♪ブログにTry♪
http://blog.zaq.ne.jp/K5nakihsies2O/

ニックネーム:Twinkle
華麗に? 加齢いたしましょ。◆◇◆◇◆フィギィアスケートでは少年時代より高橋大輔選手を応援していましたが、いつしか1日の終わりに彼の演技を鑑賞することが、忙殺される日々の癒しとなりました。「Eye」で心射ぬかれ「La stlada 」に魅せられて以来、カミングアウトを決心。実生活を離れたファン心理をweb上で吐露することを愉しんでおります。しばしおつきあいくださいませ。

»くわしく見る

バイオグラフィー
2012年03月07日(水)
Stargazy pie
Hungry? Try some sheep’s eyes or kangaroo tail



ギョッ としますよね。
 


 ツイッターでこの写真をみかけたことで、
眠っていた私の探究心がちょこっと沸いてきて・・・ 
  
調べてみました



これ、Stargazy pie という、イギリス料理とのこと。





Stargazy pie
イギリスの Comwall(コーンウォール)州の Mousehole(マーゾル)という村の
名物料理です。

 



もともとは、サーディンを含んだ7種類の魚を使ったパイが始まりですが、

この漁村の代表的な魚であるpilchards(サーディン・ヨーロッパ真鰯)を使って焼いたところ

魚の頭が空を見上げているように見えることから

Stargazy pie (スター・ゲイジ・パイ)と名づけられたのだそうです。


Star → 星    gazy → 眺める


http://www.newstgallery.org.uk/the_third_room_ex010.php



だから今は、星空を見上げているパイ料理はどれも、Stargazy pie と呼ぶらしい。



http://www.sallyshalamsbritain.co.uk/stargazy-pie/


↑これは、エビが空を見上げてる・・ってことね。







それにしても何故に魚の頭が突き出ているの
        答. パイの中に魚がいるということを証明するため なんだって

ほんと?



16世紀のある年、この冬の海は特に荒れており、どの漁船も港を離れることができなかったといいます。
Mousehole(マーゾル)の村人たちは、主要な食源として頼っていた魚が捕れず、クリスマスを前にして、飢餓に直面していました。
12月23日、地元の漁師トム・バーコックという年をとった漁師が嵐に勇敢に立ち向かうことを決め、釣り船をだし、荒天と難しい海にもかかわらず、なんとか全村を供給するのに十分な魚を捕えることができたのです。
彼はその7種類の魚の全てをパイの中に入れて焼き、村人に配りました。

その時、魚がパイの中にいたということを証明するために、パイから頭(時に尾)が出してあったとか

それ以来、年に一度、12月23日の『トム・バーコックス・イブ』が開催され、この日をトム・バーコックの勇気を讃え、感謝とともに祝うために、サーディンを含む7種類の魚を使ってパイを作る習慣ができたのがはじまりです。



また、この伝統的なStargazy pie は、マーゾルの村の中心にあるパブ『シップ・イン』または『オールド・コーストガード・ホテル』で作られるという記述もあります。

 
Tom Bawcock’s Eve

Tom Bawcock's Eve festival では、パイを食べる前に、村民が手製のランタンを持って行列を作り、巨大なスターゲージーパイを携えて行進するとか。

Starry Gazey Pie, traditional Cornish dish made from 7 types of fish


One set of lights even represents the pie itself, showing fish heads and tails protruding from a pie dish underneath six stars.

このfestivalでは、次の年の冬、捕獲達成を望み、異なる種類(サーディン+6種の魚)で料理されたパイを焼いたそうです。






魚はまるごと焼き皿に並べるか、尾の方を皿の中心に頭は皿の縁に向けて何尾も並べるので荷車の車輪のような格好になります。
皿の大きさに切ったパイ生地を1枚魚の下にしき、魚の上には皿よりちょっと小さく切ったパイの皮をかぶせます。その皮から魚の頭だけがのぞくことになります。

時には魚を1尾だけ使って、練り込みパイの皮でしっかり包むこともあります。

Stargazy Pie             Ms Marmite Lover: Love At First Sight


大きな魚は骨とハラワタを取ってあるそうで、また、切り分けるときには頭と尾は除かれるようで・・・
ほっ。


どう説明つけられても・・・
このイギリス料理って・・・ ねぇ。。 と思ってたけど


意外と おいしいかもねっ。


 ⇒
Stargazy Pie  

つけあわせの野菜が、なんとも・・・イギリスだわ。










Ladies in Lavender(2004/ 英)



1936年のイギリス西部コーンウォール地方が舞台の映画があります。



上品な老姉妹の随所にちりばめられたユーモアがいいとかで、
ここにStargazy pie が登場します。

魚の頭がブッ刺さったパイを見て、
アーシュラが「ちょっとこれ、哀れじゃない?」と言えば、
ジャネットが「全然よ」と言って
グサッとナイフを入れる場面があるんですって。

 

2012-03-07 | 記事へ | コメント(1) |
| 外国のあれこれ |
私もツイッターでこのパイを見かけ
気になり検索したところ
こちらのブログに辿り着きました。
とても詳しく書かれていて、勉強になりました。
ありがとう
コメントを記入  
お名前(必須)
 
パスワード:
 
メール:
 
URL:
 
非公開:  クッキーに保存: 
※非公開にチェックを入れると、管理者のみにコメントが届きます。
ブログの画面には表示されません。
captcha


※画像に表示されている文字を入力してください(半角・大文字/小文字の区別なし)。
文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク