ニックネーム:百姓

»くわしく見る
布草履は快適
2016年06月03日(金)
ブログを見ました。
 以前から布草履作りに興味があり、機会があれば習いたいと思っていました。次回の講習会には是非応募したいと思います。
 ちなみに現在使っている布草履は人の作ったものですが、大変使いやすく、これから夏になると吸水性も優れているので、とても快適だと思います。
2016-06-03 09:15 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 布ぞうり作り |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/12/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
すだれ編み講習会 2月27日
2016年01月25日(月)
自然素材を使ったすだれ編み講習会の案内です。

2月27日(土)13:30
タワーホール船堀 3F 産業振興センター

オギやセイタカアワダチソウの茎等を使ったすだれ編み
約30センチ角のすだれを、編み紐(ひも)の準備から完成まで講習します。
使っている編み台は、江戸のアサクサノリをすく『のりす』を編む際に使われた道具を再現して使っています。その台の作り方や糸を巻く『つつろ』の作り方も解説します。

参加費:200円(中学生以下100円) 募集定員:20名
主催:特定非営利活動法人えどがわエコセンター
申込み・問合せ:江戸ものづくりサロン 
〒133-0033 江戸川区東小松川3-35-13-204
電話・FAX 03-3655-1890
Eメール edosalon@jcom.home.ne.jp
お申込み:はがき、または、FAX、電子メールで 名前、住所、電話番号を記入のうえ、下記(江戸ものづくりサロン)にお申し込み下さい。(締め切り2月17日)

2016-01-25 22:26 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| すだれ編み |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/11/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
スリッパのように履く布草履
2015年04月02日(木)
靴下をはいても利用できる布草履を作ってみました。
鼻緒のある布草履は靴下ではけませんが、これなら冬でも、普通のくつしたを履いたまま利用できます。



作り方は簡単。布草履の鼻緒部分を改造するだけでできます。



先端の鼻緒を外し、裏返して長めの布ひもで鼻緒の取り付け部分に結び、左右両側のひもに結び付けてから、表側にかえしそれぞれ左右から立ち上げて鼻緒の2か所に結び付け、さらに2本を中央で結びます。蝶結びにしていつでも長さを調節します。
図解しないと分かりにくいですが、布草履を作ったことのある人にはすぐできます。写真を見てやってみてください。
以前に作った「つっかけ型」より簡単にできます。(百姓)
2015-04-02 12:05 | 記事へ | コメント(0) |
| 布ぞうり作り |
ふとんのカナリヤさんで座布団作りの実習
2013年03月18日(月)
2月13日、江戸ものづくりサロンのメンバー6人で、JR平井駅南口前商店街にある「ふとんのカナリヤ」さんで座布団作りの実習をさせていただきました。
カナリヤのご主人の安田さんは、昨年エコセンターの座布団作り講習会で講師をなさった方です。今年も5月13日にふとん作りの講習会が予定されており、今回は当日のスタッフの勉強を兼ねて参加しました。

今回は、50cm四方の布に打ち直し綿を入れて綴じるという作業でしたが、昨年の講習で練習したメンバーなので、1時間余りで出来上がりました。自分でお気に入りの布を持参したり、スカートを再利用して作った布団かわを持参して作った人もいます。



終了後、お茶をいただきながら、木綿わたを打ち直して使う家庭が少なくなり、ふとん店が廃業に追い込まれて、平井地区では1店だけ、江戸川区内でも20数店しか残っていない現状と、座布団作りを通じて日本の伝統であるわた布団の利用を広めてゆきたいというお話をいただき、皆さん納得でした。



この実習は、グループで申し込めばいつでもやっていただけるということで、ぜひ皆さん挑戦してみてください。
素敵なふとんが、なんと700円で作れます。自分で布団かわを持参すれば、500円ということで、5月の講習会でも同じです。



『ふとんのカナリヤ」江戸川区平井4-6-2 電話03-3681-2905








2013-03-18 12:02 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ふとん作り |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/9/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
つっかけ風の布ぞうりを作って見ました。
2013年03月15日(金)
布ぞうりは素足で履く時季は気持ちがいいけど、靴下を履く冬場は履くことはありません。
そこで、江戸ものづくりサロンの勉強会で写真のようなつっかけ風の布ぞうりを作ってみました。靴下を履いたままぞうりを履けるので重宝しています。

作り方は簡単、鼻緒の代わりに3本紐を廻し、それに布を編む様に通しただけ。しかしもう少し工夫が必要で、研究しています。うまく出来るようになったらまた紹介します。



 下の写真は夏場に素足履いている布ぞうり




2013-03-15 21:45 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 布ぞうり作り |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/8/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
様々なぞうりが勢ぞろい
2013年02月16日(土)
2月7日「えどものづくりサロン」の勉強会
タワーホール船堀のエコセンター多目的ルームでおこないました。
会員が作ったいろいろな布ぞうりを持ち寄りました。


鼻緒を筒状に縫い、中に荷造り紐を解いて入れたもの
布をより合わせて縄状にするいつもの鼻緒と一味違います



子供用の布ぞうり かわいいですね!


さらにミニサイズの布ぞうり これは携帯のストラップ用
これは小さな小さな編み台をつかってつくります



スリッパ型布ぞうり、帽子のつばを半分に切って縫い付けました



今回は、絹の着物地などを使って、ブックカバー作りに挑戦しました




2013-02-16 11:19 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 布ぞうり作り |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/7/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
ハヤトウリ変シーン
2012年11月26日(月)
『はやとうり』今年は2個頂いたので、入れ歯を外した爺さん婆さんの夫婦瓜に変身させました。どないでっしゃろか?(笑)
ミカちゃん
2012-11-26 21:56 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 健康法 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/6/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
第17回東京23区とことん討論会 8月22日 江戸川区船堀タワーホール
2012年07月20日(金)
ごみの焼却を減らし循環型社会を目指そうと始められた「多摩とことん討論会」に習って、96年から始められた「東京23区とことん討論会」は回を重ね、今年17回目は江戸川区で開催されます。
昨年大田区で開催された第16回討論会では、生ごみ問題の分科会で、江戸川区生ごみ堆肥化実践クラブの活動を報告、とりわけ千人以上の受講生を送り出したという実績に注目が集まり、日野市のせせらぎ農園の皆さんや江東区の皆さんとの交流も生まれました。江東区では今年度から区主催の生ごみ堆肥化講習会を開催しています。今年のとことん討論会では、江戸川区の経験に習って市民と行政が連携して行う生ごみ堆肥化講習会を23区に広げようと意気込んでいます。なぜなら、家庭から出される可燃ごみの半分は生ごみなので、これを全て堆肥化すれば、可燃ごみを半減できるということで、「これぞ東京23区ごみ減量の鍵」として第1分科会を進めようとしています。
今年度は江戸川区での実施ということで、佐藤が実行委員会の委員長を務めております。また、実行委員会の事務局は、当江戸ものづくりサロンになっています。お友だち、お知り合いに広く声をかけて、タワーホールの小ホール定員300をいっぱいにするためにご協力をよろしく御願いします。
2012-07-20 22:17 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| とことん討論会 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/5/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
マイ座布団づくり講習会
2012年03月17日(土)
3月14日、タワーホール船堀において、打ち直した布団綿を使った「いす用座布団作り」の講習会を行いました。江戸ものづくりサロンの定例会で、さろんのかいいん16名が受講し、約40センチ四方の素敵な座布団を作っていました。



講師は、江戸川区平井のふとん店「株式会社カナリヤ」の相談役 安田宗光さん。安田さんは、粗大ごみとして大量に捨てられている布団(主にポリエステル製)の問題点と、打ち直して繰り返し使用でき、健康にも良い綿布団の優れた性質を紹介されました。そして、椅子座布団づくりをきっかけとして、かつてはまったく当たり前であった綿の布団を繰り返し利用するという社会システムが、今や存亡の危機にあることを説明し、この社会システムを存続させることがとても重要であるという話をされました。





安田さんはエコセンター循環型社会づくり委員会にも参加され、6月から同委員会主催で「マイ座布団作り講習会」の開催を予定しており、今回は江戸ものづくりサロンの会員を対象にリハーサルとして講習会を実施したものです。
2012-03-17 22:45 | 記事へ | コメント(1) | トラックバック(0) |
| 講習会 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/4/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
布ぞうり作り講習会 2012年2月
2012年02月29日(水)
2月13日、えどがわエコセンター循環型社会づくり委員会による「布ぞうりづくり講習会」(第5回)が行われました。25名の募集に対して70余名の応募があり、抽選で絞りましたが、相変わらず人気が高いことがわかります。



ぞうり作りの台は手製で、新潟の田舎ではこれを「のめしこき」と呼んでいました。「野で飯を食べる人」から転じて→手抜きをする人→(さらに転じて)「便利な道具」というわけです。よく、両足の親指に紐をかけて草鞋(ワラジ)を作る映像を見たことがあると思いますが、それに比べて見ると「ノメシコキ」がいかに便利化がわかると思います。ほぼ皆さん、両足(1足)を完成させて、記念撮影です。

2012-02-29 12:17 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 講習会 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/3/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
荒川ですだれ編み指導
2012年01月14日(土)
1月14日、荒川の船堀橋近くの河川敷(右岸)ですだれ編みの講習を行いました。荒川クリーンエイドに参加された企業(IBM)の皆さんが、ゴミ拾いとヨシ刈りを実施した後に、河川敷に生えているヨシやオギ、セイタカアワダチソウを材料に使って小さなすだれ作りを行い、当サロン(5名)がその準備と器材提供、製作指導を行いました。

河川敷にブルーシートを敷き、すだれ編みの台とつつろを20組と材料を切って準備し、親子や友達同士の組を含めて全員が編み始め、一時間足らずで完成させていました。皆さんに大変喜んでいただき、各自作ったものを持ち帰りました。




すだれ作りの前に、みなさんは荒川小松川自然地のヨシを鎌や草刈バサミを使って刈ってくださいました。ヨシを刈ることによって春には若芽が伸びて元気なヨシ原になり、たくさんの生き物を育みます。
また、ヨシ原にはたくさんのゴミが流れてきてたまっており、ヨシを刈るとそれらのゴミを取り除くことができます。
2012-01-14 23:14 | 記事へ | コメント(1) | トラックバック(0) |
| すだれ編み |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/2/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
サンダル型布ぞうり
2012年01月08日(日)
靴下で履ける布ぞうり


布ぞうりは素足か足袋、あるいは指の分かれる靴下で履くものですが、靴下でも履ける布ぞうりをと思い、試作品を作ってみました。
考え方は、短い緒を片方に2本ずつ取り付け、前後2本を結びつけるもので、至って簡単です。(百姓)


試作品で色もばらばらです
2012-01-08 11:26 | 記事へ | コメント(1) | トラックバック(0) |
| 布ぞうり作り |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/edomonodukuri/trackback/1/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません