2011年03月16日(水)
この状況下で、懲りない連中(3)
今回の原発事故において、菅首相が視察していたことが批判されている。

政府、後手の対応 首相視察が混乱拡大との見方も
菅のヘリ視察で混乱したのに…東電に“責任転嫁”の見苦しさ

産経及び同系列のZAKZAKしか報じていないのでどこまで事実かはわからない。しかし、首相が来ることによって現場は対応で忙しくなった事実はあるだろう。

また、今となっては極めて危険な場所に総理大臣が行っていたことに戦慄を覚える。もし、あの時何か起きていたらと、思うと「危機管理」甘かったとされても仕方がないだろう。

この「視察」批判について、ネットでは別の噂があった。



要は、高級な内装の政府専用ヘリに乗りたかったからだといいたいのだろうが、それは当ブログがプライベート・ビジネスジェット仕様ガルフストリームの説明に使用した画像だ。

関連エントリ:逮捕状発行、海賊移送のために海保ガルフV出発へ
また、原型機は高級なビジネスジェット・プライベートジェットとしても使用されるため、そのような内装で導入されると勘違いした人から「幹部専用機の導入は税金の無駄遣い」という根拠なき批判もあった。

高級ビジネス仕様の内装

実際には、リッター装置やコンソールなどが装備されたことによりキャビンは狭くなり内装もきわめてシンプルなものになっている。

海保ガルフVの内装。この前方には通信士・レーダー員コンソール、後方にはリッター装置・ギャレー等がある。
この画像が政府専用ヘリのものではないと知ってて、政権批判のために使っているのだ。


この時、ビデオで原発の様子を撮影している乗員も確認できた。自衛隊にとっては情報収集的な意味もあったのだろう。


別に、批判スレ立てようとネタにしようと知ったこっちゃないが、そうしたことにうちのブログまで巻き込むのはやめて欲しい。



一方、尖閣諸島漁船衝突事件で騒いでた連中は今回の災害でも「大活躍」しているようだ。



東日本大震災:石原知事「津波は天罰」
 東京都の石原慎太郎知事は14日、東日本大震災に関連し「我欲に縛られ政治もポピュリズムでやっている。それが一気に押し流されて、この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のあかをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」と発言した。蓮舫節電啓発担当相から節電への協力要請を東京都内で受けた後、記者団に語った。多くの犠牲者が出ている災害を「天罰」と表現したことが、被災者や国民の神経を逆なでするのは確実だ。

…「天罰」発言について石原氏は、14日夕に都庁で行った記者会見で「『被災された方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかも』と(前置きで)言ったんじゃないですか」などと釈明したが、実際には発言していない。

 発言の真意については「日本に対する天罰ですよ。これをどう受け止めるかという受け止め方の問題なんですよ。大きな反省の一つのよすがになるんじゃないですか」と持論を展開。「それをしなかったら犠牲者たちは浮かばれないと思いますよ」と述べ、撤回しない考えを示した。
石原知事、天罰発言撤回・謝罪「深く傷つけた」
 東京都の石原慎太郎知事が、東日本巨大地震に関連し、「天罰」などと述べたことについて、石原知事は15日、「被災者、都民、国民の皆様を深く傷つけた」と謝罪し、発言を撤回した。

 石原知事は同日、地震対応に関する記者会見の冒頭で、「被災者の失意、無念は拝察するに余りある」「発言を撤回し、深くおわびします」とし、「首都の知事として、被災地のために全力を尽くすことを改めて約束したい」と述べた。

…都によると、この発言に対してメールや電話による意見や抗議が殺到していたという。
発言自体も問題だが、これにより本来の職務から離れて職員が抗議対応せざるを得ない事態に及んでいたことが自治体の長としての自覚のなさを感じる。出馬表明したけど再選する気がないのかね・・・



初代内閣安全保障室長・佐々淳行 震災危機を「管理危機」にするな
 何が「自衛隊、警察、消防(ちょっと間を置いて)、海上保安庁の活動に心から感謝」だ。菅首相は全国放映のテレビで空々しい賛辞を口にする前に、「民主党の安全保障行政欠落は政党としての誤りでした。危機管理軽視も反省します。特に仙谷前官房長官の『自衛隊は暴力装置』『海上保安庁は武器を持った集団』という発言は甚だ不当な失言で、仙谷氏に撤回させ、謝罪させます」と国民に謝ってから自衛隊10万動員と言え。
どう考えても謝罪している場合ではないし、現場もそれを欲していない。そもそも「失言」ですらなかった。
東京電力と首相官邸の「計画停電」の二転三転、七転八倒はその典型で、目を覆いたくなる醜態だ。国民は懐中電灯、電池、ロウソク、保存食をスーパーの棚を空にして備え、被統治能力(ガバナビリティー)の高さを示したのに、政府側はまさに統治能力(ガバナンス)の低さを天下にさらした。
政府は「買占め」「買いだめ」を控えるように呼びかけているのに、「能力の高さ」などといって賞賛している。

もちろん、今回政府の対応に問題があったことは否定できない。しかし、「謝れ」などと実際の災害対処にかかわらないことを要求し、不必要な行為を推奨するのは「危機管理」の専門家のすることか。




■日本人の敵はマスコミと民主党!世界中に味方はたくさん!負けない!
勝谷誠彦のxxな日々。
ストリーム Vol.3 03/14/11
http://www.ustream.tv/recorded/13319307

自衛隊員が殉職されたという情報も、不確定ですが入ってきました。海上保安庁のヘリが落ちたという話も、これも伝わってきました。分かりません。いずれも分かりませんけれども、現場に近い人々からこういう声が届いています。

警察でも相当な殉職者が出ているという話も伝わってきています。当然だと思います。間の状況を見ていると当然です。

それから、福島県の原発に関しても、もはや技術者がコントロールできる場面ではなく、自衛隊の特殊部隊が手伝いに来ているという情報もあります。これも、分かりません。
勝っちゃんは今回も「殉職ネタ」。

警察官殉職者については12日の段階で既に2名の方がなくなっていることが報じられていた。

東日本大震災:警察官の死亡は2人 不明46人…警察庁
警察庁は12日、今回の地震で警察官2人が死亡、46人が行方不明であることを明らかにした。
14日には6人と発表され、現在は8名にも及んでいる。

警察官6人が殉職=依然27人が不明−東日本大震災、被ばく例も・警察庁
警察庁は14日、東日本大震災の影響で死亡した警察官は計6人になったと発表した。いずれも住民の避難誘導に向かう途中など業務中の殉職だった。他に安否不明の警察官が27人(同日午後8時現在)に上るという。
警察官の殉職新たに2人、計8人に 不明は23人 警察庁
 警察庁は15日、安否が分からなくなっていた警察官2人の死亡を新たに確認したと発表した。殉職した警察官は計8人になった。一方、2人の生存も確認され、行方が分からないのは岩手、宮城、福島県警の計23人となっている。


中央特殊武器防護隊派遣の話は、地震津波発生当日の11日の段階で出ている。

放射能漏れに備え、陸自が福島第一原発に専門隊派遣を準備
 防衛省は、福島第1原発の放射能漏れに備え、除染作業などの専門部隊である陸上自衛隊「中央特殊武器防護隊」の派遣に向け、準備に入った。防衛省幹部は「いつでも出動できる態勢だ」と話している。
福島第1原発に放射能漏れの可能性 東電が12日未明発表
 防衛省は放射能漏れのモニタリング調査のため、除染作業などの専門部隊である陸上自衛隊「中央特殊武器防護隊」の要員を出発させた。防護車4両と要員30人が午後9時半に大宮駐屯地を出発し、同原発近くの緊急時対策拠点「オフサイトセンター」に入る。


しかし、自衛隊員の殉職や海保ヘリが墜落したなどという情報は、(現段階で)一切ない。一方で、かなり前から報じられている事実を「不確定」などといって伝える。分からないなら、不正確な情報を言うべきではない。

これはチェーンメールなどの悪質なデマと同じだ。
2011年3月16日 12時12分 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| 東北地方太平洋沖地震・東日本大震災・福島第一原発事故 / 佐々淳行 / 勝谷誠彦 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/trackback/977/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
この人たちは自衛官に死んでほしいのか?

ネームバリューが有るだけチェーンメールより悪質だと思う。

尖閣の時もそうだけどどうしてそう「死人」を作りたがるんだろうか
「国の為に命を賭した人間が居るのに今の政権は(ry」とかやりたいのか?
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク