Treasureぼっくす

EncAACぷらすのDownload
 
2006年12月22日(金)
VARDIAの新モデルって?
来年の初めくらいに次期モデルが出るって聞いたけれど、
実際、どんなものになるのだろう?

新VARDIAの型番はRD-S300、RD-S600らしい。(あくまでも聞いた話です。)

しかし、RD-S〜というところが、
なんかスタンダードモデルっぽくて、
RD-Xシリーズなどのフラッグシップモデルが
どうなるのかがはっきり言って気になるな〜。

現在、普及のスタンダードモデルは、
RD-XD92DRD-XD72D
ですが、散々不具合で、当たり外れが大きい機種とされている。
(最近、回収されて更新ロットが出たみたいだけど…)


次期モデルは、現在の低価格エントリーモデルRD-E300とかの系統になるから、
少しは、ましになるのかな?


でもこうやって見ると、
RD-E〜は、エントリーモデル、
RD-S〜は、スタンダードモデル、
ということは、
フラッグシップモデルは、RD-X〜とかになるかもですね〜。

さてさて、どうなることやら。
楽しみです♪



2006-12-22 23:47 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/105/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年12月21日(木)
ディジタルレコーダとうまく付き合おう♪編(その1)
現在は、アナログ放送とディジタル放送
(以下、アナログ、ディジタル)が混在しているため、
ディジタルレコーダも
アナログ専用機、
アナログ×アナログW録機、
アナログ×ディジタルW録機、
ディジタル×ディジタルW録機
など、バラエティに富んでいます。


まず、現在のアナログ専用機とディジタル関連機の違いですが、
レスポンスに重点を置くと各種操作、番組表操作など
全てにおいてアナログ専用機、アナログW録機の圧勝です。


とにかくディジタル絡みのものは、動作がもっさりしているものなのです。
このイメージは、PCをイメージしてもらえれば一番わかりやすいと思います。
(PCは、とにかく起動に時間がかかる。組み込み家電に比べても動作は遅い。)


これは、店で操作する限り、各メーカー共通だと感じます。


そこで一例、動作絡みのトラブルで、
最近、リモコン操作をしていて、レコーダがフリーズしてしまったという話を良く聞きます。


これは、PCでいうオーバフローによるフリーズです。
(タスクを動かしすぎた、アクセスが処理を上回ったなど)
録画機では、おそらく、リモコンをテレビ感覚で連射したために、
機器が処理しきれなくなったパンクしてしまった結果だと思います。


これは、ほとんどといってもいいほど、ディジタル録画機の方で起きています。

単純に原因を考えると、ディジタル録画機の方が
各処理にかかる負荷が大きいためと言えます。
そもそも、アナログ録画とディジタル録画では、
暗号化、コピーワンスの有無を考えると、
ディジタル録画機の方が、圧倒的に負荷がかかっていることは自明の理です。



今回の、重要なポイントは、

ディジタル録画機は、アナログ録画機と同じ感覚で
使うと、トラブルが起きる可能性がある。
だから、意地になってリモコンを連射するのではなく、
1つ1つの動作を確認しつつ、のんびりと操作することです。



これを実践するかどうかで、問題の発生をかなり軽減することができます。


私は、ディジタル録画機では、X6(エターナル)を使っていますが、
従来のアナログ機と比較しても圧倒的、のんびり操作しているように思います。
(特に東芝機は、とにかく使い方次第なもんで…)


問題とうまく付き合うためには、ゆとりが重要なのですね。
皆さんも、ディジタル録画機をお持ちで、ゆったりした動作にやきもきすることが多いと思いますが、
そこは、お茶でも飲みながら、のんびり待ってみましょう。
些細だけど、後味の悪いトラブルを避けることができると思いますよ。
フリーズして、強制電源オフなど…その後、正常に動作したとしても後味悪いですからね〜。


改めて補足、
アナログ〜、ディジタル〜としか書いていませんが、
これは、アナログ放送(地上アナログ)とディジタル放送(地上ディジタル、CS/BSディジタル等)のことを略しているだけです。


今回は、ここまで。
導入部ですかね〜。


2006-12-21 02:12 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/104/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年12月16日(土)
DVDメディアの使用は渦巻きとともに(謎
不思議な渦巻き

今日のCGは、結構オマケ、
クリスマスネオンをイメージしたのですが、
ぐるぐるUZUMAKI、ぐーるぐるとなってしまいました。

グロウ効果は、もう少し、違う使い方のほうが良いかもです。

ここまでは、本当にオマケですね。

本題は、下ですよ。


[今日は、DVDの相性問題?]
東芝のDVDレコーダ、
RD-XS36、RD-XS46、RD-X5以降の松下ドライブ搭載機
になって、
それまでの東芝サムスン製のドライブとは、比較にならない程の安定した書き込みができるようになりましたが、
ドライブファームによっては、松下ドライブでも
ブロックノイズが出てしまうメディアもありました。


ブロックノイズを経験したのは、
RD-XS46で、マクセルの240分DVD-RAM(5枚組みで売ってるもの)
ファームは2005年3月現在最新やったもの。

ファームの詳細は忘れた(爆

フォーマットされているものでも、
使用機種で最適化するために、
実機でフォーマットしてから使用。



書き込み、問題なし。

再生開始、はじめは問題なし。
でも、途中でブロックノイズ発生。


5枚パックなので、その他のメディアを試す。


やっぱり、ブロックノイズ。


「あれ〜、マクセルメディア相性悪いのかな?
推奨メディア入ってなかったっけ?
パナソニックのDVD-RAMメディアでは、
全く問題なかったのに…。」


でも、XS57とかなら大丈夫だったから、
もしかしたらファームの問題かも!!


ということで、最新、その当時MT22、
今もMT22かな?
にアップデート。


そして、再チャレンジ、
書き込み終了、問題なし。


期待を胸に、再び再生開始。


さっき、ブロックノイズが出たところ、

「む、む、むむむ…」

「よし、オケー」

ブロックノイズ問題解消。
やっぱり、ファームなのね。


ドライブとかメディアを疑うのも1つだけど、
ファームを疑ってみるのもまた、1つ。


そういえば、PCでも、ファーム1つで、
エラー無視焼きができたり、できなかったり
するもんな〜。


とりあえず、コピーワンスの番組ムーブじゃなかったので、良かったかな。


それ以降、マクセルメディアでも安定書き込みを続けているのでした。


けど、旧ファームでも問題なく焼けていたパナのメディアは、やっぱり品質いいな〜。

DVD-RAMはやっぱりパナソニックにするのが安心やね〜。


とかいいつつも、マクセル安いから…
問題なければオケということで、
どっちも使ってたり(汗


ちなみにDVD-RAMの世間の評判は、パナソニックのメディアが圧勝みたいです。


松下ドライブということを考えれば、当然といえば当然ですが、パナのメディアは、マクセルとかより高いですからね〜。



でも、確かに、安定性、持ちのよさでパナソニックのメディア
は、お気に入りです。



2006-12-16 23:54 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/98/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年11月26日(日)
VARDIAのディジタルW録機の特価?
開発コードネーム、
ディスティニーとレジェンドこと
RD-XD92DRD-XD72D
ですが、だいぶ価格が安くなってきましたね。

11月26日現在、アマゾンでは面白いことに
上位機種のRD-XD92Dの方が価格が安くなってます。
価格は、82,800円で、さらに割引特典が使えるようです。

ボーナスハッピーセール対象商品だからなのでしょうか。

「5万円(税込)以上購入」
4000円割引ギフト券番号:5FVZXRVJ

となってました。
プラス、アマゾンギフト券ももらえるみたい。


量販店では、RD-XD72Dのタイムセールを良く見かけます。
7万円台の価格がついてました。
こちらは、ポイント還元込みなら6万円台ってところですね。


安くなってきたことは、さておき、
この機種は、相変わらず、問題が発生する場合と発生しない場合の差が、
大きいようです。


地デジ番組表の歯抜け問題の場合ですが、
最新のアップデートで解決した方と
まだ、解決しない方がいるようで。

私のRD-X6(開発コードネーム:エターナル)は、アップデート後、
なんとか歯抜けは見当たらないようなのですが、
地デジのアンテナレベルや取得タイミングなども関係するのかな?

ちなみに、アップデートは、
放送ダウンロードはいつ実行されるのか予測が難しいので、
本体をネットにつないで、東芝サーバから直接アップデートさせるか、
東芝サーバからイメージをダウンロードしてCD-RWに焼いてアップデートする方法をとる方が確実にできると思います。
(下の2つの方法で、問題なくアップできました。)


とりあえず、購入する場合は、
高編集能力、かつPC連携、スカパー連動など、機能が多く、
楽しみ甲斐のある機種だが、
何かとトラブルも多い機種ということを念頭に、
RD、VARDIAシリーズの注意点を考慮して付き合って行かねばなりませんが(w


しかし、ディジタルW録機も安くなったもんだ。

RD-XD92D:アマゾンの購入ページへ



2006-11-26 17:39 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/85/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年11月04日(土)
東芝機(RD、VARDIA)HDD問題対処法
東芝のRDスタイル、VARDIAシリーズと言えば、
PC連携、スカパー連動など多機能、高編集能力で有名ですが、
他メーカの機種に比べて、ロットの違いによる不具合、
HDDの断片化による不具合など多くの問題を抱えているのも事実です。

そこで、トラブルに対応するために、現象と対策をまとめてみました。
追加があれば、その都度更新しますので、足りないところはご了承下さい。

================================================================
[HDD問題]

(現象)
・「録画に失敗しました」と表示される。

・「録画状態に問題があるため再生できません」と表示される

・まったく起動せず、実機の表示窓にERR-○○が表示される。

・まったく起動せず、実機の表示窓にER-○○が表示される。

・起動するが、途中でフリーズする。

・見るナビから録画した番組が全部消えてしまった。

・HDDには空き容量があるはずなのに、録画可能時間が0になってしまった。

・録画した番組を再生していると、突然、「終了処理中です。しばらくお待ち下さい」と表示され、終了される。

・「録画状態に問題があるため、このHDDでは再生も録画もできません」と表示される。

----------------------------------------------------------------
(発生原因)
・HDD内のデータの断片化が原因で、録画途中で録画に失敗した時

・HDD使用量がMAXに近く、HDD容量が確保できない時

・HDD内のデータが断片化し、録画可能領域の確保に失敗した時

・HDDが熱などの内部要因(夏場は厳しいね〜)、衝撃などの外部要因で故障した時

・録画時に停電が発生した時

・HDD内のデータの断片化が原因で、録画途中で録画に失敗した時

・録画に失敗した番組を再生していた時(一見正常なので、たいてい失敗していることに気づかない)

・録画している時に、録画に失敗した番組を再生していた時

このように、ほとんどが断片化が原因となっている。

---------------------------------------------------------------
(対策)
・(基本事項)
HDD内には、残す予定の録画番組は残しておかないで、さっさとPCやDVDに移す。


・(基本事項)
HDDから削除する際は、断片化を防ぐために、ある程度録画した番組がたまってから一括で削除する。
私の目安は、残り録画可能時間が25時間をきったくらい。(ゴミ箱を活用すれば効率が良い)

・(基本事項)
DVDやPCに録画番組を移動した後、RD、VARDIA内のデータがすべて不用になった場合は、
設定メニュー内のHDD 全タイトル削除を利用して、断片化を解消させる。
HDD 全タイトル削除であれば、ライブラリや予約履歴は残るので、目安2ヶ月に一回は行ったほうが良い。
理想は、利用度にもよるが、1ヶ月に一回は行うべきかも。

・(基本事項)
HDDの熱対策のため、実機の設置場所は、空間に余裕のあるところにおくほうが良い。

・(応用事項:通常時)
HDDは、消耗品で、かつ精密機械なので、高熱に弱い。
というわけで、夏場に長時間稼動させていると、異様に熱くなる場合がある。
このような時は、扇風機などで冷やしてあげると結構ましになる場合がある。
(外付けHDDでファンなしとかも同じ、うちわで扇ぐという手もあるが、しんどい…)

・(応用事項:通常時)
編集時、チャプターを直接削除しては、絶対にならない。
チャプターを直接削除すると、HDD内の断片化が悪化し、下手をすれば、一発でお陀仏の場合もある。
チャプターを打ったら、プレイリストを作成すれば、問題なし。

・(応用事項:通常時)
録画番組は、その都度削除してはならない。
HDDへの負荷がかかるので、消耗を促進してしまう。
フラッシュメモリでもいえることだが、HDDを効率よく利用したい場合、同じ記憶域への書き込みは、
できる限り避けなければならない。
断片化しやすい、記憶装置の場合は、特にユーザが気を使う必要がある。


ここまでは、問題が発生する以前の対策。


・(応用事項:緊急時)
HDDに問題が発生した場合、自己回復できるかどうかは、結構、運次第。

1)見るナビから録画データが見える場合
すぐに、PCやDVDに移すこと。下手をすれば、再起動しただけで見えなくなる場合もある。

2)トラブル対策共通
例)
録画状態に問題があるため、このHDDでは再生も録画もできませんの場合
録画状態に問題があるため再生できませんの場合
HDDがロックした場合
見るナビから録画データが見えなくなった場合
本体表示窓にERR表示がある場合

(緊急時の方法)
一度、電源を落とし、コンセントから電源プラグを抜く。
その後、数時間の余裕を見て、自己放電を待つ。
(夜、寝る前に実行すると良い。が、回復するかどうかは運次第)
数時間後、電源を入れ、通電させる。
運がよければ、問題が発生する前の状態が復元される場合がある。
復元できれば、その場で、データのバックアップ。
必要な場合はライブラリも。

復元できなかった場合は、その場で録画データを諦めたほうが
貴重な時間を無駄にしないと思う。
必要な場合ライブラリのバックアップが可能かもこの時点で確認をしておけば良い。

強者の中には、HDDを解析してデータを取り出そうと試みた方もいらっしゃるが、
普通は時間との兼ね合いでやめたほうが良い。

理由は、東芝のレコーダの場合、録画データは大きなMPEG2ファイルとして管理されているため、
番組1つ1つのファイルになっているわけではない。
そのために、構造解析がとても困難だからである。

起動するだけましということで、即座に設定メニューから
HDDの初期化を実行し、フォーマット。
起動して、HDDの初期化をした場合は、たいていの場合、
その後、快適に使える場合が多い。
HDDの初期化はライブラリ、取得番組表など全データが消える。
しかし、録画予約した分は、なぜか残っていた。

5年保証は、最後の砦にとっておこう。

3) 2)を試して、まったく起動しない、という場合は、東芝のサービスマンを頼るしかない
ネットで流れているサービスマンしかしらない、裏コードを実行してみるという手も
無きにしも非ずだが、保証の対象外となる行為なので、実験したい方(超自己責任)以外は、絶対の禁忌といえる。
一般には、やってはならないのだ。

私なら、3)の一部の内容のような直るかわからない危険な賭けはせずに、修理を依頼します。

このようなトラブル時の修理代は、結構高い。
だから、1年以内はメーカー保証があるが、それ以降のことも考えて、
量販店で購入し、量販店の5年保証をつけておく方が安心できると思う。

================================================================
と、東芝機、RDスタイル、VARDIAシリーズ共通のHDDトラブルを
書いてみましたが、参考にして下さい。



2006-11-04 16:49 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/79/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年09月06日(水)
今度は、RD-XS57etcがアップデート
RDシリーズに注目する毎日ですが、
今度は、RD-XS57など地上アナログW録画モデルのアップデートが公開されました。

今回のアップデートは、レート変換ダビングでの不具合、タイトルの機種では、
東芝レコーダではおなじみとなってしまったHDMI問題の解消です。

このアップデートは、ファームウェアをネットでダウンロードし、CD-RWなどに書き込んで更新できるので、
いつ更新がされたのかわかりづらい放送ダウンロードよりは確実です。

放送ダウンロードも勝手に行われるので便利ですが、
やはり、自分で更新を行う方が安心?のような気がします。



2006-09-06 01:07 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/63/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年09月05日(火)
HD DVDを見るなら、RD-A1!?
RD-XA1は、HD DVDプレイヤーですが、
構成スペックや映像出力能力は、
明らかにRD-A1の方が、好評です。

価格は、RD-A1の方がRD-XA1の4倍くらいと、価格差はありますが、
録画機能を持った高性能再生機と考えることができれば、
お得感?があると思います。

VC-1のタイトルも続々発売されていますので、
フルHDテレビとセットで楽しむというのもなかなかですね。

ちなみに、RD-XA1は、アップデータが公開されています。
東芝機、アップデートラッシュですよ。



<
2006-09-05 01:14 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/62/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年09月03日(日)
東芝、地デジモデルまたまたアップデート
VARDIAのアップデート、8月にアップデートがあったかと思ったら、
またまた、アップデートです。

今回は、地デジ録画可能な、XD91、XD71、X6、T1、Z1のアップデートもありますね。

9月4日〜9月10日の期間に放送ダウンロードとなります。

内容は、例によって、またまた、番組表歯抜け問題の改善、HDMI問題の改善だそうです。

これまでのアップデート内容を考えると、またまたって感じですね。

皆様、是非アップデートをお忘れなく。



2006-09-03 23:36 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/61/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月31日(木)
東芝製ドライブの高性能はどこへ
現在、安定したDVD書き込みが可能なRDシリーズは、
ほぼ全てが松下のドライブを採用しています。

対してカンタロウシリーズは、東芝サムスン製のドライブを搭載しているということで、書き込みが安定しないと不評です。

また、RDシリーズでもRD-XS36/RD-XS46以前の東芝サムスン製のドライブを搭載している機種では、
ドライブ故障のトラブルが続出しています。
(RD-XS36/RD-XS46から松下のドライブを搭載)

しかし、かつて東芝製DVD-ROMドライブ(PC用で確認)は、高い読み込み性能を誇ったこともあるだけに、
今の東芝サムスンドライブの悪評判は、残念です。

あくまでも、私の感想ですが、
SD-M1412やSD-M1512、SD-M1612などは、良かったと思いますよ。
(書き込みできるドライブになってから品質が低下したのかも・・・)



2006-08-31 22:26 | 記事へ | コメント(3) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/58/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月29日(火)
RD-XS38がお得♪
今や、地デジW録画機がお手ごろとなってきましたが、
後、約5年は活躍してくれるであろうアナログW録機が
さらにお得になっています。

ほんの数ヶ月前は、ポイント還元、現金値引きでも3万円を切ることはなかった
RD-XS38の価格がとうとう実質3万円を割っています。

量販店の通常価格では、3万3千円くらいが相場となっているようですが、
量販店も処分にかかっているのか、交渉次第で約3万くらい+ポイント+5年保証が引き出せる時期になっています。

アナログW録機は、外部入力W録機とも考えることができますので、
5年後も外部ディジタルチューナさえ用意すれば、無駄にすることなく使用することができます。


このように考えれば、大変お得です。
ご購入を考えている方は、量販店(競合店が多いところ)へお出かけになってはいかがでしょう。



2006-08-29 21:50 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/56/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月28日(月)
PC熱に注意、DVDレコーダもっと熱に注意
PCの熱対策をされている方は、
たくさんいらっしゃると思います。

しかし、油断できないのが、家電の方、
特に、HDD搭載のテレビやレコーダです。

HDDは、消耗品と言われるように、
少しずつ劣化していきます。
それは、PCだけではなく、家電も同様です。

その劣化を促進するのが、何といってもです。

そこで、対策ですが、水冷できれば良いのですが、さすがに、家電分野では、まだまだ…
ということで、扇風機で風を送るのが最も有効なようです。

放熱板という手もありますが、機器が既に、熱対策している中で、
それでも内部にこもってしまう熱を逃がすためには、効果は小さいと思われます。

RDシリーズは、結構発熱量が大きいので、熱には、気を配っておいた方が、良いと思います。



2006-08-28 21:53 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/55/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月24日(木)
REGZA新モデルにも対応予定のLAN Disk
REGZAの新モデルが発表されましたが、
IO-DATAからもお役立ち情報が発表されました。

REGZAの現行モデルZ1000シリーズからお使いの方も多いと思いますが、
このシリーズは、LAN端子を利用して外付けHDDにハイビジョン録画ができます。

ハイビジョン録画は、多くのディスク容量を必要としますので、大容量のHDDが重要ポイントとなります。

今回の、IO-DATA(以下IO)が発表した機種は、IO独自のカートリッジ機構を利用したユーザにとって、使いやすい構造になっています。
このカートリッジの利点は、電源を入れた状態でも抜き差しが可能な点です。
カートリッジは、当初250GB、500GBが用意され、今後、容量アップモデルも登場するようです。

また、IO独自のハードディスク管理を行うことで、危険信号を発信しているHDDを早期に発見することもできます。(SMARTのチェック)

出荷は9月下旬らしいので、REGZAの新モデルと同時購入される方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
(REGZAのZ2000シリーズにも対応予定)

IO-DATA HDL-GLシリーズ



2006-08-24 23:01 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/50/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月23日(水)
REGZA Z2000シリーズ発表
昨日、REGZA 37Z1000の値下がり情報を書きましたが、
本日、次期モデルZ2000シリーズが発表されました。

今回のモデルは、次世代のテレビ、レコーダには必須となってきたHDMI端子を3系統搭載し、1080p入力信号に対応です。
また、地上ディジタル/BS/110度CSチューナも各2系統搭載なので、番組視聴の面でも使いやすさがアップしていると言えます。

今までは、HDMI端子は、多くて2つといったところでしたので、今後、HD DVDレコーダやBlu-rayレコーダを接続する際には、活躍してくれることでしょう。

HD DVDの引率者、東芝だけあって、HD DVD最適化モードも搭載しているようですね。

はやく、実物で画質を確認したいところです。

東芝:プレリリース



2006-08-23 19:52 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/49/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月22日(火)
REGZA 37Z1000が値下がり中
東芝のフルハイビジョン液晶テレビ、
REGZA 37Z1000が市場で値下がりを見せています。

9月に次期モデルが発売される予定となっているので、
その影響だと思います。

先日、ヨドバシでは、約24万円、ポイント25%という特価で販売されていました。

その他の量販店でも、そろそろ在庫整理に入る頃だと思うので、購入を予定されている方はチャンスですね。
是非、新品在庫がある間に確保です。

REGZA 37Z1000



2006-08-22 22:00 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/48/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月17日(木)
RD-A1は今。
HD-DVD搭載HDDレコーダ、RD-A1が発売され、はや約3週間、
そろそろ、購入者の生の声が確認できるようになって来ました。

気になる、購入者の声ですが、いつもながら、初期はトラブルが多いらしいです。

RD-X6の時もHDMI問題が発生していましたが、
今回も、HDMIは何かトラブルの原因となっているようです。

問題は、映像出力の問題らしいです。
せっかく、HDMIをサポートしていても、大画面に映像がでなかったら、がっかりですね。

また、コピーワンス番組のムーブ失敗例もあるようで、Impress Watchのレビューに記載されていた試作機で発生していた問題も完全には、直っていないようです。

というわけで、まだまだ、安定とは言えませんので、
購入を考えている方は、もう少し安定し、価格が下がってからのほうがよいと思われます。



2006-08-17 22:18 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/42/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年08月11日(金)
VARDIAシリーズのアップデート
先日、VARDIAシリーズこと、RD-XD92DとRD-XD72Dのアップデータが公開されましたね。

今回は、ようやく歯抜けEPG取得問題が解消され?、
一部の機器とHDMI接続した際のフリーズ問題も解消されたようです。

価格も、RD-XD92Dでも量販店で5年保証付きで10万切るくらいで購入できるようになってきたので、お得になってきたかもです。



2006-08-11 01:31 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/38/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年07月29日(土)
RD-A1は、予想以上に大きかった
7月27日に、満を持して?発売されたHD DVD搭載ハードディスクレコーダ、RD-A1ですが、
今日ヨドバシで、実物と映像を見てきました。

まず、第一印象、
「でかっ、お正月の重箱ですか」
です。思わず、ボソッとつぶやいてしまいました。

映像ですが、こちらは、REGZA(液晶TV:by 東芝)に映しているだけあって、とてもきれいでした。

東芝はREGZAの評判が、良いだけに、うまい組み合わせですね。

しかし、利用価値を考えると、これまでのレコーダと比較して、
一回しか書き込めないHD DVD-Rが各種DVD書き込みメディアに加えてサポートされただけ?という内容は、
物足りないものとなってしまっているように思います。
各種、パーツは良いものを使っているみたいですが…

せめて、ReWritableのHD DVDメディアサポートは欲しかったですね。

ブルーレイ陣営はPS3を除いて、本格的に、製品発表をしていませんが、
現時点において、消費者をひきつける要素がたくさんあるので、有利な立場にあると考えられます。

今後の希望としては、HD DVDもブルーレイもどっちも使えるような製品が発売されれば便利かな!と思います。
(再生機は、LG電子が、考えているようですが)

あと、HD DVD陣営とブルーレイ陣営が競って、価格の低下を促進して欲しいですね。

RD-A1価格情報
どこも、あまり変わりません。



2006-07-29 23:20 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/35/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年07月18日(火)
レコーダのHDD換装
HDDは消耗品、しかし、量販店の5年保証などに加入していなければ、
1年の保証期間が過ぎてからの故障には、高額の修理代がかかります。

そこで、誰でも考えるのは、
「自分で換装できないか」です。

ところが、機種によってできるできないが、曖昧で、運がよければ、認識、初期化ができるということらしいです。

そこで、少しでも換装できる可能性が上がらないかを調べてみました。

1.もともと搭載されていたHDDと同じメーカー、同じ型番を手に入れる。
2.同じ容量、同じ回転数、同じキャッシュ量のものを選択する。

これで、換装可能な機種の場合は認識されるようです。


さらに詳しい情報は、とても役に立つまとめサイト、RD-Wikiにまとめられています。



2006-07-18 22:52 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/30/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年07月14日(金)
HD DVDレコーダ発売…のはずが
今日、7月14日、

「HD DVDレコーダ発売」
と書きたかった・・・(--

でも、生産が追いつかないとかいう理由で、
発売日、延期〜(爆

もしかしたらと、予想はしていたのですが、案の定とは。

この分だと、この次の発売予定日7月27日も
どうなることやら。

HD DVD付きHDDレコーダというおもしろネタになりそうな機器だけに、
購入対象としては、まだまだですが、ネタとしては満載機器として、ある意味期待しています。
(でも、このままでは、ブルーレイ陣営に負けてしまうような気が・・・東芝さん今後を楽しみにしています。)



2006-07-14 01:57 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/25/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2006年07月13日(木)
地デジW録、RDは?
地上波ディジタル放送は、いいですね〜。
ゴーストやノイズがなく、クリアな映像が見られます。

録画時にコピーワンスにならなければ、とても良いのですが・・・。

そして、本題、5月末に発売された東芝の地デジW録機RD-XD92D、RD-XD72Dですが、ワールドカップが終わったかと思うとほぼ同時にドンドン値下がりしています。

発売当初、ポイント還元を合わせても12万〜13万くらいだった上位機種RD-XD92Dも、
参考価格RD-XD92Dの販売価格
くらいが、一般的になってきました。

このくらいの価格に商品券やポイントがついてきますので、
うまく購入すれば8万台〜10万弱で手に入れることができるとは、何とも価格の変動の激しさを感じます。

注目要素は、
600GB、地デジチューナ×2、地アナチューナ×1、HDMI端子、スカパー連動搭載と、カタログ性能は高いです。

不安要素は、
・HDDがフラグメントに弱い。
・地デジチューナR2でTS録画中は、HDDからの録画データを再生できないなどの制限がある。
(地デジチューナその2で録画中の制限)
・番組表を取得したら歯抜けになってしまう場合がある。

などがあります。(その他)

このようなところから、
今、買うとすれば、ポイントや商品券還元を合わせて8万台くらいならなんとか手が出るかな?というところですか。



2006-07-13 01:55 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 東芝RDスタイル |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/bigfield/trackback/24/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
前へ 次へ



役に立つWeb通販ショップ
ドスパラWebショップメモリやハードディスクがいつも安いドスパラは、掘り出し物がたくさんありますね。
 

東芝ネットでダビング、東芝RDスタイル、
東芝レコーダ

光学メディア、DVD、DVD-RW、DVD-RAM、Blu-ray

PCソフト、フリーソフト、オープンソース

時事問題、ニュース、話題、株式

PCテクニック、役に立つコマンド、PCトラブル解決、PC不具合対策、PCの修理

東芝REGZA、液晶テレビ、液晶モニター、ハイビジョンブラウン管、ブラウン管ディスプレイ

ソフトウェア開発、プログラミング、C#、C++、C、VC、VC++、JAVA

ペンタブレット、イラスト、デザイン

AVアンプ、イヤフォン、ヘッドフォン、DTM、MIDIキーボード、MIDI、作曲

Blu-rayレビュー、SF映画レビュー、TVアニメレビュー、劇場版アニメレビュー、アニソン

家電、AV機器、ゲーム機、ゲームソフト

通信、ネットワーク技術、WLAN、Webスタイル、Webレイアウト技術

PC、PC周辺機器、PC自作、PCパーツ、PCソフト

雑記、日記、生活お役立ち


ニックネーム:T_BigField
性別:男
当サイトで詳細に解説している記事は、全て私の実践経験を元に書き起こしたものです。リンクはフリーです。メールは、コメント欄にコメントを記述して頂ければ、管理人に届きます。

»くわしく見る
 
 
HOME|Treasureぼっくす|TreasureBox Style|サイトポリシー

Copyright© T_BigField All Rights Reserved .