ニックネーム:えむつー
性別:男
年齢:団塊世代

»くわしく見る
2016年04月23日(土)
黒富士から富士山を見る
 4月20日 (3)

八丁峠から曲岳往復、東に進んで分岐から左(北)の升形山を往復、さらに東に進んで行くとすぐにまた分岐があり、帰りに行く鬼頬山方面への道を右に見て進むと20分ほどで黒富士に着いた。

山梨百名山の標柱のある山頂は大きな樹はなく明るいが、灌木で眺望はよくない。
奥に行く道があり、1〜2分行くと突き当たりで背の低いマツ(ハイマツだろうか?)の上から眺望できた。
富士山や甲府盆地はかなりかすんできた。(10:30)


分岐に戻り、鬼頬山(おにかわやまと読むらしい)を通って越道峠に下りる。
南に登り返せば太刀岡山だが、改めて山に登る感じだし、富士山も見えなくなってきたので太刀岡山はやめて、平見城におりて車道歩きで太刀岡山駐車場に戻る。

2016-04-23 22:31 | 記事へ | コメント(0) |
| 甲府市 |
2016年04月22日(金)
升形山から富士山を見る
 4月20日 (2)

甲斐市、平見城地区から八丁峠に上り、西側の曲岳を往復して、こんどは黒富士のある東方向に行く。
10分もかからずに前方が開け、突き当たりの分岐は[←升形山・黒岳→]になっていて、升形山に行く。

10分ほどで、平屋の家ほどの岩塊の升形山
よじ登った頂上は狭く二人でイッパイの感じだが、1地点360度の見事な展望台だ。
山、山、山・・・・山があるのにヤマナシケン? 八ヶ岳の左遠くに穂高、乗鞍の山も見えた。


これから行く黒富士がすぐ近くにある。北側から見ると影で黒く見えるので「黒富士」の名の由来なのだろう。


富士山は霞が消えていくのかと思ったが、逆に濃くなってきている。 残念。

曲岳(1642m)升形山(1650m)黒富士(1633m)と並んでいるが、升形山は地形図に名前がないためかあまり有名ではないようだが、眺望抜群でまた来てみたい山だ。
升形山、黒富士の所在地は甲斐市から外れて甲府市になるようだ。


八丁峠からの分岐に戻って、こんどは黒富士に向かう。

2016-04-22 22:28 | 記事へ | コメント(0) |
| 甲府市 |
2016年04月21日(木)
曲岳から富士山を見る
 4月20日 (1)

山梨県甲斐市の北部、北(北杜市)に抜ける観音峠の近くに曲岳(まがりだけ)がある。

観音峠に行く途中にある太刀岡山登山者用駐車場から、車道を40分ほど歩いて平見城地区。黒富士農場の先から登山道に入って1時間ほどで八丁峠分岐。左(西)に進んで30分で曲岳に着いた。

山頂は、疎らだが樹林の中で展望は望めない。1642m三等三角点、山梨百名山標柱がある。西に進めば観音峠方面。


30mほど戻った露岩の所が、南側が開けて眺めがいい。「展望舞台」の小さな札が木に掛かっていた。
甲府盆地西部を囲む山並が見える。手前は盆地北側の山々。


手前二つのピークは太刀岡山、その先に羅漢寺山、その先は帯那山から西におりる尾根。甲府盆地を隔てて御坂山稜、その奥に朝の霞と雲に浮かんだ富士山が見えた。(8:40)


来た道を戻って八丁峠から東方向の黒富士に向かう。

2016-04-21 22:22 | 記事へ | コメント(0) |
| 甲斐市 |
2016年04月15日(金)
塩ノ山から富士山を見る
甲州市、塩山地区の平野部にポツンと塩ノ山ある。標高553m。麓周辺からは高低差120〜130mだろうか。
入口は分かり難いが、整備された遊歩道で簡単に山頂に行ける。

休憩所やベンチ、展望方位盤のある山頂からは、アカマツの目立つ樹木で眺望はちょっと遮られる。樹の間からは間近に塩山市街が見える。


遊歩道を南(塩山駅方向)にほんのちょっと下った所で、甲府盆地を囲む南から西にかけての山々がよく見えた。
勝沼や一宮あたりのモモの花のピンクがチョッと残っているが、1週間前だと至るところピンクに染まっていたはずだ。


12:30 富士山は御坂山稜の上に見える。右のとんがり山は釈迦ヶ岳。
かなり気温が高く空は白っぽく12時を過ぎているがハッキリと好く見えた。当然だが雪解けが進んでいる。


登り口を探してスーパーカブで麓を一周して、向嶽寺の東側にあるのが分かった。向嶽寺に駐車場はあるが参拝者用のようなので気が引けて、また一周して置き場所を探したがバイクさえ安心してとめられる所が見当たらなかったので、だいぶん離れるが北側のフルーツライン沿いにある塩山ふれあいの森総合公園にスーパーカブをおく。

車道を塩ノ山の麓まで歩き、左回りで向嶽寺方向に行くと、間もなく小道の先に塩ノ山自然遊歩道入口があった。向嶽寺からの入口ではなく、北側からの入口だった。ちょっと分かり難い。ここから20分で山頂。

山頂から南側に下りて20分ほどで地蔵様のある分岐があり、西に5分ほどで向嶽寺、東に5分ほどで塩山温泉街からの入口。ここも分かり難いが、元湯廣友館の角に入口道標がある。

JR中央本線塩山駅まで行ってみたが、歩いて20分ほどだった。




塩山ふれあいの森総合公園からも富士山がよく見える。
ここはフルーツラインを通る時、ちょっと休憩によく使う公園で、目の前に見える塩ノ山にはいつでも行けると思っていたが、ようやく登頂成功??

画像は、フルーツライン沿いの広い駐車場ではなく、山側にすこし入った所の遊具のある広場そばの駐車場。少し上には富士見展望台がある。

この辺りは、富士山からほぼ真北の方向になる。


2016-04-15 22:12 | 記事へ | コメント(0) |
| 勝沼 塩山 山梨市 |
2016年03月17日(木)
大瀬崎から富士山を見る
伊豆半島の西側海岸線の北端にポチッと突き出ているのが大瀬崎(おせざき)
沼津市街から、東に入り込んだ駿河湾の海岸沿いの国道413号、口野から県道17号を来ると大瀬崎方向に下りる車道がある。
その少し手前に眺めのいいスポットがある。

眼下に大瀬崎があり、その先に駿河湾を隔てて富士山。左に天子山塊、左奥に南アルプス。右に愛鷹山塊、箱根の山、画像から外れるが右近くに沼津アルプスも見える素晴らしい眺めだ。

6台の駐車枠があり、ここから大瀬崎に行くことにする。(大瀬崎入口の駐車場は有料だから、、、)
10分ほどで海辺に着いた。

ダイビング関連の目立つ観光店舗の並んだところを抜けると大瀬神社があり、周辺には古木大木のビャクシンが群生している。(国の天然記念物)

小屋のオバァちゃんに、(多分 神池の見学料)100円を払って先に行く。神池は海から近いのに淡水で、コイが泳いでいた。



神池の先が大瀬崎の先端で、砂浜でなく河原のようなゴロゴロの石の海岸。

船から見るような、何ににも邪魔されず(愛鷹山はちょっと邪魔かな)富士山がワイドに見える所はここだけかもしれない。


(12:20) 富士山はもう大雪になることはないだろうから、今冬の積雪は少なかったように思える。


【西伊豆歩道(大瀬崎コース)1.36km】道標があり、行ってみると樹林の中を上るコースで、30分ほどで県道に出たので県道で戻ることにする。


20分ほど下るとヘアピンカーブ手前に「吟道之碑入口」の案内板があり、50mほどありそうな長い階段を上って行くと、途中に富士山と大瀬崎の絶景ポイントがあった。

(13:30)駐車した所も素晴しいと思ったが、ここは素晴しく素晴しい眺めだ

もう少し大気がスッキリしていればいいが、春のような陽気の午後にしてはかなりいいほうかな。
他には全くないのに富士山のそばの雲はずっと消えなかった。大きくもならなかったが。

岬の100円入場券の写真は、ここから撮ったモノだった。(下部はトリミング)

階段を上りきると吟道之碑がある。吟道に功績のあった吟詠家剣詩舞家作詞家等が合祀されている(案内板より)
富士山は樹の間から少し見えた。

県道に戻って、15分ほど下って駐車場所に戻った。



2016-03-17 23:17 | 記事へ | コメント(0) |
| 箱根伊豆 |
2016年03月03日(木)
棚横手山から富士山を見る
甲州市、大滝不動尊の裏手山域に棚横手山がある。

勝沼から北にのびる東部フルーツラインの牛奥トンネル先にある牛奥みはらしの丘の駐車場から歩いて30分ほどで大滝不動尊前宮、さらに1時間ほどで大滝不動尊奥宮。
この先道標に従って行けばいいが、表示場所の位置関係を把握していないとちょっとややこしい。

30分ほどで尾根に出ると富士山が見えはじめる。右手目の前の小高いピークが富士見台で、そのまま西に行くと甲州高尾山がある。

左に上っていくと20分ほどで棚横手山に着いた。
大富士見台の山名標がある。下の富士見台に対しての名前だろうか。
1306m。3等三角点。山梨百名山の山名標柱は木に立てかけてあった。

快晴の天気だが、気温が上がったようで全体に白っぽい。
幾重にも山稜(尾根)が重なっているが山名はよく分からない。



富士山は御坂稜線の上に見える。右は黒岳。
お昼を過ぎて、真上から日差しが当たっている感じでカゲは薄いが、どうしても逆光になる。(13:10)


北東方向にある源次郎岳へいって、恩若ノ峰に下りるルートを考えていたが、マイナールートで迷ったりすると暗くなってしまいそうなので、諦めて来た道を戻ることにする。


2016-03-03 22:08 | 記事へ | コメント(0) |
| 甲州市 |
次へ