♪ブログにTry♪
http://blog.zaq.ne.jp/K5nakihsies2O/

ニックネーム:Twinkle
華麗に? 加齢いたしましょ。◆◇◆◇◆フィギィアスケートでは少年時代より高橋大輔選手を応援していましたが、いつしか1日の終わりに彼の演技を鑑賞することが、忙殺される日々の癒しとなりました。「Eye」で心射ぬかれ「La stlada 」に魅せられて以来、カミングアウトを決心。実生活を離れたファン心理をweb上で吐露することを愉しんでおります。しばしおつきあいくださいませ。

»くわしく見る

バイオグラフィー
2012年03月07日(水)
Stargazy pie
Hungry? Try some sheep’s eyes or kangaroo tail



ギョッ としますよね。
 


 ツイッターでこの写真をみかけたことで、
眠っていた私の探究心がちょこっと沸いてきて・・・ 
  
調べてみました



これ、Stargazy pie という、イギリス料理とのこと。





Stargazy pie
イギリスの Comwall(コーンウォール)州の Mousehole(マーゾル)という村の
名物料理です。

 



もともとは、サーディンを含んだ7種類の魚を使ったパイが始まりですが、

この漁村の代表的な魚であるpilchards(サーディン・ヨーロッパ真鰯)を使って焼いたところ

魚の頭が空を見上げているように見えることから

Stargazy pie (スター・ゲイジ・パイ)と名づけられたのだそうです。


Star → 星    gazy → 眺める


http://www.newstgallery.org.uk/the_third_room_ex010.php



だから今は、星空を見上げているパイ料理はどれも、Stargazy pie と呼ぶらしい。



http://www.sallyshalamsbritain.co.uk/stargazy-pie/


↑これは、エビが空を見上げてる・・ってことね。







それにしても何故に魚の頭が突き出ているの
        答. パイの中に魚がいるということを証明するため なんだって

ほんと?



16世紀のある年、この冬の海は特に荒れており、どの漁船も港を離れることができなかったといいます。
Mousehole(マーゾル)の村人たちは、主要な食源として頼っていた魚が捕れず、クリスマスを前にして、飢餓に直面していました。
12月23日、地元の漁師トム・バーコックという年をとった漁師が嵐に勇敢に立ち向かうことを決め、釣り船をだし、荒天と難しい海にもかかわらず、なんとか全村を供給するのに十分な魚を捕えることができたのです。
彼はその7種類の魚の全てをパイの中に入れて焼き、村人に配りました。

その時、魚がパイの中にいたということを証明するために、パイから頭(時に尾)が出してあったとか

それ以来、年に一度、12月23日の『トム・バーコックス・イブ』が開催され、この日をトム・バーコックの勇気を讃え、感謝とともに祝うために、サーディンを含む7種類の魚を使ってパイを作る習慣ができたのがはじまりです。



また、この伝統的なStargazy pie は、マーゾルの村の中心にあるパブ『シップ・イン』または『オールド・コーストガード・ホテル』で作られるという記述もあります。

 
Tom Bawcock’s Eve

Tom Bawcock's Eve festival では、パイを食べる前に、村民が手製のランタンを持って行列を作り、巨大なスターゲージーパイを携えて行進するとか。

Starry Gazey Pie, traditional Cornish dish made from 7 types of fish


One set of lights even represents the pie itself, showing fish heads and tails protruding from a pie dish underneath six stars.

このfestivalでは、次の年の冬、捕獲達成を望み、異なる種類(サーディン+6種の魚)で料理されたパイを焼いたそうです。






魚はまるごと焼き皿に並べるか、尾の方を皿の中心に頭は皿の縁に向けて何尾も並べるので荷車の車輪のような格好になります。
皿の大きさに切ったパイ生地を1枚魚の下にしき、魚の上には皿よりちょっと小さく切ったパイの皮をかぶせます。その皮から魚の頭だけがのぞくことになります。

時には魚を1尾だけ使って、練り込みパイの皮でしっかり包むこともあります。

Stargazy Pie             Ms Marmite Lover: Love At First Sight


大きな魚は骨とハラワタを取ってあるそうで、また、切り分けるときには頭と尾は除かれるようで・・・
ほっ。


どう説明つけられても・・・
このイギリス料理って・・・ ねぇ。。 と思ってたけど


意外と おいしいかもねっ。


 ⇒
Stargazy Pie  

つけあわせの野菜が、なんとも・・・イギリスだわ。










Ladies in Lavender(2004/ 英)



1936年のイギリス西部コーンウォール地方が舞台の映画があります。



上品な老姉妹の随所にちりばめられたユーモアがいいとかで、
ここにStargazy pie が登場します。

魚の頭がブッ刺さったパイを見て、
アーシュラが「ちょっとこれ、哀れじゃない?」と言えば、
ジャネットが「全然よ」と言って
グサッとナイフを入れる場面があるんですって。

 
2012-03-07 | 記事へ | コメント(1) |
| 外国のあれこれ |
2009年12月25日(金)
Kissing Ball
  


クリスマスのオーナメントには、ヤドリギを模した「Kissing Ball」というものがあり、欧米の一般家庭では、クリスマスの魔除けとして、ホーリー(セイヨウヒイラギ)の実と混ぜて飾ります。
イギリスでは、球状の枠からヤドリギを垂らして、天井からつるしたりしています。

クリスマスの時期には、この“Kissing Ball”の下で恋人同士がキスをすると、幸せな結婚へと繋がるという縁起をかついで、さまざまなクリスマスの飾りが作られており、また、結婚式のブーケもこの縁起に便乗したものがあるようです。





イギリスでは「Kissing Ballの伝説」が信じられ、
未だにその習慣が伝えられています。


The kissing under the mistletoe.


「Kissing Ballの伝説」とは、
セイヨウヤドリギ(英名 mistletoe)の飾りの下では、若い女性にキスをしてもいい習慣があり、クリスマスの時期に飾り付けをしたヤドリギの下で出会った2人は、キスをしなければいけないとも表現されています。
宿り木の下に女性がいるのにキスをしないと良くないことが起こる、女性がキスを拒むと、翌年結婚できない、といったように、ニュアンスを変えて伝わっている伝説です。
とどのつまり、クリスマスのヤドリギの下での出会いは「運命の出会い」ということなのでしょうね。

また、恋人同士がヤドリギやヤドリギの輪の下でキスをすると、結婚の約束を意味し、その二人は末永く幸せになれると言われているそうです。






セイヨウヤドリギ(Viscum album)、Mistletoe(英名)
 常緑で自ら光合成も行なう半寄生植物。
 冬になって宿主が落樹しても緑色を保つことから、不思議な力があるとされます。

ヤドリギはブナやナラなどの落葉樹に寄生して成長します。
丸く茂った形は緑のボールのように見えて、とても愛らしいものです。



まんまるく輪になって寄生しているヤドリギ


冬でも緑の葉が楽しめることから、西洋では昔から生命のシンボルとされてきました。

不思議な力を持つと言われるMistletoe(ヤドリギ)は、ヨーロッパでは神の住む家といわれ、その昔ギリシャのお祭りや結婚の儀式に関係していたと言われるそうです。


一方、キリストの十字架がこの木で作られたたたりとして、寄生植物に転落したという伝説もあり、教会ではクリスマスに飾ることは禁じられていることもあるそうです。
2009-12-25 | 記事へ | コメント(1) |
| 外国のあれこれ |
2009年10月06日(火)
ロンドン周辺つまみ食いプラン
渡航直前で断念となったイギリスへの旅

いつか同じプランで行きたいと、記録します。




CX507 KIX 18:10    HKG 21:00
  CX251 HKG 23:55   LHR 05:45(+1)

=イギリス1日目=

ヒースロー空港よりヒースローエキスプレスで15分のパディントン駅へ

Hotel Novotel London Paddingtonまで徒歩で5分
荷物を預けて 再びパディントン駅へ
11−15歳はChild Travelcard、大人はOyster card を購入
サークルライン(地下鉄)でビクトリア駅まで

<ウインザー城観光>
(10:30) ゴールデンツアーズ社・メインオフィス集合(ビクトリア駅周辺)
(10:45) 出発
ウィンザー到着
ウィンザー城(入場)
     セント・ジョージ礼拝堂(入場)
     ドールズハウス(入場)
(18:00) ゴールデンツアーズ社・メインオフィス周辺にて解散

ハロッズ探索http://www.harrods.com/harrodsstore/experience

ホテルにもどり、荷物を部屋に入れ、パディントン近くで夕食
Le CafÉ Anglaisパディントンにも近い、ホワイトリーズというモールの中


=イギリス2日目=

<プレミアム ロンドン市内観光 (ロンドン塔・ビーフィーターツアー付)>
8:00 [みゅう] インフォメーションセンター前 (集合)(ビクトリア駅周辺)

9:00 ロンドン塔 塔内敷地に入りビーフィーターによるガイドツアー(約30分)
 Jewel House (入場)
10:50 ロンドン塔タワー・ピアより乗船→テムズ川クルーズ(セントポール寺院、テートモダン、ロンドンアイなど、船窓より見学)
11:20 ウエストミンスター・ピア到着
バス乗車
11:45 バッキンガム宮殿 (衛兵交代式)
12:30 バスの車窓からウエストミンスター寺院、国会議事堂、ビックベン、ホースガーズ等を観光
12:45 トラファルガー広場にて解散

The Portrait Restaurant(Nathional Portrait Gallery内)
the National Dining Roomsthe National Cafe(Nathional Gallely 内)
Court Restaurant(大英博物館内)

<大英博物館公認 日本語ガイドツアー(紅茶講習付)>
14:45 大英博物館内グレートコート内、左手 円形カウンター前 (集合)
15:00大英博物館見学
17:00 大英博物館出発→17:30 紅茶専門店ウィッタード(コベント・ガーデン)にて紅茶のテイスティング、50gの紅茶プレゼント。
その後自由解散
*日本語ブルーバッジガイド付き

コベントガーデンにて夕食
Rules ロンドンで一難古いレストラン


=イギリス3日目=

<オックスフォード、ストラトフォードとコッツウォルズ1日観光>
(07:45)  ロンドン三越正面玄関前集合(ピカデリー駅周辺)
(08:00)  出発
(10:30)頃 オックスフォード市内観光
(10:45)  クライストチャージ・カレッジ(入場)
(11:30)  コッツウォルズの村々を車窓
(13:00)頃 ストラトフォード アポン エーボン
(14:30)  シェークスピアー生家(入場)
(15:30)  アン・ハサウェイ・コテージ(入場)
(18:45)  ロンドン三越前帰着予定
アリスショップでお土産を購入

オックスフォード駅近くで夕食 Goodmanステーキ屋さん


=イギリス4日目=

   
Wesutominster Abbey http://www.westminster-abbey.org/home
7:30 am 早祷(祝祭日は9.00amより)
8:00 am 聖体拝領
Houses of parliamenthttp://www.parliament.uk/index.cfm
Smmer Openinng  09:15〜10:30(Web事前予約)
The Royal Opera House http://www.roh.org.uk/whatson/tour.aspx
Backstage Tour 11:30〜13:00(Web事前予約)
St.Paules Cathedralhttp://www.stpauls.co.uk/
The Cafe at St Paul's The Restaurant at St Paul's
Kensington Palace http://www.hrp.org.uk/kensingtonPalace/
Daily 10.00-18.00
★Diana, fashion and style Kensington Palace(19 April 2008 - 31 January 2010)
★Kensington Palace admission
The Orangery restaurant
Kensington Palace(Every day)
★Room describers tours
Kensington Palace(06 March 2009 - 02 December 2010)
Victoria and Albert Museum
10.00 to 17.45 daily
10.00 to 22.00 Fridays (selected galleries remain open after 18.00. ).
Closing commences 10 mins before time stated
V&A Cafe Fridays10:00〜21:30


=イギリス5日目=

ホテルで朝食後チェックアウト後、徒歩でパディントン駅へ
ヒースローエキスプレスにて空港まで15分

CX252 LHR 12:35  HKG 07:10(+1)
 CX506 HKG 10:05   KIX 14:45
2009-10-06 | 記事へ |
| 外国のあれこれ |
2009年09月23日(水)
エルトゥールル号遭難  その3
明治23年(1890年)9月16日(火曜日)。

トルコ船エルトゥールル号は進退の自由を失い、大波に翻弄されながら樫野崎灯台下の船甲羅の岩礁へと闇の中を押し流されていき、同夜9時頃、艦は真っ二つに裂け、10時半頃に沈没したのである。


事態をつかんで県知事に第一報を

言葉もわからず、かなり混乱したであろう状況下で、国籍、船の形態、乗員数等、実態を把握し、また、通信手段も未整備な時代に、適切迅速に兵庫県知事等を通して国の上部機関に報告したということに、とても驚かされます。

<樫野区長斉藤半之右衛門

16日の夜11時半をまわった頃、友吉が遭難者を斉藤区長宅に運び込んでから夜明けまでに、収容された遭難者は59人となっていました。

夜が明け、樫野地区の斉藤区長は、まず灯台に様子を見に行きました。
9人と聞いていた遭難者は10人になっており、痛みをこらえるうめき声がやまない状況でした。


灯台技師瀧沢正浄は万国信号ブックを見せ、難破した船が土耳古(オスマン・トルコ帝国)のものであるとわかりました。
そして、3ヶ月前トルコから初の使節団が来航した新聞記事を思い出したのです。
「使節団の船とすれば、ことはいっそう重大」と、斉藤区長は道をとってかえし、雨と風の中、陸路を4キロ先の須江に急ぎました。



1時間半後、須江に到着した斉藤区長は滝本区長に救援を要請し、元々悪路であったところに土砂崩れや障害物に行く手を阻まれながら、2時間近くを要しながら4キロ先の大島にたどり着きました。
役場の時計はちょうど10時半でした。


<大島村長沖周(40歳)>
斉藤区長から話を聞いた大島村長は、遭難事故の発生を群役所に伝え、県知事に第一報を入れるよう職員に命じました。
大島には電話はおろか、電信施設もなかったので、直接人をつかわし、対岸の串本から8キロ離れた古座にある群役所に伝えなければならなかったのです。
次に沖村長は大島地区の3人の医師を招集し、ありったけの医薬品を用意させました。
そして、これから収容される遺体の検死のため、川島巡査にも動向をたのみました。
樫野に急行する小型汽船の手配もつけ、村役場に保存してあった非常用の食品を積み込ませ、金庫から大金もとりだしました。
これらの手配をして汽船が港を離れたのは11時。素早い行動力です。
続く
2009-09-23 | 記事へ | コメント(0) |
| 日本の美・心 / 外国のあれこれ |
2009年09月19日(土)
エルトゥールル号遭難  その2
トルコと日本。二つの救出劇





アリス館 「救出」文・小暮正夫より転載


嵐の夜に〜
明治23年(1890年)9月16日の夜11時半をまわった頃、
怪我を負い、血の気のない裸同然の9人の外国人の男たちが、紀伊大島の東端の崖の上に立つ樫野崎灯台の戸をたたきました。
この日の午後、紀伊半島南端に接近してきた台風は、本州上陸を目前としており、瞬間最大風速は35ナイシ40メートル。気圧は750ヘクトパスカルまで下がっていたのです。

同じ頃、小一時間ほど前に聞きなれない音を聞き、海上の火を目にした青年が、灯台に知らせに走る道中での豪雨の中、立っているのもやっとの3人の外国人に出会いました。
23歳の青年、高野友吉は、見たこともない外国人に足もすくみ、震えたのですが、怪我を負って衰弱した男たちを励まし、肩を貸し、やっとの思いで樫野地区の区長の家に運びました。
そこに、灯台の看視職員も灯台の負傷者のことを伝えに転がるように走りこんできたのです。

大島は通信機関も救助機関もない離島で、周囲16キロの東西に長い島で、3つの集落がありました。
樫野地区は灯台から1キロの最も近い集落で、戸数は59。

樫野地区の斉藤区長は半鐘を叩いて非常を告げ、連打される半鐘を聞いて区長の家に集まってき集落の男たちは、暴風雨の中、カンテラやたいまつを手に、一人でも多くの遭難者を保護するために嵐の闇の中へと散っていったのです。

はだかであたためろ
友吉たち若い衆は、生死の間をさまよう男たちをふとんに寝かせ、下帯一つでかわるがわるだきあたためていきました。
相手が外国の男だからといって、友吉たちにはためらいはなかったのです。
大島にある3つの集落はいずれも貧しく、カツオ漁と出稼ぎ仕事でどうにか生計をたてていました。
台風で漁もできず、自分たちの食糧にも欠く状況の村でしたが、女たちは69名の遭難者たちにとっておきの米を炊きだし、底をついた薬品の代わりに焼酎を出し、他の集落からも持ち寄った非常食をもちより、ニワトリをかき集め、鶏肉や卵で村でただ一人のコック経験者は洋食を作ったのです。


東京大学教授山内昌之氏(中央公論社「世界の歴史」第二十巻月報)より
「明治時代の初等教育の普及率は高く、小学校の就学率は、明治30年代で90パーセントを突破します。
1891(明治24)年には非識字者は26.6パーセントでしたが、明治の最後の年になると字が読めない人の率は2.9パーセントに低下しています。そこに困っている人たちがいる、遭難している人たちがいたら助ける、そこに理屈は何もない。
この無償の行為に強く心がうたれますね。やはり初等教育の普及といったことが背景にあって、知らず知らずに人間愛が生まれてくる。これがやはり文明というものだと思います。(中略)これが明治日本の成功の大きな理由だと思います。
そして、そこにエルトゥールル号救助の際の献身的な行為が生み出されてくるのです。」







イラン・イラク戦争の1985年3月17日、イラクのサダム・フセイン大統領は「3月19日20時半以降はイランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」という声明を発しました。

日本が自国民の救出を断念した危険なフライト。
ーなぜ遠く離れた国トルコの飛行機が救出に向かったのかー
トルコによる日本人救出劇に、どうしての疑問が日本国内で持ち上がりました。

後日、ふたつのルートでトルコへの救援依頼がされていたことが、後日判明しました。
ひとつは伊藤忠商事のイスタンブール(トルコ)駐在16年の支店長森永氏がトルコのオザル首相に依頼したルート。
もうひとつは、イランの野村大使が駐イラントルコ大使のビルセル氏に依頼したルート。二人も同じ日に大使としてイランに着任し、家族ぐるみで親交を深めた仲でした。

イランにいたトルコ人は6千人といわれ、救出を望んでいたはずなのですが、救援機が日本人を優先的に乗せた事にはなんの非難も出ていなかったと言われています。
そして、6千人のトルコ人は陸路を数日かけて脱出したといいます。

なぜトルコ人が志願してまでこんな危険を冒し、邦人を助けたのでしょう。そしてまた救援機が日本人を優先的に乗せた事にはなんの非難も出なかったのでしょうか。

トルコの大使は通訳を通じて「いやぁ大したことではありません。当然のことをしたまでですよ」とこともなげに謙遜されたとのことです。

その3に続く
2009-09-19 | 記事へ | コメント(0) |
| 外国のあれこれ / 日本の美・心 |
2009年01月14日(水)
NAKBA
 
ISRAELからのいただきもの


NAKUBAとはアラビア語で大惨事という意味だそうです。

先日まで、イスラエルといえば、私に浮かんでくるのは
コカ・コーラと 「杉原 千畝」 でした。


5年前、仕事で色々な国を訪れる知人が
「イスラエルに行った際は、パスポートには入国・出国の判を押さないでもらう」
と言うのを聞いたことがあります。

・・・・・。


連日のパレスチナ報道に
心が痛い毎日。





「世界で行なわれ続けている戦争の中では、色々な記録や歴史が隠され続けています。ナクバを考えることは、他人の問題ではなく、私たちが何を見なければいけないのか、考えるきっかけも与えてくれると思っています。」

映画「パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)」を生んだ
フォトジャーナリストの広河 隆一氏の言葉です。

 

                     つけたし
                         田母神俊雄氏曰く「世界はみな腹黒い」
                         (たかじんのそこまで言って委員会より)
2009-01-14 | 記事へ | コメント(6) |
| 外国のあれこれ |
2008年02月20日(水)
ちょっと芸能。

アメリカ・ペンシルバニア州・ピッツバーグのダウンタウンです。



ダウンタウンから車で5〜10分のところにあるオークランド。
私が住んだことのある街です。

<上の2枚の絵葉書は1990年撮影のもの>





今日2月20日発売の演歌『海雪(うみゆき)』(ビクター)を歌う
ジェロ(米ピッツバーグ出身・26歳)

デビュー曲『海雪』は、作詞;秋元康、作曲;宇崎竜童。

ジェロはピッツバーグ大学情報科学科卒を卒業してエンジニアとなるが、
その一方で演歌の魅力にとりつかれ、演歌歌手になるために来日。
母方の祖母は日本人




ピッツバーグはフォスター、カーネギー、ハインツといった人たちを生み出した、美しく静かな街です。
かつては鉄の街として栄えた街ですが、現在はコンピューターや医学に優れた街として歩んでいます。
住みやすい街・治安の良い街として常に全米上位にランクづけられていましたっけ。

私にとってはとても大切な思い出のいっぱい詰まった街で、
この街での全ての思い出が、宝物

ピッツバーグ出身というだけで、ジェロくんが
ちょっと気になる私です。

2008-02-20 | 記事へ | コメント(28) |
| よもやま話 / 外国のあれこれ |
2008年01月29日(火)
漢字で書くと?
ハンドボールを漢字で書くと「送球」だそうです。(中国では手球)


にわかにハンドボールが脚光を浴びています。
その原因となったのは この方


アジア・ハンドボール連盟(AHF)のアハマド会長

クウェート王族の一員であるアハマド氏は
アジア大会を統括するアジア・オリンピック評議会(OCA)会長も務める。
また、中東をはじめアジアのスポーツ界に太いパイプを持つ。


今回、ハンドボールのアジア予選やり直しが実現したのは、
中東チーム寄りの判定がひどすぎる(「中東の笛」問題)として日本、韓国が協力して抗議の声を上げたことが発端だそうです。
この不公平きわまりない判定は約10年前から顕著になってきており、日本は数年前より改善を要望していたそうですが、
この度韓国が、アジア予選における不当な審判の試合のビデオをIHF加盟の約170カ国に送ってアピールし、IHFが重い腰を上げたということです。


日本だけであれば 抗議はおこなわれたのかしら?
韓国だけの抗議だったら この結果はなかったのかしら?




 

日本人の女の子「りんちゃん」13歳。
昨年夏のカナダのサマースクールでのお話です。


プログラムも終盤のアクティビテーの帰りのバスの中でのこと。
]国のある少年が床に置いていた飲み物の瓶に、
8歳のカナダ人の男の子の足があたり、
バスの通路にこぼれてしまいました。

烈火のごとく怒った少年は、]国集団でひどく責めて納得いくまで謝らせ、
ポケットティッシュ1枚を放り投げて掃除させたというのです。

りんちゃんを含む日本人の少年少女3人は、カナダ人の男の子をなぐさめて、
たくさんティッシュを出してきて、せっせと一緒に床をふいていたそうです。

ちょうどその時、一人の男の子が 「おまえも悪いだろ!」 と、一喝。
それは5〜6人いた韓国人のうちの一人の少年。  (かっこいい〜♪)


3回のホームステイを経験しているりんちゃん曰く。


       「韓国も日本もいろんな子がいるけど、   
  あの場であんなふうに言える子は、日本人には一人もいないかも。」

2008-01-29 | 記事へ | コメント(26) |
| 外国のあれこれ / よもやま話 / りんちゃん |
2007年08月15日(水)
八月 十五日

「クワイ川マーチ」で知られるイギリス映画
『戦場に架ける橋』(1957年)をご存知ですか?
これがその橋です。


タイの首都、バンコクから北西約130km、バスで2時間(列車で3時間)
カンチャナプリという町にあります。
太平洋戦争中にビルマ戦線の日本軍への物資補給路として、
また、インパール作戦に間に合わせるために
日本軍の手による軍用鉄道としての建設が急ピッチで行われたところです。


 ここに来る観光客ツアーバスは、まず、何箇所かある立派な墓地を訪れ、
 そしてこの橋を渡ります。
 日本人観光バスだけはまっすぐこの橋に来て、簡単な説明を聞き、
 自由行動となります。
 すぐそこに見える慰霊塔に手を合わせることもなく・・・。
 奇妙な雰囲気の観光です。

 終戦記念日の今日、  
 なぜかこの風景を思い出しました。

 ここには日本人の墓地はありません。
 朽ちた慰霊塔が、ひっそりと建っているだけです。

 難しい歴史の問題は、詳しい方にお任せして、
 私は、一人の日本人の女性として、母の立場となって

 戦後、殺された民間人、捕虜となり強制労働でなくなった軍人も含め
 異国で眠るたくさんの日本人のために
 そして、第二次世界大戦、太平洋戦争、日中戦争の結果、
 命を失った全世界の全ての人のために
 同じ思いをこめて、心から祈りを捧げたいと思います。
2007-08-15 | 記事へ | コメント(20) |
| こころ / 外国のあれこれ |
2007年08月09日(木)
八月 九日
  
今日、八月九日は長崎に原子爆弾が投下された日です。
  
  
午前11時 2分

  八月六日には黙祷を欠かせたことのない私でさえ、
  この日を心に留めておかなければと、努力する自分を見つけます。



  15年くらい前、半年程、アメリカ・ピッツバーグで生活したことがあります。

  その時、 研修先?で 決まって聞かれたのが
 
  「原爆を落とされてどう思っているか?」
  「そんなことをされたのに、何故、日本は親米なのか?」    でした。

  ニューヨークのJFK空港で、一人で人を待っていた時も(2回も)
  掃除をしていた黒人のおじさんは

  日本人と確かめた後、

  「原爆を落とされて、怨んでないか?」  と。

 
  アメリカ人の日本人への会話の糸口にすぎなかったのかもしれません。
 
  でも、その頃の私には、大きな驚きでした。

  若い私はいつも @ 私の祖父は原爆投下で亡くなった。
             A アメリカを怨んで育ってはいない
             B 日本には喧嘩両成敗という言葉がある
  と、答えていました。

  さすが、アメリカ!と感じさせられる生活の中、

  スミソニア博物館でのエノラ・ゲイの展示決定に、感嘆したのもつかの間、

  強烈な退役軍人の反対で、中止。       それもアメリカ。

  
2007-08-09 | 記事へ | コメント(35) |
| こころ / 外国のあれこれ |
次へ