ニックネーム:えむつー
性別:男
年齢:団塊世代

»くわしく見る
2016年08月13日(土)
明野サンフラワーフェス2016
北杜市明野。
茅ヶ岳西側山麓の茅ヶ岳広域農道沿いにひまわり畑があり7月下旬から8月にかけて見頃となる。

サンフラワーフェスのメイン会場は、県立フラワーセンターハイジの村の道路向かい側。

駐車場はイベント中は有料で乗用車500円。バイクは無料。

駐車場の奥(西側)に段々で低くなってひまわり畑があり、大きな写真の看板の辺りが全景を見渡せるビューポイントだ。


幅100mはありそうで、奥行も2段になって100mほどだろうか。全面黄色のひまわり畑は圧巻
音符の絵文字もよく見える。説明板によるとひまわりの品種は、♪模様はプラドレッドシェード(赤いひまわり)、ほかの部分はハイブリッドサンフラワー。
遠景には鳳凰三山や甲斐駒ヶ岳があるが、曇ってて見えない。



駐車場からみて左手側(南側)から見ると、大人の背丈ほどで、1本に一輪の花がみんな揃ってこちらを向いている。



駐車場からみて右手側(北側)から見ると、みんな揃って横向いてホイ・・。
この辺からはひまわりを前景に遠くに富士山が見えるはずだが今日はまったく見えず
左の高台が駐車場。ひまわり畑は3段になっていて、いちばん下の段は花びらが落ちて全体が黒く見頃は終わっていた。



少し離れたブロックはこれから見頃。



2016-08-13 21:11 | 記事へ | コメント(0) |
| 風景 |
2016年08月10日(水)
瑞牆山から富士山を見る
 8月9日

山梨県北杜市の北東部にある、特異な岩峰が際立つ山塊の頂上が瑞牆山(みずがきやま)。

国道141号須玉から県道増富ラジウムラインを行き、増富温泉を過ぎクリスタルラインに合流して北上すると左に瑞牆山荘があり、道路反対側が登山道口。林道を100mほど入った所に大きな駐車場がある。

2時間ちょっとで、瑞牆山に着いた。2230m。
露岩の山頂は細長く広い。奥の方は斜面の岩で行き過ぎるとあぶない。
左は金峰山。かなりかすんでいるが、その少し右(南)に富士山。中央あたり遠くに南アルプス。右(北西)に八ヶ岳が見える。


(8:30) 富士山手前の御坂山塊は霞んでほとんど見えない。山名は水ヶ森(右の丸いピーク)、手前近くの飯森山、トンガリの鷹見岩しかわからないなー。



下山途中、富士見平分岐から金峰山方向に40分ほど行き、右に入って20分ほどの鷹見岩に寄る。

富士山は霞んでいるうえ雲も出てきてほとんど見えなかった。

瑞牆山は飯森山に少し隠れるが、山頂部から左の岩稜が間近に見えた。



2016-08-10 22:21 | 記事へ | コメント(0) |
| 奥秩父 |
2016年07月12日(火)
笛吹市リニアの見える丘
このところすっかり富士山に見放されている。 
したがって?
このブログは夏休み。
と ゆーことで?
このブログはホーチ。。日本はホウチ国家スポーツ紙は・・・


閑話休題
うれしい風景があったので投稿。

笛吹市、石和から芦川地区を通って若彦トンネルを抜け河口湖に出るつもりで県道36号を行くと、【←500m リニアの見える丘 花鳥山展望台】の縦書きの案内板を見かけたのでいってみる。

果樹畑の中を行くと甲府盆地が見渡せる高台にでて、左に駐車場がある。すぐ近く前方にリニア実験線の高架橋が見える。

道路を隔てて山側の花鳥山一本杉や神社の祠やトイレのある公園で景色を眺めていると、
な、なんと、リニア車両が現れて向こうへ走って行く
写真撮れなかったなーと思っていると

な、なんと、リニア車両はスピードを落とし停まってしまった
オレのために停まってくれたのかー?と思っていると

な、なんと、引き返してくるではないか
急いでカメラを向けていると音もなく右手のトンネルに突入していった。


道路を100mほど先に行き、左折して下ると左にトイレもある真新しい駐車場、すぐ先に東屋風の休憩建物がある。
上の駐車場より、さらに近づきトンネルの開口部とは100mもないと思える至近だ。

建物の中には走行状況を表示するモニターディスプレーがある。
赤い丸印は、都留の山梨実験センター。その少し右にある白い台形(一応車両の形)が動いて走行位置を示す。

右0地点の少し左の小さな緑の山と次の山の間がここから見え部分。(トンネルとトンネルの間は、地図での測定で1.4kmほど)

居合わせたリニアマニア?のオジサンにいろいろ教えてもらった。
 この周辺は3月に整備完了で、出来立て。
 列車が近づいてくるとトンネルから音がする。
 遠くに停まるように見えるが、向こうのトンネルのかなり手前。
 ヘッドライトが点灯するとこっち方向に動き出す。
 時々停止せずに向こうのトンネルに入る。
 事前に分かる走行休日以外でも一日中動かない日がある。
 途中で停止して、そのまま動かなかったり、いつ動き出すかわからない。
 夜でも走行している。この建物は夜間閉鎖。
 etc.

モニターを見ているだけでも楽しい。
東京側42.8km 大阪側0kmとして実験線は全長42.8km。

(12:49)40.9km東京側折り返し地点→約8分→(12:57)2.9km大阪側折り返し地点(ここから見える引き返し場所)すぐに引き返して→約7分→(13:04)40.9km地点 →約8分→(13:12)2.9km地点
片道7〜8分で走行しているようだ。往復76kmを15分として平均時速304km。時速504kmの表示も出た。

相模原(橋本)甲府間は直線距離75kmほどなので営業運転になると10分程度かもしれない。

上の駐車場からまた見てみようと上に移動している間に列車は通過して、停まるはず?の地点を過ぎて向こうのトンネルに消えていった。
上の駐車場で戻ってくるのを待ったが、なかなか来ないので、また下にいってモニターを見ると0.8km地点で停止していた。

しばらく待って戻ってくるのを見て、今日はこれまでとして帰る事にしたが昼過ぎから3時間ほどの間に何回も見られて、見学するにはかなり恵まれた日だったのかもしれない。


リニア列車は停止前後なので、実際には速いのだろうがほとんど徐行運転に見えるのでコンデジで普通に撮ってもそれなりに写ってくれる。

たまたま立ち寄った所が、思いがけず楽しいところだった。
リニア新幹線開通までこれから11年。楽しみな場所になった。


2016-07-12 22:01 | 記事へ | コメント(0) |
| 風景 |
2016年06月05日(日)
源次郎岳から富士山を見る
甲州市、県道大菩薩初鹿野線の嵯峨塩温泉嵯峨塩館の(北方向)少し先から左の林道嵯峨塩深沢線に入り2kmほどで嵯峨塩館前からの登山道と交差する。路肩に数台の駐車スペースがある。

登山道を登って30分で源次郎岳山頂。
風害なのか病虫害なのか、かなり広い範囲で雑然として倒木や伐採株がある。
広く明るく開けているが周囲の樹林で展望はあまりよくない。北側の木々の上に大菩薩嶺や奥に雁坂嶺が見える。
奥の傾斜ぎみの所に三等三角点(1477m)と山梨百名山の標柱がある。


富士山は南方向に樹の間からわずかに見える。落葉の時期はもう少しよく見えると思える。


山頂から引き返して一旦下って登り返したピークの所で富士山全景が見える。(11:55)
源次郎岳から東に500mほど。地形図では1540mほどでこっちの方が高い。


林道に戻って、林道を先に少し行くと、前方パッと開け富士山も見えていい眺めになる。
林道嵯峨塩深沢線はこの先すぐにゲートがあり通行止め。

朝からずーっと曇り空。富士山は少し雲がかかっていたがずーっと見えていた。見えた場所は林道のココと源次郎岳の手前だけだったが・・・。




2016-06-05 21:56 | 記事へ | コメント(0) |
| 大菩薩 |
2016年05月29日(日)
不老山から富士山を見る
丹沢山塊の南西部、神奈川静岡県境近くに不老山がある。

県道山中湖小山線沿いの明神峠近くの路肩にスーパーカブをおいて、明神峠から県境山稜のハイキングコース(富士箱根トレイルコース)をいって2時間10分ほどで不老山山頂。928m。

草地で明るいが、周りが樹林で展望はきかない。
サンショウバラの木が数本ある。見頃は過ぎていたがピンクの花はまだ見られた。


山頂から西に200mほど戻った所の分岐で富士山が見える。
「富士箱根トレイル」の案内看板に不老山西峰となっているのでここも不老山としておこう。
小山町の道標の上は金太郎君の小像。


(11:10) 朝はきれいに晴れていたが、どんどん雲が出てきて明神峠に戻った時は完全に見えなくなっていた。



(7:45) 県道山中湖小山線 三国峠手前500mから。



2016-05-29 21:51 | 記事へ | コメント(0) |
| 丹沢 |
2016年05月18日(水)
関八州見晴台から富士山を見る
国道299号を飯能から秩父方向に行き、最近開通した吾野トンネルを抜けてすぐの交差点を右折して、あまりはっきりしないが高山不動尊の案内に従って進み、集落を過ぎて植林の中の林道を上る。
かなりの急坂でタイトなヘアピンカーブを数回過ぎると高山不動尊の入口(不動尊は少し奥にある)があり、さらに上ると林道に合流する。国道から7kmほど。
この林道は、国道299号の北側に連なる尾根にあり、尾根筋の何本かの林道を繋げて奥武蔵グリーンラインとして開放されている。サイクリストの人気コースらしい。

林道を西方向に1kmほど行くと関八州見晴台入口の立派な標石があり、そこから歩いて登って5分ほどで頂上(関八州見晴台)に着いてしまう。711m。
ハイキングコースなのにラクチンすぎて気が引ける。

チョッとした広場になっていて東屋の休憩舎と高山不動尊奥ノ院の祠がある。
樹があって360度一望の展望ではないが、三方向が開けていて眺めはいい。三方に、忠実なイラストに山名が載った説明板があり参考になった。

西から南西にかけての山々。
右のトンガリは武甲山。左にかけては奥多摩の山。奥多摩の山は北側から見ることはあまりない山名はよく分からない。左(南西)に富士山が見える。


(11:05)富士山手前左は御前山。そのまた手前左は棒ノ折山。右はエビ小屋山。
西方向はよく見えたが、富士山を境に南方面東方面は白くかすみ、雲も出てきてパッとしなかった。


スーパーカブでグリーンラインを東方向に行き、東の起点に行くつもりだったが顔振峠の先で道を間違えたようで道なりに進んでいると高山不動尊にいく道に合流して、すぐに来る時に右折した国道299号の交差点に出た。


2016-05-18 21:46 | 記事へ | コメント(0) |
| 埼玉 |
次へ