウィーク前から、石切じいちゃんが泊まりに
来たり、ガレージへのお客さんが大勢来たりして、

  「ぺこちゃん。 よしよし。 かわいいなぁ」

なんてことで、卵焼きをもらったりBBQの具材を
もらったりと、贅沢な食生活が続いておりました。

そしたら、この前から

  「またドッグフードやん」  …美味しくないんよね
  「食べへんかったら何かもらえるかも」
  「ちょっと待ってみよ」

てなことで、まともに食事をしなくなっちゃった
のです。
調べますと、出てきます。

  ・トイプードル ドッグフードを食べない

きほん賢い犬だからだそうで、人の動きを
良く見ているんだと。
昔にいた「マロン」:ビーグル犬はそんなこと
なかったんで、ちょいと困っています。

現在、ペコの食事をめぐり、ペコと智ちゃん
(女房ね)の戦いが続いています。

※追記
昨晩、ガレージを解散して居間へ戻った私。
ペコを見ると、「カリさん(ドッグフード)」を
食べてませんでした。

そこで、カリさんの入ったペコのお茶碗をテーブ
ルの上に置いて、私・智ちゃん・正悟の3人で
「おいしいやん」と、試食会をしだしたのです。
   ※ミックスなんでひと粒づつ味わって。

すると、ペコ。 あわてだしました。
  「私のカリさんの入ったお茶碗」っと
わかっているんでしょね。

テーブルの上に飛び乗って、カリさんを一心
不乱に食べ出したのです。

ということで、結局は兵糧攻め。
わがまま娘、ちょいと改心してくれればいい
んですが。

2016年5月12日 16時48分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・食べもの |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4442/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
お弁当箱
どこにも出かけず、仕事場で仕事をする日は、女房特製の
お弁当を持ち込んでお昼ごはんにしています。
で、昨日のこと。

晩、帰宅して持ち帰ったお弁当箱について、
女房+次男から非難の声が…

『お弁当箱のふちにごはん粒が付いている』
『一粒残らず食べなもったいないやろ』

弁当箱に張り付いていたのは数粒。

『米を作っているもんに身になってみ』
『これくらい箸でつまめるやろ』

はい。 そのとおりです。

2016年5月12日 11時58分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・食べもの |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4441/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2016年05月10日(火)
尼崎で見つけた三角出窓
仕事で訪れた阪神・尼崎。
客先から駅への帰り道、こんな三角出窓を見つけました。



鯉のぼりに兜。 お猿さん。 そして時計。
通学路なんでしょか?

2016年5月10日 17時34分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ・出窓 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/igarage/trackback/4440/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
次へ