ニックネーム:北ちゃん   
都道府県:京都府
こんにちはアラキ工務店で事務を担当しています。美味しいもの、ちょっとした面白い出来事を綴っていきたいと思っています。
2016年10月28日(金)
今年はブタクサに悩まされています。。。
今まで耳にはしていましたが、さほど気にとめていなかったのですが
今回少し調べてみました。

キク科のブタクサ、外来種で、とても繁殖力が強いです。



多年草なので、種でも地下茎でも繁殖します。
侵略的外来種※ ワースト100に選ばれているほどです。

ブタクサと似ているセイタカアワダチソウは
「虫媒花」(蜂などが花から花へと移動することで受粉する花)です。

花粉を飛ばす種類の植物ではありませんので
花粉症とは関係はありません。

※外来種の中で地域の自然環境に大きな影響を与え
生物多様性を脅かすおそれのあるもの。(ひぇ〜なんか怖い感じ。。。)


ブタクサで苦しんでいる全国の皆様、あと数日で11月です。
威力が弱まるのを期待して、もうしばしの我慢ですね。


にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。

2016年10月28日 | 記事へ | コメント(0) |
| ちょっと休憩タイム |
2016年10月17日(月)
九度山おでかけ日記
九度山へ到着。
村一体でで真田を応援する感じが見受けられます。

駅を降りると「真田みち」と称する少しお店が並ぶ道があり
なんとなく人の流れに沿って歩きます。

バスもこんな感じ。

植木鉢を入れる木の箱まで焼印が。

産地直売の道の駅も大盛況です。
新鮮な野菜や珍しいものがいろいろ揃っています。

新しいキレイなお家もところどころありましたが
昔の農家の雰囲気を残したお家や
写真のようなお住まいがあると廻りを囲む山々と調和して
とても心地良く感じます。



近年、京都でも町家の維持・保存が問題となっていますが
今回は自分が九度山観光をして
「なるほどな〜、こうゆう事か〜。せっかく旅行に来て
特長のない新しいお家ばかりでは寂しいなぁ」
と心の底から感じました。

住む方の快適さと町並の保存。
上手く共存してゆけたらなぁと思います。

町を守る心意気も加えて。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。

2016年10月17日 | 記事へ | コメント(0) |
| ちょっと、お散歩♪ |
2016年09月30日(金)
納涼床の解体
毎年10月に入るとお客様の納涼床の解体作業があります。

組立の頃は梅雨にさしかかる頃なので
毎年担当者は雨とにらめっこです。

でも今年は解体の季節、まさに今!も日程調整が続いています。

片付けの時は木材が雨に濡れるとカビのもとになるので
当日とその前日の2日は晴れていないと無理なのです。

最近の新しいお店では木材を使わないところもあるようです。

床の組立風景が詳しくわかるものを探していたら
詳しく説明があり、写真も掲載されているブログ
見つけましたのでリンクしておきます。

(私は現場に行かないので、弊社の作業風景を撮影することが
できませんので失礼します)。

今年などは特に猛暑で、床もさぞかし暑かった事と思います。

といっても京都の風物詩なので、ずっと続く事を願います。。。


にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。

2016年9月30日 | 記事へ | コメント(0) |
| アラキ工務店 |
2016年09月21日(水)
早起きは三文の徳
今年の夏も東大谷さんにお墓参りに行きました。
夏は太陽が昇ってくる前に到着したいので
5時半頃には家を出ています。四条河原町から歩きます。

さすがに人がパラパラなので、 こんな写真が撮れました。

有名な建築です、じっくり見ると様々なレリーフが彫られています。
タツノオトシゴもいますよ。

どんどん四条通りを東へ進み大谷さんへ到着。

お参りを済ませた後はその場で深呼吸。
京都市内が見渡せます♪

八坂さんを出て、祇園の石段下のローソンに入ると
いつも売り切れている大好きなパンがいっぱい並んでいるのを発見!
3ヶも買いました。

会社の近くの店舗ではまず売り切れているので、小さな感動がありました。

夏の朝は特に大好きです♪

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。

2016年9月21日 | 記事へ | コメント(0) |
| ちょっと、お散歩♪ |
2016年09月14日(水)
提灯立て完成
牛田君が休憩時間も惜しんで作成した 提灯立てがついに完成しました。

今週月曜からインターンシップに来ている学生に
見学させるのに、作業場に行きました。


なんと言っても屋根を初め、各所の曲線はうっとりします。

それに加えて、カンナをかけて磨かれた木の艶は本当に美しいです。

この提灯立ては足の裏に、ある秘密の技があります。
傾いた土台にも置けるようになっているそうです。

写真はありませんが、気になる方は直接牛田君に聞いてくださいね。

あとは寄贈される方の名前を入れて完成です。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。

2016年9月14日 | 記事へ | コメント(0) |
| アラキ工務店 |
次へ