ニックネーム:ウォーラー
性別:男
年齢:57歳
都道府県:大阪府

»くわしく見る
2015年05月30日(土)
引っ越しました。
Drywall & Painting Services DryTech
2015年5月30日 16時03分 | 記事へ | コメント(0) |
2015年05月11日(月)
トルネードパワーウォッシュ
今年初のブログUP!!
今年は新築物件が少ない(泣)
となると必然的に改修工事が多くなる。



なんじゃコリャー メッチャめくれるやん!!
2015年5月11日 19時23分 | 記事へ | コメント(0) |
| 塗装・左官 |
2014年12月20日(土)
石膏ボードのビス
ドライウォールで色々なビルダーさんやハウスメーカーの現場へ行くが、最近特に気になるのがこれだ!







特にハウスメーカーに多いのがこのパターン。
写真を大きくすると分かると思うが、ビスがボード深く落ち込んでいる。これくらい沈むと殆ど紙が破れているか敗れる寸前。
石膏ボードはご存知のように石膏を両側から紙で挟みこんだボード、言わば紙で持っているようなもの。
紙を破ってしまうと当然ビスは効かない、敗れる寸前でも下地の木が暴れるとすぐに紙は破れる、すなわちビスは効かない。
これは大工がビスを出すとクロス屋や塗装屋にクレームが付くので深く沈めているのだ。日本の法令ではボード外周のビスピッチは10センチで中は15〜20センチでアメリカからすると考えられないほどの数だ。
しかしボードに効かないビスを何千本打っても何の意味もない。
法令で定めるならビスピッチや数じゃなく深さや確実に効いているかを見るべきだ!
日本ではビスを打つのもエアガンで連発打ち、このガンはボードは打ち込み下地の木にビスの先が当たるとねじ込まれる仕組みになっており、ボードは紙だけで受けている。アメリカでは今だにスクリュードライバーで1本1本ねじ込んでいる。
確実に止めれば日本のように無駄にビスを打ち込む必要もないのだ!!
2014年12月20日 17時12分 | 記事へ | コメント(0) |
| ドライウォール |
2014年12月15日(月)
Drywall&Painting
LDK





ドライウォール下地 AEP塗装
階段のバラスターもエエやん!
2014年12月15日 20時58分 | 記事へ | コメント(0) |
| ドライウォール |
2014年12月11日(木)
ラップサイディング
塗装施工前全景



玄関前がまだ貼れていないが、なかなかの物だ。
手前がビルトインガレージで左手にカバードポーチが出来る。
ここの設計士は外観と屋根の形状にも、かなり凝っている。
凝るのはこちらも遣り甲斐があるので良いのだが、凝れば駆るだけ手間が掛かる、しかしやってる職人に帰ってこないのは、ただただ情けない・・・・
2014年12月11日 20時01分 | 記事へ | コメント(0) |
| 塗装・左官 |
2014年12月10日(水)
ドライウォール&ペインティング
WIC 



MBR



天井 デボー ワンダートーン フラット
壁 デボー ワンダートーン エッグシェル
モール デボー ワンダートーン セミグロス
イイ色ですね!
すべてAEP塗装でおます。
2014年12月10日 20時28分 | 記事へ | コメント(0) |
| ドライウォール |
2014年12月09日(火)
ラップサイディング&モールディング
ラップサイディング&モールディング



足場が取れないと全景を撮れないのが残念だが、カッコイイ形の建物です。
破風・モール・サイディング
使用ペイント デボー ウェザーキング
2014年12月9日 15時59分 | 記事へ | コメント(0) |
| 塗装・左官 |
次へ