2010年10月20日(水)
海上保安官を『殺した』のは誰か
今、一つのデマがネットをさまよっている ―海上保安官、殉職というデマが。

223 :名無しさん@十一周年 :2010/10/11(月)00:24:12 ID:mErDVXEz0 (5 回発言)

どうも、こういう内容らしい。
これは公開できんわ。

海保船舶が横付け。海保職員が乗り込む。
その後、中国船舶が突如離船。
取り残された海保職員が、中国船舶から突き落とされる。
海に落ちた海保職員を潰すように、中国船舶が進路変更。
海保職員が必死に泳いで逃げるのを、銛で突く仕草あり。
海保船舶が、海保職員を救出するため、停船し救助に乗り出す。
その後ろから迫る中国漁船。海保職員は押しつぶされそうになる。
間一髪で海保職員は海保船舶に後部から担ぎ上げられる。その数秒後に漁船が海保船舶の後部から衝突。

688 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 20:51:18

未確認だが・・・。海上保安官殉職って情報が出回っている模様です。

726 名前:688[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 21:10:48

裏が取れていないので「怪情報」と言われても反論も検証も出来ませんが…。
コレが事実なら、我が党の異様な対応も説明がつくのでは?又、海保退職職員後援会(海友会)、警察職員退職者後援会(警友会)等が動いてるのも合点が行きます。何れにせよ、 ビデオに驚愕の事実が隠されているのは間違いなさそうです。
これらのデマがどれだけ不自然で不正確極まりないものかは過去のエントリで説明した。

不正確な情報や過激な行為が政府の選択を硬直化させる(訂正)
デマと妄想の海で孤立する海上保安庁

さらに笑えることに以下のような書き込みまである


339 :名無しさん@十一周年 :2010/10/11(月) 22:19:45 (p)ID:AACIEAe90

関係保安官は全員、大学校の方で事情聴取名目で滞在中。
その家族や近親者は各警察による重要防護対象となっている、この措置自体は政権からのものではなく該船保安官への非難、如何なる方面からの恫喝等を防ぐための措置。
保安官にとって安心できるものとなっている。
いやはや、ここまで書くとは恐れ入る。

「よなくに」との衝突から「みずき」への衝突、そして停船に至るまでかかわった巡視船はその2隻だけではない。それらの関係者全員を滞在させるほどの余裕があるだろうか?そんなことをすれば巡視船を動かすことも出来ず各地で支障が出るだろう(当時、動いてたのは十一管の船だけではない)。現在、衝突事件にかかわっていた巡視船は各地の造船所で整備中(各地の船マニア、スポッターのブログやサイトを見るといい)、乗員も順次休暇を取り次の「闘い」に備えているのだ。



544 :名無しさん@十一周年 :2010/10/11(月) 22:37:55 (p)ID:AACIEAe90(4)

>>463
ふざけた事言うなボケが
現場も指揮者もな、自分の子供や孫に戦争や辛酸を味合わせたくないから必死で命捨ててでもやってるんだよ。
壁の上に立って見張りにも就かない人間が、軽々しく徴兵なんてなんてことを口にするな。
保安旗に包まれた棺や警察旗に包まれた棺に泣きつく家族を目の前で見てみろ殉職者の想いがどう言うものであったか判る。
保安旗・・・ねぇw青地にコンパスマークの旗は普通「庁旗」っていうんですけど。

軽々しく「殉職」なんてことを口にするな。それはこいつが「海上保安官が殉職」してほしいという願望妄想を垂れ流しているに過ぎない。現場の人間や帰りを待つ家族が、こんな根も葉もない書き込みを目にしたらどう思うだろうか?


自国の権益確保のためには手段を選ばない中国。
そして中国の圧力に屈して、船長を釈放しいまだにビデオの公開すら出来ない日本政府。

“漁船ビデオ公開は一部の議員”
中国漁船による衝突事件で海上保安庁が撮影したビデオ映像は、衆議院予算委員会に提出される方向になっており、那覇地方検察庁の正式な回答を待って、理事会で映像の公開や時期が協議される見通しです。これについて民主党は、政府が日中関係に悪影響を与えたくないとして、映像の公開に慎重な姿勢を示していることを踏まえ、公開は一部の議員にとどめ、一般には公開しない方向で調整を進めたい考えで、国民新党も、公開の対象は理事会に委ねるとしています。
尖閣沖衝突の「ビデオ公開」で中国政府「それは日本に聞いてくれ」
 中国ではこれまで、「事件が発生したのは中国が領有権を持つ海域」であり、しかも「日本の巡視船が、中国の漁船に自船をぶつけた」との見方で、同問題が論じられた。日本の前原外相が主張する通りの「見れば、(中国側がぶつけたことが)ただちに分かる」動画が示されれば、「日本側がぶつけた」との主張が崩れることになる。

  仮に中国側のこれまでの主張が正しいならば、「どうぞ、公開してください」と言えるはずだが、中国外交部も同ビデオの問題については、記者の質問をはぐらかさざるをえない状況と推察できる。

  中国当局は国内向けに「動画は捏造(ねつぞう)」あるいは「事実関係を誤認させるように編集」などと主張することも可能だが、諸外国が中国に対する見方を厳しくする可能性も高い。


しかしそれらと同様(というかこんなデマが広がった責任も政府にあるのだが)、勝手に「海上保安官を殺した」こいつも許せない。




追記:
以前のエントリで書いた「誤訳」の件は、どうやらこういうことらしい。これが、「殉職」してほしい連中にとっては根拠(にもなってないんだが・・・)を与えたわけだ。

62 :名無しさん@十一周年:2010/10/18(月) 22:13:02 ID:5y+tuDp+0
>>42
海保の職員が海に投げ出されたという噂と、海保の職員が殉職したというガセ話は出どころが別の話なので混同しないように。

海保の職員が殉職したというガセ話を拡散したのはMixiの田母上信者のバカウヨで、そいつがWeb翻訳で翻訳された中国語の誤訳から始まっている。
そいつの文章にも、「裏が取れていない」と言い訳が入っていた

こいつらが、BBC中国の文章を、翻訳機をつかってでた誤訳を、碌に確認もせずファビよっただけ。
どういうことかと云うと、
http://www.bbc.co.uk/zhongwen/trad/china/2010/09/100907_china_japan_diaoyu_crash.shtml
に書かれている、事故沒有造成人員傷亡 の文を、”没有"の中国語の意味を知らないので、”没”と、その末尾にあった”傷亡”という言葉に反応して死亡者が発生したと勝手に脳内変換してファビよっんだわ。
「愛国者」は往々にして「無能な働き者」と化す。
2010年10月20日 11時13分 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 尖閣諸島問題 / 海上保安庁 / 殉職者デマ |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/trackback/682/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク